火怨・北の英雄 アテルイ伝
  • 火怨・北の英雄 アテルイ伝トップページ
  • 番組のみどころ
  • おもな登場人物
  • 次回予告
  • よくあるご質問
  • 掲示板

第1回「蝦夷(えみし)と呼ばれた人々」

☆予告動画の提供は終了しました。

奈良時代末期、東北には「蝦夷」と呼ばれた一族が暮らしていた。日本全土を支配下におさめようとする大和朝廷の手が、東北にも伸びてきた。胆沢(現在の岩手県奥州市)の族長の息子、阿弖流為(大沢たかお)は、ヤマトに連れ去られた妹・阿佐斗(高梨臨)を奪還すべく、元は蝦夷でありながら今はヤマト側についている呰麻呂(大杉漣)や母礼(北村一輝)とともに、ヤマトの拠点である多賀城を襲撃し、火をかける。

【表示したい放送回を選択してください】

第1回 第2回 第3回 第4回(終)