えりの気象日記

2017年7月

    • 2017年07月31日 (月)
    • 投稿時間 19:45

    傘を持ってお出かけを 週末以降の台風5号に注意

きょう31日で7月も終わり。そのきょうは大阪で35度以上の猛暑日となりました。これで今月6日目です。

2017073101.jpg

また、かき氷マークは今月30度以上になった日です。1日を除き30度以上となり、過去2番目の多さとなりました。この先も30度以上となる厳しい暑さが続きそうです。

2017073102.jpg

きょうも日中気温が上がったことで大気の状態が不安定になりました。兵庫や京都の山沿いを中心に雨雲が発達しました。あす1日もお出かけには傘があったほうがよさそうです。

2017073103.jpg

こちらは風の予想です。風を表す線が円形になっているあたりに、非常に強い勢力の台風5号があります。

2017073104.jpg

あすも日本の南から変わらず、近畿地方から遠く離れていますが、台風周辺から雨雲のもととなる、暖かく湿った空気が引き続き流れ込むでしょう。

2017073105.jpg

そのため雲が広がりやすく、午前中からところどころで雨が降りそうです。

2017073106.jpg

午後も雨の降るところがあるため、お出かけには傘があったほうがよさそうです。

2017073107.jpg

台風5号は、あす以降ゆっくりと北上する見込みです。上空の風が弱く進路がはっきりとはせず、予報円も大きいです。週末以降、日本に近づく可能性がありますので、今後の情報には注意してください。

2017073108.jpg

また、おととい29日には、ことし10番目となる台風10号が発生しましたが、すでに熱帯低気圧へと変わっています。ちなみに、台風10号で今月発生した台風は8つになりました。7月の発生数としては、昭和46年と並んで過去最多です。8月にはなりますが、あすも次の台風が発生する見込みです。

2017073109.jpg

さて、おとといは、クマゼミの鳴き声はどうでしたか?私は、にぎやかだなぁと感じました。そんななか、ランニング中に見つけたのは、こちらのセミ!「おや?」と思いました。そこで写真を撮って近田さんに見せると、「アブラゼミだねぇ」と。久々に見ましたー!

2017073110.JPG

※予報は31日午後7時現在のものです

    • 2017年07月28日 (金)
    • 投稿時間 19:45

    土日も厳しい暑さ 海のレジャー注意

こちらの木は近田さんいわく、セミがよくいる木です(笑)前にも案内してもらった写真を載せましたが、本当にすごいんです。近田さんはこの木からセミをスタジオに連れてきました。

2017072801.JPG

そのときにお伝えした、大阪市立自然史博物館の初宿成彦(しやけしげひこ)さんのクマゼミ予報。大阪でことしのクマゼミが最もうるさい日は、7月29日ということでした。それはあすです!クマゼミが主に鳴くのは午前中。あすどれくらいのにぎやかさか、みなさん耳を傾けてみてください。(傾けなくても聞こえますね)

2017072802.JPG

きょう28日も日中気温が上がったことで大気の状態が不安定になり、兵庫県や京都府の山沿いを中心に雨雲が発達しました。1時間に30ミリ以上の激しい雨の降ったところがありました。あと数時間は局地的に非常には激しい雨の降るおそれがあります。

2017072803.jpg

あす、あさって30日も晴れ間はありそうですが、天気の急変にはご注意ください。お出かけには念のため傘があったほうがよさそうです。またあす、あさっても暑さが厳しく、大阪では土日ともに33度まで上がる見込みです。熱中症にはくれぐれも注意してください。

2017072804.jpg

台風5号は強い勢力を持っています。あす29日にかけて小笠原諸島に接近し、しばらくは停滞する見込みです。近畿地方からは離れたところに位置しますが、台風からのうねりの影響がありそうです。

2017072805.jpg

太平洋側では波の高いところがあるでしょう。子どもたちの夏休みで、海へのレジャーを計画している方もいると思いますがご注意ください。あさってにかけて高い状態が続くでしょう。

2017072806.jpg

さて、こちらはきのう27日見つけたアサガオです。朝に咲くためアサガオという名が付いていますが、朝だから咲くわけではないんです。実はアサガオは日没後8時間から10時間経つと咲いているんだそうです。

2017072807.jpg

それでいくと、きょうの大阪の日の入りは午後7時4分。1か月後の8月28日は午後6時30分、2か月後の9月28日は午後5時47分です。8~10時間と幅があるので、間を取って9時間で計算すると・・・。

2017072808.jpg

あすの午前4時4分、8月29日は午前3時30分、9月29日は午前2時47分。日の入りが早くなるとともにアサガオの開花も早くなるようです。9月29日は午前2時47分って…見るためには、その時間に起きるのか、それとも起きたままにすべきか悩むところですね。夏休みの宿題にアサガオの観察日記があるかもしれませんね。実際はどうなのか確かめてみてはどうでしょう?

2017072809.jpg

※予報は28日午後7時現在のものです

    • 2017年07月27日 (木)
    • 投稿時間 19:45

    あすも激しい雷雨のおそれ

きょう27日も各地で気温が上がったことによって、大気の状態が不安定になり、特に地形の影響も加わる山沿いを中心に雨雲が発達しました。

2017072701.jpg

あす28日も晴れ間はあるものの、午後は天気が急変する可能性があります。山沿いを中心に雨雲が発達しそうです。局地的には激しい雷雨となるでしょう。

2017072702.jpg

こちらは、きょうの各地の気温です。大阪では今朝の最低気温が26度3分で、昨夜は熱帯夜となりました。これで、17日連続の熱帯夜です。去年の連続日数は最長16日で、それを上回ったことになります。

2017072703.jpg

あす朝の最低気温も大阪は26度の予想で、連続日数はさらに増えることになりそうです。

2017072704.jpg

また、あす以降も厳しい暑さが続くでしょう。大阪は最高気温が33度から34度の予想です。きょう発表の1か月予報では、向こう1か月、平年よりも気温が高い見込みです。残暑は、立秋を過ぎた後も暑さが続くことです。その立秋は来月7日です。ことしは残暑も厳しそうです。

2017072705.jpg

台風9号は沖縄や奄美では影響を受けるおそれがありますが、その後は大陸方向へと進みそうです。

2017072706.jpg

一方、強い勢力を持っている台風5号は、小笠原諸島付近にしばらく停滞する見込みです。その後、どう進路をとるのかは最新の情報を確認してください。

2017072707.jpg

夏といえば、この花!ひまわりです。先日、ランニング中に咲いているのを見つけました。
太陽を追って花が回るということから、ひまわり(漢字も「向日葵」のほか、「日回り」とも書きます)と名が付いていますが、実際はほとんど動かないそうです。
そのランニングなどにより、ことしも私の肌は小麦色になってきました。石橋さんとの肌の色の違いにも注目です(笑)

2017072708.JPG

※予報は27日午後7時現在のものです

    • 2017年07月26日 (水)
    • 投稿時間 19:40

    厳しい暑さ 27日はスイカの日

あす27日はスイカの日だそうです。スイカの黒いしま模様が綱(つな)に見え727(なつのつな)ということからだそうです。スイカは90%以上が水分。塩をかけて食べることで、水分と塩分を同時に取ることが出来ます。熱中症対策に優れものです。

2017072601.jpg

察しがつくとは思いますが、あすも厳しい暑さになりそうです。各地の最高気温は30度以上の予想です。

2017072602.jpg

こちらは今月に入ってからの大阪の最高気温です。

2017072603.jpg

カキ氷のマークは気温が30度以上の日です。1日を除いて付いています。

2017072604.jpg

さらに7月も残り5日となりましたが、30度以上の予想です。平成6年には、31日すべて30度以上になりましたが、それに次ぐ30日という観測史上2番目の多さとなりそうです。

2017072605.jpg

あすも気温が上がることで、午後は山沿いを中心に雨雲が発達しそうです。大阪でも雨の降ることがありそうです。また局地的には激しい雷雨となるおそれがあります。天気の急変にご注意ください。

2017072606.jpg

きょう26日は新たな台風が発生しました。台風9号です。しばらく北寄りに進む見込みです。今後の情報には注意してください。

2017072607.jpg

台風6号と8号は熱帯低気圧へと変わりましたが、5号は強い勢力を持っています。その5号が発生したのは21日の午前です。雲の塊が台風5号です。

2017072608.jpg

その後西に進んだと思ったら…

2017072609.jpg

東に進み、同じような位置に戻りました。それは「藤原の効果」によるものと考えられます。2つ以上の台風が接近して存在すると、互いの進路に影響を及ぼすんです。提唱者である気象学者・藤原咲平さんにちなんだ名前です。

2017072610.jpg

5号近くにはすでに熱帯低気圧に変わった台風6号がありました。そのため複雑な進路をとったものと思われます。

2017072611.jpg

今後の進路ですが、4日、5日先の予報円がまだかなり大きく予報が安定していないものの、今のところ近畿地方への直接の影響はなさそうですが、今後の情報には注意してください。

2017072612.jpg

※予報は26日午後7時現在のものです

    • 2017年07月25日 (火)
    • 投稿時間 19:45

    今夜 近畿北部・中部 非常に激しい雨のおそれ

25日夕方も近畿地方には北部を中心に活発な雨雲がかかっています。今夜このあとも局地的には非常に激しい雨の降るおそれがあります。

2017072501.jpg

北陸や東北付近に伸びる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいます。そのため大気の状態が不安定になっています。

2017072502.jpg

その前線があす26日にかけて、活動を弱めながらも南下する見込みです。

2017072503.jpg

日付が変わったあと、あすの明け方にかけて、雨が激しく降るおそれがあります。その後、天気は回復し晴れ間が戻りそうですが、奈良県の山沿いでは夕立に注意が必要です。

2017072504.jpg

こちらは、きのう24日の夜に大川沿いです。対岸から見てもにぎわっているのが分かりました。今夜は打ち上げ花火もありますね~♪この時期は各地で花火大会が行われます。

2017072505.JPG

花火がきれいに見える天気の条件は、まずは やはり晴れていること。加えて、程よい風があることです。風がないと煙がたまってしまいますからね。風速でいうと3メートル程度です。その風が吹いてくる方角を考えながら場所をとることが大切です。

2017072506.jpg

風上側であれば煙が運ばれてくる心配はありませんが、風下側は煙が運ばれてきてしまうので避けたほうがよいです。

2017072507.jpg

もし、風下側しか確保できなければ、煙が直接来ないところ、斜めに離れた場所のほうがよいです。
私も先日、兵庫県芦屋市で行われた花火大会に行ってきました。まだまだこの先もありますので楽しみです!

2017072508.jpg※予報は25日午後7時現在のものです

    • 2017年07月24日 (月)
    • 投稿時間 19:45

    お出かけには念のため傘

東北や北陸では大雨となっています。24日夕方は、近畿地方も日本海側の地域を中心に雨が降り、雨足の強まっているところがあります。このあとも激しい雷雨となるおそれがあります。また、今、雨が降っていないところでも、このあと急に降ってくることがありそうです。これからお帰りの方はご注意ください。

2017072401.jpg

東北から北陸付近に前線が伸びていて、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいます。

2017072402.jpg

あす25日にかけて前線は停滞する見込みで、引き続き、暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。

2017072403.jpg

午前中は晴れ間も見られそうです。

2017072404.jpg

昼ごろからは雨の降るところがあるでしょう。お出かけには念のため傘があったほうがよさそうです。また、大気の状態が不安定のため、激しい雷雨となるおそれがあります。

2017072405.jpg

大阪の夏の代表的な祭り「天神祭」が始まりました。あすは本宮で、夕方にはおよそ100隻の祭りの船が華麗に川を行き交う「船渡御」が行われ、花火の打ち上げもあります。
大阪の天気と気温の移り変わりです。曇りマークが並んでいますが、ところによっては朝から雨が降りそうです。今夜もあまり気温が下がらず、日中は厳しい暑さになりそうです。また、あすの夜も蒸し暑さが続くでしょう。

2017072406.jpg

暑さの危険度を表した「暑さ指数」です。あすの昼には危険レベルのところが多くなっています。

2017072407.jpg

午後6時も大阪の地点では厳重警戒となっています。天神祭に行かれる方は、こまめに水分補給をして楽しんでください。ちなみにアルコールは利尿作用があるため、水分補給にはなりませんのでご注意ください。

2017072408.jpg

現在、3つの台風が存在しています。5号、6号、8号です。7号は、きのう23日、8号が発生したタイミングで熱帯低気圧に変わりました。ちなみに過去同時に存在した台風は5つが最大で、その年開催されたローマオリンピックにちなんで、「五輪台風」と呼ばれています。台風5号の影響を小笠原諸島では受けそうですが、近畿地方には直接の影響はなさそうです。

2017072409.jpg

こちらはきのうの海面水温です。27度以上で台風が発生するといわれています。まだ次の台風が発生する可能性がありますので、今後の情報にも注意してください。

2017072410.jpg

※予報は24日午後7時現在のものです

    • 2017年07月21日 (金)
    • 投稿時間 19:36

    大阪4日連続の猛暑日になるか 暑さ続く

大阪のきょう21日の最高気温は35度1分で、3日連続の猛暑日となりました。

2017072101.jpg

この土日も晴れ間が広がり、強い日ざしが照りつけるでしょう。大阪では土曜日まで4日連続の猛暑日となるかもしれません。そのほか京都も土曜日は35度の予想。日曜日も各地30度以上の予想です。外へのお出かけの予定の方もいると思いますが、水筒を持ち歩いたりして、熱中症には十分注意してください。一方で気温が上がることで、大気の状態が不安定になるため、地形の影響を受ける山沿いを中心に夕立には注意してください。念のため折りたたみ傘があったほうがよさそうです。

2017072102.jpg

毎日熱中症の注意を呼びかけていますが、私も熱中症になったことがあります。それは野球の観戦をしているときでした。あまりにも熱中して、水分をとるのを忘れてしまったんです。では熱中症になったらどうしたらよいのか。症状としてはめまいや頭痛、吐き気などがあります。

2017072103.jpg

これらの症状があり、意識がなくなってしまったら、周りの方は救急車を呼んでください。その間、応急処置を始めてください。意識がないのに水を飲ませることはしないでください。

2017072104.jpg

意識がある場合でも、まずは涼しい場所に移動し、服をゆるめて体を冷やしてください。水分が自分でとることができれば、塩分とともに補給してください。自分で水分をとれなかったり、とっても症状がよくならなければ医療機関へ行くようにしてください。

2017072105.jpg

21日は台風5号と6号が発生しました。ほかにも台風の卵が相次いで発生することが予想されます。今後の情報には注意してください。

2017072106.jpg

さて、先週は近田さんのセミのサプライズされましたが、その近田さんに放送局前の「セミの抜け殻がなる木(笑)」を教えてもらいました。それがこちらです。この鈴なりのセミの抜け殻、分かりますよね。

2017072107.JPG

またこちらは「セミのなる木(笑)」です。確かにすごいんです!写真では分からないと思いますが、数えるとそのセミの数、20匹以上!!!近田さんいわく、「セミのなる木」と「セミの抜け殻がなる木」は種類が違う、と。成虫と幼虫では好みが違うのでは、と分析していました。セミ、私は苦手ではないです。むしろ好きなほう。けれど、この量にはびっくりしました。これは朝、起こされるはずです・・・。

2017072108.JPG

※予報は21日午後7時現在のものです

    • 2017年07月20日 (木)
    • 投稿時間 19:35

    猛烈な暑さ続く 向こう1か月も暑い

夏休みといったら朝顔の観察日記でしょうか。咲いているのを見つけました。子どもたちはあす21日から夏休みだそうです。近田さんはドリルなどは早いけど、読書感想文などは残るタイプ、石橋さんは計画は立てるけど、順調にはいかずのタイプだそうです。みなさんはどうですか?ちなみにことしからエアコンが設置されたことから、夏休みが一週間ほど繰り上げられたということで、少しスピードアップが必要のようですね。私は意外にも!?お盆くらいまでに宿題を終わらせて、最後まで夏休みを満喫するタイプでした♪

2017072001.JPG

あすもエアコンなどで室温が28度以下になるようにしてください。厳しい暑さ、猛烈な暑さとなるところもありそうです。最も高い予想は37度で豊岡です。次いで36度が大阪。京都、舞鶴も猛暑日の予想です。

2017072002.jpg

暑さの危険度を表した暑さ指数です。昼すぎには危険レベルのところも多くなります。くれぐれも熱中症に注意してください。

2017072003.jpg

きょう20日は気象台から1か月予報が発表されました。気温は平年よりも高い予想です。大阪では7月下旬から8月中旬にかけてが1年で最も暑い1か月です。平年よりもさらに暑い1か月になりそうです。

2017072004.jpg

「土用三郎」という言葉を聞いたことがありますか?豊作か凶作かの占いのことで、夏の土用に入った日から3日目が快晴ならば豊作、雨ならば凶作とするそうです。土用の入りはきのう19日で、3日目はあす21日です。

2017072005.jpg

あすの近畿地方も晴れ間の広がるところが多いでしょう。豊作になることを期待したいものです。

2017072006.jpg

ただきょうも四国沖の低気圧の周辺で吹く風によって、湿った空気が流れ込み、近畿南部では雨の降ったところがありましたが、あすにかけてほとんど変わらず、湿った空気が運ばれてきそうです。奈良南部や和歌山南部を中心に雲が広がりやすく、雨の降るところがあるでしょう。

2017072007.jpg

また、あすまでに新たな台風が発生する見込みです。さらに来週にかけていくつかの台風または台風の卵が発生しそうです。今後の情報に注意してください。

2017072008.jpg

※予報は20日午後7時現在のものです

    • 2017年07月19日 (水)
    • 投稿時間 19:30

    猛烈な暑さ 熱中症注意!

きょう19日は近畿地方で梅雨明けしたとみられると発表がありました。平年に比べて2日ほど早い梅雨明けとなりました。梅雨明けのパターンは大きくは2つあります。1つは太平洋高気圧が強まって梅雨前線を押し上げるパターン。するとしばらくは安定した晴れと厳しい暑さが続きます。もう1つは梅雨前線の活動が弱まり、消えるパターンです。この場合、梅雨が明けても夏空が続かず、雲の広がることがあります。今回は消えるパターンで、この先も安定した晴れとはいかないようです。晴れていても急な雷雨に注意が必要です。それはあす20日もです。

2017071901.jpg

あすまでに四国沖に低気圧が発生する見込みです。

2017071902.jpg

低気圧の周辺では反時計回りの風が吹いていて、この風が湿った空気を運んできます。

2017071903.jpg

紀伊半島の南東側斜面を中心に雨雲が発生しそうです。

2017071904.jpg

大阪も晴れる時間が長いものの、夕方は曇りマークがついています。この時間帯を中心にところによっては雨が降るでしょう。

2017071905.jpg

きょうは大阪ではことし初めて35度以上の猛暑日となりました。7月に入ってからは30度に届かなかった日は1日だけで、先週は34度台まで上がった日が4日もありました。

2017071906.jpg

きょう、総務省消防庁から発表されたデータでは、10日から16日までに熱中症により搬送された人の数は、大阪では453人で、前の週の215人の倍以上でした。

2017071907.jpg

453人がどこで熱中症になったのかというと、実は3人に1人が住居、家の中なんです。この先も厳しい暑さが続く見込みです。

2017071908.jpg

外ではもちろん、家の中でも熱中症にならないように気をつけてください。室温は28度以下になるように、エアコンや扇風機を利用すること。日ざしを遮るためカーテンは閉めておきましょう。のどの渇きを感じなくても、水などをこまめに飲むようにしてください。

2017071909.jpg

さて、こちらは私のきのう18日の夕飯です。梅雨の水を飲んでうまくなるとも言われる、鱧(はも)です♪大好きです♪♪♪横に添えたのは、熱中症対策にもなるとされる梅です。おいしかったです! 先日、両親と祇園祭の宵山に行きましたが、来週は天神祭りですね。

2017071910.JPG

※予報は19日午後7時現在のものです

    • 2017年07月18日 (火)
    • 投稿時間 20:00

    夕立注意! 厳しい暑さ

きょう18日は滋賀県や京都府を中心に活発な雨雲がかかり、滋賀県近江八幡市では1時間に30.5ミリの激しい雨が降りました。また京都市伏見区付近では気象台のレーダーによる解析で、90ミリの猛烈な雨が観測されています。これまでの雨で地盤が緩んでいるところもあります。土砂災害には警戒してください。

2017071801.jpg

きょう18日昼ごろの天気図です。大陸から本州付近へと梅雨前線がのびています。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、局地的には雨雲が発達しました。

2017071802.jpg

あす19日になると前線が日本付近では、はっきりとしなくなります。近畿地方の平年の梅雨明けは7月21日ごろ。早ければあすにも梅雨明けの発表がありそうです。

2017071803.jpg

そのあすも天気の急変には注意が必要です。気温が上がる午後は地形の影響も加わる山沿いを中心に雨雲が発達するでしょう。

2017071804.jpg

あさって20日以降は太平洋高気圧に覆われる見込みで、夕立はあっても、晴れ間の広がる日が続くでしょう。

2017071805.jpg

あすどれくらいまで気温が上がるかというと、京都は35度と猛暑日の予想です。そのほか各地30度以上となっています。連日、熱中症については呼びかけていますが、水分補給とともに補給が大切なのが塩分です。

2017071806.jpg

汗が蒸発して体から熱を奪う気化熱の働きで体温が下がるので、汗をかくことは大事です。ただその汗の原料は血液中の水分、そして塩分のため、補給することが必要です。

2017071807.jpg

そんな中、きょうは和歌山県田辺市の小学校で行われた、熱中症を防ぐ効果を学ぶ講習会で梅干しが配られたそうです。

2017071808.jpg

あす以降も厳しい暑さ、猛烈な暑さになる日もありそうです。熱中症に注意してください。梅干しでの熱中症対策も簡単にできてよさそうですね。

2017071809.jpg

※予報は18日午後7時現在のものです

    • 2017年07月14日 (金)
    • 投稿時間 20:00

    猛烈な暑さ注意 天気の急変も

暑いときに冷たいものが食べたくなりますが、頭がキーンと痛くなったことありますよね。その症状にはちゃんと名前がついているんです。さて何でしょう?

2017071401.JPG

きょう14日も各地気温が上がって厳しい暑さとなりました。舞鶴や豊岡は35度以上の猛暑日となり、ことし一番の暑さでした。

2017071402.jpg

あす15日から3連休という方も多いと思いますが、厳しい暑さが続き、あすは猛烈な暑さとなるところもあるでしょう。毎日繰り返し言っていますが、熱中症には注意してください。こまめに水分補給をすること、我慢をせずエアコンや扇風機を使うこと。高齢者は家の中での熱中症がかなり多いそうです。

2017071403.jpg

天気図です。あす以降次第に大陸から前線が日本付近へと伸びてきますが、東北付近にかけてとなりそうです。近畿地方は高気圧圏内となるでしょう。

2017071404.jpg

あすも晴れ間が広がるでしょう。ただ、あすも天気の急変には注意が必要です。山沿いを中心に午後は大気の状態が不安定になって、雨雲が発達しそうです。あさって16日もお出かけには念のため傘があったほうがよさそうです。

2017071405.jpg

17日月曜日は祇園祭のハイライト、山鉾(やまほこ)巡行です。ちなみに1000年以上の歴史がある祇園祭の山鉾巡行は、雨での中止は過去一度もないそうです。3連休中の京都も傘マークはついていませんが、天気の急変には注意が必要です。ことしは私の両親が見に来る予定で、京都出身の父は久しぶり、母は初めての祇園祭です。祖父が「鱧寿司(はもずし)」をとって待っていてくれます。楽しみです♪

2017071406.jpg

そしてきのう13日の写真は何をしていたのかというと、クマゼミの音を測っていたのです。きょうのリポートで紹介しましたが、「クマゼミ予報」をしている方が大阪市立自然史博物館にいらっしゃいます。初宿成彦(しやけしげひこ)さんです。

2017071407.jpg

研究で、クマゼミの幼虫が13度9分を超えると、土の中で成長することが分かり、春以降、一日の平均気温が13度9分を超えた日の超えた分の値を足していき、その数が958度に近くなっ た日に、地上に出てくるせみが最も多くなるため音量がピークになるという計算だそうです。

2017071408.jpg

ことしは7月29日だそうです。うーん、あと2週間後にピークがやってきて、8月の半ばまでは鳴き続けるようです。もうしばらくの辛抱ですね。

2017071409.jpg

さらに放送では近田さんにより、こんなお客様も!サプライズ過ぎてびっくりしました!!!

2017071410.JPG

さて、冒頭の答えですが、「アイスクリーム頭痛」でした。対処法はゆっくり食べること、だそうです。

2017071411.JPG

※予報は14日午後7時現在のものです

    • 2017年07月13日 (木)
    • 投稿時間 19:40

    暑さ続く 夕立にも注意

きょう13日、大阪は猛暑日にはなりませんでしたが、今月に入ってから30度に届かなかった日は1日だけです。

2017071301.jpg

特に6日からは連続での真夏日となっています。暑さに疲れますよね。さらに、来週にかけても真夏日の連続日数が増えることになりそうです。

2017071302.jpg

そして、きょうは京都では35度以上の猛暑日となりました。あす14日も各地きょうと同じくらいまで上がる見込みです。

2017071303.jpg

暑さの危険度を表した、暑さ指数です。午前9時で、すでに大阪のほか、多くのところで厳重警戒レベルです。

2017071304.jpg

昼過ぎには、兵庫県や京都府で危険レベルのところもあります。

2017071305.jpg

また大阪では午後6時ごろまで厳重警戒レベルが続きそうです。

2017071306.jpg

こまめに水分補給をすること、休憩をとること、また帽子をかぶったり、風通しのよい服を着ること、がまんせずにエアコンや扇風機を使うこと。熱中症には注意してください。

2017071307.jpg

特にお子さんです。大人よりも身長の低い子どもはより危険なんです。通常、気温は大人の顔の高さの1メートル50センチほどの高さで計っていますが、晴れたときには地面に近いほど気温が高くなります。35度と観測されていても、子どもたちはそれ以上に暑い環境、体温以上の高さの環境にいることになります。周りの大人が気をつけてあげてください。

2017071308.jpg

きょうは午前中を中心に晴れたものの、午後は局地的に雨雲が発達しました。

2017071309.jpg

左はきょうの、右はあすの予想天気図です。ほとんど気圧配置に変わりはありません。きょうと同じような空模様となりそうです。

2017071310.jpg

あすも午後は大気の状態が不安定になり、山沿いを中心に雨雲が発達しそうです。念のため傘があったほうがよさそうです。

2017071311.jpg

さて、私は一体何をしているでしょう?答えはあす14日の放送でのお楽しみです。

2017071312.jpg

※予報は13日午後7時現在のものです

    • 2017年07月12日 (水)
    • 投稿時間 20:00

    一段と厳しい暑さ 大阪と大津ことし初猛暑日に!?

きょう12日も大気の状態が非常に不安定のため、この時間、局地的に雨雲が発達しています。もう数時間は近畿地方で非常に激しい雷雨となるおそれがあります。これからお帰りの方はご注意ください。

2017071201.jpg

理由は日本海にのびる前線に向かって南よりの風が吹き込み、この風が暖かく湿った空気を運んでいるからです。そのため局地的に雨雲が発達しています。

2017071202.jpg

梅雨前線はあす13日にかけて南下し、近畿地方を通過する見込みです。雨はあすの明け方にかけて降るところがあるでしょう。

2017071203.jpg

日中は天気が回復し、晴れ間が見られそうです。強い日ざしが照りつけるでしょう。

2017071204.jpg

ただ、午後は地形の影響も加わる山沿いを中心に雨雲が発達しそうです。滋賀県だけでなく、奈良県と三重県の県境付近でも雨雲が発達しやすいでしょう。黒っぽい雲が近づいてきたら頑丈な建物に避難するようにしてください。

2017071205.jpg

あすは一段と暑さが厳しくなるでしょう。大阪と大津は、ことし初めての猛暑日となるかもしれません。京都も36度くらいまで上がる見込みです。気象台からは、熱中症の危険が特に高いことから、高温注意情報が発表されています。

2017071206.jpg

こまめに水分補給をするための休憩をとること。無理をせず適切にエアコンや扇風機を使うこと。熱中症にはくれぐれも注意してください。

2017071207.jpg

熱中症対策のために適した飲み物の温度は5度から15度といわれています。冷たすぎず、常温よりも少し冷たいくらいがよいそうです。また、飲む量としては一日当たり1.2リットルくらいが目安とされています。持ち歩きやすい500ミリリットルのペットボトルだと3本分くらいですね。それも一気に飲むのではなく、こまめに何回にもわけて飲むことが大切です。

2017071208.jpg

さて、こちらはきのう11日の夜に撮った写真です。
「夏は夜。月のころはさらなり…」
満月は少し過ぎてしまいましたが、清少納言の気持ちが分かるような風景でした。私と同じように写真を撮っている方も見かけました。「雨などふるもをかし」ですが、きのうは降られずにすみました。やはり急な雨は困りますよね。今夜これからお帰りの方、ご注意ください。

2017071209.JPG

※予報は12日午後7時現在のものです

    • 2017年07月11日 (火)
    • 投稿時間 20:30

    12日も激しい雨に注意

11日夕方の雨の様子です。日本海から線状に活発な雨雲が伸びていて、兵庫県にかかっています。こんやいっぱいは非常に激しい雨の降るおそれがあります。これからお帰りの方も多いと思いますが、今降っていないところでもこのあと急に降ってくることもありそうです。ご注意ください。

2017071101.jpg

きょう11日昼ごろの天気図です。大陸から日本海にかけて梅雨前線が伸びていて、前線に向かって吹く南よりの風によって、暖かく湿った空気が流れ込んでいます。そのため大気の状態が不安定になっています。

2017071102.jpg

あす12日にかけて湿った空気の流れ込みが続くうえ、前線が南下してくるでしょう。近畿地方を通過する見込みです。

2017071103.jpg

あすは午前中から傘の出番となるところが多いでしょう。

2017071104.jpg

雨はやむときもありますが、断続的に降るでしょう。局地的には雨雲が発達し激しい雨の降るおそれがあります。あす夕方までに降る雨の量は多いところで南部や中部で100ミリ、北部で80ミリと予想されています。土砂災害や河川の増水、低地の浸水に注意が必要です。

2017071105.jpg

またこちらはきょうの午後2時20分に観測された各地の気温です。赤い表示は35度以上で、京都や兵庫にあります。

2017071106.jpg

兵庫県の赤い表示は豊岡の観測地点で、きょうは36.6度まで上がりました。また、近畿各地でことし一番の暑さとなったところが多くなりました。

2017071107.jpg

あすは雨が降るためきょうほどではないものの、それでも30度は超えそうです。蒸し暑くは感じそうです。熱中症には引き続き注意してください。

2017071108.jpg

また最近寝苦しい夜が続いています。あす朝にかけてもあまり気温が下がらず、神戸や和歌山は最低気温が27度の予想です。寝る前にコップ1杯の水分を取るなどして、夜間の熱中症にも注意してください。

2017071109.jpg

そんな私も寝苦しさと、朝のクマゼミの鳴き声で寝不足気味です…。ひとまず、活を入れようと、朝、ランニングをしてきました。まだハスが楽しめました。見に来ている方も多かったです。夏バテしないように気をつけなければなりませんね…。みなさんも!

2017071110.JPG

※予報は11日午後7時現在のものです

    • 2017年07月10日 (月)
    • 投稿時間 19:35

    天気の急変注意 暑さ続く

きょう10日は大気の状態が不安定だったため、局地的に雨雲が発達し、奈良市の針では1時間で48ミリの激しい雨が降りました。こんやこのあとも急な雨や雷雨に注意が必要です。

2017071001.jpg

あす11日も天気の急変の可能性があります。あす午前9時の予想天気図です。梅雨前線は北上し朝鮮半島から日本海に伸びますが、その前線に向かって、高気圧の縁を回った湿った空気が流れ込みます。近畿地方ではあすも大気の状態が不安定で、局地的には雨雲が発達するでしょう。

2017071002.jpg

予報は曇りマーク1つのところが多くなっています。各地、晴れ間は見られそうです。一方で晴れていたと思ったら急に空に黒い雲が立ち込め、ざっと雨が降るということがありそうです。

2017071003.jpg

そのため降水確率は、あすの午後は30%とやや高い確率のところが多くなっています。雨が降るのはところによってですが、念のためお出かけには折り畳み傘があったほうがよさそうです。

2017071004.jpg

きょうは豊岡でことし2回目の猛暑日となりました。さらにあすも35度くらいまで上がる予想です。そのほか各地あすも厳しい暑さになります。

2017071005.jpg

こちらは暑さの危険度を示す、暑さ指数です。あす午後3時、近畿地方の多くのところで厳重警戒、危険レベルのところも多くなっています。水分補給を忘れず、熱中症にお気をつけください。ちなみに画像のキャラクターは「熱中症ぼうや」というそうです。

2017071006.jpg

そして今週はこの先も日中は30度を超える日が続く見込みです。厳しい暑さになりますが、引き続き熱中症には注意してください。また夜も25度を下回らない日が続きそうです。夜間の熱中症にも注意が必要です。

2017071007.jpg

ところで7月10日は語呂合わせで、「納豆の日」だそうです。茨城県出身の私の小学校ではよく給食に出ていました。それをその当時、京都にいるおばに言ったら驚かれた記憶があります。ちなみに私の納豆の好きな食べ方は、ポテトチップスの上に納豆を乗せて食べることです。つまみ感覚で食べられます!みなさまどうぞお試しあれ!

2017071008.jpg

※予報は10日午後7時現在のものです

    • 2017年07月07日 (金)
    • 投稿時間 19:29

    8日午後 急な雨や落雷に注意

7日夕方も局地的に雨雲が発達しています。今降っていないところでも、雨雲が流れ込んできて、雨のぱらつくこともありそうです。急な雨や落雷にご注意ください。

2017070701.jpg

雨雲が通り過ぎると晴れるところが多くなりそうです。

2017070702.jpg

あす8日も午前中は晴れそうです。

2017070703.jpg

ただ、午後は大気の状態が不安定になって、山沿いを中心に雨雲が発達するでしょう。あすの午後も急な雨や落雷にご注意ください。

2017070704.jpg

あすは厳しい暑さになりそうです。豊岡や京都は猛暑日一歩手前の34度くらいまで上がりそうです。そのほか30度以上の予想です。

2017070705.jpg

暑さの危険度を表したものです。近畿地方は広く厳重警戒で、兵庫や京都には危険レベルのところもあります。水分補給は欠かさず、熱中症にはくれぐれも注意してください。

2017070706.jpg

あさって9日は雨で、傘の出番となりそうです。また気温は来週にかけて30度くらいまで上がり、厳しい暑さが続きそうです。

2017070707.jpg

七夕の7月7日が晴れる確率は大阪ではどれくらいだと思いますか?こちらは過去の7月7日の晴れの割合です。全国を見ると最も高いのは沖縄です。きょうもおおむね晴れています。

2017070708.jpg

ここに雨と曇りの割合を加えると・・・晴れに比べて曇りや雨が多いのが分かります。大阪では割合としては4年に1回程度しか晴れがないんです。全国的に晴れが少ないのが7月7日。やはり梅雨の時期ですからね。

2017070709.jpg

そんな七夕ですが、ことしも短冊に願い事を書きました。「はずれませんように」実は、去年も同じ願い事でした。近田さんと、石橋さんはというと・・・。つっこみを入れています(笑)

2017070710.JPG

※予報は7日午後7時現在のものです

    • 2017年07月06日 (木)
    • 投稿時間 19:40

    傘の出番となりそう 激しい雷雨のおそれも

6日夕方、兵庫県を中心に局地的に雨雲が発達しています。これからお帰りの方も多いと思いますが、兵庫県を中心に急な雨や落雷にご注意ください。

2017070601.jpg

きょう6日の日中は、近畿地方では晴れ間が広がりました。一方で、九州では雨が続き、福岡や大分ではこれまでに経験したことのないような大雨となっています。

2017070602.jpg

それも九州付近に活動が活発な梅雨前線が停滞しているためです。一方で、近畿地方付近では前線が南に下がっていたため、きょうは晴れ間が広がりました。

2017070603.jpg

ところがあす7日は、近畿地方付近でも梅雨前線が北上しそうです。

2017070604.jpg

それとともに雨雲が近畿地方に次第にかかってきそうです。和歌山ではあす朝には雨となるでしょう。

2017070605.jpg

雨はそれほど広い範囲ではなさそうですが、一時的に降ることもあるため、傘は持ち歩いたほうがよさそうです。昼前後には、和歌山南部を中心に激しい雨の降るおそれがあります。

2017070606.jpg

こちらはあすの午後9時の天気分布です。あすは7月7日、七夕です。一年に一度、天の川を渡って織姫と彦星が会える日です。夜は晴れ間の見られるところが多くなりそうです。会えるといいですね。

2017070607.jpg

ところで、こちらはきょう見つけたセミの抜け殻です。さらに、けさはクマゼミの鳴き声も聞きました。うーん、この時期がやってきました。クマゼミは私の夏の目覚ましです…。

2017070608.JPG

※予報は6日午後7時現在のものです

    • 2017年07月05日 (水)
    • 投稿時間 19:38

    日中は強い日ざし 厳しい暑さに

台風3号は去り、5日朝、温帯低気圧へと変わりましたが、その後活発な雨雲が伸びてきて、島根県を中心に大雨となりました。近畿地方も午前中を中心に断続的に雨が降り、一時間に20ミリ以上の強い雨が降りました。

2017070501.jpg

その後は九州で猛烈な雨の降ったところがありました。島根県、福岡県で大雨特別警報が発表されました。

2017070502.jpg

それも梅雨前線が次第に南下し、西日本を中心に前線の活動が活発になったためです。

2017070503.jpg

あす6日にかけて前線はさらに南に下がる見込みです。

2017070504.jpg

近畿地方ではあすは晴れ間の広がるところが多いでしょう。日中は強い日ざしが照りつけるでしょう。

2017070505.jpg

そのため気温が上がり、ほとんどのところで最高気温が30度以上の予想です。奈良や京都は33度と厳しい暑さになるでしょう。

2017070506.jpg

こちらは暑さの危険度を示した、暑さ指数です。あすの午後3時は半数以上で厳重警戒となっています。

2017070507.jpg

暑さ指数はこれらの頭文字をとって、「WBGT」とも呼ばれます。気温に加えて、湿度、日射などの熱環境を取り入れた指数です。単位は「℃」になります。その暑さ指数が28℃を超えると熱中症患者が著しく増加します。外出時は炎天下を避け室内では室温の上昇に注意が必要になります。くれぐれも注意してください。

2017070508.jpg

※予報は5日午後7時現在のものです

    • 2017年07月04日 (火)
    • 投稿時間 19:35

    5日は梅雨前線の影響で雨

台風3号は午後5時前に和歌山県田辺市付近に再上陸しました。あす5日にかけて東日本の太平洋側を進み、近畿地方からは次第に離れる見込みです。

2017070401.jpg

台風接近時、近畿地方には活発な雨雲がかかり、断続的に激しい雨が降りました。台風の雨雲は次第に抜けていきますが、もう数時間は局地的に非常に激しい雨の降るおそれがあります。

2017070402.jpg

こちら(下図)は土の中に、降った雨がどれくらいたまっているかを示したものです。京都や兵庫、和歌山や奈良で多くなっています。

2017070403.jpg

もうひとつの図は、土砂災害の危険度を示したものです。危険度が高いほうから紫、薄紫、赤、黄色です。兵庫県や京都府には黄色だけでなく、赤や紫のところがあります。これまでの雨で地盤が緩んでいるところもあります。引き続き土砂災害に警戒してください。また、河川の増水、低地の浸水に警戒してください。

2017070404.jpg

台風は離れていくものの、あすは梅雨前線が南下する見込みです。

2017070405.jpg

そのため、あすも近畿各地で雨が降るでしょう。雷を伴ったり雨足が強まったりしそうです。

2017070406.jpg

4日朝も多くのところで25度を下回らず熱帯夜となりました。各地でこの夏、最も高い朝の気温となりました。

2017070407.jpg

あす5日朝も4日朝ほどではないものの、大阪では25度との予想で、3日連続の熱帯夜となりそうです。寝苦しい夜が続きそうです。

2017070408.jpg

※予報は4日午後7時現在のものです

    • 2017年07月03日 (月)
    • 投稿時間 19:50

    台風接近!4日午前中のうちに備えを!

台風3号があす4日、西日本に接近・上陸するおそれがあります。近畿地方には、あすの夜のはじめごろに最接近するでしょう。上陸すると勢力は弱まり、近畿地方に近づくまでに熱帯低気圧に変わる可能性もありますが、心配がなくなるわけではありません。台風は中心付近で最大30mの風が吹いていて、暴風域を伴っています。

2017070301.jpg

台風の大きさはそれほど大きくはありません 。渦を巻いているあたりに台風があります。その分、近づいてくると急に風が強まるおそれがあります。

2017070302.jpg

加えて、地形の影響を受けやすい南側斜面では、その風によって雨雲が発達するおそれがあります。

2017070303.jpg

それを踏まえて雨の予想です。台風が接近する前の午前中から雨が降り出すでしょう。午後は次第に雨足が強まる見込みです。

2017070304.jpg

その後、台風本体の雨雲がかかり、和歌山県を中心に近畿中部や南部では傘が全く役に立たないくらいの非常に激しい
雨の降るおそれがあります。

2017070305.jpg

近畿中部ではあすの夕方から夜のはじめごろにかけて、南部ではあすの昼すぎから夜遅くにかけて、 非常に激しい雨の降るおそれがあります。あさって5日にかけて、土砂災害や河川の増水、低地の浸水に警戒してください。

2017070306.jpg

こちらは、土の中に、どれくらい降った雨がたまっているかをあらわしたものです。減ってはきているものの、それでも兵庫や京都、和歌山、奈良などで、地面の中に雨が残っている状態です。あす夕方までに近畿中部や南部では多いところで120ミリと予想され、さらにあさってにかけて増える見込みです。これまでの雨で地盤が緩んでいるところもあります。危険を感じたら早めに避難するようにしてください。

2017070307.jpg

また、台風が近づくまで時間がそうありません。あすの午前中のうちに非常用品の確認をするようにしてください。台風が近づくと風も強まるため、自転車を固定したり、植木鉢を家の中に入れたりと暴風対策もしてください。そして、あすのこの時間に台風が近畿地方に最接近する見込みです。早めの帰宅を心がけてください。

2017070308.jpg

大阪や神戸、和歌山では、3日朝にかけて、ことし初めて25度を下回らず熱帯夜となりました。寝苦しかったですね。また、日中は豊岡で35度以上となり、猛暑日となりました。

2017070309.jpg

あす朝にかけてもそれほど気温が下がらず、熱帯夜となるところが多いでしょう。夜間の熱中症にも注意してください。

2017070310.jpg※予報は3日午後7時現在のものです