Top

頑張っている自分、辛かった自分を認めると、
わだかまりが溶けて楽しくなってくる

MARIKO

バイオリニスト

日本

MARIKOのいじめは小学5年の時に始まった。椅子や教科書がなくなるなど嫌がらせも続いた。しかし彼女にはバイオリニストになるという夢があった。「苦労した分だけ素晴らしいバイオリニストになれる」そう思い続け、彼女はプロのバイオリニストになった。

play movie