////

ロゴ

まだまだ挑戦中!プロジェクトタイトル

いつでも相談できるスマホアプリを作りたい!

悩みを抱える子どもたちを一人でも減らすために、島尻さんのスマホアプリ実現への挑戦は続きます!

////

このプロジェクトについて

このプロジェクトについて

「『助けて!』とSOSを発信することにも時間がかかる現状を変えたい!」

沖縄出身の島尻優楓(しまじり・ゆか)さん(18)が、このプロジェクトアイデアを思いついたきっかけは、小中学校時代のいじめられたときの体験。担任の先生に相談をしてもいじめがなくなることがなかったこと。担任以外に助けを求めたくてスクールカウンセラーに相談しようとしたところ、予約制ですぐに相談できなかったこと。24時間受付の電話相談に連絡しても...

続きを読む

このプロジェクトの進捗状況

このプロジェクトの進捗状況

掲示板

プロジェクトリーダーと語り合う掲示板

3rdクエスチョン3rdクエスチョン

アプリの概要(機能)を考えました!みなさんからのご意見お待ちしています。
また、いじめにあった時 "こんな言葉を言われて自分は救われた"というのがあればぜひ教えてください。

やりとりを見る

ノックアウト

吹き出し

NHKサポーター
ノックアウト くん

今日から島尻さんの3rdクエスチョン掲示板がスタートします。
主に島尻さんが現段階で考えているアプリの概要(機能)についての掲示板です。自分がいじめを受けたとき、アプリを使いたいか?それとも、こんな機能を加えたらもっと役立つ!などみなさんからの意見・アイデアを募集しています。なおこれまでどおり、みなさんのいじめ経験や意見、相談員へのエントリー、激励メッセージなども受け付けています!みんなの声で、島尻さんがつくりたいアプリを実現させていきましょう!よろしくお願いします。

プロジェクトリーダー

吹き出し

プロジェクトリーダー
島尻優楓 さん

プロジェクトの進捗状況(プロジェクト日記)に、いま考えている相談アプリ概要(機能)について書かせてもらいました。読んでくれた方にお願いがあります。特にいじめられた経験がある人は、私のアイディアにどう感じるのか?教えてほしいです。個人的には、アプリの機能で相談内容などを記録すると即座に相談員からスタンプみたいな感じでリアクションが返ってくる仕組みを大事にしたいと思っています。ねらいは、相談しようとアプリを開いた人に“悩んでいるのは一人じゃない。仲間がいることを即座に伝えたい”という思い。相談員の人もすぐに相談にのってあげたいけれど、いま仕事をしていたり、家庭の事情ですぐに相談にはのれない。でも、“悩んでいるのは一人じゃない。仲間がいるよ”というシグナルだけでも送りたい。という互いの思いのかけ橋になればと思って考えた仕組みです。相談員に応募してくれた方のメッセージを読んでいても、「ぜひ、相談にのってあげたい」という人がいたり「相談にのってあげたいけど、できるか自信がない」「普段は仕事をもっているので、自分の時間に余裕があるときをつかって」というさまざまな思いをもっている人たちがいることがわかりました。何かみんなの思いをアプリの機能として実現できないかと思って考えた仕組みです。いじめにあった時に〝こんな言葉を言われて自分は救われた″というものがあれば、ぜひ知りたいです。どんなスタンプメッセージを作っていくのか?参考にできたらいいなと考えています。よろしくお願いいたします。


ノックアウト

吹き出し

NHKサポーター
ノックアウト くん

さっそくたくさんの人からメッセージが届きましたので紹介します。今回は11月28日(火) 15時までに届いたメッセージを紹介します!

吹き出し

ニックネームうみねこ さん
年齢20 歳

相談アプリ専用のスタンプを作るのはどうでしょうか?スタンプの言葉は、「今、大丈夫ですよ。」「ちょっと待って下さいね。」という感じで。そしたら、相談者は見てもらえた!と思えるのではないでしょうか?
また、相談員を、熊本担当、東京担当というふうに、小さく分けたら、実際に会って励ましにいくという事もできると思うのですが、どうでしょうか?
そして、もっと大きい九州ブロック、関東ブロックとかと分けて、相談員が地域や県の単位で集まって話が出来るようにしたら、行き詰まってる案件について意見交換もできると思うのです。

吹き出し

ニックネームアイスドラゴン さん
年齢19 歳

私はいじめにあっていた時。友達は皆、私を裏切りました。でも、あるマンガで「友達は絶対に裏切らねぇ。」という言葉を聞いて、本当の友達なら、人を裏切るようなことはしない。私を裏切った人達は友達ではない。と思うようになりました。

吹き出し

ニックネームラピス さん
年齢16 歳

こんにちは。2ndクエスチョンの掲示板でプロジェクトに参加したいと投稿したラピスです。スタンプを送れる機能、素晴らしく感じました。また、相談員を選べる仕組みがしっかり整ってるのもまたよく考えてると感じました。
スタンプを送る際に、どんなスタンプがあるかによって大きく変わると感じます。共感スタンプはもちろんのこと、応援スタンプや励ましのスタンプ。例えば「君は悪くない」「よく頑張った」など(あくまで例なので他にも素敵な言葉はあると思います)、バリエーションは6~7個(もっと?)くらいあったほうがいいと思います。あと日記を閲覧させていただいた時に気になったのが、このアプリは「利用者」と「相談員」のつながりに重点を置いていますが、「利用者」と「利用者」のつながりはあるのかなというものです。いじめを受けて、多くは一人きりの状況の中でアプリを利用すると思うので、例えば同じようないじめを受けた人同士の関わりなど、かなり心強いのではないかと思います。(もちろん相談員システムは確立したほうがいいと思います)
偉そうに語ってしまいましたが、自分はこのアプリが多くの人の命を救う力になると思っています。もし相談員として参加し、皆と協力する時が来たら、その時はよろしくお願いしま す。

吹き出し

ニックネームしずぴよ さん
年齢24 歳

いじめを受けたことのある障害ありの当事者です。まずは相談員になりたいと思っています。
掲示板読みました。
自分自身、文章で上手く伝えること、相談内容を文章にするのが難しい。そして文章を読む理解力も様々なので、スタンプを使うという案は良いと思います。
自分のように文章にするのが難しい、苦手な障害ありの方のためにも、アンケート形式、当てはまるものにチェックする形式もありかなと思います。
もし、こういうアプリを使うとしたら、相談出来る人がいない。助けを求める環境が無い場合に利用するのかなと思います。わずかでも、気持ちが救われる。そんなアプリになれば良いなと思っています。

吹き出し

ニックネームうみねこ さん
年齢20 歳

私は、いじめられていた時、通っていた塾の教室長の「親にも学校の先生にも言えないことは、俺とかここの先生に話せば良いからね。頑張ってるの、知ってるから。学校行って死にたいって思ってしまうなら、教室開けとくからおいで。」という言葉に救われました。いじめられていて、親にも先生にも言えない。そんな子が気持ちを吐き出して、共感してもらえるような場所にこのアプリをしていけたらと思います。相談員、自分の辛かった経験をバネにしたいと思うので、是非やらせて下さい。

吹き出し

ニックネームiGmen(イジメン) さん
年齢51 歳

「ちょっと待ってて」
「読んだよ。もう少し詳しく教えて」
「辛かったね」「苦しいね」
「少しだけ待ってて、時間作るから」
などの共感やあなたの事考えてるよって言うメッセージを送るだけでも違うかなと思っています。
受け止めてくれる人がいるという安心感と自分の居場所が見つけられたという安心感があると、色々なことに耐える力が出た記憶があります。

吹き出し

ニックネームてつ さん
年齢39 歳

嫌な思いが胸に渦巻いている時は文章をまとめにくい事があると思います。
相談員にも状況が伝わりやすいように、基本的な質問項目みたいなものがあるといいと思います。
そこも、文字で書くのではなく、ボタン式にしてはどうでしょう。
“相手は?【一人】【複数】【大勢】【教師含む】”
“現在のいじめはいつごろから? 【2、3日前】【一週間前】【一ヶ月前】【半年前】【一年前】”
ボタン選択項目を設けることでスピーディに登録出来ます。軽いいじめの場合、文章をまとめようと長く書き込んでるうちに頭の整理がついてきてしまい「投稿するほどの事でも無かったかな?」などと自分を納得させてしまう可能性もあるかもしれません。
軽いいじめでも継続的だと自分を納得させ続けて、いつのまにか限界に達する事があります。軽い内容の内に拾い上げてあげる事が大事だと思いました。

吹き出し

ニックネームてつ さん
年齢39 歳

同じようないじめで苦しんでいる人がどれだけいるのか、「相談を受けている人数・地域」「大まかな内容」「進捗・解決の情報」などがリアルタイムで表示される機能を付ける。
多くのいじめられてる人は相談出来る相手が少ないでしょうから「自分だけが」と悩むと思います。「同じ思いを抱えている人が近くにこれだけいるんだ」と思えるのは励みになると思います。また、その内何人が解決したか、など 、進捗状況も分かると自分も頑張ろうと思えるかも知れません。
励みになるコメントを当事者が投稿して閲覧出来る仕組もいいかも知れません。(マイナスな表現のコメントも多くなると思うので、スタッフが選んだものだけ閲覧出来る方が良い気がします。)

吹き出し

ニックネームれいまま さん
年齢45 歳

私は、今、ガラケーなので、うまいことは言えませんが、島尻さんが考えたとおりだと思います。それと、いじめ経験がある人は、発達障害の方もいるようです。親御さんについてってもらって、検査した方がいいと思います。もし、発達障害だった場合、手帳(※補足『療育手帳』(『愛の手帳』・『みどりの手帳』など名称は自治体によって異なる)/『精神障害者保健福祉手帳』)を申請すれば、将来仕事する場合、配慮して仕事できるかもしれません。ただ、手帳のことは、簡単じゃないと思います。周りの目が心配ですから。配慮のない状態で仕事は大変です。今は、配慮系の物がいろいろあるので、それをどんどん利用してほしいと思います。私の場合は、そういうものがなかったので、かなり大変でしたよ。なので、どんどん利用してください。

吹き出し

ニックネームりこぴん さん
年齢49 歳

アプリの概要拝見しました。いじめの状況を記録していける機能はとても良いと思います。実際に相談する時、相談員さんにもわかりやすいと思います。(その時の気持ちも記しておくといいかも)スタンプも良いアイデアだと思います。何かしらのアクション?!返信があるのとないのとでは相談する側の気持ちが全然違うと思うからです。聞いてもらえる誰かが居る事。自分の今の状況を知ってくれている誰かの存在はいじめを受けている本人にも大きな支えになると思います。「もぅ、いいや」ってあきらめてしまう前の声を受け止めてあげられる、一緒に考え寄り添ってあげられる。そんな存在のアプリが出来る事を願います。島尻さん、悩む事もあると思いますが頑張ってくださいね。

吹き出し

ニックネーム志織 さん
年齢19 歳

スタンプについて賛成していることを前提に読んでください。例え話をします。藁にもすがる思いでAさんが投稿しました。その投稿に対して、ある相談員Bさん(または複数人)からスタンプを送られてきました。Aさんが相談員の方だって学校や仕事などですぐにはきちんと連絡できないことを考えられたらいいのですが、いじめられている人には自分のことで精一杯の方だっていると思います。おそらく島尻さんの作ったアプリを頼る方というのはそういう方が大半を占めるでしょう。Aの元にスタンプは来たけれど返事はなかなか来ず、相変わらず辛い日々は続きます。返事があんまりにも遅れてくると相談したことがかえってAさんを追い詰めることになると思うのです。スタンプだけ送られたのはもしかしたらからかわれただけなのかもしれない、本当は自分を否定しているのではないのだろうかなどとマイナス思考に陥って欝が悪化する可能性もあります。一日や二日すら待てない人だっているでしょう、スタンプの存在どころかせっかくのアプリがその人をさらに追い詰める結果にもなるということも考えてスタンプのシステム、スタンプのデザインを考えた方がいいと思います。

吹き出し

ニックネーム志織 さん
年齢19 歳

私がいじめられている時、部活でもクラスでもやらていたのですがほとんど休みませんでした。それは父が毎朝怒ってでも起こしてくれて、早朝どんなに早い時間でも毎日毎日見送ってくれたからです。体を壊した日も雪が降ってても外まで出て私の姿が見えなくなるまで見送ってくれたんです。毎朝、毎朝「いってらっしゃい」と「頑張ってこい」と「大丈夫だ」といじめられてから引っ越すまでの一年半、見送ってくれました。毎日欠かさずです。それがあったから私はいじめを耐え抜けたんです。色んなことに支えられていましたけれど1番の支えは父の毎朝の見送りでした。アプリでそれはできませんが、「おはよう」スタンプとか、「いってらっしゃい」スタンプとか、「おかえり」スタンプとか「今日も頑張ったね」スタンプとか「今日もガンバって、大丈夫だよ」スタンプとかを相談とは別のところで送れたら、少しはいいんじゃないかなって思います。

吹き出し

ニックネーム8月うさぎ さん
年齢30 歳

アプリの概要を拝見しました。いじめに関する記録や発信する時の居場所など、わかりやすい機能だと思います。少し提案させてもらうと、状況確認の際に具体的な心身の不調があるかの項目を追加してはどうでしょうか。例えば、睡眠時間はどのくらいか、頭痛あり・なしとか。スタンプ機能では手描きのイラストなどで(癒し系の小動物とか)作成するのはどうでしょう。すぐに反応してもらえるのは嬉しいですよね。私が当時いじめに遭っていても、会話自体苦手だったため電話相談しようとは全く思いませんでした。ただ文章を作るのは好きな方なので、このようなアプリがあったら活用していたでしょうし、ひとりで悩みを抱えずに済んだかもしれません。
いじめに遭った当時は周囲の理解と認知不足で「こんな言葉を言われて自分は救われた」、というのは残念ながらありません。強いて言うと社会人になってから心療内科の先生にかけてもらった「今は一番落ち込んでいる状態だから、これよりも下がることは無いからね。(気持ちの面で)あとは上にいくだけだから大丈夫だよ…!」「よく頑張りましたね」「元気になって」など。

吹き出し

ニックネームれいまま さん
年齢45 歳

私の時は、いじめから逃げることは悪い事という時代で、家族から被害者なのに我慢させられたが、中3の娘の母親になった今、テレビでたかみなちゃんや、ほかの共演者の話を聞いて、逃げることは、悪い事ではないという話を聞き、間違いではなかったことに気づいた。私の時代もそうしてほしかったと思います。あと、発達障害者に対する誤解が多いので、それもやってほしいと思います。詳しい人に話を聞くのもいいですよ。自分が自分をそうじゃないかと思い疑っています。

吹き出し

ニックネームユキえもん さん
年齢47 歳

私は、物心ついたときにはいじめにあっていましたし…オトナになれば無くなるなんて事もないことを、身をもって体験してきたので「共感」という寄り添い方ができるかなと思いました。
相談相手の募集とありましたが、そんな相手になれたらうれしいです。

プロジェクトリーダー

吹き出し

プロジェクトリーダー
島尻優楓 さん

メッセージありがとうございます。
具体的にどのような言葉がいいのかアイデアを書いて送ってくださり、より具体的にイメージができてきました。ボタン形式やコメント、スタンプなどいくつかタイプ別に分け、ユーザーの気持ちに寄り添いながら利用してもらえるものを目指したいと思います。その他にも、いじめが始まった期間を記入したり、誰にどんなことをされ悩んでいるのか具体的に示し、相談できるようにするかということを重点的に掘り下げて考えていこうと思いました。また障がいがある方のメッセージを読んで、もっとどんなことで悩んだりいじめがあったのかも知る必要性があると思いました。よければメッセージ送ってほしいです。

それから近況報告です。
最近は、私が通っている大学とアメリカ大使館が主催のコンテストの最終審査で、いま考えているいじめで苦しんでいる子どもたちを助けるサービスのプレゼンをおこないました。そこで『プレゼンテーション賞』を頂き、来年2月にシリコンバレーで発表することになりました。この掲示板でみなさんから貴重な意見や体験談を聞けたおかげです。本当にありがとうございます。
いまアプリの試作版を作り始めています。完成するまでにはまだ時間がかかると思います。そこで、アプリが完成するまでに、いじめで悩んでる人と相談に乗る人をつなげていくことは可能ではないかと考え始めています。アプリが完成してからではなく、今の状況でもできることをどんどん取り組んでいきたいと思いました。それをベースに実際にアプリにも反映していきたいと考えています。
そのための足がかりとして、まずはいじめの経験がある人同士をSNSでつないで、本当に話すことができるのか検証してみたいと考えています。今実際に何人か身近な友達に協力をお願いしている段階です。相談員に応募してくれた人の中で、12月か1月に15分~30分ほど時間のある方でTV電話やチャットで協力してくれる人がいたら是非メッセージをもらいたいと思います。よろしくお願いします。

ノックアウト

吹き出し

NHKサポーター
ノックアウト くん

島尻さん本格的に動き出しました。是非みなさんからのメッセージお待ちしています!


ノックアウト

吹き出し

NHKサポーター
ノックアウト くん

いじめなど子どもたちの悩み相談を、SNSで受け付ける「SNSカウンセリング」。専門家のオトナたちも手探り状態ですが、動きだしていますね。島尻優楓さんも、孤軍奮闘!?自らのいじめ経験と10代の視点を強みに、もうひとつのアプローチ方法を模索しています。メッセージを寄せてくれるみなさんの応援が頼りです!

吹き出し

ニックネームnao さん
年齢23 歳

毎回コメントをさせてもらっている、naoです。アプリの概要を読ませていただきました。相談する事については、電話でもチャットでも出来る事は大きいと考えています。僕たちが普段使っているLINEと同じようにお話ができるという事は利用者の皆さんも手軽に相談できると思いますし、記録をする事も、相談者が具体的に何を抱えているかが分かります。アプリの中なら安心して自分の悩みを打ち明ける事が出来ると思います。現実に外で打ち明けるのがつらい人もいますので。機能についてはもう1つ、Skypeのようなテレビ電話の機能も付けてみるのはいかがでしょうか?相談者も直接見れますし、向こうからは僕達相談員が見れるので、相談者にとってはさらに安心できるかと。
プロジェクトの進展も、すごく大変だという事が分かりました。いざ作るとなった時に壁にぶち当たる事は僕も経験しています。助ける事を考えているので、僕が経験したことよりも分厚いと感じています。そんな時は僕達の提案をぜひ活用してください。また、相談員の採用のご連絡も引き続きお待ちしています。僕の場合はパソコンのメールで連絡してくだされば助かります。

吹き出し

ニックネームラピス さん
年齢16 歳

こんにちは。ラピスです。
12月、1月は時間ありますので、ぜひ協力したいです。よろしくお願いします!

吹き出し

ニックネームミズキ さん
年齢12 歳

2rdクエスチョンにも投稿させていただきました。ミズキです。
SNS同士で試してみるのはとてもいい案だと思います。私もできれば参加したいのですが、受験生のため12月しか空いておらず、チャットしかできないのですが、それでも大丈夫でしたら参加したいです。
色んな方のコメントを見て、私もやっぱりスタンプの様な物がいいと思います。
「辛かったね。」などがいいと思います。
ですが、もし私が相談員になるのなら、相談される方々よりもほぼ年下になるので敬語の方がうれしいです。島尻さん、頑張って下さい!応援しています!

吹き出し

ニックネームしずぴよ さん
年齢24 歳

アプリ開発へ向けて学業との両立お疲れ様です。
障害のある人のいじめの経験内容ですが、当たり前のように出来ること(話す、聞く、コミュニケーション、行動)がおかしな目で見られ、影口や悪口言われたりします。
具体的に言えば、人と話す際、言葉の意味を理解できず言葉に詰まったり、返す言葉が分からなくなったりした時に、『ほかのひと』と比べられたりしました。
15分ほどならお時間作れます。あいてます。

吹き出し

ニックネームiGmen(イジメン) さん
年齢51 歳

電話やチャットでの会話に協力します。

吹き出し

ニックネームしずぴよ さん
年齢24 歳

障害のある人、あたしが受けたいじめはすべて『健常者』と比べられてのいじめでした。
障害があると打ち明ければ、軽蔑され差別的な態度(仲間外れ、席も離されたり、触ったものをバイ菌だから触らない方が良いと言いふらされたり)をされました。
人と話す(コミュニケーション)もうまくいかず、言葉を発しても、しゃべると『何いってるかわからない、何語話してるの?(笑)』だったり『バカ』等と言われたりされたこともあります。
グループわけや席替えの時も『一緒は嫌だ、隣にいたら障害がうつる』と言われたりしました。学生のころのいじめのお話ですが、社会人の今もたまに言われたりします。

吹き出し

ニックネームうみねこ さん
年齢20 歳

私がいじめられていた時。このアプリがあったら使ってたと思います。なぜなら、Twitterとか自分のことを話せるツールはあるけど、炎上したり心ない言葉を書かれる可能性があり怖くてSNSでは書けません。だから、このアプリは安全な所が一番いいと思います。後は、書くよりも話す方が得意な人もいると思うので、通話が良いかチャットがいいか選べるようにできたら良いと思います。

吹き出し

ニックネームうみねこ さん
年齢20 歳

あればいいと思う機能は、いじめの内容って書きにくいものもあると思うので、アンケート形式で入力できる機能があるといいと思います。たとえば、誰にいじめられてるか(同級生、先輩、先生、その他)どんなことをされたか(悪口、暴力、物を壊された、お金を取られた)等選んでチェックを入れられるようにしたら話せるきっかけになるだろうし相談にも乗りやすいと思います。

吹き出し

ニックネーム8月うさぎ さん
年齢30 歳

近況報告拝見しました。コンテストの受賞、おめでとうございます!多忙な大学生活の中、プレゼンにアプリの企画と頑張る島尻さんにとても励まされます。私自身も昨年から通信制大学ではあるものの、心理学系を中心に勉強中の社会人学生です。今回の質問「障がいのある人にどんな悩みやいじめがあったのか…」私の場合障がいといえるかどうかはわかりませんが、アトピーをはじめとするいくつかの持病で幼少期から投薬していたのも原因で、小学校の高学年にはもう身長が伸びなくなっていました。それを理由に女子から嘲笑され、自己否定感で悩み苦しみます。思春期は特に外見を気にする時期なので耐え難いものでした。また男子からは高い所に上履きを置かれたり持ち物を隠されたり。典型的ないじめのパターンですよね。他にも色々ありましたが、すっかり自分に自信をなくした私は視線が恐怖になり給食も一切食べられずの毎日。随分後にそれらの症状が「社交不安障害」だと知りました。いじめられた経験者の一人として微力ながらも相談員になりたく、今回チャットでのやりとりを希望します。よろしくお願いします。

吹き出し

ニックネームりこぴん さん
年齢49 歳

やはり「いつでも話を聞くからね」という言葉は、力になると思います。そして時間はかかっても話す側の気持ちのぺースに合わせてじっくり話を聞く事がさらに大切な事だと思います。募集では「現時点でいじめを受けている学生の方」とありましたが参加可能であれば1月、2月のチャット参加出来たら、と思います。カウンセリングを音声スカイプで受けた事があります。

吹き出し

ニックネームnao さん
年齢23 歳

前回もコメントさせて頂いたnaoです。最終審査で賞を獲得したという報告を聞いて、僕もうれしく思います。アプリの試作品に関しては、まだかかるそうですが、進展を感じます。
いじめに遭ったときの助けとなった言葉は、「僕達が味方だ」です。共に戦うというイメージが沸きました。
僕もこのプロジェクトのために、 いじめに関係する本を読んだり、いじめをなくすためのセミナーに参加するなどをして、勉強をしています。島尻さんが一生懸命やっているのに、自分は提案するだけというのは、何か足りない気がすると思い、勉強を始めました。
12月から1月は僕も時間が取れます。ただし、12月は仕事が夜にあるので、昼間の方が良いかなと思います。引き続き、ご連絡お待ちしています。

吹き出し

ニックネームくり さん
年齢19 歳

またも出しゃばりを失礼いたします。
簡易かつ即応性の高い手段としてのスタンプ、その発想に恐れ入りました。すでにご指 摘されている方がいるように、より話を引き出そうとするような文言は必須かと存じます。
また、スタンプだけでなく短いコメントを併記可能とし、「相談に乗る時間はないがコメント打つ程度なら・・・」という方に記入していただければ、簡単な機能故に起きる不幸な誤解を避けることも可能ではないでしょうか。また、さらに申し上げるのであれば、スタンプは可能な限りバリエーションを用意し、「とりあえず反応した」ように見えぬよう、相談者に多様な言葉が届くようにすることが必要かとも存じます。
最後に、TV電話等での協力の件ですが、もしよろしかったらお声掛けくださいませ。お待ちしております。

プロジェクトリーダー

吹き出し

プロジェクトリーダー
島尻優楓 さん

みなさん本当にたくさんのメッセージありがとうございます。心強いです。 前回お知らせした「いじめの経験がある人同士をSNSでつないで、本当に話すことができるのかの検証」について説明が足りなかった点があったので補足しておきたいと思います。
今、私が作ろうとしているアプリのメイン機能はチャットで相談できるようにすることです。
そこで重要だと考えているのは、以下の2点だと考えています。
どこまで相手の気持ちに共感してメッセージを送ることができるのか?
もし受け止めることに困難が生じるならば、どんな対策が必要になるのか?
チャットだけで会話していく中で、実際に何が起こるのか知っておくことが大事だと思ったからです。
友達と対面や電話で話しているときは、言葉以外にも表情や声色など、相手の気持ちを受け止める手段はたくさんあります。
しかし、会って話すのではなく初対面の人の気持ちをチャットだけで会話をし理解することは本当にできるのか知りたいと思いました。
以前、知り合いのカウンセラーさんに話を聞いても、対面や電話などのカウンセリングのノウハウは研究の蓄積があるけど、SNSチャットでのノウハウの蓄積はゼロに等しいという話を聞きました。
カウンセリングそのものが対面で行うため、「文字だけの会話で話を聞く」ということ自体があまりされてないことを知りました。
だからこそ、いじめの経験がある人同士をSNSでつないで、経験を語りあう。そのつらさを文字だけでどこまで伝えることができるのか、受け止めることができるのか検証したいと思っています。
会って相談することとは違う問題点も多くあると思いますが、今の10代に合った形を確立させ環境を整えていくことで、今までより簡単に「助けて、話を聞いて」と言えるのではないかと考えています。
趣旨に賛同してくださり、是非協力していただける人はメッセージお待ちしています。


ノックアウト

吹き出し

NHKサポーター
ノックアウト くん

みなさん掲示板の更新がものすごーく遅くなってしまいゴメンなさい。
プロジェクト期限は12月25日に終了。相談アプリのアイデアを発表したところで時間切れとなってしまいましたが・・・これだけ多くの皆さんからの声が集まっているにも関わらず、本当にここで終わりにしていいのか?正直悩んでしまいました。10代の声を集めて作る相談アプリは、実現化に向けて一歩一歩ゆっくりですが前に進んでいます。「ここで終わらしたら、これまで協力してくれたみんなのキモチを無駄にしてしまうのではないか?」。
そこで番組スタッフは、島尻優楓さんと打合せを重ね、今後どうしていくのか?ようやくある結論に達しました。報告は、島尻さんがプロジェクト日記にて!

吹き出し

ニックネーム鷹 さん
年齢29 歳

もう嫌だ…いじめをなくす事はできなかった。先生に言っても相談所に相談してもいじめがなくなりません。劣悪な学校でいじめっこの策略にはめられていじめっ子の思う壺です。誰も助けてくれない…。辛いです…。先生に言うとかえってひどいいじめに遭います。不祥事に巻き込まれます。そのせいで先生に言うのを廃止してしまいました。いじめを無くすのは不可能です。そう思います。いじめと障害のせいで豊かになれません。誰か助けてください…。

吹き出し

ニックネームいよ さん
年齢19 歳

こんにちは。2ndクエスチョンで相談員に志願したものです。寄せられた悩みに対して、すぐに反応ができる機能、素晴らしいと思います。私は、いじめを経て、いじめで悩んでいる人達を助ける仕事につきたいと思い、今の大学に通っています。そこで、アプリにフリースクールや相談室を設けている大学の情報を載せる機能を作るのはどうでしょうか?私がいじめで悩んでいた時、学校の外部に親以外で相談できる所がある事を知りませんでした。確かに、相談員が話を聞く目的のアプリではありますが、本当に専門家が必要な事態に備えておくことは必要だと思います。このアプリはお互いが匿名である事に意味があると思うので、相談者と相談員が実際に会う、というのはあまりいい事だと思いません。なので、実際に人に会って相談したい、相談できる所が知りたい、という相談者のためにそういう所を紹介する機能が必要だと感じます。

吹き出し

ニックネームしずぴよ さん
年齢24 歳

掲示板拝見しました。文字で気持ちや悩みを伝える。のは難しい事ですが、アプリでのスタンプ等で伝わり相談のってもらえるというアプリ実現を応援しています。島尻さんの思うことに賛同です。障害のある人たちにとってもプラスになるアプリになりますように。何らかの形(相談員)で携われたらと思ってます。

吹き出し

ニックネームnk さん
年齢39 歳

素晴らしいと思います。相談員になったら、これまで積み上げてきたノウハウを最大限に活かしたいです。

吹き出し

ニックネームうみねこ さん
年齢20 歳

相談員に応募しました!12月から1月、時間があるのでチャットでも電話でもいつでも大丈夫です。小学校の先生をしている母と二人で協力させてもらいます。アプリですが、共感してもらえるというのが一番大切だと思います。一人では難しい案件もあると思うので、相談員が一人で相談にのるか二人で相談にのるか決められるようにしたらいいと思います。

吹き出し

ニックネームこうのとり さん
年齢14 歳

はじめまして。相談員になりたく投稿させていただきます。現在中学二年生の私は、1年前、軽いいじめにあいました。悪口や触るだけで嫌がられたり(円陣も嫌がられた)、私の写真を加工されたり、物を奪われたこともありました。先生などの協力でいじめは終わりましたが、経験不足から問い詰めきることができず、主犯格四人のうち半分はついに謝りませんでした。あの時は実感がなかったのか、辛くありませんでしたが、時間がたつにつれ、あがり症や被害妄想などの後遺症が見られ、今、一番辛さを味わっています。人を信じられなくなったことや、現実逃避する癖がついたこと…など、挙げればきりがありません。軽いいじめや後遺症に苦しんでいる方の力になりたいです。いじめ掲示板やアプリなどで相談にのった経験があります。少しでも力になれればと思います。よろしくお願い致します

吹き出し

ニックネームこうのとり さん
年齢14 歳

案、とても良いと感じました。ただ少し思ったことがありましたので投稿させていただきます。私は少し前にいじめにあったのですが、正直その時は辛さを感じていませんでした。実感がなかったからです。それから1年たった今、1番苦しいです。実感が湧き、落ち着いた上で過去を振り返ってしまうからです。しかも過去のことなので相談もしにくく…という感じです。いじめを相談する場所は多くあります。でも、いじめの後遺症を相談する場所は少ないです。いじめが終わった時点で安心だと考えてしまう人が多いから…日常生活でまわりにいる人のほとんどはいじめられた経験がないので…。このアプリをもっと光らせるために、後遺症についても相談できる場所がほしいです。それから、質問です。このアプリは、相談員も相談して大丈夫でしょうか?相談員としても相談者としても使えたらな…と思います。長文失礼致しました。

吹き出し

ニックネームりこぴん さん
年齢49 歳

島尻さんのお話を拝見し、確かに「文字だけでどれくらい気持ちが伝わるか?」はとても難しい事だと感じました。ツイッター上でのトラブルを時々見かけますが、気持ちのずれや誤解は多々あると思います。「そういうつもりじゃない」とか「言い方がキツイ」とか、方言も、もしかしたら注意すべき点かもしれません。自分も辛い気持ちを抱えながら同じように悩む人の気持ちを聞く事は対面でも難しいけれど文字だけとなると黙ってしまう時間が許されないような気もします。アプリには大賛成ですが、そう言われれば「文字でのやり取り」の難しさはあるなーと思い投稿させていただきました。

吹き出し

ニックネームヤマヤマ さん
年齢30 歳

以前相談員の応募でメッセージを送らせてもらったヤマヤマです。是非、TV電話やチャットでの協力をさせていただければ幸いと感じております。チャット相談は自分も経験がありますが、対面以上に相手の真意を引き出すことが難しいと感じることが多いです。いじめについて、どういった段階であるのかを下記のようなレベル(一例です)でこどもが示していけると、相談を受けるほうとしても、心構えをすることができる(自分に対処できるかどうか判断できる)と思います。
・ちょっと相談したい段階(いじめなのかどうか判断できない段階)
・いじめを解決したい段階(いじめをどうにかしたいと悩んでいる段階)
・いじめから逃げ出したい段階(深刻ないじめになっている段階)
こどもによっては文章を作成することが苦手と感じていたり、返信をしなければという強迫観念等を持っていて自分の気持ちを表現できないことも多いと感じています。複数の選択肢のある質問を相談員側があらかじめ用意しておけると、文章を作るプレッシャーを削れたり、ある程度感情を表現しやすくなると思います。

吹き出し

ニックネームヤマヤマ さん
年齢30 歳

続けての投稿になってしまい申し訳ありません。ヤマヤマです。これまで投稿された方のご意見にもありましたが、相談員を県や地方ごとのブロックに分けて、相談をしてきた子に会いにいける(リスク管理は当然必要となりますが・・・)、また相談員同士意見交換、交流を持てるような場を作るのは大きな意味があると感じています。(相談員同士の交流がないと、対応出来ない子が出てきた時に、相談員側が追い詰められてしまい、連絡が途絶え、2次被害、3次被害につながってしまうことが少なくありませんので・・・)一方的にこちらの意見をお伝えしてしまい申し訳ありません。身勝手ながらアプリについては非常に大きな期待をしております。当然、相談員としても何かお力になれればと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

吹き出し

ニックネームしずぴよ さん
年齢24 歳

賛同致します!

吹き出し

ニックネーム志織 さん
年齢19 歳

島尻さんの意見ももっともなのですが、私はSNSのつながりには賛同できません。座間市の事件のこともありますし、SNSはあまりにも規模が大きいです。LINEのようにアプリ内にタイムラインのようなシステムを作った方が安全だと思います。あまり公で話したくないこともあるため、話をまとめられず申し訳ありません。

吹き出し

ニックネーム梨りんご さん
年齢29 歳

ちなみにアプリは相談者として利用できるのは10代の人限定ですか?20代以降の人でも相談可能なのか、相談内容はいじめに限るのか、いじめ以外のこと(例えば、障害があって日常生活に困っている、いじめている子がクラスにいて対応に困っているなど)でも何でも相談していいのか、はっきりした方がいいかなと思いました。優しい人は人目気にして遠慮しそうだから。相談員さんが家庭の事情や病気などで相談員の活動ができない時期があったり、スマホが故障して使えないトラブルがあるかもしれないので、活動できないときは、「お休み中」など何かわかるように表示できるようにしていただけたら安心だなと思います。もし、どうしても今後相談員の活動ができなくなった場合、自分の登録を消したりできるとか。仕事をしているため、相談員の活動ができる時期が少なくてもいいのであれば、話を聞くだけでもいいのであれば相談員をしてもいいと思っています。もし、その時があればよろしくお願いします。事情によりテレビ電話や電話でのやり取りはできませんが、チャットならできるかもしれません。今はガラケーでスマホは持っていません。パソコンから投稿しています。

吹き出し

ニックネームりこぴん さん
年齢49 歳

以前、投稿させて頂きました。改めてアプリの内容など島尻さんのお話、読み返しました。私は40代ですからお母さん世代になります。私の時代の「いじめ」とは根本的な気持ちは変わらないのかもしれませんが「いじめのやり方?!」は違うのかもしれませんね。確かに文字のやり取りでの意思疎通は難しいところもあると思いますが、まずはやってみなければ分かりませんよね。これほど「いじめ問題」や「その解決」等がクローズアップされている時代は今までになかったと思います。資格のあるカウンセラーではありませんが何か協力できることがあれば・・・と思います。

吹き出し

ニックネームこうのとり さん
年齢14 歳

テレビ電話、チャット、協力可能です。少しでもお力になれれば嬉しいです。相談員にもなれればと思います。よろしくお願いします。

吹き出し

ニックネームiGmen(イジメン) さん
年齢51 歳

島尻さん、関係者の皆さん、こんにちは。期限には間に合わなかったかもしれませんが、絶対に必要とされるアプリだと思いますので、引き続きがんばってください。私もiGmenという肩書きで、いじめに悩む人が1人でも減らせるように、できる事を頑張っています。iGmenという言葉自体なかなか広められていませんが、これから頑張ります。応援しています!

吹き出し

ニックネームりんな さん
年齢19 歳

ずっと、掲示板を見続け、私にも出来ることが有るのかを考えてきたものです。私もこのアプリ企画素晴らしいと思います。スタンプにも種類があると良いですね。「頑張ってる。頑張り過ぎなぐらいだよ。」というのも声掛けにあったら良くないかなて思いました。それに、まずは勇気を出してくれてありがとうというのも相手に伝える事に大切かと思いました。私は虐められ、病気を持つ事になってしまったものです。具体的には机にゴミを入れられたり、毎日陰口、LINE、TwitterなどのSNSでの虐め、時には病気により差別を受けました。力になれそうでしたら、協力したいです。15~30分の相談員の参加も可能です。

吹き出し

ニックネーム神木 さん
年齢27 歳

いじめの状況のすぐ後がもっとも大変なのではないかと思いました。自分も友人もそのときには、混乱の最中にいるように思います。スタンプなどでの返事もそうですが、相談者との信頼関係を早い段階で築くことができるかが焦点だと思いました。振り返っても、見知らぬ相談者ではなく、友人の声かけがもっとも響きます。いじめが起きるよりも早い段階で相談者と信頼関係を築ける仕組みがあると良いと思いました。また、信頼関係の基盤は、島尻さんを人選も含めどれだけ信頼できるか、に始まり、どれだけ役に立ったかという口コミでしょう。途中で相談を放り投げ無責任に偏らず、責任を取るための仕組みを作ってもらいたいです。せっかくの助けを求める声が人間不審にならないように。

吹き出し

ニックネーム神木 さん
年齢27 歳

携帯を学校で使用できない人や、金銭的にも携帯を持っていない人にはどうしていけるのか、が心配です。アプリはパソコンなどでも使えるものにして、保健室や家で連絡が取れると良いのでは、と思いました。相談員の人数が分かりませんが、大量に返事が来るよりは、先にどんな人に相談したいかなどアンケートの記入があっても良いと思いました。年齢、性別などです。性的なものなどで異性や不特定多数に知られることが嫌な場合があるかもしれません。私自身、相談していることが他の人に知られるのは嫌でした。私自身はアプリで相談したいとは思わず、ツイッターなどネット上の知り合いに相談したいと思ってしまいます。それは、相談は人柄が一番だと思っているからだと思います。仕組みよりも相談員の選び方に気を配って、1人でも誰かの助けになれたなら、それはきっと良いアプリではないかと思います。いじめが減る、またはいじめによる被害が和らぐアプリができることを祈っています。

吹き出し

ニックネームなぁぽむ さん
年齢24 歳

島尻さん、はじめまして。m(_ _)m私は、今も訳あって。 フリースクールに行っています。(^_^;)アプリの機能について。 少しだけ言わせてもらうと…。もし、内容が難しい場合は。「後で、また連絡するよ!」って伝えつつそれから一緒にやっているメンバーに聞いて考える。その間も、できる限り子供の悩みを聞いてあげる。(返事を打つ。)あとは、当たり前な話ですが…。相談にのるときは、友達感覚でタメ口で話してあげる。相談できただけでも、すごく勇気がいることだと私は思うので。よかったら、宜しくお願いします。m(_ _)m

吹き出し

ニックネームリーガル さん
年齢22 歳

以前、投稿させていただいたリーガルと申します。しばらく投稿できず申し訳ありません。SNSチャットでしたら使いやすいと思います。私もいじめを受けた経験がありますが、やたらと時間が長く感じるカウンセリングよりも、自分の気持ちを簡単な方法でいつでも打ち明けることのできる場があれば、緊張せずに利用することができると思います。私の学生時代に、そんな機能があったら良かったです。。ぜひ協力させてください。

吹き出し

ニックネームJB さん
年齢19 歳

お久しぶりです。アプリに関して、セキュリティーや管理を徹底していかなければいけないと思います。その他にスマートフォンだけでなく、ガラケーやパソコンでも利用できるようにした方がスマホを持っていない子供でも相談できると思います。

吹き出し

ニックネームヒロマンゴー さん
年齢16 歳

いじめられてもやめてと言える勇気と自信をもって行動すれば少しでもいじめが無くなると思う。いじめられたら学校に行かないで自分の趣味を見つけて楽しむ事も大事だとおもいます。

吹き出し

ニックネームおパパさん さん
年齢44 歳

今、娘9歳の虐めの後遺症と向き合っている親です。(PTSD診断で退行やフラッシュバック等、保健室で過ごしています。)いじめも低年齢から悪質な事が起こりつつあります。保護者が気がついたときには心が壊れてしまう直前もしくは直後です。このアプリもスマホを持てない子どもたちへの相談窓口の一つになればいいなと思いました。
娘がいじめの電話相談した時のことを投稿させて下さい。相談したかったこと→友達の前で泣かない方法を相談したい。解答→泣きたいときは泣いていいんだよ。娘→電話後、相談したい内容と違う返事だったが相手の顔が見えないから話せた。両親には自分の気持ちを話せないこともある。対象年齢を下げて使えるといいなと思いました。

吹き出し

ニックネーム貴子 さん
年齢36 歳

いじめって、受けてる人がそう感じた瞬間に成立だと思うんです。なので、勇気をもって相談する一歩を踏み出した人が無視されてないって感じられるアクションを相談員側が行える、そんなシステムはとっても素敵だと思います。
私自身は、「そうなのね。つらかったのね」とか「私はあなたの味方」「見捨てるわけないでしょ」「あなたは生きてていいの!」とかの言葉が心に響きました。一人じゃないって少しだけ自分が元気になりました。

吹き出し

ニックネームいちご大福 さん
年齢42 歳

私はチャットの相談か、メールの相談か選べる方が良いと思います。私はブログをやっているのですが、時々深刻な悩みの相談をコメント欄やメールで受けることがあります。その時メールの方が深く考えて言葉を打てるので、言葉足らずにならずに返信ができます。私の場合は会話が苦手なので、チャットよりメールが話しやすいです。そういう人も多いのではないでしょうか。またメールですと送った内容を保存して読み返すことができて便利です。緊急性がありすぐに相談したい、答えが欲しいという人はチャットで、時間的に余裕がある人、じっくり話を聞いて欲しいという人はメールでと、選べた方がいろいろな人が利用しやすいと思います。私も何か力になれることがあったら協力したいです。また、すでにご存じかもしれませんが、特定非営利活動法人OVA(オーヴァ)さんが行っている「夜回り2.0」という活動があります。Googleで自殺関連語の検索をした人に対して相談を受ける旨の広告を出し、その上で相談を(主に)メールやSkype等の通話アプリ等を介して受け、現物の医療・福祉等の援助資源につなげるという活動です。OVAさんに協力を仰いでみてはどうでしょうか?

吹き出し

ニックネームnk さん
年齢39 歳

私は独自に対人関係チェックシートを作成しました。これを見た人生経験の長い高齢者の人達から「まぁ 35歳でここまで・・」「すごいですねぇ」という反応がありました。是非参考になさってください。

吹き出し

ニックネーム神木 さん
年齢27 歳

プロジェクトが最終的にどこまで進み、今後どのようにしていくのか気になります。多くの人の協力や想いをむげにせず、作り上げていって欲しいと思います。掲示板を読み、意見を寄せて来た私は、一刻も早い完成を待ち望んでいます。最終報告を心待ちにしております。

ノックアウト

吹き出し

NHKサポーター
ノックアウト くん

みなさん、島尻さんのサードクエスチョンへのメッセージありがとうございました。
10代の声をもとに考える相談アプリプロジェクト。神木さんからのメッセージにもあったように、これからについてはプロジェクト日誌で島尻さんが伝えてくれるよ。みんな見てね!


ノックアウト

吹き出し

NHKサポーター
ノックアウト くん

現在 HPリニューアルの準備中ですが、メッセージが届いていますので掲載しますね!

吹き出し

ニックネームミズキ さん
年齢12 歳

島尻さんの日記見させていただきました。アプリはいじめられる人が相談をしに来るんですよね。ですが、いじめを見ている子達からの「どうやったら止められるだろう?」、という相談やいじめている側の相談(「うちのグループがいじめを始めてしまった。どうしたらいいか?」など)も受け止められるアプリにしたらいいのでは?思いました。そのために、アプリで相談したい項目にTwitterで言うハッシュタグ的なものを作れば、相談する側もされる側も とても便利になると思います。

吹き出し

ニックネームふぅちゃん さん
年齢50 歳

はじめまして。いじめに悩む子供達を救う為のプロジェクト、素晴らしいと思いました。読み進めていくうちにふと思った事、たくさんの文章、文字をこうして読む、読んでいるうちに落ち着いてくるし力も湧いてくる、でも、そんな文字を読もうとする力も気力も無い子達にはどうしたら寄り添えるのか…そんな子達に寄り添うメロディを載せるのはどうかな、と。『「サヨナラ」なんて』(♯ハッシュタグ)という曲が有ります。支えたい、支えて欲しい、そんな気持ちを歌った曲です。前にも後ろにも何処にも行けなくなった気持ちに寄り添えたら良いのになと思います。

ノックアウト

吹き出し

NHKサポーター
ノックアウト くん

HPリニューアル。5月の大型連休前後を目指して、着々と準備をしています。リンクプロジェクトだけでなく、新たな企画など立ち上がる予定です。いじめについていろいろなことを語れたり、考えたりできるホームページになる予定です。ホームページ情報などは、番組公式ツイッター@nhk_ijimezeroでも発信しますので、よかったらフォローしてください!