2017年9月 2日

2017年09月02日 (土)

スペシャル 「不登校~保護者ができることは?」 <みんなの声>

■学校以外の場所で子どもたちが学び育つこともでき、両親も仕事を続けていけるような社会になったら、安心して子育てできる社会になると思います。
子どもが学校に行かないことで、親の子育て、精神状態、社会性などが疑われ、心身ともに健康ではない状態になりやすいです。身内を含めた周囲の批判は、お互いを思い合う親子にとって、本当につらいものですし、お互いを思い合うがゆえに、子や親が心身の不調にまで追い込まれていることも少なくないと思います。
このような番組が放送されることは、心身ともに追いつめられる親子が減り、学びの選択肢が社会に育まれることにつながる、大切なことだと思いました。
制作にあたられた皆様、出演者の皆様に感謝です。
【kimyuki(母)/長男・高1/次男・中3/長女・小6/三男・小5】


■次男が高校に入ったとたん、学校に行かなくなった。小中は行っていたのになぜ、なぜ、なぜ、、、。当時は原因さえ分かれば、解決「してあげられる」と思っていた。
番組の内容に全く同感。
【マロモア(父)/長男・35才/次男・29才】


■子供が中1の夏から不登校です。それから2年。いろいろな時期を乗り越え、今は高校進学を目標に1歩ずつ踏み出そうとしているところです。私も、信じて見守る母になれるかどうか、正念場です。
ところで26日の放送を見逃してしまいました。再放送を調べてもわかりません。どうしても見たいので再放送の予定を教えてください。
【再放送希望(母)/長女・中3/長男・小4】


■汐見先生の、不登校は学校の求める子どもの姿と本人の資質のミスマッチだという言葉に救われました。本当にそう思います。学校の先生に是非浸透させてほしい!けれど、不登校になる側の方に“問題”があるというこれまでの価値観は、親自身も含めて根強い。
自分の子育てに一点の曇りもないという自負がある人は少ないでしょう。私はそうだった。そして自分を責めました。みんなができることがなぜ我が子はできないのか、自分の育て方が悪かったんだと。自分を責めずにいられるようになってきたことが気持ちに余裕を生み、子どもへの対応が変わってきたと思います。
それでも、現在の一般的な価値観に触れてしまうと、まだまだブレてしまう自分を感じるときがあります。不登校に対する社会全体の認識が変わることが、(直接的に子どもを救うし)親自身を苦しめないことで結果的に子どもを救うことに繋がると思います。
社会全体の認識が変わるには、メディアの力が大きい!是非頑張ってほしいです!
【グレープフルーツ(母)/長男・小5/長女・小1】


■中3の男の子の父です。小3の3学期から不登校で、なんとか小学校を卒業、中1の2学期から再度、不登校です。今は高校をどうするかが、最大の悩みです。
親は、高校に行かなくても良いかなと感じ始めましたが、本人は、高校は行くと言い、行動とは別に悩んでいます。現実は、中卒では本人が食べて行くのも苦しい。私(父親)は死ぬまで御飯を食べさせてやる覚悟ですが、弟もいますし、両親が死んだら兄の負担が弟にかかるのが最大の不安。どんな方法でもいいから、独り立ちをと思っています。現在は、ネットとゲーム。唯一の外出が、撮り鉄(電車の写真)です。
【ノリすぎ(父)/長男・中3/次男・小6】


■不登校特集についてのコメントです。当方の娘も中学1・2年と半年ずつほど登校できない期間がありましたので、不登校に関する回を待ち望んでいました。不登校から立ち直った事例はとても勇気づけられるものでしたが、その何倍も苦しみ続け、いまだ自立ができていない事例もあると思います。ネガティブな側面をあおっても良いことは何もないと思いますが、多くの保護者はやはりそちらの方が気になると思います。残念ながらネガティブな方向に進んでしまっても、何とか生きていける道筋や支援策などの情報を望みます。
【ムツゴロウ(父)/長女・中3)/長男・小5】


■中学校で講師をしています。8月26日の番組を見ました。
私自身不登校傾向の生徒の担任をしていて、その生徒のために何ができるのか悩みながら指導していたので、興味を持って見ました。
大変参考になる内容ばかりで、その生徒への対応に生かしていこうと思いました。ありがとうございました。しかし、1つ疑問が残りました。講師のくせに、自分自身で考えろと思われることはわかっていますが、「学校は何のためにあるのか」と思ってしまいました。
もしお答えいただけるなら、とても嬉しいです。今年の10月に保護者にもなるので、考えることが多いです。
【くまのすけ(父)/娘(10月に生まれます!)】


■いつも番組を見て、参考にしています。長男小3、長女小1、次男年少、の3人きょうだいの母親です。今まさに直面している悩みが、小1の長女なのですが、入学してからずっと登校渋りが続いています。今は夏休みですが、一学期は行きたくないと言う娘を無理矢理連れて行き通わせました。泣き叫んで、暴れるのを押さえつけながら行かせることもありました。一学期は毎日母子登校でした。娘に行きたくない理由を聞くと、お母さんと離れたくない、先生が怖い、給食が嫌など具体的な不安も口にします。
二学期からまたどうなることかと今から不安です。また、いつか不登校になるのではないかと不安です。対応を是非教えて頂きたいです。
【キャリー(母)/長男・小3/長女・小1/次男・年少】


■子どもたち3人とも発達障害で主人はアスペルガーがあり、私はIQが低いという家族構成で、現在は次男が不登校で悩んでいます。8/26の放送を見て疑問に思ったのでメールしました。こんな家族構成なので色々な機関に相談は行っていますが、不登校だった子どもたちは一日どう過ごしていたのか、どういうきっかけで外に出てフリースクールやいろいろなところに行く気になったのか、本人がどうしたら行けるのかわからない状態です。いろいろ考えて環境を変えるために引っ越しも考えていますが、本人の決意が無ければ今と同じような気もして今は待っている状態です。
病院からも家の環境にも原因があると言われていて、家の中を変えるのは難しい状況なので、本人だけでも変えられるところは無いのか探しています。
【ハッピーママ(母)/長男・高1/次男・中2/長女・中1】


■不登校についての回、拝見しました。不登校を取り上げてくださって、ありがとうございます。我が家は、小4と小2の不登校児2人がいます。2人とも元気に過ごしていますが、親である私は、ふとした瞬間に罪悪感を感じます。ですが、不登校経験者の本人のお話が聞けて、とてもよかったです。
【はは(母)/長女・小4/長男・小2】

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


page top