えりの気象日記

2016年12月

    • 2016年12月28日 (水)
    • 投稿時間 19:50

    穏やかな年末年始に

私のコートの袖です。何を写したかわかりますか? 中央の小さい粒は空から降ってきたもので、「これはもしや雪?」と思って写真におさめました。きょう28日、大阪や奈良、神戸で初雪が観測されました。

2016122801.JPG日本付近は冬型の気圧配置が強まり、日本海は寒気の吹き出しに伴う筋状の雲に覆われています。午前中は北部を中心に雪が降り、その雪雲が中部にも流れ込みました。午後は大陸から高気圧が移動してきたため冬型の気圧配置は次第に緩みました。

2016122802.jpgあす29日は、はじめ高気圧に覆われますが、北海道付近に低気圧が進み、その低気圧から伸びる前線が近畿地方を通過しそうです。そのため、あすの午後は北部を中心に雨が降りそうです。

2016122803.jpgあすから年末年始の休みという方も多いと思います。そのあすと、あさって30日は交通機関の混雑のピークだそうですが、影響が出るような天気にはならない見通しです。北部を中心としたあす午後からの雨は、あさっての午前中にかけてとなり、中部や南部でも降ることがありそうです。

2016122804.jpg大みそかは紅白歌合戦を見て、除夜の鐘を聞きに行くという方もいると思います。大みそかは日中は各地10度以上になり、日ざしにぬくもりを感じられそうです。ただ、元日の朝にかけて冷え込みそうです。しっかりと着こんでお出かけください。

2016122805.jpgそして初日の出! こちらは各地の日の出の時刻です。北部も含めて各地晴れ間が広がりそうですので、初日の出、期待できそうです!

2016122806.jpg三が日は初詣ですよね。主な神社がある地域の天気の傾向です。元日から3日かけて近畿中部や南部では晴れそうです。多賀大社がある滋賀北部など近畿北部では雲が広がりやすいですが、晴れ間はみられそうです。この年末年始は穏やかな天気になりそうです。

2016122807.jpg

みなさんにはことしもお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年を~♪

※予報は28日午後7時現在のものです

    • 2016年12月27日 (火)
    • 投稿時間 19:40

    厳しい寒さになりそう

きょう27日、午前中は活発な雨雲が近畿地方を通過し、各地で雨足が強まりました。和歌山県潮岬では1時間に30ミリ以上の激しい雨が観測されました。

2016122701.jpgこの雨は、低気圧から伸びる寒冷前線の影響で、大気の状態が不安定になったことによるものです。
そして寒冷前線が通過したあとは、次第に冬型の気圧配置が強まりました。

2016122702.jpgそれとともに上空の寒気が南下し、今夜のうちに近畿地方にも流れ込みそうです。この寒気は平年のこの時期としては強く、平地でも雪の降る目安となる寒気です。

2016122703.jpgそのため北部では雨から次第に雪へと変わり、あす28日の朝にかけて降り続くでしょう。強まったり、雷をともなったりしそうです。また中部や南部でも雨や雪の降ることがありそうです。

2016122704.jpgその雪や雨は午前中のうちにやむ見込みですが、北部では午後も雲が広がりやすく、すっきりしない天気になりそうです。中部や南部では晴れ間が戻るでしょう。

2016122705.jpgあすは厳しい寒さになりそうです。日中の最高気温は各地10度にも届かない見込みです。マフラーや手袋などの防寒対策をしっかりしてお出かけください。

2016122706.jpg※予報は27日午後7時現在のものです

    • 2016年12月26日 (月)
    • 投稿時間 19:40

    午前中 南部中心激しい雨

ことしも残すところ1週間を切りました。あっという間ですね。皆さんは大掃除は進んでいますか? 私は季節外れの暖かさが続いた先週、きょうはここ、きょうはここというように分けて、大体終わらせました。
あさって28日以降は、中部や南部では晴れ間の見られる日が多いでしょう。ただ、あさっては寒くなりそうですので、窓掃除や外の掃除は避けたほうがよいかもしれません。北部では雨や雪が降りやすいでしょう。その中でも30日金曜日は比較的大掃除がしやすい日になりそうです。

2016122607.jpgこの12月30日というのは、大阪では「一年のうちで最も晴れやすい日」なんです。晴れの確立は80%を超えていて、ことしも、その通りに晴れて、大掃除日和になりそうです。

2016122606.jpgただその前の、あす27日は午前中、南部を中心に激しい雷雨となるおそれがあります。
西から低気圧が近づいていて、その低気圧から伸びる寒冷前線が近畿地方を通過する見込みです。そのため大気の状態が不安定になりそうです。

2016122605.jpg活発な雨雲が近畿地方を通過しそうです。明け方以降、激しい雨の降るところがありそうですので、通勤や通学の際は雨の強まりにご注意ください。

2016122601.jpg
まとまった雨雲は午前中のうちに近畿地方からは抜けていきますが、北部を中心に午後も雨が降ったりやんだりしそうです。

2016122602.jpg気温が下がる夜以降は雨から雪へと変わるでしょう。また、中部にも雨雲が流れ込んで雨のぱらつくことがありそうですので、傘を持ち歩いたほうがよさそうです。

2016122603.jpgあすにかけて強風や、海上では高波にも注意が必要です。低気圧の接近とともに、風が強まり、こんやからあすのはじめにかけては南寄りの風が吹き、寒冷前線の通過後は北寄りに変わりそうです。

2016122604.jpgさて、みなさん、3連休は楽しめましたか。私は23日に岡山へ行き、赤木アナウンサーに観光案内をしてもらいました♪ とっても楽しかったです! また、24日には神戸へ。クリスマスコンサートが行われていました。素敵なクリスマスを過ごすことができました。

2016122608.JPG※予報は27日午後7時現在のものです

 

    • 2016年12月22日 (木)
    • 投稿時間 19:30

    今夜 南部で非常に激しい雨のおそれ

22日・午後7時の雨雲の様子です。近畿地方には活発な雨雲がかかり始めています。今夜、南部では1時間に50ミリの非常に激しい雨の降るおそれがあります。非常に激しい雨とは傘が全く役に立たないくらいの雨です。
これからお帰りの方はご注意ください。

20161222001.jpg

日本海を低気圧が発達しながら進んでいます。この低気圧から伸びる寒冷前線が近畿地方を通過するため、大気の状態が非常に不安定になりそうです。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。
20161222002.jpg

低気圧が離れたあとのあす・23日は日本付近は冬型の気圧配置が強まりそうです。そのため、あさって・24日にかけて北部では雨が降りやすいでしょう。
20161222003.jpg

また、こちらはきょうの各地の気温です。上の段は日中の最高気温で、20度と超えたところが多くなりました。大阪や神戸などでは12月下旬としては過去最も気温が高くなりました。
20161222004.jpg


ところが、あす以降は冬の寒さが戻りそうです。特に土日は、多くのところで10度に届くか届かないかくらいになりそうです。
楽しく過ごしたいクリスマスですし、体調を崩さないようお気を付けください。
20161222005.jpg※予報は22日午後7時現在のものです

    • 2016年12月21日 (水)
    • 投稿時間 19:40

    あす~あさって 天気が荒れるおそれ

こちらは、きょう21日の各地の気温です。上の段は日中の最高気温で、大阪では15度を超えました。季節外れの暖かさとなりましたが、あす22日はさらに気温が上がりそうです。

2016122101.jpg予想最高気温は20度近いところもあり、11月上旬から中旬くらいの暖かさとなるところが多いでしょう。

2016122102.jpgこれは、前線を伴った低気圧に向かって、きょうよりもさらに暖かい空気が流れ込むためです。
この低気圧の接近により各地で雨が降り、風も強まり荒れた天気になりそうです。さらにあさって23日にかけては寒冷前線が通過し、大気の状態が不安定になりそうです。

2016122103.jpg近畿地方では、あすの夕方以降は非常に激しい雷雨となるおそれがあります。雨の強まりに注意し、黒っぽい雲が近づいてきたら頑丈な建物に避難するようにしてください。

2016122105.jpgそして、暖かい空気が抜けたあとの、あさって以降は、後ろに控える寒気が入ってきそうです。

2016122104.jpgそのため大阪では、暖かさのピークとなるあすは11月中旬並みですが、土曜日は日中でも10度にも届かず、1月下旬並みの寒さになりそうです。
たった3日のうちに季節が2か月以上進むことになります。気温の差が大きいですので、体調管理はしっかりとしてください。

2016122106.jpg※予報は21日午後7時現在のものです

    • 2016年12月20日 (火)
    • 投稿時間 19:30

    季節外れの暖かさ続く あさって中心荒れた天気に

本来の冬らしい寒さをもたらす空気は北上し、この時期としては比較的暖かい空気に覆われています。さらにあさって22日にかけて、この空気よりも、さらに一段、暖かい空気が流れ込みそうです。そのため、大阪ではあす21日は18度、あさっては20度まで上がりそうです。大阪で12月下旬に20度以上になったことは過去に一度もなく、予想通りに上がれば観測史上初の、記録的な暖かさになりそうです。

2016122001.jpgそのほかの各地も、あすあさっては11月並みの季節外れの暖かさとなりそうです。20度くらいまで上がるところもあり、薄手の上着でも十分くらいでしょう。

2016122005.jpg暖かい空気は、あすの夜に発生が予想される前線を伴った低気圧に向かって流れ込むもので、あさっては低気圧が発達しながら日本海を進みそうです。そのため、あさってを中心に天気が荒れるおそれがあります。

2016122002.jpg近畿地方ではあすの午後は次第に雲が広がり、四国で予想されている雨が近畿地方にも移ってきそうです。

2016122003.jpg夜は雨の降るところもありますので、お帰りが遅くなる方は傘があったほうがよさそうです。

2016122004.jpgあすは二十四節気のひとつ、冬至です。1年で最も昼が短く、夜が長い日です。かぼちゃを食べたり、ゆず湯に入ったりする風習がある日で、私もあすのために、きょうのうちにかぼちゃや、ゆずを用意したいと思います。

2016122006.jpg※予報は20日午後7時現在のものです

    • 2016年12月19日 (月)
    • 投稿時間 20:00

    念のため折りたたみ傘があったほうがよさそう

きょう19日は気持ちよく晴れて日差しも暖かく、12月の半ばとは思えないくらいでした。大阪では日中は気温が14.8度まで上がり、11月下旬並みでした。そんな中、大阪放送局の近くを歩いていると、ある植物のつぼみが膨らんでいることに気がつきました。花が開くのが楽しみです。

2016121906.JPGきょうは広く高気圧に覆われたため、ほとんど雲がない晴れの範囲が広がりました。ところがあす20日は高気圧の中心が東へと移り、朝鮮半島付近にある低気圧が日本海を進みそうです。

2016121901.jpgそのためあすは次第に雲が広がり、すっきりしない天気になりそうです。

2016121902.jpg午後は南部を中心に雨が降りそうです。念のためお出かけには折りたたみ傘があったほうがよさそうです。

2016121903.jpgあさって21日以降は次の低気圧が近づくため、金曜日にかけて各地で雨が続きそうです。さらに低気圧が通り過ぎたあとの土曜日は冬型の気圧配置となるため、中部や南部では晴れ間が戻りそうですが、北部は雨が降りやすいでしょう。

2016121904.jpg季節外れの暖かさはまだ続きそうです。ピークは木曜日で、大阪では水曜日、木曜日と20度近くになりそうです。ところが金曜日以降はまた寒さが戻りそうです。
今週末はクリスマスということで、クリスマスデートを計画している方もいるかと思います。マフラーや手袋などの防寒対策が必要になりそうです。

2016121905.jpg※予報は19日午後7時現在のものです

    • 2016年12月16日 (金)
    • 投稿時間 19:40

    寒さは緩み、日差しにぬくもりが感じられそう

毎週のように、中継の内容を考えるために放送局の周りをぐるーっと周っていますが…驚きました。ミカンが実っていたんです。それがきょう16日の放送につながりました。コタツでミカンは冬の定番ですが、ついつい食べ過ぎた経験ありませんか?机の上には皮の山…その皮を使ったこの時期おすすめの活用法がミカンの皮の洗剤です。

2016121609.JPG用意するものはミカン4つ分の皮と、水400ミリリットルです。水を鍋に入れて沸騰させ、そこに皮を入れて20分ほど煮詰めます。その後冷やして、皮を取り除いたら、出来上がりです! 年末の大掃除には大活躍です!

2016121603.JPGきのう15日の夜から今朝にかけては近畿北部を中心に雪が降りました。午後6時の積雪は、兵庫県香美町兎和野高原が24センチ。また今朝は、京都で初雪が観測されました。

2016121602.jpg今夜のうちはまだ上空の寒気の影響を受けて、北部では広く雪が降りそうです。

2016121601.jpgただ、この寒気があすは北上し、南からは比較的暖かい空気が流れ込んできそうです。そのためきょうが寒さの底となり、あす17日からは寒さが緩みそうです。

2016121604.jpg大阪はあすは11度、あさって18日は13度まで上がる見込みで、日差しにぬくもりが感じられそうです。

2016121605.jpgところで天気予報の中には、近畿地方を、北部・中部・南部の3つに分けて発表しているものがあります。近畿南部というのは和歌山南部、奈良南部です。

2016121606.jpg近畿中部は大阪の全域、和歌山北部、奈良北部、兵庫南部、京都南部、滋賀南部、そして4月から9月までの暖候期には滋賀北部も含まれます。その間、近畿北部は兵庫北部、京都北部です。

2016121607.jpgところが10月から3月までの寒候期は滋賀北部も近畿北部に含まれるんです。これは冬を中心とした期間は雪も多く、日本海側の地域に天候が似ているためです。

2016121608.jpg※予報は16日午後7時現在のものです

    • 2016年12月15日 (木)
    • 投稿時間 19:30

    北部山沿い大雪のおそれ 平地でも積雪か

日本付近はあす・16日にかけて冬型の気圧配置が続きます。近畿地方は北部や中部を中心に、平地でも雪の降る目安となる上空の寒気に覆われたままとなりそうです。北部の山沿いを中心に大雪のおそれがあります。
20161215001.jpg

あす夕方までに降る雪の量は多いところで、近畿北部の山沿いで30センチ、北部の平地で5センチ、中部の平地で3センチと予想されています。
20161215002.jpg

また大阪では山沿いで3センチ、北大阪や泉州、南河内を中心とした平地で1センチと予想されています。
積雪や路面の凍結による公共交通機関への影響や、電線や樹木への着雪などに注意してください。
20161215003.jpg

日本海の丸で囲ったところには帯状に伸びる雪雲があります。ここは風と風がぶつかっているところで、雪雲が発達しています。
201612150041.jpg

その活発な雪雲があす明け方以降近畿地方に流れ込んできそうです。雪の降り方が強まりそうです。
20161215005.jpg

また京阪神など近畿中部にも雪雲または雨雲が流れ込んで、雪または雨が降りそうです。中部の平地でも雪が積もる恐れがあります。その中部で雪や雨が降るのは午前中が中心となりそうです。
20161215006.jpg

北部は午後も雨や雪が降り続き、日中はいったん雨にかわっても、夜は再び雪が降りそうです。
20161215007.jpg

寒さはあすが底となりそうです。大阪ではあすも日中は10度にも届かず、真冬並みの厳しい寒さとなりそうですが、あさって以降は日に日に気温が上がるようになりそうです。日曜日以降は平年のこの時期を上回り、日中は15度前後まで上がりそうです。あさってからは暖かくなると思って、あすの寒さを乗り切りましょう!
20161215008.jpg※予報は15日午後7時現在のものです。

    • 2016年12月14日 (水)
    • 投稿時間 20:00

    あす朝にかけ 北部を中心に平地でも雪が

上空の寒気が南下し、近畿地方にはすでに、平地でも雪の降る目安となる寒気が流れ込んでいます。15日にかけて北部を中心に、この寒気に覆われる見込みです。

2016121401.jpg

こちらは午後6時のレーダーです。近畿北部には雨雲や雪雲がかかっていて、豊岡では午後6時の天気は「みぞれ」となっています。

2016121402.jpg

今はまだ雨のところも次第に雪に変わり、14日夜から15日朝にかけて、北部は平地でも雪となりそうです。北風にのって雨雲や雪雲が流れ込んできて、京都や滋賀など、近畿中部の平地でも雨や雪の降るところがありそうです。

2016121403.jpg

あす夕方までに降る雪の量は多いところで、北部の山沿いで10センチ、平地で5センチ、滋賀や京都などの中部の平地でも、1センチと予想されています。平地でも、積もるおそれがあります。今シーズン初めてということで、積雪があるところを歩く際は、まず感覚を確かめて、足元にご注意ください。

2016121404.jpg

左はきょうの天気図、右はあすの予想天気図です。あすにかけて冬型の気圧配置が続きそうです。ただ、等圧線の間隔がきょうと比べると広がりそうです。強い風はおさまりそうです。ただ、厳しい寒さはあすも続きます。

2016121405.jpg

こちらは各地の日中の予想最高気温です。多くのところで10度に届かない見込みです。とくに豊岡の6度、和歌山の9度は、真冬並みです。しっかりと防寒対策をしてお出かけください。

2016121406.jpg

※予報は14日午後7時現在のものです。

    • 2016年12月13日 (火)
    • 投稿時間 20:00

    夕方以降 北部中心平地でも雪が降りそう

おととい11日、彦根で初雪が観測されました。その初雪に含まれるのは次のうちどれでしょう?正解は一番最後です。

2016121301.jpg

このあと、南部に活発な雨雲がかかりそうです。激しい雷雨となるおそれがあります。これからお帰りの方は、雨の強まりにご注意ください。

2016121302.jpg

きょう13日の雨は、前線を伴った低気圧が日本の南の海上を進んだからで、通り過ぎるあす14日にかけて、次第に冬型の気圧配置が強まりそうです。

2016121303.jpg

それとともに上空の寒気が南下してくるでしょう。青色は平地でも雪の降る目安となる寒気で、この寒気が近畿地方にも流れ込みそうです。

2016121304.jpg

午前6時の天気分布です。近畿中部や南部では、雨はあす明け方までには止みそうです。ただ、北部では、あすも雨が降ったりやんだりとなりそうです。標高の高いところでは雪が降りそうです。

2016121305.jpg

午後6時の天気分布です。白い表示、雪が予想される範囲が広がり、夕方以降は山沿いだけでなく、北部を中心に、平地でも雪が降りそうです。雪はあさってにかけて降る見込みで、積もるおそれがあります。また、あすは北寄りの風が強まり、日中にかけて気温の上がり方も鈍く、一段と寒くなりそうです。しっかりと寒さ対策をしてお出かけください。

2016121306.jpg

さて、冒頭の答えですが、答えはもちろん④…ではなく、③のみぞれでした。あられとひょうは氷の粒で、違いは大きさです。みぞれは雨と雪がまじったものです。上空から雪が降ってくる途中で、地上近くの気温が高いと、溶けて雨になります。そのため溶けかけの状態のみぞれは雪に含まれるんです。あすからあさってにかけて、雪の予報が出ている北部以外でも、北風に乗って入ってくるのが雪雲で、なおかつ地上の気温が低いと、雪またはみぞれが降ってくるかもしれません。そんなあすの夕飯はみぞれ鍋で温まるのもよいかもしれませんね。

2016121307.jpg

※予報は13日午後7時現在のものです。

    • 2016年12月12日 (月)
    • 投稿時間 20:00

    今週は一段と寒くなりそう

12日の朝は、各地今シーズン一番の冷え込みとなり、大阪でも初霜が観測されました。また日中にかけての気温の上がり方も鈍く、最高気温でも10度前後というところが多くなりました。

2016121201.jpg

この寒さ、今週は一段と強まりそうです。大阪では日中でも10度前後までしか上がらない日が多くなりそうです。朝の最低気温は木曜日から土曜日にかけて3度となっていて、12日朝と同じくらいの冷え込みとなりそうです。布団から出るのがつらく感じそうですね。

2016121202.jpg

というのも、木曜日ごろには冬型の気圧配置が強まり、上空の強い寒気が南下してくるからです。この寒気は平地でも雪の降る目安となる寒気で、北部では平地でも雪の降るところがあるかもしれません。いよいよ本格的な冬になりそうです。

2016121203.jpg

その前のあす13日からあさって14日にかけては各地雨が降りそうです。あすの午前中はまだ止み間はありそうですが、次第に雨脚が強まり、午後は各地で本降りとなりそうです。南部では雷を伴うところもあるでしょう。雨は中部や南部では、あさっての午前中にかけて降り続くでしょう。

2019121204.jpg

さて、きょうはことし1年の世相を表す、「今年の漢字」が京都の清水寺で発表され、リオデジャネイロオリンピックや政治とカネが絡む問題にちなんで、「金」が選ばれました。天気についても、ことしもいろいろありました。ということで、私が選んだ、ことし1年の近畿地方の気象を表す、「今年の漢字」は…だだだだーん、「暖」です。

2016121205.jpg

去年12月からことし2月までの昨シーズンの冬から、春、夏、秋と近畿地方では平均気温が平年を上回り、暖かった。夏の場合は暑かったんです。それも冬、春においては過去2番目の高さで、夏は3年ぶりの暑い夏でした。残すところ、ことしも3週間をきりました。来年はどうなるでしょうか。穏やかな年になることを願いたいと思います。

2016121206.jpg

※予報は12日午後7時現在のものです

    • 2016年12月09日 (金)
    • 投稿時間 19:50

    冬らしい寒さ戻りそう

12月は師走とも言いますが、魚へんに「師」と書くと「鰤(ぶり)」です。まさにこの時期、旬を迎える魚です。その鰤についてこんな言葉があります。
北陸の漁師が鰤の獲れるころの、ある気象現象を呼ぶ名前なんですが、それは何でしょう? 正解は一番下です。

2016120901.jpgきょう9日は、日本海にある低気圧や低気圧から伸びる前線に向かって南から暖かい空気が流れ込んだため、日中は気温が15度を超えたところが多く、この時期としては比較的、暖かくなりました。

2016120903.jpgところが前線の通過に伴って大気の状態が不安定になり、局地的に雨雲が発達しました。すると大阪では、爪くらいの大きさがある「氷の粒」が降ってきました。驚いて建物の中に急いで入ったという方もいたかと思います。

2016120902.jpgあす10日は冬型の気圧配置となりそうです。それとともに、きょう流れ込んでいた暖かい空気から、冷たい空気へと入れ替わりそうです。冬らしい寒さが戻ってきそうです。

2016120907.jpgあすと、あさっての各地の最高気温は10度前後の予想となっています。おでかけを予定されている方は暖かい服装をしたほうがよさそうです。

2016120904.jpgまた、日本海からは断続的に雨雲が流れ込んでくるため、北部では午前中を中心に雨、標高の高いところでは雪が降りそうです。中部や南部にも入ってきて、雨がぱらつくことがあるかもしれません。念のため、折りたたみ傘があったほうがよさそうです。あさっても北部では雨が降りやすいでしょう。中部や南部では晴れ間が見られそうです。

2016120905.jpgさて、正解ですが、(3)の雷でした。海が荒れて小魚が穏やかな富山湾に入ってくると、それをエサとしている鰤も一緒にやってくるそうで、その天気の急変の合図が雷だからだそうです。放送では赤木さんは(1)の雪を選んで不正解でしたが、放送に映らなかったところで青井さんは手を挙げていたので、答えを知っているようでした。皆さんは、正解でしたか?

2016120906.jpg※予報は9日午後7時現在のものです

    • 2016年12月08日 (木)
    • 投稿時間 20:00

    寒さ 小休止

きょう、8日は、滋賀県の伊吹山で初冠雪が観測されたと発表がありました。これは平年よりも22日遅く、過去最も遅い記録となりました。また、冬らしい寒さが続き、日中も最高気温が各地で15度に届きませんでした。

201612081.jpg

あす、9日は、寒さは小休止となりそうです。日中は15度を超えるところが多いでしょう。平年のこの時期としては高めで、11月中旬から下旬並みの気温となりそうです。

201612082.jpg

南から、この時期としては比較的暖かい空気が北上し、近畿地方も、この空気に覆われるでしょう。

201612083.jpg

ただ、あくまで小休止、土日は再び冬らしい寒さになりそうです。各地とも、10度前後までしか上がらない見込みです。

201612084.jpg

9日の予想天気図です。低気圧が日本海を進むでしょう。この低気圧から伸びる前線が近畿地方を通過しそうです。

201612085.jpg

そのため、北部ほど雲が広がりやすく、雨の降るところもありそうです。中部では晴れ間が見られるものの、雨がぱらつくことがあるかもしれません。

201612086.jpg

さて、きのう京都で、平年よりも19日遅く初霜が観測されたと発表がありましたが、大阪はまだで、平年よりも遅れています。
天気のことわざに「霜が遅い年は雪が早い」というものがあります。季節の進行を考えると、霜が遅いと、雪も遅いような気がして不思議だったので、大阪のここ10シーズンを調べました。たとえば平成19年から20年の冬は、初霜が平年よりも遅く、初雪も平年より遅くなりました。20年から21年は初霜は平年よりも早く、初雪は平年と同じでした。ことわざ通りになった年はというと、5シーズンありました。大阪では比較的あたっていると言えそうです。ことしはどうなるか…観測されたタイミングでお伝えします。

201612087.jpg

※予報は8日午後7時現在のものです

    • 2016年12月07日 (水)
    • 投稿時間 19:30

    冬の寒さ続く

けさは寒かったですね。7日の朝は、各地で今シーズン1番の冷え込み、奈良は0.9度、京都は3.1度、大阪では4.9度まで下がりました。その京都では初霜が観測されたと発表がありました。平年よりも19日遅い観測となりました。

2016120707.jpg今夜は昨夜ほどの冷え込みにはならない見込みです。それでもあす8日の朝にかけて標高の高いところを中心に氷点下となりそうです。また、あす朝の最低気温は奈良は2度となっています。そのほか5度くらいまで下がるところもありそうです。

2016120704.jpg日中も上がっても15度に届かない見込みで、各地の最高気温は12度から13度の予想となっています。きょうと同じくらいで、冬の寒さが続きそうです。

2016120705.jpgきょう午後3時の天気図です。日本海には低気圧があります。この低気圧の影響を近畿北部では受けそうです。

2016120701.jpgあすの朝にかけて北部では雨や、標高の高いところでは雪が降りそうです。中部や南部では晴れ間が広がりそうです。

2016120702.jpg北部では雨や雪がやんだ後も雲が広がりやすく、午後もすっきりしない天気が続きそうです。

2016120703.jpgきょうは二十四節季の一つ、「大雪(たいせつ)」です。字のごとく、山里や北国で大雪が降りだすころの意味です。初雪はまだの近畿地方ですが、あすも寒さが続きますので、風邪などを引かないように、身体は「大切」にしてくださいね。

2016120706.jpg※予報は7日午後7時現在のものです

    • 2016年12月06日 (火)
    • 投稿時間 19:30

    冷え込み強まり今季一番の寒さも

あす7日の、各地の予想最低気温です。冷え込みが強まり、奈良では1度となっています。12月下旬並みの寒さになりそうです。この奈良のほか、大阪や京都でも今シーズン1番の冷え込みになるかもしれません。予想最低気温の下は平年の霜の初日です。すでに奈良と彦根では初霜が観測されていますが、京都はまだで、平年より2週間以上遅れています。ただ、予想通りに冷え込めば、あす朝に初霜が観測されるかもしれません。

2016120605.jpg日中にかけても寒さが続きそうです。大阪の天気と気温の移り変わりです。あす日中の気温も、15度に届かない見込みです。ただ、今日は風が強まり気温以上に寒く感じましたが、その風はおさまりそうです。天気は、あすも晴れ間の広がる時間が長いでしょう。

2016120603.jpgきょう6日、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置が強まりました。日本海は寒気の吹き出しに伴う筋状の雲が広がっていて、近畿地方も断続的に雨雲が流れ込み、北部を中心に雨が降りました。また、一部の雨雲は大阪にも入って、雨のぱらついたところもありました。

2016120601.jpgすると、虹が見られたそうです。こちらは塩見リポーターから送ってもらったもので、吹田市へ取材に向かっている最中に見たそうです。雨でぬれてしまったという方もいたかもしれませんが、虹は見られたでしょうか? ぬれてしまった分、何か良いことがあるとよいですね♪

2016120604.jpgあすにかけて高気圧が移動してくるため、冬型の気圧配置は緩みそうです。そのため、きょうは北部を中心に雨が降ったりやんだりとなりましたが、あすはその北部でも日中は日ざしが感じられそうです。ただ、日本海には低気圧が発生し、次第に近づきそうです。そのため夕方以降は北部では雨の降るところがありそうです。お出かけには傘があったほうがよさそうです。

2016120602.jpg※予報は6日午後7時現在のものです

    • 2016年12月05日 (月)
    • 投稿時間 19:40

    あすから寒くなりそう

きょう5日の各地の気温です。大阪では18度ちょうどまで上がりました。日差しが暖かかったですね。最高気温は各地とも11月上旬から中旬並みでした。

2016120501.jpgこれは、この時期としては比較的暖かい空気に覆われたためです。しかし、あす6日にかけて冷たい空気が南下してきます。空気が入れ替わりそうです。

2016120502.jpgあすの日中は15度にも届かないところが多く、きょうと比べると大幅に低い予想です。寒くなりそうです。

2016120503.jpg大阪の天気と気温の移り変わりを見ると、あす朝はそれほどの冷え込みではありませんが、夕方は朝の気温を下回りそうです。しっかりと寒さ対策をして出かけられたほうがよさそうです。あさって7日の朝は大阪では4度まで下がる見込みです。今シーズン1番の冷え込みとなり、霜が降りるかもしれません。

2016120504.jpgまた、あすは日本海から断続的に雨雲が流れ込み、北部では雨が降ったりやんだりとなりそうです。山沿いでは雪のまじるところがありそうです。さらに晴れ間の見られる中部や南部でも、雨雲が風に乗って運ばれてくると、雨のぱらつくこともありそうです。急な雨にご注意ください。

2016120505.jpgあすの予想天気図です。日本海を低気圧が発達しながら進み、あすにかけて冬型の気圧配置が強まるでしょう。等圧線の間隔が狭くなり、風が強まりそうです。その風で気温以上に寒く感じそうです。

2016120506.jpg

※予報は5日午後7時現在のものです

    • 2016年12月02日 (金)
    • 投稿時間 19:40

    あすお出かけ日和 あさって傘出番

カエデの名前の由来は、葉の形がカエルの手に似ているからといわれています。その”カエルの手”の色は緑から赤へと変わっています。きのう1日は神戸と彦根でカエデの紅葉の発表がありました。近畿地方では紅葉シーズンも終盤に入り、見上げて楽しむ紅葉から、目線を下げて落ちている葉も楽しめる時期になってきました。落ち葉を踏むと、かさかさとよい音もするんですよね。また、落ちた葉を拾って、ティッシュペーパー、新聞紙に包み、重しをして乾燥させると、押し花ではなく押し葉として活用できますよ。その押し葉でしおりなどを作ると、一時の紅葉を長く楽しめるのでオススメです。私はこの葉もキレイ、あの葉もキレイとついつい拾いすぎてしまいました。押し葉アートでも作ることにします。

2016120207.JPGあす3日の予想天気図です。あすは広く高気圧に覆われる見込みです。

2016120201.jpgただ、あさって4日には高気圧の中心が東の海上へと移り、変わって西からは低気圧が近づくでしょう。

2016120202.jpgそのため、あすは各地、ほぼ1日を通して晴れ、お出かけ日和になりますが、あさっては次第に天気が崩れ、午後は各地で雨が降るでしょう。
大阪の予想最高気温はあすが17度、あさっては18度で、あすは日差しにぬくもりを感じそうです。あさっても雨でもそれほど寒さは感じなさそうです。
ただ、来週はそうはいきません。寒くなりそうです。

2016120203.jpg上空は、この時期にしては比較的暖かい空気に覆われていますが、来週初めにかけて寒気が南下し、空気が入れ替わりそうです。

2016120204.jpg来週火曜日以降は急に寒くなるうえ、その寒さは来週後半にかけて続きそうです。朝は大阪でも4度くらいまで下がる予想の日もあり、もしかすると来週にも初霜の便りが届くかもしれません。
ところでみなさんは手袋をつけ始めましたか? 私はまだです。
各気象台では初霜や初雪、さらにカエデの紅葉やイチョウの黄葉など、生物や季節の観測を行っていますが、昔は「生活季節観測」も行っていました。冬に関してだと、こたつや火鉢、さらに手袋の初日などです。
さて、どうやって観測していたのか不思議ですが、気象庁に問い合わせたところ、たとえば、手袋の初日は「天候の状態や住民の服装などから判断して、その地方の住民のおよそ2割が手袋をしていると推定される最初の日」で、「おそらく、観測する人たちが街などで実際に手袋をしている人の状況を見て、判断していたのではないか」とのことでした。ことしはまだ手袋を使い始めていない方も、来週は初日がでるかもしれませんね。

2016120205.jpgさて、おとといの「新○○」についてですが、実は「新そば」でした。
家で育てていたそばの実がなり、そばが打てないかと、粉にしようとやってみました…が…結果、この量の少なさ。そば打ちまではできませんでした。がっかり…。代わりにどこかで美味しい新そばを食べたいと思います。
2016120206.JPG※予報は2日午後7時現在のものです

    • 2016年12月01日 (木)
    • 投稿時間 19:30

    晴れ間広がる 洗濯日和に

きょう・12月1日から新しい洗濯表示に変わりました。縦の一本線は、脱水をしたあとのつり干し乾燥を表していますが、日陰で干すのはどちらでしょう。正解は一番最後です。

20161201001.jpg

こんやから明け方までは北部では雨、標高の高いところでは雪の降りそうです。
20161201002.jpg

その北部でも、あす・2日の午前中のうちに雲がとれそうです。日中は各地晴れ間が広がり、日差しがたっぷりと降り注ぎそうです。日なたで干してよい洗濯ものは、日ざしの力を借りるとからっとよく乾きそうです。気温は各地15度くらいまであがり、日ざしにはぬくもりを感じられそうです。
20161201003.jpg

あすの予想天気図です。あすにかけて大陸から高気圧が移動してくるでしょう。この高気圧に覆われて、あさってにかけて晴れが続きそうです。
20161201004.jpg

ところで一年のうち最も暗い夜が長いのは、冬至のころですが、暗い夜になるのが最も早いのは、12月上旬なんです。大阪のあすの日の入りは午後4時47分。今月9日までは同じ時刻です。
学校が終わって、さぁ外で遊ぼうと思ったら、あっという間に暗くなったと感じるお子さんもいるかと思います。そして自転車や、車のライトをつけるのも早めにすることを心がけてくださいね。
20161201005.jpg

冒頭の新しい洗濯表示の答えは、右でした。斜めの線は日陰を表しています。

20161201006.jpgきのう予告した、きょうの話題「新○○」については、繰り延べにします。すみません。またあす、お願いします。
※予報は1日午後7時現在のものです。