100万人の行動宣言

ロゴ

先生の授業案

---
学年アイコン誰とでも良い関係を築くためには・・・ ~空気が読めない”ってどういうこと?~

先生顔

学校名:横浜市立鴨志田緑小学校

お名前:武井 三也 先生

学年:小学校6年生

先生の授業案

実施時間

学級活動

授業のねらい

クラスの中で「KY」という言葉が頻繁に聞こえていました。「KY」という言葉が独り歩きし、大半が相手を蔑んで見ているような状況がありました。果たして、「空気が読めない」とはどういうことなのか。それはいけないことなのか。自分が言われたときの立場を考えて、相手を思いやる気持ちをもってほしい、互いに長所・短所を認め合ってほしいという願いで授業を行いました。

授業の展開案


PDFで開く
学習活動 指導上の留意点 資料
・「空気が読めないってどういうことですか?」
・「あなたは『空気が読めない』人や『空気が読めない』ということについてどう思いますか?」
主題についてどのような考えをもっているかを出し合う(3分)
子どものもつイメージを板書する。 PDF
ワークシート
番組を視聴する。(10分) タイトルを板書して視聴を開始する。
以下ワークシートを利用して授業を進行する。
番組を振り返り、感想を書く。(※ワークシートQ1)
書いた感想を自由に見て回る。(5分)
感想を書いた児童から順に友だちの感想を見て回る。
読んだ友だちの感想に付箋を書いて自分の考えを伝える。
PDF
ワークシート
主発問(※ワークシートQ2に記載)をして、グループごとに話し合う。(10分) グループごとにホワイトボードに考えを書きだしていく。 無理に考えをまとめようとせずに、多様な考えを認めていくように声をかける。
グループごとに発表し話し合う。(12分) それぞれの考えにどう思うか、話合いを深める。 単なる発表にとどまらず、他のグループの内容を受けて、どう思うか話を広げたり深めたりする。※
みんなの考えを聞いてどう思ったか、学習感想を書く。(5分)
(※ワークシートQ3)
自分の考えを深められるように、変容や決意を書けるようにする。
授業後の朝自習の時間等に、その時間の全児童の考えを一覧(個人が特定できない形式)にして配布。再度考える時間を作る。 PDF
資料

授業をしてみての発見・実感・思わぬ生徒やクラスの変化があれば教えてください

グループ内での話し合いが非常に活発になり、相手意識が高まった児童、「人のいいところを見つけていこう」と変容した児童、友達同士ホンネで話合えて「考えること」が大切と思った児童、様々な立場の意見に触れて葛藤する児童などがいました。このような主題は、授業を行ってすぐに何か結果が出るものではないかもしれません。一人ひとりが様々な立場で考えること、そしてそれをぶつけ合っていくことが「いじめの種」を育てない一つの方法になりうると思いました。
コメント
戻る