次回予告とあらすじ | 陽炎の辻2 〜居眠り磐音 江戸双紙〜

次回予告とあらすじ

第9回「決断」

…2008年11月1日放送

 今津屋の吉右衛門(渡辺いっけい)と由蔵(近藤正臣)は関前藩主の福坂実高(中村梅雀)の屋敷に招かれ、磐音(山本耕史)も同道する。実高は藩財政の再建に貢献している今津屋に礼を述べる。宴たけなわとなり、由蔵は同席していた磐音の父・正睦(平泉成)に、磐音の結婚相手は町娘のおこんでも構わないか尋ねる。正睦は、家を出たときから磐音はもはや坂崎家の嫡男ではないので、おこんとの結婚は差し支えないと、寂しさを隠して言う。正睦と磐音は金兵衛(小松政夫)とおこん(中越典子)の父娘を屋形船に招く。正睦は磐音の母・照埜(香野百合子)から託された帯をおこんに渡し、おこんを磐音の嫁にもらえないかと金兵衛に尋ねる。磐音もおこんに誠心誠意を尽くすと誓って、金兵衛とおこんは感激する。帰り道に、正睦と磐音を江戸家老の福坂利高(デビット伊東)と尾口小助(嵐広也)が襲う。

第1回 →第2回 →第3回 →第4回 →第5回 →第6回

第7回 →第8回 →第9回 →第10回 →第11回 →最終回

ページの先頭へ