NHKデジタル

視聴するにはB-CASカードが必要です

※4K8K対応受信機に採用されている「ACAS」についてはこちら

地上デジタル放送・BSデジタル放送(BS1・BSプレミアム)を視聴するにはB-CASカードが必要です。

B-CASカードはデジタル放送に不可欠な「スイッチ」です
必ずB-CASカードを受信機に挿入してください

放送波に『コピー制御信号』を付加するだけでは、その信号に反応しない受信機(録画機)の販売や流通を防ぐことができません。このため、地上デジタル放送およびBSデジタル放送では、『コピー制御信号』を付加した上で、番組に暗号をかけて放送しています。

コピー制御に正しく反応する受信機は、「B-CASカード」が同梱されており、このカードを受信機に挿入することで暗号が解除されてデジタル放送をお楽しみいただけます。いわば、B-CASカードは正しい受信機のスイッチの役割を果たすことになります。

※一部の受信機には、B-CASカードと同様の仕組みが搭載されているものもあります。

※コピー制御に反応しない受信機にはB-CASカードが同梱されていないため、デジタル放送を見ることができません。