えりの気象日記

2017年10月

    • 2017年10月30日 (月)
    • 投稿時間 12:50

    「えりの気象日記」お休みをいただきます。

坂下恵理です。今週いっぱいブログの更新をお休みさせていただきます。また来週からよろしくお願いします。

2017103001.png

 

    • 2017年10月27日 (金)
    • 投稿時間 20:00

    台風接近前から雨!再びの大雨前に早めの備えを

近畿地方でも台風22号の影響がでるおそれがあります。「た」いさく早めに! 自転車などを固定し、植木鉢などは家の中に入れるようにしてください。「い」ざというときのために! 避難経路や非常用品の確認をしておいてください。台風が近づいてきたら「ふ」ような外出はしない!  今後も台風の「う」ごきはこまめに確認!してください。

2017102701.jpg

台風22号は29日日曜日から30日月曜日にかけて速度を上げながら、日本の南の海上を東に進む見込みです。近畿地方も予報円の中に含まれていて、接近または上陸するおそれがあります。

2017102702.jpg

今回も台風の接近前から前線の影響で雨が降るでしょう。

2017102703.jpg

28日に日付が変わったあと近畿南部から次第に雨となり、範囲が北へと広がります。午前中のうちに各地で雨となるでしょう。さらにあさって29日は台風の影響で大雨のおそれがあります。

2017102704.jpg

こちらは地面の中にどれくらいの雨が残っているのかを示したものです。きょう27日一日だけでもかなり減ってきてはいますが、それでもまだ残っている状態です。そんななかでの大雨となるため、土砂災害の危険性がいつも以上に高くなります。危険を感じたら早めに避難するようにしてください。

2017102705.jpg

さて、きょうは「さかしたの小さい秋さがした!」の放送でした。今回は小さい紅葉を「作って」きました。それがこちらです。かわいいでしょう♪♪

2017102706.JPG

選んだのはハゼノキです。赤くて小さな葉がかわいらしくて、決めました。といっても決めるまでにかなりの時間がかかりました。また器も選びましたし、正面をどこにするのかも決め、コケや砂はどうするかなどもです! オリジナルの盆栽が作れるんです。

2017102707.jpg

さらに本当の楽しみはこれから!ハゼノキがの葉が真っ赤に紅葉してくれます。さらに葉が落ちた後も、春になると新芽が出て、新緑も楽しめるんです♪ 愛情こめて育てます! ひとまずは家の中で紅葉を楽しみたいと思います! わーい♪

2017102708.jpg

※予報は27日午後7時現在のものです

    • 2017年10月26日 (木)
    • 投稿時間 19:50

    秋晴れ広がる 洗濯などで有効活用を!

こちらは大阪の今月の日照時間です。雨の降る日が多く、1時間にも満たない日が多かったのですが、26日は久々に10時間を超えました。日ざしがたっぷりと降り注ぎました。

2017102601.jpg

それも高気圧に広く覆われたからです。日ざしで気温が上がり、ほとんどのところで20度を超えました。

2017102602.jpg

あす27日も高気圧に覆われる見込みです。あすの日中も秋晴れが広がるでしょう。

2017102603.jpg

あすも気温が上がります。各地20度以上となり、過ごしやすい陽気になりそうです。

2017102604.jpg

ただ、あさって28日には台風の接近とともに前線が北上するため、天気が崩れ、南部から雨の範囲が広がるでしょう。あすの晴れは洗濯をするなど有効活用したほうがよさそうです。

2017102605.jpg

台風22号はフィリピンの東の海上にあります。あさってにかけて沖縄付近に近づく見込みで、ここまでは進路が大体定まってきています。

2017102606.jpg

その後、東へと進路を変える見込みですが、太平洋高気圧の張り出し具合によって、西に大回りをして日本に近い所を通る可能性もあれば、小さく回って日本の南に進む可能性もあります。その台風の進路次第で、近畿地方では29日の日曜日は大雨のおそれがあります。最新情報をこまめに確認し、早めに対策をするようにしてください。

2017102607.jpg

また、来週は一段と冷えるようになります。大阪でも10度を下回る日が出てきそうです。今よりも厚手の服装を準備しておいたほうがよさそうです。

2017102608.jpg

この「赤い葉」。あすの「さかしたの小さい秋さがした!」に出てくる予定です!

2017102609.JPG

※予報は26日午後7時現在のものです

    • 2017年10月25日 (水)
    • 投稿時間 19:50

    26日はほぼ一日晴れそう!!!

早速ですが、秋といえば…「秋なすは嫁に食わすな」ということばがありますよね?これはおいしい秋なすを嫁には食べさせないという嫁いびりのようにも聞こえますが、一方で、秋なすは体を冷やすなどの理由から、大事なお嫁さんには食べさせないという優しさのたとえともいわれます。

2017102501.jpg

秋の食べ物で「嫁に食わすな」と言われるものは、ほかにもあるんです。さて何でしょうか?答えはこの下にあります。

2017102502.jpg

あす26日にかけて大陸から高気圧が移動してくるでしょう。この高気圧に広く覆われる見込みです。

2017102503.jpg

青空が広がり、日中は日ざしがたっぷりと降り注ぐでしょう。空気がからっとして、洗濯物もよく乾きそうです。

2017102504.jpg

また、その日ざしによって気温が上がります。最高気温は各地20度以上で、過ごしやすい陽気になりそうです。秋晴れが広がり、その晴れは夜にかけて続く見込みです。

2017102505.jpg

台風情報です。フィリピンの東にある台風22号。あすには暴風域を伴う見込みです。28日土曜日には強い勢力になりそうです。

2017102506.jpg

その後、きのう24日までの予想よりも北、日本よりを通る可能性がでてきています。まだ予報円は大きく進路は定まっていませんが、台風21号の影響を受けたばかりで、再び台風が近づくおそれがありますので、念のため、台風への備えをしておいたほうがよさそうです。最新の情報をこまめに確認するようにしてください。

2017102507.jpg

冒頭の答えです。「秋かます」と「秋さば」でした。石橋さんはかますのイラストをみて「さんま!」、さばについては「さけ!」といい、実はさばについては、横から近田さんから「模様見て!模様!」ってヒントが入っていたんです(笑)でも秋なす、秋かます、秋さば、どれもおいしいですよね。たとえ食べるなといわれても食べたくなりますよね~。

2017102508.jpg

※予報は25日午後7時現在のものです

    • 2017年10月24日 (火)
    • 投稿時間 19:50

    25日午前中にかけて雨 台風22号発生!

こちらは24日午後5時ごろの風の様子です。紀伊半島の東の海上に風と風がぶつかっているところがあります。風どうしがぶつかることで雨雲が発生しています。

2017102401.jpg

この雨雲が近畿地方にもかかるため、今夜、雨が降っているところがあります。そしてあす25日の午前中にかけて降るところがあるでしょう。

2017102402.jpg

こちらは土砂災害の危険度を表したものです。大阪は泉州、南河内を中心に注意レベルです。そのほかまだ近畿地方で注意レベルのところがあります。これまでの雨で地盤が緩んでいるところもあり、少しの雨でも土砂災害につながるおそれがあります。今後も注意してください。

2017102403.jpg

あすにかけて近畿地方は高気圧と高気圧の間の相対的に気圧の低い場となります。そのため、あすの午前中にかけて雨が降りそうです。

2017102404.jpg

あさって26日にかけては大陸から移動してくる高気圧に覆われる見込みです。そのため、あすの午後は晴れ間が広がり、あさってにかけて晴れが続くでしょう。あさっては秋晴れが広がりそうです。

2017102405.jpg

こちらはきょう24日の正午の雲の様子です。日本から遠く離れたところに発達した雲が見られます。正午の時点では最大風速が15メートルで、台風の卵=熱帯低気圧でした。

2017102406.jpg

この風速が17.2メートル以上になると呼び名が変わります。それが台風です。そして午後3時には最大風速が18メートルになり、台風22号が発生しました。

2017102407.jpg

台風22号は27日金曜日ごろにかけて北上したあと、東寄りに進路を変える見込みです。予報円はまだ大きく進路は定まっていないものの、近畿地方も予報円に含まれています。

2017102408.jpg

週間予報では近畿南部では28日土曜日が傘マークになりました。週末は台風22号の影響を受けるおそれがあります。今後の情報に注意してください。

2017102409.jpg※予報は24日午後7時現在のものです

    • 2017年10月23日 (月)
    • 投稿時間 19:45

    南部中心 お出かけには念のため傘

近畿地方に記録的な大雨をもたらした超大型の台風21号は温帯低気圧へと変わりました。

2017102301.jpg

ただ、これまでの雨で近畿地方では地盤が緩んでいるところもあります。こちらは、土砂災害の危険度を表したものです 。今夜いっぱいは土砂災害に警戒してください。

2017102302.jpg

あす24日は大陸から高気圧が移動してきます。午前中を中心に高気圧に覆われるでしょう。

2017102303.jpg

こちらはあさって25日の予想天気図です。東にも西にも高気圧があり、近畿地方は相対的に気圧の低い場となります。そのため南部を中心に天気が崩れるでしょう。

2017102304.jpg

あすは午前中を中心に晴れる見込みです。日中は日ざしがたっぷりと降り注ぐでしょう。

2017102305.jpg

午後になると次第に雲が広がります。夜は近畿南部を中心に雨が降りそうです。お帰りが夜になる方は、折り畳み傘があったほうがよさそうです。

2017102306.jpg

こちらは今月に入ってから大阪で1ミリ以上の雨の降った日を表しています。きょう23日も含め、23日中14日に傘マークがついています。そしてきのう22日は大阪も一日で降った量が174ミリと大雨になりました。

2017102307.jpg

今週は晴れ間の見られる日が多いでしょう。秋晴れが広がり、洗濯物も外に干せそうです。

2017102308.jpg

またきょうは二十四節気の一つ、「霜降」です。霜の降りるころとされていますが、大阪の平年の初霜観測日は12月5日とまだまだ先です。霜は気温が4度以下になるのが目安です。大阪ではこの先も霜が降りるほどの冷え込みにはなりませんが、空気がひんやりと感じそうです。

2017102309.jpg

※予報は23日午後7時現在のものです

    • 2017年10月20日 (金)
    • 投稿時間 20:00

    台風警戒!接近前から雨!

超大型で強い勢力を持った台風21号。超大型とは風速15メートル以上の強風域の範囲が800キロ以上の台風です。それほど強い風の吹く範囲が広い台風ということになります。

2017102001.jpg

そして今の予想では、近畿地方には週明け23日月曜日に最も近づく見込みです。

2017102002.jpg

台風の接近前から大雨のおそれがあります。日本の南の海上には前線が伸びていて、台風の接近とともに暖かく湿った空気が流れ込み、刺激されて活動が活発になりそうです。

2017102003.jpg

あす21日は和歌山や潮岬はほぼ一日断続的に雨が降る見込みです。そのほかも午前中のうちに降りだすでしょう。

2017102004.jpg

あす夕方までに降る雨の量は、多いところで近畿南部で100ミリ、また、あす夕方からあさって22日の夕方にかけては、南部で200ミリから300ミリと予想されています。さらに雨は降り続くため、総降水量はかなり多くなる見込みです。

2017102005.jpg

またあさってには風が強まり、月曜日にかけて非常に強い風の吹くところもあるでしょう。海上では波が高くなり、大しけとなるでしょう。

2017102006.jpg

まだ台風への備えをしていない方は、遅くともあすの午前中のうちにはするようにしてください。大雨が降ってもあふれさせないためにも、側溝の掃除をしておきましょう。台風が近づくと風が強まります。暴風対策として、外にある飛ばされやすいものを家の中にしまったり、固定したりするようにしてください。停電対策のために懐中電灯なども用意しておきましょう。そして万が一のために避難経路の確認もしましょう。

2017102007.jpg

さて、 きょう20日の「さかしたの小さい秋さがした!」は、「青い」赤とんぼ!その名も「ナニワトンボ」を探してきました。ちゃんと見つかりました♪オスはこんなに鮮やかな青い色をしているんです。

2017102008.JPG

また、メスの産卵シーンも激写です。ナニワトンボはその名のとおり大阪を指し、大阪で多く捕獲されたことから「ナニワトンボ」とつけられたそうです。数が減っているそうですが、きれいなトンボを大切にしたいです。

2017102009.JPG

※予報は20日午後7時現在のものです

    • 2017年10月19日 (木)
    • 投稿時間 19:31

    20日のうちに台風への備えを!

台風21号は大型で強い勢力を持っています。さらに発達する見込みです。最大風速が44m以上の非常に強い勢力のまま日本の南へと進む見込みです。

2017101901.jpg

5日先の予報です。近畿地方も予報円の中に含まれています。台風の影響を受けて22日日曜日から23日月曜日にかけて大雨や大荒れの天気となりそうです。

2017101902.jpg

またこちらは21日土曜日の天気図に風の予想を重ねたものです。日本の南の海上に伸びる前線に向かって、台風周辺の風によって暖かく湿った空気が流れ込みます。前線が刺激され、活動が活発になりそうです。土曜日から雨となり、長引きそうです。

2017101903.jpg

あす20日は明け方までは雨の降るところがありそうですが、次第に天気が回復する見込みです。

2017101904.jpg

日中は時折晴れ間が見られるでしょう。あすを利用して、台風への備えをしたほうがよさそうです。

2017101905.jpg

溝の掃除をしたり、買い物は多めにしておいたほうがよさそうです。また避難経路の確認もしておきましょう。

2017101906.jpg

きょう19日も肌寒かったですね。大阪では日中でも16度4分までしか上がりませんでした。11月下旬並みの肌寒さとなりました。そのほか各地11月並みの気温でした。そのきょうとくらべてあすは気温が上がるものの、京都、彦根を除き平年を下回りそうです。大阪は20度にも届かない見込みで、あすもお出かけには上着があったほうがよさそうです。

2017101907.jpg

さて、こちらはリスアカネという赤とんぼです。ところが「青い」赤とんぼもいるんです。あべこべな気がしますが、どんなトンボで、名前はなんと言うのか、果たして、探して見つかったのか!?・・・。「坂下の小さな秋さがした!」でお伝えします。

2017101908.jpg

※予報は19日午後7時現在のものです

    • 2017年10月18日 (水)
    • 投稿時間 19:40

    お出かけの際は寒さ対策を

きょう18日朝、天満橋から撮った写真です。青空が見られ、つい撮ってしまいました。大阪では午前中を中心に晴れ間が広がりました。そしてきょうは日照時間が3.5時間あったんです。11日に10時間を超えたきり、きのう17日にかけて1時間もなかったため、久々に日ざしが感じられた気がしました。

2017101801.jpg

ところがすでに雨の降り出しているところが多く、今夜このあとは各地で雨となるでしょう。

2017101802.jpg

あす19日も午前中を中心に雨が降りそうです。そのためあすは日中にかけて気温が上がらず、各地20度にも届かない見込みです。大阪の15度は11月下旬並みの肌寒さです。寒さ対策をしてお出かけください。

2017101803.jpg

午後は雨はやむところが多いですが、再び降ってくることがあるかもしれません。念のため傘は持ち歩いたほうがよさそうです。

2017101804.jpg

台風21号は強い勢力へと発達しています。あすには非常に強い勢力になる見込みです。そして今後は日本の南の海上を北上し、日本へと近づいてくるでしょう。

2017101805.jpg

5日先の予報では近畿地方も予報円の中に含まれてい ます。台風の進路によっては22日日曜日から週明け23日月曜日にかけて、大雨や大荒れの天気となるおそれがあります。また日本の南に停滞する前線を刺激し、活動を活発にするため、21日土曜日ごろから雨で長引くおそれがあります。

2017101806.jpg

こちらはあすの予想天気図です。前線はあすにかけて北上し、この前線の影響を受けて雨が降るでしょう。

2017101807.jpg

あさって20日は再び前線が南下し、近畿地方から離れそうです。雲は広がりやすいものの、晴れ間は期待できそうです。このあさってに台風への備えをしたほうがよさそうです。

2017101808.jpg

※予報は18日午後7時現在のものです

    • 2017年10月17日 (火)
    • 投稿時間 19:40

    18日の午後は傘の出番

日本付近に東西に伸びていた帯状の雲が次第に南下し、きょう17日の近畿地方は北から天気が回復へと向かいました。前線が南下したためです。ところが、一旦南下した前線はあさって19日にかけて再び北上する見込みです。

2017101701.jpg

午前中はまだ晴れ間が見られる見込みです。

2017101702.jpg

午後は南から天気が下り坂へと向かいます。

2017101703.jpg

雨の範囲がだんだんと北へと広がり、夜は各地で傘の出番となるでしょう。お出かけの際は傘をお持ちください。

2017101704.jpg

台風情報です。台風21号、今後は比較的ゆっくりとした速度で、日本の南の海上を北上する見込みです。

2017101705.jpg

週末以降は日本に近づくおそれがあります。また、台風が近づく前から停滞する前線を刺激し、活動を活発にするため大雨となりそうです。

2017101706.jpg

週間予報を見ても、きのう16日までの予報と変わっていて、23日月曜日にかけて傘マークがついています。あす18日の午前中までの晴れ間は貴重なものになるかもしれません。

2017101707.jpg

こちらは台風の月別の台風の経路を示したものです。8月9月は日本付近を通ることが多いものの、それを過ぎると日本の南や大陸方向へと進むことが多くなります。

2017101708.jpg

仮に今回の台風が日本に上陸するとしても、今の予想では22日よりも遅い日になります。11月に近いこの時期に上陸するのは珍しいことで、もしかすると過去3番目の遅さになるかもしれません。

2017101709.jpg

※予報は17日午後7時現在のものです

    • 2017年10月16日 (月)
    • 投稿時間 19:22

    17日の午後 傘はお休みできそう

きょう16日もずっと傘が手放せませんでしたが、ようやくその傘もあす17日の午後にはお休みさせてあげられそうです。あすにかけて秋雨前線が活動を弱めながら南に下がりそうです。

2017101601.jpg

北から天気は回復へと向かい、近畿北部では午前中から晴れ間が見られそうです。中部や南部では午前中のうちはまだ雨が降りそうですが、次第に止む見込みです。

2017101602.jpg

午後は広い範囲で晴れ間が見られそうです。ただ、傘がお休みできるのは束の間となります。

2017101603.jpg

こちらは19日木曜日の予想天気図です。前線上に低気圧が発生し、日本の南の海上を東へと進みます。この低気圧が近づいてくるため、あさって18日の午後には再び雨となり、19日木曜日にかけて降りやすい状態が続くでしょう。

2017101604.jpg

さて、きょうは新たな台風が発生しました。台風21号です。今後、海面水温の高いところを進むため発達し、あさってには非常に強い勢力になる見込みです。

2017101605.jpg

5日先の進路です。台風は比較的ゆっくりとした速度で、北上する見込みです。

2017101606.jpg

きょう昼ごろの雲の様子です。日本付近には秋雨前線に伴う帯状の雲が伸びていて、その南ほとんど雲のない範囲は太平洋高気圧に覆われています。大陸へと張り出しを強めています。その南の渦を巻く雲が台風21号です。

2017101607.jpg

20日の上空5500m付近の風の予想です。太平洋高気圧は今後張り出しを弱める見込みです。すると高気圧の周辺を吹く時計回りの風によって、台風は北上していきます。

2017101608.jpg

ところが気になるのはその後、週末以降です。こちらは23日の予想です。日本付近で風の流れが南に下がっていて、その風に台風が乗り、日本に近づいてくるおそれがあります。まだどのタイミングで風に乗るかなど、不確実ではありますが、今後の情報には注意してください。

2017101609.jpg

※予報は16日午後7時現在のものです

    • 2017年10月13日 (金)
    • 投稿時間 20:05

    土日も傘の出番 日中も肌寒く感じそう

日本付近には前線に伴う帯状の雲が東西にのびていて、近畿地方でもきょう13日は雨の降るぐずついた天気となりました。

2017101301.jpg

そのためきょうは各地であまり気温が上がらず、大阪でも日中20度に届きませんでした。

2017101302.jpg

左はあす14日の、右はあさって15日の予想天気図です。前線が日本付近に停滞する見込みです。そのためこの土日もぐずついた天気が続きそうです。おでかけにはあいにくの天気で、傘が必要になりそうです。

2017101303.jpg

土日の予想最高気温です。あす土曜日はまだ各地20度以上となりそうですが、あさって日曜日は20度にも届かない見込みです。肌寒く感じそうです。風邪などひかないようにお気をつけください。

2017101304.jpg

来週にかけて雨の降りやすい天気が続く見込みです。また日中あまり気温が上がらず、平年を下回る日が続きそうです。ただ、その後は平年をかなり上回る気温になりそうです。気象台からは高温に関する異常天候早期警戒情報が発表されています。農作物の管理に注意が必要です。

2017101305.jpg

さて、きょうは5回目の「坂下の小さい秋さがした!」の放送でした。小さい秋ではなく、もうすっかり本格的な秋ですが・・・。今回は桜です。「十月桜」という秋に咲く桜があるんです。大阪城公園で見頃を迎えています。

2017101306.jpg

桜は春に咲くイメージがありますが、もともと桜は秋に咲く木だったという研究も発表されています。桜のルーツはネパール付近だと考えられていて、ここでは今でも秋に咲く桜があります。「ヒマラヤザクラ」です。日本の桜と遺伝的にも近いそうです。

2017101307.jpg

ネパール付近から北へと広がり、日本にたどり着いた桜。ただ、日本はネパールに比べて春夏秋冬の四季がはっきりしています。この四季に適応し、寒い冬を避けて春に咲くようになったと考えられています。「十月桜」が秋に咲くのは昔のなごりでないかと考えられています。

2017101308.jpg

その「十月桜」はこの先もまだ咲き続けます。紅葉と一緒に楽しめるんです。最新の紅葉の見ごろ予想が日本気象協会からきのう12日発表されました。奈良では平年より早く、来月上旬の予想です。そろそろ紅葉狩りの予定もたてたいところですね♪

2017101309.jpg

※予報は13日午後7時現在のものです

    • 2017年10月12日 (木)
    • 投稿時間 19:40

    各地傘の出番 日中も上着があったほうがよさそう

前線に伴う帯状の雲が南下し、近畿地方にもかかっています。きょう12日は北部を中心に雨が降りました。

2017101201.jpg

この前線はあす13日にかけて近畿地方付近に停滞するため、あすは各地で雨が降りやすいでしょう。傘の出番となりそうです。

2017101202.jpg

雨は午前中が中心となるところが多いですが、午後も雲が広がりやすく、ぐずついた天気は続きそうです。傘は持ち歩いたほうがよさそうです。

2017101203.jpg

こちらはきょう12日正午の気温分布です。近畿の北と南で気温の差が大きくなりました。豊岡や舞鶴では日中でも20度に届かず、一方、和歌山や潮岬は25度以上の夏日となりました。

2017101204.jpg

前線は空気と空気の境目に発生します。近畿北部では前線の北側の涼しい空気が流れ込み、あまり気温が上がりませんでした。

2017101205.jpg

あすは涼しい空気の範囲が広がります。加えて雨が降るため、日中もあまり気温が上がらない見込みです。

2017101206.jpg

あすの日中は上がっても20度前後となりそうです。空気がひんやりと感じそうです。

2017101207.jpg

気温25度というのが半袖と長袖の分かれ目、20度以下は上着があったほうがよい目安です。大阪ではあさって14日以降も21度から22度くらいで、寒いのが苦手な方は上着があったほうがよさそうです。

2017101208.jpg

さて、こちらの花。あすの「さかしたの小さい秋さがした」で紹介する予定です。何の花でしょう?大阪城公園で見頃を迎えています。

2017101209.JPG

※予報は12日午後7時現在のものです

    • 2017年10月11日 (水)
    • 投稿時間 19:41

    近畿 北と南で服装に違い

こちらはきょう11日の正午の気温分布です。黄色の表示は25度以上のところです。各地気温が上がりました。最高気温は京都で30度と、2日連続の真夏日となりました。

2017101101.jpg

ただ、あす12日は近畿地方の北と南でおすすめの服装に違いがあります。最高気温が25度というのが半袖と長袖の分かれ目となる目安、また20度は上着があったほうがよい目安となります。豊岡では上着があったほうがよさそうです。一方、和歌山では日中は半袖でもよさそうです。

2017101102.jpg

こう気温に違いがでるのも、前線が近畿地方を通過するためです。前線は空気と空気の分かれ目に発生します。近畿地方にこれまで流れ込んでいた暖かい空気が次第にぬけて、変わって、涼しい空気が流れ込んできそうです。

2017101103.jpg

また前線の通過に伴い近畿北部を中心に断続的に雨が降るでしょう。

2017101104.jpg

また京都や大津、神戸では夜には傘マークがついています。そのほかも雨の降るところがありそうです。お出かけには折りたたみ傘があったほうがよさそうです。

2017101105.jpg

さらにあさって13日以降も前線が停滞する見込みです。この先しばらく雨が降りやすく、ぐずついた天気が続くでしょう。

2017101106.jpg

ところでこちらはカメです。一列に並んで、日光浴です。甲羅干しというそうですが、天王寺動物園の方に聞いたところ、この行動は主に体温調節で、変温動物のカメが体温を上げるための行動だそうです。日ざしが強いときに見られるようですよ。…カメといえば、私の地元の動物園では、ウサギとカメが並んでいました。童話「ウサギとカメ」を意識していたのでしょうね。ウサギのほうが人気だったんですが、私はその波に反して、向かった先はいつもカメでした。のんびりゆったりと動くカメが好きです!

2017101107.jpg

※予報は11日午後7時現在のものです

    • 2017年10月10日 (火)
    • 投稿時間 19:30

    11日の日中も晴れて暑くなりそう

1か月前の暑さがぶり返しています。大阪では8日の日曜日から30度近くまで気温が上がる日が続いていて、あす11日も暑くなりそうです。

2017101001.jpg

そのほか各地、あすもきょう10日と同じくらいまで気温が上がりそうです。汗ばむ陽気となり、日中は半袖で十分なくらいでしょう。

2017101002.jpg

あすも上空の暖かい空気に加えて、日ざしの後押しもあって気温が上がります。ところが、あすからあさって12日にかけて低気圧から伸びる寒冷前線が近畿地方を通過する見込みです。

2017101003.jpg

寒冷前線の後ろから、涼しい空気が流れ込んできます。あすから13日金曜日にかけては気温の変化が大きくなります。急な寒さでかぜなどひかないよう、体調管理にはご注意ください。

2017101004.jpg

また寒冷前線が通過することにより、あすの夜は近畿北部を中心に雲が広がりやすくなり、雨のぱらつくことがありそうです。念のため、折り畳み傘があったほうがよさそうです。

2017101005.jpg

この先、前線が日本付近に停滞する見込みで、あさって以降も雨の降りやすい状態が続きそうです。傘の出番となる日が多くなりそうです。

2017101006.jpg

さて、秋に桜と書いて、“コスモス”。おととい8日、万博記念公園に行ってきました。一面に広がるコスモス畑がきれいでした♪

2017101007.JPG

また、こちらのコスモスはおいしそうな名前をしているんです。そして香りも♪「チョコレートコスモス」です。

2017101008.JPG

※予報は10日午後7時現在のものです

    • 2017年10月06日 (金)
    • 投稿時間 20:10

    6日夜から7日未明にかけ非常に激しい雨のおそれ

近畿地方は雨雲の隙間があるため、一時的に雨の止んでいるところもありますが、このあとは再び降りだすでしょう。

2017100601.jpg

また近畿南部では1時間に60ミリの非常に激しい雨の降るおそれがあります。非常に激しい雨とは、傘が全く役に立たないくらいの雨です。これからお帰りの方も多いと思いますが、急な雨の強まりにご注意ください。

2017100602.jpg

雨は、明け方には止んで、その後、次第に天気は回復へと向かいます。午後は晴れ間の見られるところもありそうです。ただ、舞鶴は午後も雨の降ることがあるでしょう。

2017100603.jpg

日本海と太平洋側をそれぞれ低気圧が進むため、あす7日にかけて大雨となるおそれがあります。あす夕方までに降る雨の量は多いところで、近畿南部で150ミリ、中部で100ミリ、北部で80ミリと予想されています。あす明け方にかけて低地の浸水、河川の増水、土砂災害に注意してください。

2017100604.jpg

あさって8日は大陸から移動してくる高気圧に覆われる見込みです。

2017100605.jpg

9日月曜日も高気圧圏内となって晴れて、8日の日曜日と月曜日には行楽日和となりそうです。

2017100606.jpg

その日ざしの力もあり、日中は気温が上がります。日曜日と月曜日は各地で25度以上となり、汗ばむ陽気となるところもあるでしょう。日中のお出かけは、半袖でも十分なくらいになりそうです。

2017100607.jpg

さて、きょう6日は「さかしたの小さな秋さがした」の4回目の放送でした。今回はきのこ!その栽培方法は新しく、泉州タオルを使っているんです。栽培に多く使われるおがくずは、基本的には再利用できませんが、タオルは洗濯機で洗うことができるため、繰り返し栽培に使えるんだそうです。大阪府忠岡町ではきのこの研究施設を作り、今後、どんなタオルが適しているかなどを調べるそうです。

2017100608.jpg

そのタオルで作ったきのこをいただきました。タモギタケといって、北海道を中心に自生しているそうですが、私は食べたことがありませんでした。きのう5日、バターソテーにして食べたところ、おいしい!味が濃いんですね!そのままでもおいしかったですし、スープにしたらよいだしがでそう!と思いました。それに、このおいしいきのこがタオルで栽培されたことに二重の驚きです。今後に期待です。

2017100609.JPG

※予報は6日午後7時現在のものです

    • 2017年10月05日 (木)
    • 投稿時間 20:00

    6日午後は激しい雨のおそれ

天気は下り坂へとむかっています。潮岬や神戸は朝から傘マーク、そのほかは昼前後には雨となるでしょう。あす6日午後は本降りの雨となり、局地的には雨雲が発達し、夕方以降は激しい雨の降るおそれがあります。特に午後9時以降、夜遅くには近畿地方の南部では傘が全く役に立たないくらいの雨、非常に激しい雨の降るおそれがあります。あすは早めの帰宅をこころがけたほうがよさそうです。

2017100501.jpg

あすの予想天気図です。前線が日本の南の海上を進んでくるでしょう。

2017100502.jpg

あさって7日にかけて近畿地方に近いところを進む見込みです。そのため、あさっての午前中にかけて雨が降り続くため、降る量が多くなり、大雨となりそうです。ただ、この雨のあとは、また気温が上がるようになります。

2017100503.jpg

まずこちらは、きょう5日午前3時の上空の様子です。水色のところは涼しい空気です。近畿地方にも流れ込んでいました。

2017100504.jpg

加えて、4日夜から5日朝にかけて晴れていたため 、地表の熱を奪う放射冷却が強まり、大阪や神戸、京都、彦根は今シーズン一番涼しい朝となりました。

2017100505.jpg

ただ、すでにこの涼しい空気は近畿地方から抜けています。

2017100506.jpg

かわって、あさってにかけて南から暖かい空気が北上し、近畿地方にも流れ込みそうです。この暖かい空気とは、晴れれば25度以上となるくらいの空気です。週末はこの空気に覆われる見込みです。

2017100507.jpg

この先の予想気温です。あすは雨のため気温が上がらず大阪は20度の予想で、日中でも肌寒く感じそうです。お出かけには上着があったほうがよさそうです。最高気温25度は、半袖と長袖の分かれ目の目安です。

2017100508.jpg

あさって以降は25度以上となります。特に、8日の日曜日と9日月曜日は、晴れて汗ばむ陽気になりそうです。半袖のお出かけがよさそうです。

2017100509.jpg

※予報は5日午後7時現在のものです

    • 2017年10月04日 (水)
    • 投稿時間 19:55

    4日夜は十五夜 外で見る際は上着を

4日夜は中秋の名月、十五夜です。近畿地方は一部曇りのところもありますが、晴れのところが多くなっています。このあとも晴れが続く見込みです。きれいな月をめでられそうですね。

2017100401.jpg

ただ、すでにこの時間多くのところで20度を下回り、15度以下のところもあります。お月見を外でするには上着があったほうがよさそうです。そしてあす5日朝は今シーズン一番涼しい朝となるところもあるでしょう。

2017100402.jpg

あす朝の最低気温です。奈良では12度くらいまで下がりそうです。空気がひんやりと感じるでしょう。また日中も涼しく感じそうですので、お出かけの際も長袖がよさそうです。

2017100403.jpg

ところで先週の「坂下の小さな秋さがした!」のコーナーでもお伝えしましたが、なぜ十五夜が秋なのかというと、月をめでるのにちょうどいい高さに昇ること、かつ空気が澄んできれいに見られるからです。ただ、時に秋雨の時期に重なることもありますし、秋は天気の移り変わりが早いのが特徴です。そこでここ10年の大阪の十五夜の天気がどうだったのかを調べました。実は調べるまでは見られなかったほうが多いかなと思っていました。それがなんと一時的も含めてですが、晴れたのが10年中8年もあったんです。月をめでられたことが多かったようですし、それはことしもということになりました。

2017100404.jpg

月見に欠かせないのは団子♪もちろん石橋さんが書いてくれたイラストのような月見団子も見かけますが、関西では里芋に似せた細長いだ円形の餅の周りにあんがついているものもあるんですよね。私はこの団子と一緒に月見を楽しみます。「食べたらあかん!」と買ったときのパックに書いてあったので、放送までは食べられずにありました(笑)そして今度こそきれいに月の写真を撮りたいと思います!!!三脚は準備済みです(笑)

2017100405.JPG

あすの予想天気図です。午前中を中心に高気圧に覆われるでしょう。

2017100406.jpg

ただ、あさって6日には高気圧の中心が東へと移り、変わって前線を伴った低気圧が近づいてきます。この低気圧の発達次第では、あさってから7日土曜日にかけて大雨となるおそれがあります。

2017100407.jpg

潮岬はほぼ一日曇り空となりそうです。そのほか昼ごろまでは晴れるところが多いでしょう。午後は次第に雲が広がりますが、あすのうちは天気はもちそうです。ただ、十五夜の次の日は十六夜と書いて「いざよい」といいますが、あすは月を見るのは難しそうです。

2017100408.jpg

※予報は4日午後7時現在のものです

    • 2017年10月03日 (火)
    • 投稿時間 20:00

    4日のお出かけは長袖がよさそう 日中も涼しく

こちらは、きょう3日午後1時ごろの気温分布です。近畿地方の中部・南部と北部とでは気温を表す色に大きな違いがあります。北部は水色の20度に届いていないところが多く、一方、近畿地方の中部や南部では黄色の25度以上のところが多くなっています。

2017100301.jpg

これだけ気温に違いがあるのは、日本海から上空の涼しい空気が流れ込み始めているからです。

2017100302.jpg

この空気はあす4日にかけてさらに南下し、近畿地方は広く覆われる見込みです。

2017100303.jpg

そのためあすは、近畿中部や南部ではきょうよりも大幅に低い予想のところもあり、上がっても21度から22度くらいのところが多いでしょう。日中も涼しく感じそうです。

2017100304.jpg

最高気温が25度というのが、長袖を着るか半袖を着るかの境目と言われています。

2017100305.jpg

きょうの大阪は26度8分まで上がったため、日中は半袖でも大丈夫だったと思いますが、あすは22度の予想です。あすのお出かけは長袖のほうが良さそうです。

2017100306.jpg

6日金曜日ごろまでは日中も涼しく感じそうですが、週末はまた気温が上がるようになります。大阪では、8日の日曜日以降は25度以上と予想されています。衣がえを進めても半袖は残しておいたほうがよさそうです。

2017100307.jpg

こちらはあすの予想天気図です。あすは大陸から高気圧が移動してきますが、等圧線の間隔が狭くなります。

2017100308.jpg

そのため、各地北寄りの風が強まりそうです。強風や海上では高波に注意してください。

2017100309.jpg

また、あすは晴れ間の見られるところが多いものの、日本海側の地域では雨のぱらつくところもありそうです。

2017100310.jpg

※予報は3日午後7時現在のものです

    • 2017年10月02日 (月)
    • 投稿時間 19:45

    3日未明にかけて激しい雷雨のおそれ

今週は雨のスタートとなりました。広い範囲で雨が降っていて、滋賀県を中心に雨足が強まっています。

2017100201.jpg

2日夜は各地で雨が降り、3日未明にかけては激しい雷雨となるおそれがあります。

2017100202.jpg

3日の日中は太平洋側の地域は止むものの日本海側の地域では回復が遅く、午前中を中心に雨が降ったり止んだりとなりそうです。

2017100203.jpg

きょう2日は日本の南に伸びる前線の影響で、各地雨が降りました。さらにあす3日には日本海から別の前線が南下する見込みです。

2017100204.jpg

近畿地方にはかかっていませんが、近畿地方の日本海側の地域では影響を受けそうです。そのため、あすの午前中にかけて雨が降りやすいでしょう。また、前線は空気と空気の境目に発生し、前線の北側は涼しい空気に覆われています。その涼しい空気があすは日本海側の地域に流れ込んできます。

2017100205.jpg

雨が降ることもあり、あまり気温が上がらず、舞鶴や豊岡は最高気温が21度の予想です。そのほかは、きょうよりは気温が上がって、日中は25度前後となりそうです。

2017100206.jpg

ところが、あさって4日には近畿地方の広い範囲が涼しい空気に覆われる見込みです。そのため、そのほか各地もあさっては上がっても22度から23度くらいで、涼しく感じそうです。

2017100207.jpg

さらに5日木曜日、6日金曜日もあさってと同じくらいの予想気温です。気温の差が大きくなります。体調を崩さないように気をつけてください。

2017100208.jpg

いやー、近田さんは本当にすごい!こちらの絵は、ものの1分くらいで仕上げられたものです。あす10月3日で大阪環状線の103系が引退するそうです。あすはリポートもあります。

2017100209.jpg

※予報は2日午後7時現在のものです