えりの気象日記

    • 2017年10月06日 (金)
    • 投稿時間 20:10

    6日夜から7日未明にかけ非常に激しい雨のおそれ

近畿地方は雨雲の隙間があるため、一時的に雨の止んでいるところもありますが、このあとは再び降りだすでしょう。

2017100601.jpg

また近畿南部では1時間に60ミリの非常に激しい雨の降るおそれがあります。非常に激しい雨とは、傘が全く役に立たないくらいの雨です。これからお帰りの方も多いと思いますが、急な雨の強まりにご注意ください。

2017100602.jpg

雨は、明け方には止んで、その後、次第に天気は回復へと向かいます。午後は晴れ間の見られるところもありそうです。ただ、舞鶴は午後も雨の降ることがあるでしょう。

2017100603.jpg

日本海と太平洋側をそれぞれ低気圧が進むため、あす7日にかけて大雨となるおそれがあります。あす夕方までに降る雨の量は多いところで、近畿南部で150ミリ、中部で100ミリ、北部で80ミリと予想されています。あす明け方にかけて低地の浸水、河川の増水、土砂災害に注意してください。

2017100604.jpg

あさって8日は大陸から移動してくる高気圧に覆われる見込みです。

2017100605.jpg

9日月曜日も高気圧圏内となって晴れて、8日の日曜日と月曜日には行楽日和となりそうです。

2017100606.jpg

その日ざしの力もあり、日中は気温が上がります。日曜日と月曜日は各地で25度以上となり、汗ばむ陽気となるところもあるでしょう。日中のお出かけは、半袖でも十分なくらいになりそうです。

2017100607.jpg

さて、きょう6日は「さかしたの小さな秋さがした」の4回目の放送でした。今回はきのこ!その栽培方法は新しく、泉州タオルを使っているんです。栽培に多く使われるおがくずは、基本的には再利用できませんが、タオルは洗濯機で洗うことができるため、繰り返し栽培に使えるんだそうです。大阪府忠岡町ではきのこの研究施設を作り、今後、どんなタオルが適しているかなどを調べるそうです。

2017100608.jpg

そのタオルで作ったきのこをいただきました。タモギタケといって、北海道を中心に自生しているそうですが、私は食べたことがありませんでした。きのう5日、バターソテーにして食べたところ、おいしい!味が濃いんですね!そのままでもおいしかったですし、スープにしたらよいだしがでそう!と思いました。それに、このおいしいきのこがタオルで栽培されたことに二重の驚きです。今後に期待です。

2017100609.JPG

※予報は6日午後7時現在のものです