おもな登場人物(キャスト)

第2部【大奥編】新キャスト発表!

2016年12月28日更新

平山浩行

甲府宰相綱豊
(こうふさいしょうつなとよ)
...平山浩行

三代将軍家光の孫で、時の五代将軍綱吉の甥にあたる。徳川綱重の長男として生まれ、甲府藩主を継いだ。

清水美沙

江島
(えじま)
...清水美沙

桜田御殿の中臈(ちゅうろう)。きよの教育係となる。厳しい。

川原亜矢子

煕子
(ひろこ)
...川原亜矢子

綱豊の正室。父は関白太政大臣近衛基煕(このえもとひろ)。

野々すみ花

須免
(すめ)
...野々すみ花

煕子の入輿に同行、江戸に下向した。煕子の意向により綱豊の愛妾となる。

内藤理沙

古牟
(こん)
...内藤理沙

桜田御殿女中。

滝藤賢一

新井白石
(あらいはくせき)
...滝藤賢一

儒学者。侍講として綱豊に仕える。

武井咲

きよ
...武井咲

四十八人目の忠臣として討ち入りの成功を陰で支えた。
しかし…愛おしい十郎左衛門を送り、吉良の奥方、富子さえも不幸にした討ち入りは、きよの胸に悲しみを刻む。しかし…生き残った者の成すべきことのため、きよは立ち上がる。義士の遺児救済と浅野家再興のため、江戸城大奥への近道を求めて歩き出した。まずは桜田御殿。それは…きよはまだ知らない将軍の母への道だった。

福士誠治

礒貝十郎左衛門
????????
(いそがいじゅうろうざえもん)
...福士誠治

赤穂浪士として吉良邸討ち入りに加わり、本懐とげ、お預けとなった細川家にて切腹。そして…きよの前に再び現れることとなる。

田中麗奈

瑶泉院
(ようぜいいん)
...田中麗奈

浅野内匠頭の正室。落飾して実家の三次浅野家へ。亡き殿の無念晴れることのみ祈る。

三田佳子

仙桂尼
(せんけいに)
...三田佳子

きよの叔母。浅野家先代の奥方に仕えたのちに尼となる。浅野家再興と遺児救済のため奔走する。赤穂義士の切腹にある決心を…。

石丸幹二

大石内蔵助
(おおいしくらのすけ)
...石丸幹二

元浅野家筆頭家老。

堀部安兵衛
(ほりべやすべえ)
...佐藤隆太

村松三太夫
(むらまつさんだゆう)
...中尾明慶

堀部弥兵衛
(ほりべやへえ)
...笹野高史

吉田忠左衛門
(よしだちゅうざえもん)
...辻萬長

原惣右衛門
(はらそうえもん)
...徳井優

片岡源五衛門
(かたおかげんごえもん)
...新納慎也

不破数右衛門
(ふわかずえもん)
...本田大輔

前原伊助
(まえはらいすけ)
...山本浩司

寺坂吉右衛門
(てらさかきちえもん)
...川口覚

大石主税
(おおいしちから)
...勧修寺保都

毛利小平太
(もうりこへいた)
...泉澤祐希

今井翼

浅野内匠頭長矩
(あさのたくみのかみながのり)
...今井翼

江戸城松の廊下での刃傷事件により切腹。浅野家はお取りつぶしとなった。

浅野大学長広
(あさのだいがくながひろ)
...中村倫也

長矩の弟で養嫡子。広島の浅野本家へお預けの身となる。

伊武雅刀

吉良上野介義央
(きらこうずけのすけよしひさ)
...伊武雅刀

屋敷替えとなった本所の吉良邸にて赤穂浪士によって首を取られる。

伊武雅刀

富子
(とみこ)
...風吹ジュン

吉良上野介の妻。

上杉綱憲
(うえすぎつなのり)
...柿澤勇人

吉良夫妻の息子。

ほり
...陽月華

佐藤條右衛門
(さとうじょうえもん)
...皆川猿時

勝田善左衛門
(かつたぜんざえもん)
...大東駿介

木屋孫三郎
(きやまごさぶろう)
...藤木孝

つま
...宮﨑香蓮

勝田元哲
(かつたげんてつ)
...平田満

細井広沢
(ほそいこうたく)
...吉田栄作

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む