冴えない作詞家の中年男に突然訪れた、人生最大の「モテ期」。
・・実はそれは、亡き妻の忘れ形見、10歳のお転婆娘が仕組んだことだった!

“土曜時代ドラマ”第2弾は、活気あふれる昭和10年の東京・銀座が舞台の、笑って泣ける極彩色あふれるラブコメディ。10歳の女の子・悦子が、しみったれた「やもめ」の父・碌太郎のために、嫁探しに奔走、候補の女性たちと恋のさや当てが始まります・・。
原作は、昭和時代に一世を風靡した大衆小説家・獅子文六の代表作。原作をリメイクし、21世紀版として大胆にアレンジ、昭和モダニズムあふれるお洒落なドラマをお届けします!
キャストは、主演にNHK連続ドラマ初主演となるユースケ・サンタマリア、その娘の悦子役に平尾菜々花、そして、恋のさやあてをするデパートガールに、門脇麦。碌太郎をめぐって恋のバトルを繰り広げる美人すぎる令嬢・カオルにNHKドラマ初出演の石田ニコル。

【あらすじ】

昭和10年東京。柳悦子(平尾菜々花)は歌が好きなおしゃまな10歳の女の子。その父で、売れない作詞家の碌さん(ユースケ・サンタマリア)は、いまだに死別した妻を忘れられず、荒れた生活を送っていた。そんな父を見て悦子は、新しい碌さんのパートナーにして、自分のママとなる、「碌さんの第2の嫁さがし」を開始する。最初のターゲットは、自分の担任教師・村岡。悦子は村岡をたきつけて、碌さんとのデートにこぎつけるが、なかなかうまくいかない。次に目をつけたのが、デパートで出会った売り子の池辺鏡子(門脇麦)。鏡子は大人しい女性だが、地味で飾り気のないその人柄に悦子はひかれ、徐々に自分の母にと心を寄せていく。だが、その頃、碌太郎の実姉・鶴代は、夫の会社の株主である銀行の令嬢で絶世の美女・カオル(石田ニコル)との見合い話を進めていた。華やかな昭和ファッションも見どころのひとつ!

あらたな出演者11名と「語り」が決まりました!

《柳家の人々》

ユースケ・サンタマリア 写真

柳碌太郎

ユースケ・サンタマリア

この物語の主人公。うだつのあがらない作詞家。3年前に妻と死別し、娘の悦子、女中のウメとともに暮している。妻と死別後、荒れた生活をしていたが、悦子のおかげで一年発起、再婚相手を探し始める。開業医の息子で大学出。

平尾菜々花 写真

柳悦子

平尾菜々花

10歳の快活でおしゃまな女の子。母・秋子の死後、元気のない父にもとに戻ってもらおうと、再婚相手を探し始める。

大島蓉子 写真

婆や(ウメ)

大島蓉子

柳家の通い女中。死別した妻秋子がいた時代から柳家の女中として働く。

峯村リエ 写真

大林鶴代

峯村リエ

碌太郎の実姉。東邦商事の社長・大林信吾の妻。 碌太郎に何とか後添えをと思っている。悦子とはそりが合わない。

相島一之 写真

大林信吾

相島一之

鶴代の夫。東邦商事社長。株主である日下部銀行の令嬢・カオルと碌太郎との縁談を成立させ、ビジネスのパイプにしたいと願っている。

《池辺家の人々》

門脇麦 写真

池辺鏡子

門脇麦

性格の地味なデパートガール。銀座の大松の紳士服売り場に勤める。 外国の恋愛映画に憧れ、恋をしたいと内心では思っているが、父久蔵の決めた縁談を断れず、与えられた相手と結婚するのが自分の道だと思っている。

西村まさ彦 写真

池辺久蔵

西村まさ彦

小石川の貧乏長屋に暮らす指物職人。酒好きで頑固な性格の典型的な江戸っ子。娘の将来を憂い、自分の決めた理想的な相手と結婚するのが鏡子にとって最大の幸福だと思い込んでいる。

堀内敬子 写真

池辺藤子

堀内敬子

久蔵の妻。実は後妻であり、鏡子とは血がつながっていない。

《日下部家の人々》

石田ニコル 写真

日下部カオル

石田ニコル

日下部銀行頭取の娘。(父はすでに他界)
結婚相手に理想が高い令嬢。すでに数十回見合いの話を断っている。
真実の愛を求めるなかで、碌太郎と出会う。
文学・音楽・絵画など芸術全般に精通している。

紺野美沙子 写真

日下部絹

紺野美沙子

カオルの母。何十回も見合いを断る娘の身を案じている。

矢野聖人 写真

日下部一郎

矢野聖人

カオルの弟。日下部銀行の跡取り。

《スイートレコードの人々》

岡本健一 写真

細野夢月

岡本健一

碌太郎の出入りするレコード会社、スイートレコード専属作曲家。
何曲ものヒット曲を持つ。スイートレコード内での発言権を多大に持ち、大松のデパートガール鏡子にちょっかいを出す。

安藤玉恵 写真

春奴

安藤玉恵

スイートレコードに出入りする芸者にして歌手のうぐいす芸者。
が、人気はいまひとつ。夢月や碌太郎とつきあいが長い。

《その他の人々》

村川絵梨 写真

村岡政子

村川絵梨

悦子の小学校の担任教師で、碌太郎が最初に再婚相手として意識する相手。悦子の策略で碌太郎とデートをすることになる。碌太郎と同様、病気の夫と死別していて、幼い息子がいる。

橋本淳 写真

次作

橋本淳

米屋の次男で、鏡子の見合い相手


【語り】

片岡愛之助 写真

片岡愛之助

【音楽】

橋本由香利 写真

橋本由香利

プロフィール
ソフトロック、ギターポップ、ネオアコースティック、エレクトロニカの世界観を軸に、プログラミングからオーケストレーションまで幅広く多彩な音楽を作り上げ、数多くの劇伴音楽を手掛けている。最近作にNHK BSプレミアム「千住クレイジーボーイズ」、TVアニメではTX「おそ松さん」、NHK「3月のライオン」等。

【番組情報/制作スタッフ】

【放送予定】
2017年 7月15日(土) スタート<連続8回>
総合 毎週土曜 午後6時5分から6時43分 <38分>
【出演】
ユースケ・サンタマリア、平尾菜々花、門脇麦、石田ニコル ほか
【原作】獅子文六「悦ちゃん」
【脚本】櫻井剛
【音楽】橋本由香利
【演出】大原拓 清水拓哉
【プロデューサー】家富未央
【制作統括】落合将
【制作予定】2017年5月から8月収録予定