おもな登場人物(キャスト)

瀬戸康史

酒田伴四郎
...瀬戸康史

高野藩衣紋方。藩から持ち出された書状を取り戻すため、南海藩に潜入する羽目に。書状奪還に向け、中間姿の殿と悪戦苦闘の詮索を続ける。その一方で、愛妻・すずを思いながら、料理の腕をふるう。

酒井若菜

お菊
...酒井若菜

仕出し「川原屋」の主人。気風がよく頼りがいがあるため、伴四郎にとっては“かけこみ寺”のような存在。気は強いが情にはもろい。伴四郎の潜入中、店ですずを預かることに。手代・与一とは迷コンビ。

桐山漣

山下新八
...桐山漣

南海藩勘定方。財政難に苦しむ藩のためにいつも損得勘定で算盤を弾いている。腕っぷしが強い人足衆から馬鹿にされているが、頭脳で立ち向かっている。賄方の下働き・お常に淡い恋心を抱いている。

三吉彩花

酒田すず
...三吉彩花

伴四郎の妻。夫を内助の功で支えている。殿の御下命で江戸へ赴くこととなり、伴四郎のピンチを救うことに。川原屋でお菊とともに働きながら、南海藩に潜入中の伴四郎の帰りを待っている。

笠原秀幸

原田宗太郎
...笠原秀幸

高野藩の世継ぎ・清之助の側用人。清之助を幼い頃から支え、成長を見守ってきた。父である原田宗之助は藩の筆頭家老を務めていたが失脚し、病気療養中である。藩主・茂照を目の敵にしている。

萩原みのり

お常
...萩原みのり

南海藩賄方の下働き。通訳の職を失った父に代わり、家計を支えるべく毎日せっせと働いている。明るく純真で、藩士たちからも好かれている。伴四郎にほのかな思いを寄せるが、ある一件で数奇な運命をたどることに。

若山耀人

松平清之助/青井若造
...若山耀人

元服間もない高野藩の跡継ぎ。子がなかった殿・茂照と千代の元へ、幼い頃に養子として迎えられる。殿に対しコンプレックスを感じ、ギクシャクしている。伴四郎との出会いで少しずつ心を開く。

平山祐介

大田垣虎三
...平山祐介

南海藩藩士。エゲレス公使・アボットからの急な藩邸増築の依頼により、人足仕事をさせられている。腕っぷしに自信があり、力こぶこそが南海魂の証だと思っている。気性は荒いが義理堅い性格。

草刈麻有

お羽
...草刈麻有

軍鶏鍋屋「きじや」の女将。父から受け継いだ軍鶏鍋の味を引き継ぎ、店を切り盛りしている。天真爛漫で、店のお客からの人気も高い。美人番付で川原屋お菊を負かしたことがある。

クロちゃん(安田大サーカス)

与一
...クロちゃん(安田大サーカス)

仕出し「川原屋」の手代。主人であるお菊には、丁稚の頃から面倒を見てもらい、恩がある。どんな時も明るく「へい」と返事をする。実は高野藩藩主・茂照の隠し子であるが本人は知らない。

厚切りジェイソン

アンソニー・アボット
...厚切りジェイソン

エゲレス公使。エゲレス式の武器を南海藩に売り込むことで市場の拡大を狙っている。わがままな上にやりたい放題で、南海藩に手を焼かせている。その上かなりの好色家で、美人には目がない。

ボビー・オロゴン

アーロン
...ボビー・オロゴン

エゲレス公使・アボットの警固役。いつも眼光鋭くアボットの側に控えており、冷静沈着。伴四郎にとっては敵なのか見方なのか、計り知れず。藩邸内の賭場で惨助と出会い、その後度々勝負をすることに。

ユキリョウイチ

宮田俊成
...ユキリョウイチ

南海藩藩主。外国との貿易にいち早く目を向け、エゲレス公使・アボットとの利害関係を構築している。倒幕に向けての準備を着々と進めており、茂照の失脚を虎視眈々と狙っている。

戸田恵子

千代
...戸田恵子

高野藩主・茂照の奥方。養子である清之助と距離をもつ殿に対し、もどかしさを感じている。殿が屋敷を抜け出していることは薄々気づいている。厳格に見えるが、実はお茶目な一面もある。

徳井優(二役)

菊池庄兵衛
...徳井優(二役)

高野藩・賄頭。務めは長く、殿からの信頼は厚い。伴四郎や平三の奮闘をそばで見つめ、いつもチャチャを入れているが、たまに手助けしてくれる事もある。平三とはお互いにライバル意識がある。

徳井優(二役)

お徳
...徳井優(二役)

南海藩女中頭。藩内を裏で取り仕切っている実力者で、毎日パワフルに藩士たちの尻を叩いて働かせている。藩の御用商人・桔梗屋源次にほのかな恋心を抱く。平三をあごで使っている。

国広富之

桔梗屋源次
...国広富之

南海藩に出入りしている廻船問屋。多額の金を藩に貸し付けているため、事実上南海藩を牛耳っている。エゲレス式の武器を輸入し、倒幕への動きに加担しているが、真の目的は“金儲け”。

平田満

宇治井平三
...平田満

伴四郎の叔父。高野藩衣紋方。いつも自らの出世のことばかり考え、あの手この手で藩から認められようと、孤軍奮闘。「さすがワシじゃあ!!」が口癖。伴四郎と共に南海藩へ送られるが、ほとんど役に立たず。

草刈正雄

松平茂照/哀川惨助
...草刈正雄

高野藩藩主。殿としての裁量は申し分ないのだが、父としてはからっきしで、跡継ぎ・清之助に上手く向き合えない。伴四郎を送り込んだ南海藩に自らも中間・惨助となって潜り込み、敵の動きを探っている。

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む