【丹下典膳】

(たんげてんぜん)

山本耕史

妻の名誉を守るために片腕を失い、旗本から浪人へと身を落とす悲運の剣豪。運命に翻弄されながらも、妻への愛を貫き、武士にとって義とは何かを探し求め闘い続ける。吉良家の用心棒となり、親友・堀部安兵衛と対決せざるをえなくなる。

【長尾千春】

(ながおちはる)

柴本幸

上杉家江戸家老の娘。典膳の元に嫁いだ後、幼馴染みの侍・三之丞に犯されてしまう。二度と結ばれない運命だが、自分のために全てを失った夫を生涯愛し、支え続けようと心に決める。

【中山安兵衛(のちの堀部安兵衛)】

(なかやまやすべえ)

高橋和也

高田馬場の助太刀で名を挙げ、貧乏浪人から赤穂浅野家に仕官を果たす熱血漢。典膳と固い友情で結ばれるも、奇しくも吉良上野介の用心棒となった典膳と、吉良邸討ち入り直前、対決する運命に。

【丹下ぬひ】

(たんげぬひ)

檀ふみ

典膳の母。病いがちではあるが明るく屈託がない。運命の出会いで結ばれた典膳と千春の将来を誰よりも楽しみにしている。典膳が大坂勤番になった後、様子のおかしい千春をいたわる。

【後藤七左衛門】

(ごとうしちざえもん)

徳井優

典膳の伯父。典膳の大事には必ずいの一番に駆けつける。器量がよく憎めない人懐っこい性格。典膳に対してきついことを言うがいつも典膳の事を思っている。

【長尾権兵衛】

(ながおごんべえ)

辰巳琢郎

千春の父。上杉家江戸家老。吉良上野介からの縁談話に賛同し、千春を典膳の元へと嫁がせる。刃傷事件のことでは典膳に負い目を感じているが、わだかまりを解消できずにいる。

【お菊】

(おきく)

かとうかず子

千春の母。千春の幸せを願い孫を待ちわびるよき母であるが、刃傷事件の後には典膳を忘れられぬ千春を心配し、典膳との縁が切れることを望んでいる。

【長尾龍之進】

(ながおりゅうのしん)

忍成修吾

千春の兄。千春の離縁話に逆上し、典膳の左腕を斬りつけてしまう。後に妹の典膳に対する変わらぬ愛を知って、自らの過ちを深く恥じ入り、典膳に和解を申し出る。

【瀬川三之丞】

(せがわさんのじょう)

石垣佑磨

長尾家に仕える武士。千春への想いが募る余り、典膳の大坂転勤中に強引に関係を持ってしまう。やがてそのうわさが広まり、千春を追い詰めることになる。

【高木敬之進】

(たかぎけいのしん)

葛山信吾

一刀流堀内道場師範代。丹下典膳の親友。

【千坂兵部】

(ちさかひょうぶ)

草刈正雄

冷静沈着な上杉家江戸家老。典膳の人物にほれ込み、影ながら支え続ける。後に、浅野家残党より吉良上野介を守るべく、典膳に吉良屋敷へ入るよう遺言を残す。

【吉良上野介】

(きらこうずけのすけ)

長塚京三

高家筆頭吉良家の当主。浅野内匠頭の乱心により、赤穂浪士の仇敵になる。世間からの悪評など意に介さず我が道を行く。用心棒として雇われた典膳に魅力を感じ、心をひらく。

【富子】

(とみこ)

萬田久子

吉良上野介の正室。千春を使い上野介の身辺を探らせるなど嫉妬深い反面、いまだに典膳を想う千春の気持ちを察して、会う機会を作る、心優しい面も持ち合わせている。

【堀部弥兵衛】

(ほりべやへえ)

津川雅彦

播州赤穂、浅野内匠頭の家臣。高田馬場における安兵衛の活躍を聞きつけ、召抱えるべく長屋に駆けつける。忠義に篤く、吉良邸討ち入りを目指す浪士たちの精神的支柱となる。

【紀伊国屋文左衛門】

(きのくにやぶんざえもん)

江守徹

小商人からみかん船、根本中堂の造営などで巨万の富を築く。高田馬場で有名な中山安兵衛を宴に誘うが、その場に居た典膳に興味を持ち、新たな商いの手伝いを頼む。

【白竿屋長兵衛】

(しらさおやちょうべえ)

高嶋政伸

口入れ屋「白竿屋」の親分。鬼追屋とのいざこざで入牢中に典膳と出会う。典膳に一目置いており、一緒に暮らす事に・・・。幕府の政策が民衆の生活を困らせているのに憤りを感じている。

【お三】

(おさん)

ともさかりえ

長兵衛の妹。亭主と死に別れ息子、大五郎と白竿屋で暮らしている。働き者で、気立てがよい。典膳の身の回りの世話をしているうち、次第に典膳の人柄に引かれていく。