2018年2月

2018年02月24日 (土)

校則スペシャル 後編 <番組内容>

 ウワサの保護者会!
今回は「校則スペシャル(後編)~10代の本音 vs 学校の本音~」 。 

いつもの保護者会とはガラリと雰囲気を変えて10代の声を代弁するゲストと専門家が学校の校則について徹底議論します!

43202.jpg



<10代の声>


井上咲楽(高3・タレント)・・・学校で膝が見えないかスカート丈をチェックされる。でも膝の位置って人それぞれ、膝下までスカートを伸ばすと変なバランスになってしまうことも。「どうして校則って一律なんだろう?」

春名風花(高2・声優)・・・中学時代「他学年の教室には入ってはいけない」というルール。先生に理由を聞いても「ルールだから」と言われ説明してもらえず、どうしてなんだろう?

荻上チキ(評論家「ブラック校則をなくそう」プロジェクトを発足 10代の声を広く集める)・・・『理不尽なルール』と『不合理な指導』が合わさって生徒にものすごいプレッシャーを与えている現実がある。


◇現役教師は校則をどう見ているの?◇

番組では、公立中学校の現役 校長と教師。長年 生徒指導に携わるOBの先生3人にあつまってもらい校則についてホンネで語る覆面座談会を開催。

すると・・・

43204.jpg  43205.jpg

「『スカート丈膝下○センチ』に根拠は無いが、どこかで線をひかないと指導がしにくい!」「自転車通学をする生徒がヘルメットをかぶるときにポニーテールは邪魔。だから禁止!さらに、ポニーテールにつながるために一つ結びも禁止している。教師は先のことも考えている」「『他クラスに入ってはいけない』というルール。モノがなくなったときに全校生徒を疑わないようにするために必要不可欠」ということがわかってくる。そんな、校則について学校の先生たちは「必要悪」と語る。

43206.jpg


<10代の声>
43207.jpg

井上咲楽・・・なんか過保護だなって思っちゃう!

春名風花・・・理由がないことも正直に言ってくれたほうが先生を信頼できる!

荻上チキ・・・そもそもどれも必要性が感じられなかったので、『ただの悪!』



<専門家の見解>

八並光俊(国の教育政策の立案にも携わる生徒指導の専門家)・・・生徒の安心安全を守る視点からスカート丈の規定などの必要性を訴える。問題なのは、学校が説明責任を果たせていないこと。だから『悪』というイメージができてしまう。

原田琢也(元公立中学校の教師。校則問題や人権教育の専門家)・・・生徒を厳しく管理する校則は、「時代遅れの校則」と否定。ただし、学校には、指導する側の教師と反発する生徒が必ずいる。生徒は教師の指導のズレとかブレをついてくるため、どうしても指導する側の教師は指導基準を統一するために規定を細かくしていくという学校特有のメカニズムが働いてしまう。



<尾木ママの見解>

校則が細かくなってしまった理由は、国の方針で「ゼロ・トレランス」(寛容さゼロ:規則を細かく定め、厳しく生徒を指導していこうという アメリカの教育方針)を導入しようとしたこととも関係しているという見方を提示。



◇実は全国には校則をなくした学校もある!?◇

43209.jpg

北海道別海町立上春別中学校は、1995年「生徒自ら考える力を育みたい」と学校の方針で、校則・制服をなくした学校。だからといって何でも自由というわけではなく「高校入試の面接」のときにどんな服装で行くのか?どんな格好でいくのか?ということを念頭に、教師と生徒が粘り強く対話をしながら考えている。例えば、ピアスをしてきた生徒には、半年間時間をかけて本当に必要なものなのか?教師が対話をしながら外させた。


<10代の声>

春名風花・・・生徒が自分で考える力を養うにはとてもいい学校!

井上咲楽・・・この学校の先生たちの取り組みを見ると、校則って先生が楽をするためにあるんじゃないかと思ってしまう。

荻上チキ・・・どうして一律にピアスを禁止するのか?TPOに応じて使い分ける指導ができることが本来の姿なのでは?



<専門家の見解>
43211.jpg

八並光俊・・・ピアスは健康被害・安全面から慎重な立場。また公立中学校には、ピアスが欲しくても買えない子など、さまざまな背景を持った子どもたちがいる。教育の平等性という視点からも学業に関係ない部分では配慮していく必要性がある。



43212.jpg

原田琢也・・・ピアスをなぜ学校が禁止するかというと、社会や世間がピアスをマイナスイメージで捉えていることが根本的な理由。ただ教師は、そういう社会や世間の目が正しいかどうか心の中で葛藤をしているのも事実。



43213.jpg

荻上チキ・・・「中学生らしくありなさい」という根拠がない空気がある。社会全体で「中学生らしさ」の押し付けをもうやめませんか?という雰囲気を作っていく必要性がある。



<尾木ママの見解>
43214.jpg

尾木ママ・・・校則問題で一番大事なことは、子どもたちが自主的に判断したり、自分たちでルールを作っていけるということ。


◇10代は尾木ママの声をどう受け止める?◇

生徒手帳には、生徒総会で3分の2以上の賛成が得られれば校則を改正できると書いてある学校もあるのだが・・・

43215.jpg

10代の中高生たちは「声を出しても先生が何もしてくれなさそう」「生徒総会で議題であがったものの、先生たちに却下されてしまう」という現実が。


<10代の声>

43216.jpg

井上咲楽・・・「自分たちが声をあげれば変えられるんだ!」と思えることが、子どもたちの将来に大きく影響する。学校の先生たちが「声をあげても変わらない」と私たちに悟らせてしまうことが、政治の投票率などにも影響してくる。


◇学校の先生たちは、子どもたちの声をどう思うのか?◇

再び、公立中学校の現役 校長と教師。長年 生徒指導に携わるOBの先生3人の覆面座談会。実は先生たちは・・・

43217.jpg


子どもたちが発案した校則を一緒に考えさせたいと思っているのだが・・・現実的には「話し合う時間がない」「教師同士の合意をえることが難しい」「学校の教育課題からいうと順位は高くない。」「校則について考えるならば、授業をするための教材研究をしたい」といった嘆きが・・・



<10代の声>

井上咲楽・・・この話し合いだけでも言い訳に聞こえる。結局先生の手間を省いているだけ。

43218.jpg

荻上チキ・・・井上さんの意見にフォローをしておくと、学校の先生はすごく忙しい。生徒指導にあてる時間がほとんど無い現実。だからこそ、政府は、教師の労働量を削減したり、教員数を増やすなどの対策を。そして、教師自身は、校則でスカート丈を計測する時間があるならば生徒とのコミュニケーションに時間を割くなど時間配分を考えるべき。

<専門家の見解>
43219.jpg  43220.jpg

八並光俊・・・教師・生徒・保護者・地域の人が校則を変えていくシステムを学校に導入することが必要。

原田琢也・・・校則問題の本質は、教師が校則を厳格化していくことで、一部の生徒を排除して、多数の子どもを取り込もうとする同化の圧力を無意識でつかってしまっているという危険性に気がついていないこと。その危険性に教師が気付けば、校則問題は解消していく。


<尾木ママの見解>
43221.jpg

尾木ママ・・・2020年からの教育改革はアクティブラーニング、主体的対話的深い学び。そもそも校則を生徒みずからコントロールできるような体制になっていないと、教育改革に対応できないということを教師は自覚すべき。



END

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2018年02月24日 (土)

校則スペシャル 前編 <みんなの声>

 
■私は教員をしています。
「ウワサの保護者会」をいつも拝見していて、確かに教育現場を変えないといけないな…と感じる部分も多いです。
しかし、やはり家庭力、つまり保護者にも課題が大きいと感じます。
先日の「校則」についても、モヤモヤするところを感じました。学校とは、社会に出る前に社会を学ぶ場所です。つまり、学校の校則は、社会の法律と一緒です。法律を守る大切さを知るために、校則があるのだと思います。
保護者の意見も確かに大切ですが、もう少し現場の声も反映して考えてほしいものです。義務教育の期間において保護者の方に課題が多い場合、もっとばっさりと保護者に言える環境を整えていってほしいとしみじみと感じます。

【卵かけご飯】



■最近「そんなことは会社に入る前に学ぶことでしょう」と言いたくなるような非常識な行動をする人が多いと感じます。
そんな事例から子育てを考えてみてはいかがでしょうか。

【mat】




*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


2018年02月17日 (土)

校則スペシャル 前編 <番組内容>

ウワサの保護者会!今回は「校則スペシャル」
今話題の校則を2週にわたってとことん考えます。
まず前編は「保護者と校則」。校則とどううまく向きあえばいいか考えました。

43301.jpg

<尾木ママの見解>
・未だに厳しくルールを決めるのなんてナンセンス!
このグローバル化時代に「黒髪に染めないと」なんて話は聞いていたら涙が出そうになる!

 

◇校則は厳しくあるべき?寛容であるべき? アンケートではほぼ拮抗◇

番組では校則はどうあるべきか保護者200人にアンケートを実施。
すると4割の保護者が校則は寛容であるべきと答えた。
一方、厳しくあるべきという意見は3割を超え、ほぼ拮抗する結果になった。

43302.jpg

<ホゴシャーズの意見>


寛容であるべき

・厳しい校則があるから反発したくなる
・できればないほうがいい 大人になって思い返しても納得できる理由とか全然見当たらない

親として厳しくあってほしい
・集団生活の場を作るうえで、統制をとったほうが先生もやりやすいし、集中もできる
・親になると、“服装の乱れは心の乱れ”が分かるように。自分の子どもにはある程度きちっとルールを徹底させたい


保護者によっても全く異なる校則への考え方。具体的にどんなことにお悩みがあるのか…?


◇校則でのお悩み① なぜダメなのか分からない!◇
・中学生の息子が美容室で切ってきた髪型が“ツーブロック”
家庭ではよいと思って送りだしたが、学校からは「奇抜なので切りなおしてこいといわれてしまった」

43303.jpg 43304.jpg

<ホゴシャーズの意見>
・この髪型でダメだったらなにがOKなんだろうって疑問


◇ツーブロックは進化している??◇

番組が取材するといまツーブロックはさまざまな種類があることが判明。
短い髪と長い髪の長さが極端だった20~30年前の当時と比べ、いまでは随分一般的な髪型になっている。


<尾木ママの見解>
・教師は「服装の乱れは心の乱れ」といってともすると過干渉、過保護的に指導してしまう
・同じツーブロックでも、20年~30年経てば変わるわけだから教師の価値観も変えていかないといけない


結局この保護者は、家庭では問題ないと伝えた。これに対し、ホゴシャーズのなかには、先生に対抗するのは怖い 内申書につながりそう・・・という声も。

<尾木ママの見解>
内申書に「親子でツーブロックに反抗した」なんて絶対に書くことはない!
過度の心配せず話し合うことが大事


◇校則でのお悩み② どこまで家庭で守るべき?◇

・小学校の子どもがいるホゴシャーズが小学校からもらってきたのが、○○小スタンダードという「校則」。
 ここには、学校での生活からあいさつの仕方、授業態度まで細かく定められていた。

43305.jpg

・なかでもホゴシャーズが違和感を受けたのが、家庭に関するルール。
書かれていることは正しいと感じたが、どこまで正確に守ればいいのかと感じたという

<尾木ママの見解>
・2000年代に入ってこうした家庭に関する表記が増えた。学校は親切心から伝えてくる。
これを守りすぎちゃう親もいるみたい…

43306.jpg

<ホゴシャーズの意見>

・ここまで細かいと自分からなにもできないマニュアル人間になってしまうのでは?
・基本なのならば、守っていたほうが正しい子育てにつながりそうだし、学校から言われると子どもも守るようになる…


<専門家の情報>
◇学校のルールと家庭のルール、それぞれどう考えていけばいいの? ◇ 

・実は日本の歴史を振り返っても、80年代の丸刈り訴訟や、2000年代のモンスターペアレントを巡る問題など、家庭のルールと校則がぶつかりあった社会問題が数多くあった。
・教育に関する法律が専門の大島佳代子教授によると、「自分の子どもをどうやって育てていくかは第一義的には親が決めるべきこと。ただ、義務教育制度があるので、うちの子はこういう方針で育てますよといわれても、そのまま学校にもっていけるかというと単純ではない」という。
・家庭と学校、どちらも教育する役割があり、どちらかが必ず優先されるものではないのだ。
・しかし、こうした状況に向き合うことこそ、多様な価値観を知り、異なる価値観を認めながらルールを考えることにつながるという。

43307.jpg 43308.jpg

<尾木ママの見解>
・親子で校則について話し合うことは親子の学びにつながる。
・学校の校則、家庭は家庭のルールが別々にあっていい。そのうえで、それぞれの価値観が重なる部分があることが理想。学校と全く同じ価値観だと危険な面もある。


<ホゴシャーズの意見>

・自分自身が校則だらけの学校で息苦しさを覚えたとき、親が自分の側にたってくれて本当に救われた。



◇自らルールを考えるために◇

・広島県にある進徳女子高校はこれまで、厳しく校則を定め守らせてきた。
しかし、これでは生徒が自ら考える力が育たないと、新たな取り組みを始めた。
・それが、カジュアルデー。月に一度自分の好きな服で登校できる。
ルールは、「高校生らしい服装」と「ジャージ禁止」のみ。
何を着るかは生徒に任せ、基本的に指導はしない。

43309.jpg

・必ず私服というわけではなく、制服を着るのも自由。取り組みに参加した生徒からは、「TPOに応じた服装ができる」という声のほか、「決めたからには守ろうという意識が高まった、とにかく考えることをするので、自分で主体的に考えるようになった」などの声も。
・この学校では、取り組み以降、服装に関する生徒指導は実施前の10分の1に減ったという。

43310.jpg

<尾木ママの意見>
・自分でルールを決めると自己責任感が芽生え、守るようになる
・ルールは、守ることも大切だが、それをきっかけに考える力を養うことが大事。それはきっと将来役にたつ力になる。



END

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2018年02月03日 (土)

シリーズ 不登校 ~学校に行かない学び方~ <みんなの声>

■先日の放送に深く深く共感し、もっと多くの大人、現場の先生方、困っている子どもたちに見てほしいと思いました。子どものいのちに直結していると思います。
今この瞬間にも「学校に行きたくない。でも行かなきゃならない。行けない理由もうまく説明できない。わかってくれる大人もいない。どこに相談に行ったらいいのかもわからない。もう死ぬしかない。」って思っている子どもたちが日本のどこかにいると感じます。なぜならわが子がそうだったからです。でも、息子は踏ん張ってくれました。
その後、妹も「“みんな違ってみんないい”と大人は言うけれど、言っていることとやっていることが違う」と不登校になり、兄も「どうして学校に行きたくないのかわからない」と苦しんでいます。岐阜もそうですが、ローカルではさらに選択肢も限られます。シングルマザーである私も自分なりに様々なかたちでメッセージを発信していますが、追いつきません。
次々と、文字通り「気づいてよ」といのちがけのメッセージを残して命を絶っていく子どもたちを対岸の火事として、一つの不幸なニュースとして流していくこの社会に忸怩たる思いを抱いています。
ぜひ今後も「学校は行っても行かなくてもいいんだ。自分を生きていいんだ。」というメッセージを発信し続けて頂くと同時に、当事者の子どもたち、現場の先生方、親、様々な大人たちを巻きこんだ「オープンダイアローグ」でみんなで考えていける流れを切に切にお願い致します。
子どもは未来です。そして、子どもたちによって大人たちも自分を生きていいことに気づいていくと確信しています。

【tamamushi】



■中3の三男が学校そのものに疑問を持ってしまい、行き渋っています。「シリーズ不登校-学校に行かない学び方」とてもよかったです!レオポンさんの親としての気づきがわが子を救い、飛躍させたのだと感動しました。地方と違い、フリースクールなど違う学びの場が通える範囲にあるというのも、羨ましいと思いました。番組の中で「教育機会確保法」が出てきましたが、先進的な素晴らしい法だと思います。
学校現場でどれだけ周知されているか、どのような経緯で作られたのか、どう生かされるのか、ぜひもっと取り上げてほしいです。この法が親も含めて広く周知されれば、救われる親子はもっと多くなると思うのです。よろしくお願いします。

【トミー(女性)】



■不登校がシリーズになって、今後がとても楽しみです。わが家の娘も不登校になり、今回出演していたみなさんのご意見がとても共感できて、そうそうと頷きながら見ていました。勉強もしてほしい。だけど親の期待を押しつけてはいけない。どちらの意見もよく分かります。ぜひ今後も定期的に放送して下さい。期待してます。

【にんじん】



■先週放送の「学校へ行かない学び方」については特に興味があり、いつくか参考にさせていただいております。実は小学1年生のわが子も、特色を生かした無認可の学校に通っています。ぜひお願いしたいことがあります。教育に正解はありませんが、尾木先生のお考えのもと、今後の教育において最も必要なことは何か。親子の関わり方、子供に何を求めることが一番大切なのか…など、いま本当に必要なことを尾木先生目線で教えていただけると大変嬉しいです。その中で、実際それに向かって取り組まれている御家族の紹介などをしていただけると、参考になりわかりやすいかと思います。私も試行錯誤しながら子育てをしております。正解はないと分かっていても、少しでも今やっている子育てに自信が持てれば、それは今後の新たなパワーになるような気がします。
保護者会で皆さんと悩みを共有し、解決していくことも素晴らしいと思います。その上で、今の時代、何を大切にし、何に関心を持つべきなのか?これを明確にしていただけると、大変嬉しく思います。どうか宜しくお願い致します。

【ハルナツ(女性)】



■27日のウワサの保護者会は、当事者の親にとって素晴らしい番組でした。今までは「なんとか不登校を治さなくては」という支援ばかりで、「支援に添えない親子は世間の道から外れている。そういう考えの親子はおかしい」とまで言われ、親も動かない子どもを虐待まがいのことをしてまで学校に行かせようとしてきました。今回の番組はまさに今悩んでいる親もいれば、試行錯誤しながら今に至っている親の気持ちも聞けて、「子どもの学ぶ権利の保障を考えていくのが大切」だととても分かりやすい内容でした。これからも大いにこういう番組をやってほしいと思っています。

【俊ママ(女性)】



■27日の「シリーズ不登校 学校に行かない学び方」はとても感激しました。そして、日本の教育を変革して、より成熟した社会への転換点となる番組であると確信しました。このような番組を作って放送していただき本当に感謝しております。
私の長男長女は管理教育の中で、帰国子女ゆえの葛藤はありながらも特に疑問をもたずに育ってきました。
しかし、次男は敏感さゆえに小学校4年生からホームエデュケーションでの生活をしています。次男のようなこの育ちについては、番組によって理解が進み、救われる親子も多いと思います。
と同時に、日本の今の教育は全く時代の変化に追いついていない、それどころか害になっている面もあると思い至るきっかけともなったのではないでしょうか?
Tedで有名にもなったケン・ロビンソン氏が指摘しているように、子どもに潜在するクリエイティブな力を今の学校教育は潰している面もあり、このITの時代にただ退屈なものとなっています。いま不登校の子どもたちによってそのことに気づかされ、その親たちによって新しい潮流が生まれつつあります。
この不登校シリーズは、その流れをより良い方向へ加速させて下さいました。テレビの存在の素晴らしさを思い出させて下さる番組でした。

【れいれい(女性)】



■30年近く私塾・フリースクールをやってきまして、子どもが学校に行かなくなったときの親子の追い詰められようをたくさん見てきました。当該親子だけでなく世間の多くの人たちの理解が必要なので、「学校だけが学びではない」ということをNHKが取り上げてくれること、たいへんありがたいです。このテーマは粘り強く続けていただけたらと思います。番組中で尾木ママは、やはりいい雰囲気を出してくれると思いました。

【カッパ(男性)】



■1999年から不登校親の会を開催しています。私自身も不登校経験があり、長男・次男は義務教育をほとんど受けずに育ちました。長女も選択登校でした。今回の内容は、親の会で皆さんにお伝えしたいことがきちんと整理されており、とてもいい内容でした。
ただ、首都圏はじめ都市部では放送された選択肢を選ぶことが容易かもしれませんが、地方では何も資源がないということをご存知でしょうか?
私は親の会などの活動と並行して、現在広島県スクールソーシャルワーカーをしております。勤務先は広島県中央部の山間地です。担当地域に初めて行ったとき、不登校児の多さ、資源のなさ、意識の低さ、学校の絶対視に愕然としました。
放送の視聴を拡散したいのですが、視聴した保護者たちは自分の地域にもあるのでは?と必死になって探し回ってしまいます。悲しいかな広島県は不登校支援後進県で、山間地には何も支援の手段がありません。「保護者が作ればいい」と都市部の方々は思われるかもしれませんが、そのようなパワーがある方はほとんどおられません。生活するだけで必死ですから。交通網も発達しておらず、車での移動しか手段がない地域では、子どもに時間を使うことができないのです。
また、当事者は放送内容に共感できても地域の人たちの見方が閉鎖的で、ますます疲弊・孤立化してしまう家族が増えていくのです。確保法にしても、教育委員会はいまだに通知を出したきりで今後も法律を使っていこうという考えはないように思います。不登校については地域格差が非常に大きい問題です。

【むう(女性)】



■春から中学2年になる女子の母です。娘が小学3年生の頃起立性神経障害の症状が出て、5年生の頃からは過敏性腸炎にもなってしまいました。不登校で、学校に行こうとすると腹痛や嘔吐をして…私も躁鬱なので、娘の気持ちも分かるのですが…

【あけけ(女性)】



*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


page top