えりの気象日記

2017年4月

    • 2017年04月28日 (金)
    • 投稿時間 19:40

    あすは天気急変に注意

あす29日から大型連休が始まります。晴れ間も見られる日が多いものの、あすと1日は天気の急変に注意が必要です。

2017042801.jpg

そのあすは上空に強い寒気が流れ込んでくるため、大気の状態が不安定になりそうです。局地的には雷雲が発生する可能性があります。

2017042802.jpg

あすの発雷、雷の鳴る確率です。昼前は日本海側を中心にやや高い確率です。

2017042803.jpg

午後は高い範囲が広がり、特に滋賀県は非常に高くなっています。

2017042804.jpg

お出かけを予定されている方も多いと思います。落雷や竜巻などの激しい突風の吹くおそれがあります。黒っぽい雲が近づいてきたら、頑丈な建物に避難するようにしてください。

2017042805.jpg

またこちらは、大阪の大型連休中の天気と最高気温の予想です。あさって30日以降は気温が25度くらいまで上がり、汗ばむ陽気になりそうです。

2017042806.jpg

そのあさって気温が上がるのも、南に高気圧、北に低気圧の「南高北低型」になるからです。この気圧配置は夏によく見られるもので、気温が上がります。あさってのお出かけは半袖でもよいかもしれません。

2017042807.jpg

山吹の花です。近くで咲いているのを見つけて、写真を撮りました。
こんな故事があるそうです。室町時代の武将、太田道灌は雨に降られ、農家で「蓑」(みの)を借りようとすると、娘が蓑の代わりに山吹の枝を差し出したそうです。それに対し太田道灌は立腹します。実は娘は「七重八重 花は咲けども 山吹の 実の一つだに なきぞ悲しき」という歌の、「実の」を「蓑」とかけ、蓑は一つもないことを山吹の枝で伝えたかったのです。それに気がついた太田道灌は無知を恥じたそうです。
大型連休中、山吹のほか、フジやツツジ、色とりどりの花を見に出かけたいものです。

2017042808.JPG

※予報は28日午後7時現在のものです

    • 2017年04月27日 (木)
    • 投稿時間 20:00

    安定して晴れそう

きょう27日は天気が回復し、晴れ間が広がりました。日差しで、最高気温は各地20度近くまで上がり、過ごしやすい陽気となりました。

2017042701.jpg

ところが、今夜このあとは時間とともにどんどん気温が下がります。あす28日明け方にかけて冷え込みそうです。最低気温が舞鶴や豊岡では5度の予想となっています。霜の降りるおそれがあります。農作物の管理に注意が必要です。朝早く、お出かけの方は上着があったほうがよさそうです。
2017042702.jpg

一方、日中はぐんぐん気温が上がっていきます。最高気温は20度前後の予想です。あすも過ごしやすい陽気になりそうです。
2017042703.jpg

あすの予想天気図です。大陸にある高気圧に緩やかに覆われるでしょう。
2017042704.jpg

各地ほぼ一日を通して晴れ、日中は日差しがたっぷりと降り注ぐでしょう。あすは安定した空模様となりそうです。
2017042705.jpg

そして大型連休初日となる、あさって29日は近畿地方は晴れ間が見られそうです。ただ周辺各地で傘マークのところもあります。近畿地方も天気の急変には注意が必要です。
2017042706.jpg

それは温度差が40度以上になるからです。
2017042707.jpg

こちらは上空5500m付近の寒気の予想です。水色は氷点下24度以下の、この時期としては強い寒気です。南下し、あさっては次第に近畿地方に流れ込んできそうです。
2017042708.jpg

あさっての予想最高気温です。20度前後まで上がる見込みです。地上と上空の温度差が40度以上になると、大気の状態が不安定になりやすいのです。このため、気温の上がる午後を中心に、局地的に雨雲が発達し、急な雷雨となる可能性があります。あさってのお出かけには念のため傘があったほうがよさそうです。
2017042709.jpg

※予報は27日午後7時現在のものです

    • 2017年04月26日 (水)
    • 投稿時間 19:45

    天気回復 晴れ間が戻りそう

きょう26日午後7時の気象レーダーの画像です。雨雲に隙間はあるものの広い範囲で雨が降っています。雨足が強まっているところもあります。

2017042601.jpg

寒冷前線が近畿地方を通過中です。急な雨の強まりにはお気をつけください。

2017042602.jpg

雨はあす27日の未明にかけて降るところがあるでしょう。その後、次第に天気は回復へと向かい、朝には晴れるところもあるでしょう。日中は日差しがたっぷりと降り注ぐでしょう。

2017042603.jpg

さてきょう、ことし最初の台風、1号が発生しました。あさって28日までには熱帯低気圧へと変わる見込みで、日本への影響はなさそうです。

2017042604.jpg

今回台風が発生したのも、発生域である熱帯付近の海面水温が高く、対流活動が活発になっているためです。そして、きのう25日に発表された3か月予報によると、夏にかけてこのあたりの海面水温が高い状態が続く見込みです。日本に接近するかどうかは分かりませんが、今後、台風が発生しやすい状況は続きそうです。

2017042605.jpg

また、このあたりで対流活動が活発だと太平洋高気圧を強める相関関係があります。

2017042606.jpg

3か月予報では太平洋高気圧が西への張り出しを強めると予想されています。すると太平洋高気圧の縁を回って湿った空気が流れ込みやすくなります。

2017042607.jpg

5月は晴れが多くなりそうですが、梅雨の時期でもある6月は湿った空気が流れ込みやすく、曇りや雨の日が多い見込みです。7月も前半は曇りや雨が多いでしょう。気温も気になると思いますが、5月は平年並みか高い予想で、8月も含めた夏の期間は高い見込みです。夏にかけて平年以上の暑さになりそうです。

2017042608.jpg

※予報は26日午後7時現在のものです

    • 2017年04月25日 (火)
    • 投稿時間 20:20

    傘の出番 落雷・雨の強まり注意

きょう25日は午前中を中心に晴れ間が見られたものの、この時間の近畿地方の空には厚みのある雲が広がり、雨雲がかかっているところもあります。あす26日は傘の出番となりそうです。

2017042501.jpg

あすの予想天気図です。今夜には前線が発生し、あすにかけて南下する見込みです。近畿地方を通過するでしょう。

2017042502.jpg

すでに先行して雨の降っているところもありますが、日本海から中国地方へと伸びる、まとまった雨雲が、日付が変わったあと、近畿地方の日本海側からかかりそうです。

2017042503.jpg

次第に範囲が広がり、午前中のうちから雨が降るでしょう。また、前線の通過に伴い、活発な雨雲がかかり、局地的には雷を伴ったり、雨足が強まったりしそうです。南よりの風が強まるところもあり、強風や、海上では高波にも注意が必要です。

2017042504.jpgきょうも暖かいというか、暑く感じるくらいで、私は日中は長袖シャツ1枚で十分に感じました。きょうも各地で気温が上がり、奈良では25度近くになりました。5月下旬並と初夏の陽気でした。

2017042505.jpg

ただ、あすは今日と比べて大幅に低い予想のところもあり、20度に届かないところも多いでしょう。あすは上着が欲しく感じそうです。

2017042506.jpg

ところできょうの「季節の写真」でもフジの写真を紹介しましたが、フジには主にノダフジとヤマフジに分けられます。その見分け方はつるの巻き方です。ノダフジは左巻き、ヤマフジは右巻きなんです。さて、こちらの写真はというと、下から上に向かって反時計回りに成長している、左巻きのノダフジです。フジを見に行かれたら、花だけでなくつるも見てみてくださいね。

2017042507.JPG

※予報は25日午後7時現在のものです

    • 2017年04月24日 (月)
    • 投稿時間 19:35

    あさってにかけて下り坂

きょう24日、朝6時の気温分布です。5度以下のところもありました。23日の夜からけさにかけて冷え込みが強まったためです。

2017042401.jpg

一方、 こちらはきょう午後3時の気温分布です。日中は日差しによって、ぐんぐん気温が上がりました。オレンジ色は25度以上のところです。最高気温は豊岡、枚方は25.8度、舞鶴、五條は25度ちょうどで、夏日となりました。

2017042402.jpg

あす25日も今日と同じくらいまで気温が上がり、舞鶴では26度と、2日連続で夏日になりそうです。そのほか25度近くまで上がるところが多く、汗ばむ陽気になりそうです。

2017042403.jpg

あすは、はじめ高気圧に覆われる見込みです。午前中を中心に晴れるでしょう。

2017042404.jpg

あさって26日にかけて日本海を前線が南下し、近畿地方に近づいてくるでしょう。そのため天気は下り坂へと向かいます。

2017042405.jpg

夜は中国地方で雨が予想されていますが、早ければ近畿地方でも雨が降りだしそうです。帰りが遅くなる方は念のため傘があったほうがよさそうです。

2017042406.jpg

ただ、あすも日中は日傘が活躍しそうです。大阪など近畿地方の広い範囲で、紫外線が強い予想です。日傘のほか、日焼け止めや帽子で紫外線対策をしっかりとしましょう。

2017042407.jpg

今週末からは大型連休が始まります。あさっては大阪など近畿各地で雨が降りますが、27日木曜日は天気が次第に回復し、その先は晴れが続きそうです 。外へのお出かけを計画しても良さそうです。

2017042408.jpg

※予報は24日午後7時現在のものです

    • 2017年04月21日 (金)
    • 投稿時間 19:45

    土日は晴れてお出かけ日和

「吉野の桜 野田の○ 高雄の紅葉」
江戸時代から風物として並び称されたもので、野田とは今の大阪市福島区にあたり地名も残っています。野田の○とは何でしょう? 答えは、きょうのブログの中で。

2017042101.JPG

あす22日の予想天気図です。あすは次第に大陸から高気圧が移動してくるでしょう。

2017042102.jpg

このため、あすの日中は晴れ間が広がりそうです。気温も20度近くまで上がり、過ごしやすい陽気になりそうです。

2017042103.jpg

晴れは夜にかけて続く見込みです。
あすからあさって23日にかけて、毎年この時期に見られる「こと座流星群」がピークを迎えます。新月に近いため、月明かりの影響もさほど受けずに観察できそうです。あさっての未明が一番の見頃となりそうです。観察される方は、空を広く見渡すようにすると、見られるかもしれません。ただ、あす夜からあさっての朝にかけて冷え込みが強まり、あさっての朝は最低気温が9度まで下がりそうです。寒さ対策をしての観察がよさそうです。

2017042104.jpg

あさってにかけて高気圧に覆われる見込みです。

2017042105.jpg

そのためあさっても晴れて、お出かけ日和になりそうです。

2017042106.jpg

冒頭の答えは、藤(フジ)でした。ちなみにフジには、主に「ノダフジ」と「ヤマフジ」の2種類があり、「ノダフジ」というのは、野田がフジの名所として知られたことにちなむものだそうです。

2017042107.JPG

今週はノダフジの開花の便りが各地から届きました。今週末、咲き始めたフジを見に出かけるのはどうでしょう。

2017042108.JPG

※予報は21日午後7時現在のものです

    • 2017年04月20日 (木)
    • 投稿時間 20:00

    傘の出番がありそう

あす21日にかけて大陸から日本の南の海上へと前線が伸びてくるでしょう。前線上には低気圧が発生しそうです。低気圧や前線に近い太平洋側の地域ほど雨が降りやすいでしょう。

2017042001.jpg

天気の移り変わりです。雨が降るのは昼前後になりそうです。潮岬は夕方まで雨が降りやすいでしょう。また、傘マークがついていないところでも、昼前後は雨の降るところがありそうです。傘があったほうがよさそうです。

2017042002.jpg

天気が崩れるため、あすは花粉の飛散が多少抑えられ、特に和歌山南部、奈良南部では「少ない」「やや多い」「多い」「非常に多い」の4レベル中、下から2番目の「やや多い」予想です。大阪はまだ「多い」予想ですが・・・。

2017042003.jpg

あさって22日土曜日以降、来週にかけて大阪でも「やや多い」という、下から2番目のレベルの日が続きそうです。花粉の飛散は徐々に少なくなる見込みです。 

2017042004.jpg

さて、きょう20日はオープン初日のビアガーデンからの中継がありました。ビール、暑くなると飲みたくなりますよね。気温が20度を超えるようになると、売れ出すといわれていて、大阪では平年で言うと、ちょうど今頃、4月中旬からです。ほかにも気温によって、売れ出すようになるものがありますが、それはまた放送でお伝えする予定です。

2017042005.jpg

大阪ではこの先も20度を超える日が多くなり、ビールが売れ出すようになりそうですね。

2017042006.jpg※予報は20日午後7時現在のものです

 

    • 2017年04月19日 (水)
    • 投稿時間 19:50

    あす明け方にかけて冷え込みそう 霜に注意

きょう19日、日中は青空が広がりましたが、今夜、このあとも晴れが続く見込みです。

2017041901.jpg

くもりの夜は雲がふたの役目をして、地表の熱を逃がさないようにしてくれますが、ふたがとれた状態の晴れの夜は、地表の熱がどんどん逃げていきます。放射冷却が強まりそうです。

2017041902.jpg

あす20日明け方にかけて冷え込み、多くのところで最低気温が10度を下回りそうです。舞鶴は4度の予想です。霜のおりるおそれがありますので、農作物の管理に注意が必要です。

2017041903.jpg

あす午後は次第に雲が広がりそうです。それでもあすの「雨」はなさそうです。

2017041904.jpg

そんなあすは二十四節気の一つ「穀雨」です。春雨が降って、百穀=いろいろな穀物を潤すころとされています。雨は、あすはなくても、あさって21日にはありそうです。

2017041905.jpg

きょう昼ごろの雲の様子に天気図を重ねたものです。天気は西から変わることが多く、西を見ると天気の傾向が分かります。西の大陸をみると、雲がかかっています。

2017041906.jpg

大陸付近には、あすには前線が発生するでしょう。

2017041907.jpg

あさって21日にかけて日本の南の海上へと伸び、前線上には低気圧は発生しそうです。この前線や低気圧に近い太平洋側を中心に雨となりそうです。

2017041908.jpg

※予報は19日午後7時現在のものです

    • 2017年04月18日 (火)
    • 投稿時間 19:50

    近畿北部 あす朝にかけて雨のところも

きのう17日の明け方の降り始めから、きょう18日朝にかけて降った雨の量が、和歌山県や奈良県、兵庫県では100ミリを超えたところもあり、大雨となりました。

2017041801.jpg

こちらはけさの大川沿いです。雨に加えて風も強まったため、桜が散って、花びらで道がピンク色に染まっていました。これはこれできれいでしたが、桜のシーズンも終わりですね。左下は私が見守ってきた桜です。花びらは何とか数枚残る程度でした。ただ、緑の葉が出ていました。季節は新緑へと移り変わるんですね。

2017041802.jpg

大雨を降らせたのは、日本海を急速に発達しながら進んだ低気圧で、低気圧から伸びる寒冷前線が近畿地方を通過しました。

2017041803.jpg

前線の通過後、日中は天気が回復し、晴れ間が戻りました。

2017041804.jpg

ところがあす19日にかけて次の低気圧が日本海を進むでしょう。

2017041805.jpg

低気圧に近い日本海側の地域では影響を受けるため、あすの朝にかけてところによっては雨が降るでしょう。

2017041806.jpg

日中は各地ですっきりと晴れて、日差しがたっぷりと降り注ぐでしょう。ただ、風が強まるところもあるため、強風や、海上では高波に注意が必要です。

2017041807.jpg

大阪のあす日中の最高気温は21度の予想で、過ごしやすい陽気になりそうです。あすの夜以降は冷え込みが強まり、あさって20日の朝にかけて10度くらいまで気温が下がりそうです。あす、帰りが遅くなるという方は、上着を持っていかれたほうがよさそうです。またあさっても日中は20度くらいまで上がり、寒暖の差が大きくなりそうです。

2017041808.jpg

そのあすからあさってにかけて、この花の花びらに注目してみてください。チューリップです。チューリップの花は気温によって、開いたり、閉じたりを繰り返し、10度以下では閉じたまま、20度以上で大きく開くそうです。あすからあさっての気温差で、大きな花びらの動きが見られるかもしれません。

2017041809.jpg

※予報は18日午後7時現在のものです

    • 2017年04月17日 (月)
    • 投稿時間 20:00

    あす18日にかけて荒れた天気

あす18日にかけて荒れた天気のおそれがあります。低気圧が急速に発達しながら日本海を進むためで、近畿地方を寒冷前線が通過するでしょう。あすにかけて30mから35mの突風のふくおそれがあります。何かにつかまっていないと立っていられないくらいの風です。お気をつけください。

2017041701.jpg

近畿地方の広い範囲で雨が降っていて、雨脚が強まっているところもあります。

2017041702.jpg

このあとも本降りの雨が続くでしょう。黄色の活発な雨雲がかかるところもあり、あす明け方にかけて、局地的には非常には激しい雨のおそれがあります。また、あす夕方までに降る雨の量は多いところで、南部で200ミリ、中部で150ミ リと予想されています。浸水や河川の増水に警戒してください。

2017041703.jpg

雨は朝にはほとんどやんで、日中は天気が回復する見込みです。午前中から晴れ間も見られるところが多いでしょう。

2017041704.jpg

そのため、花粉が飛びやすくなります。あすは各地非常に多い予想です。万全の対策をしてお出かけください。

2017041705.jpg

また、あすはほかにも飛んでくるものがありそうです。「黄砂」です。こちらはあす午後9時の予想です。近畿地方にも飛んできそうです。あすの日中天気が回復して、洗濯物を外に干すという方も多いと思いますが、早めに取り込んだほうがよさそうです。

2017041706.jpg

さて、インフルエンザが治り、きょう17日から「ニュースほっと関西」に復帰です。季節の写真の投稿に「早く治るといいですね」などの言葉を添えてくれた方もいて、うれしかったです。ありがとうございました。予防をしっかりとしたいと思います。

※予報は17日午後7時現在のものです

2017041707.JPG

    • 2017年04月11日 (火)
    • 投稿時間 17:33

    「えりの気象日記」お休みを頂きます。

坂下恵理です。
インフルエンザにかかってしまいました。今週いっぱいブログの更新をお休みさせて頂きます。
また来週からよろしくお願いします。
2017411.jpg

    • 2017年04月10日 (月)
    • 投稿時間 20:30

    あすは傘の出番

きょう10日の放送で、日本に自生するサクラの新種になる可能性のある「クマノザクラ」を紹介しました。紀伊半島の南部の和歌山県、奈良県、三重県の3つの県の広い範囲で見られるということで、きのう9日に、調査に同行させていただきました。国内で見つかっている9つの野生のサクラとは、葉や花、開花期に異なる特徴があるそうで、仮に10種めの野生のサクラが見つかったとなると、およそ100年ぶりのことだということです。新種となるのか楽しみです。
2017041004.jpg
さて、私のサクラの標本木、開花しました!先週の金曜日です。木曜日の朝に行ったときはつぼみが膨らんで、もう間もなくというところだったので、木曜日の日中か金曜日の日中に咲いたようです。
2017041001.jpg
きょうは神戸でサクラの満開の発表があり、これで近畿各地から満開の便りが届いたことになります。
2017041003.jpg
しかし心配なのが、雨です。あす11日は各地でほぼ一日降る見込みです。何とか耐えてほしいものですが・・・。
2017041005.jpg
あすは日本の南の海上を低気圧が進むでしょう。あさって12日にかけて近畿地方に近いところを通過しそうです。
2017041006.jpg
きょうは週末の暖かさとは一転して、日中でも上着が欲しいと感じました。あすもきょうと同じくらいしか上がらない見込みです。あすも上着がほしく感じそうです。
2017041002.jpg※予報は10日午後7時現在のものです
    • 2017年04月07日 (金)
    • 投稿時間 19:50

    お花見には傘

 

きょう7日は和歌山、京都でサクラが満開となりました。そして桜前線は順調に北上中です。東北・仙台でも開花の発表がありました。その桜前線、北上のスピードはどれくらいでしょう? 赤ちゃんのハイハイ、歩くくらい、それとも自転車?
答えはきょうのブログの最後で!

2017040701.JPGきょうの最高気温は、姫路では22.5度まで上がり5月上旬並み、大型連休ころの暖かさとなりました。大阪は19.8度でした。

2017040703.jpgこのように気温が上がったのは、上空の暖かい空気の影響です。西日本を中心に広く覆っています。近畿地方にも流れ込んでいます。

2017040704.jpgあす8日にかけて西日本から東日本の広い範囲が覆われる見込みで、各地、気温が上がりそうです。

2017040705.jpg25度近いところもあり、夏日一歩手前となりそうです。動くと汗ばむくらいの陽気で、上着がなくても過ごせそうです。

2017040706.jpgあすの予想天気図です。明日にかけて、日本付近に前線が停滞する見込みです。

2017040707.jpgあすの天気の移り変わりです。和歌山や潮岬は雨が降りやすく、降ったりやんだりが続くでしょう。そのほか午前中は傘をささずにお花見ができるところもありそうですが、午後は傘の出番がありそうです。

2017040708.jpg雨はあさって9日の午前中にかけて降るでしょう。あさっての日中は天気が持ち直しそうです。週明け月曜日は再び午後を中心に雨となり、火曜日にかけて降るでしょう。

2017040709.jpgさて、冒頭の答えですが、「赤ちゃんのハイハイ」でした。
赤ちゃんのハイハイの時速はおよそ1キロです。桜前線の北上は一日におよそ20キロといわれていて、時速に直すとだいたい赤ちゃんのハイハイと同じくらいなんです。

2017040702.JPG※予報は7日午後7時現在のものです

    • 2017年04月06日 (木)
    • 投稿時間 19:43

    あすの午前中にかけて雨が降ったりやんだり

きょう6日は大阪でサクラの満開の発表がありました。満開とは標本木全体で80%以上の花が咲いた状態です。開花からちょうど1週間での満開となりました。この標本木の写真を撮りにいったとき、お花見をしている方がたくさんいました。

2017040601.jpg

週間予報を見ると、きのう5日までの予報と変わっていて、土曜日8日は曇りマークです。それでも傘を用意しておいたほうがよいとは思いますが、日曜日9日よりは土曜日のほうがお花見はおすすめです。

2017040602.jpg

雨雲の様子です。隙間はあるものの、この時間近畿地方では広い範囲で雨が降っています。

2017040603.jpg

日本の東に中心がある高気圧の縁を回って、暖かく湿った空気が流れ込んでいるためです。この状態があす7日にかけて続く見込みです。

2017040604.jpg

あすの昼前後まで各地雨が降ったりやんだりが続くでしょう。午後はやむところが多いですが、雲が多めのぐずついた天気となりそうです。

2017040605.jpg

きょうも気温が上がり、各地でことし一番の暖かさを更新しました。あすも同じくらいの暖かさとなりそうです。そしてあさって8日は、日中は25度以上の予想のところもあり、ことし初めての夏日となるかもしれません。

2017040606.jpg※予報は6日午後7時現在のものです

    • 2017年04月05日 (水)
    • 投稿時間 19:50

    あすのお出かけには傘

きょう5日は彦根からサクラの開花の便りが届きました。これで近畿2府4県すべてでサクラが開花したことになります。近畿地方で開花が早かったのは大阪と和歌山。あす6日で1週間になります。そろそろ満開の発表があってもよいころです。きょう日本気象協会から発表された満開予想によると、大阪、和歌山はあさって7日です。

2017040501.jpg

京都は8日、奈良、神戸、そして姫路城のサクラは9日と、週末にかけて満開ラッシュになりそうです。
2017040502.jpg

きょう開花の彦根は10日となっています。一方で、来週の後半には大阪や和歌山では散り始めるところがありそうです。
2017040503.jpg

さて、きょうは暖かかったですね。ことし一番気温の上がったところもありました。
2017040504.jpg

それも上空に暖かい空気が流れ込んだためで、この空気にあすも覆われる見込みです。あすも20度を超えるところがありそうです。
2017040505.jpg

ただ、あすのお出かけには傘があったほうがよさそうです。午後は各地に傘マークがついています。降りだすのは午前中というところもありそうです。夜にかけてやむ時間帯はありますが、断続的に降るでしょう。

2017040506.jpg

明日にかけて高気圧の中心が東へと離れていきます。それとともに湿った空気の流れ込みが強まり、西からは前線がのびてくるでしょう。また、あすは南よりの風が強まるところがありそうです。強風や海上では高波に注意が必要です。
2017040507.jpg

※予報は5日午後7時現在のものです

    • 2017年04月04日 (火)
    • 投稿時間 20:00

    雲が広がりやすく きょう以上の暖かさのところも

きょう4日は二十四節気の一つ「清明」です。天地に清く明るい空気が満ちるころとされています。その通り、今日は明るい青空が広がりましたね。大阪城公園に行ってきましたが、お花見を楽しんでいる人も多かったです。

2017040401.jpg

きょうは高気圧に覆われたため、晴れの範囲が広がりました。

2017040402.jpg

ただ、あす5日は高気圧の中心が東へと移るため、雲が広がりやすくなりそうです。

2017040403.jpg

天気の移り変わりです。午前中のうちは雲は薄く広がる程度で、晴れ間も見られそうです。

2017040404.jpg

ただ、午後は次第に雲に厚みが出てきます。

2017040405.jpg

日差しは控えめとなりますが、気温は上がります。きょう以上の暖かさとなるところもあり、舞鶴の22度は5月上旬並みです。そのほか各地20度前後まで上がり、日中は上着がなくてもよいくらいの陽気となりそうです。

2017040406.jpg

また、明日以降、日に日に気温が上がるようになり、大阪では土曜日8日は25度と、ことし初めて夏日になるかもしれません。近畿地方の気象台からはまだ満開の発表はなく、彦根からはまだ開花の便りも届いていませんが、こう暖かくなると一気に花が開きそうです。

2017040407.jpg

さて、こちらは困ります。ヒノキ科の花粉です。府内では3か所の保健所で花粉の飛散状況を観測しています。観測には24時間かかるため、きのう3日の情報が最新です。茨木保健所では、きのうまで2日連続で観測されています。2日連続で1平方センチメートルあたり1以上の花粉が観測された1日目を飛散開始日としていて、おととい2日がヒノキ科の花粉の飛散開始日となりました。そのほかも時間の問題となりそうです。

2017040408.jpg

あすの花粉情報です。兵庫南部、和歌山北部南部、奈良南部では多い予想です。花粉症の方は対策したほうがよさそうです。

2017040409.jpg

 

※この予報は4日午後7時現在のものです

 

    • 2017年04月03日 (月)
    • 投稿時間 19:40

    あすは花見日和

きょう3日は、神戸と奈良からサクラの開花の便りが届きました。
こちらは奈良女子大学附属中等教育学校にあるサクラの標本木です。ことしから、この木が標本木になりました。気象台の庁舎移転に伴うもので、3年にわたり、7本のサクラの木を比較、観測したそうで、結果、去年までの標本木だったサクラの木と開花時期が似ていることなどを理由に決まったそうです。また、標本木に何かあったときのために、代わりとなる「副標本木」が2本選ばれたそうです。

2017040301.jpgところで、私は「私の標本木」を決めて観察しています。その標本木も見事花が開きました!といいたいところですが、こちらはいわば「副」標本木です…。

2017040302.jpg私の標本木はこちら・・・。まだつぼみです。ただ、先のほうがピンク色になっているものもあり、遠からず咲くのではないかと思います。今週は気温が高い日が続くので、各地で開花が進むことになりそうです。

2017040303.jpgあす4日は、朝から青空が広がり、ほぼ一日を通して晴れて、お花見日和になりそうです。

2017040304.jpg日中は日差しがたっぷりと降り注ぐでしょう。

2017040305.jpgその日差しで気温がぐんと上がりそうです。各地20度くらいまで上がりそうです。日中は上着がなくてもよいくらいの暖かさになりそうです。

2017040306.jpgあすにかけて広く高気圧に覆われる見込みです。

2017040307.jpgただ、あさって5日には高気圧の中心が東に移り、変わって前線を伴った低気圧が近づいてくるでしょう。

2017040308.jpgそのため、あさっては次第に天気が崩れ、週末にかけて雨の日が多くなりそうです。あすの晴れは貴重となります。洗濯など日差しを有効活用ください。

2017040309.jpg※予報は午後7時現在のものです