伝七捕物帳

ドラマのあらすじ・予告編動画

第3回「夫婦道(めおとみち)、江戸女房の心意気」

BSプレミアム:2016年7月29日(金)よる8時から8時43分

再放送:BSプレミアム 7月31日(日) 午後6時45分

岡場所で行き倒れが出たと聞いて、伝七(中村梅雀)は、勘太(徳重聡)、文治(上遠野太洸)を連れ駆けつける。遺体の手には煎餅の袋があり、腹には殴られた跡がる。しかし同心・秋月(川野太郎)は行き倒れと決めつけて処理する。不審に思った伝七は岡場所で聞き込みを始める。死んだ男は「お夕」という女を捜していたという。翌日、伝七は行き倒れの現場にたたずむ女(田中美里)を見かける。女はお勝と名のり、「奉行所の役人は信用できない」とたんかを切る。遺品の煎餅を味見した伝七の女房・お俊(田中美佐子)は煎餅屋の名を言い当てる。

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む

「伝七捕物帳」のサイトをすべて表示するためには、JavaScript対応のブラウザが必要です。