100万人の行動宣言

ロゴ

先生の授業案

---
学年アイコンホンネで語り合い、行動宣言を書こう! ~ホンネで話し、書いてみよう!~

先生顔

学校名:横浜市立鴨志田緑小学校

お名前:武井 三也 先生

学年:小学校6年生

先生の授業案

実施時間

学級活動

授業のねらい

今の自分たちのクラスは、どのような状態にあり、今後クラスのために「自分にできること」を考えることをねらいに行いました。

授業の展開案


PDFで開く
学習活動 指導上の留意点 資料
主題についてどのような考えをもっているかを出し合う(3分) 子どものもつイメージを板書する。
番組を視聴する。(10分) タイトルを板書して視聴を開始する。
以下ワークシートを利用して授業を進行する。
番組を振り返り、感想を書く。(※ワークシートQ1)
書いた感想を自由に見て回る。(5分)
感想を書いた児童から順に友だちの感想を見て回る。
読んだ友だちの感想に付箋を書いて自分の考えを伝える。
PDF
ワークシート
主発問(※ワークシートQ2に記載)をして、グループごとに話し合う。(10分) グループごとにホワイトボードに考えを書きだしていく。 無理に考えをまとめようとせずに、多様な考えを認めていくように声をかける。
グループごとに発表し話し合う。(12分) それぞれの考えにどう思うか、話合いを深める。 単なる発表にとどまらず、他のグループの内容を受けて、どう思うか話を広げたり深めたりする。※
みんなの考えを聞いてどう思ったか、学習感想を書く。(5分)
(※ワークシートQ3)
自分の考えを深められるように、変容や決意を書けるようにする。 行動宣言
授業後の朝自習の時間等に、その時間の全児童の考えを一覧(個人が特定できない形式)にして配布。再度考える時間を作る。

授業をしてみての発見・実感・思わぬ生徒やクラスの変化があれば教えてください

思っていたよりも、子どもたちは自分たちのクラスの事を悲観的に見ていました。しかし、子どもたちの口から、「今の雰囲気を変えるべきだ」「みんなのいいところを見つけていこう」などの前向きな言葉がたくさん出てきました。また、それまでは、なかなか相手意識を高くもてていなかった児童が、「弱い人を助けたい」と初めて相手の立場を考えることができました。ホンネで話すことで、負のイメージを洗い流し、ポジティブな思考が生まれると感じました。
コメント
戻る