ホームエデュケーションって何?<みんなの声>

 

 ◆いつも素晴らしい番組をありがとうございます。『ホームエデュケーション』の回を観させて頂き、とても感動したのでお伝えさせて頂きます。私の息子も同じような環境で成長してきたのですが、他のご家庭でどのようになさっているかは普段のお付き合いでは見えにくいです。番組内では、1日、1週間の過ごし方がとても良く分かり、子どもの気持ちと親の気持ちを理解することも出来ました。最後の『子どもの力を信じる』というアメリカの方のメッセージに感動しました。また偶然ではありますが、同じ日のNHKニュースでは鎌倉市の不登校生徒の学び「かまくらULTLAプログラム」の様子(地引き網)が報道されました。学校以外の学びの機会が必要とされていることを感じることが出来ました。

 

◆学校がつらくなったとき(死にたいほど学校に行きたくない、いじめられる、教師から嫌な事を言われる、クラスにいじめがあることに絶望する、クラスの先生の対応に絶望するなど)、どうすればよいか特集してほしい。親に相談できれば親に話す。 子供相談に電話やメール、ラインで相談する。先生に相談できれば先生に相談する。 相談しても解決しなければ、学校に見切りをつけて、転校する。不登校のまま塾に通う。親ができるならホームエデュケーション、不登校の居場所、フリースクール、通信制高校付属の小中学生向け居場所など。学校は命をかけて通うところではない。転校だって、学力のみで判定する高校や大学の入試制度を使えば、不利にはならない。 学校に縛られる社会の意識を変えるべきだと思う。

 

◆ホームエデュケーション、色々大変そうですが、応援したいです。不登校のお子さんが生き生きと自分らしく学べる場所の情報は、すぐに見つからないので、これからも「ウワサの保護者会」で放送してほしいです。親の相談窓口などもわからないことが多いので、教えてほしいです。

 

◆先日の「ホームエデュケーション」の放送回を観て、思うところがありましたのでメールをさせていただきました。 我が家の子たちはホームエデュケーションではありませんが、「オルタナティブスクール」と呼ばれる学校で学んでいます。 不登校の子たちが通うフリースクールとは違いますが、インターナショナルスクールのように、独自のカリキュラムで公立などの小学生と同じように6年間をそこで学べるスクールになっています。子どもたちのやりたい事にとことん打ち込める時間があったり、運動会などの種目も子どもたちが企画したりと、主体性を大切にしているところが気に入って入学しましたが、私たちが住んでいる市では、そこで学ぶことを選択すると、地域の小学校に籍を置くことはできず、除籍されてしまいます。
一旦は地域の学校に入学し、それでも馴染めない、またはそれに相当する理由がある場合(つまり不登校児との認定)でしか、公立校へ籍を置いたまま他のスクールへ通うということは認められず、我が家のように公立への入学手続きをせず、最初からオルタナティブスクールへ進学した場合はすぐに除籍となってしまいます。 私たちの地域では、インターナショナルスクールも同等の扱いで、除籍になるようです。 除籍されるということは、中学受験などをする場合、一条校の内申書や出席票などの提出が必要な学校へは、どれだけ進学を希望し、受験勉強をしたとしても受験資格そのものがないことになり、進学の幅も狭まってしまいます。
最近では日本にもオルタナティブスクールやサドベリースクールが色々とできており、多様な学び方を選ぶ子たちが増えている反面、そういった子たちの扱いは、教育委員会の考え方により、地域差が大きいのが実情です。本人の希望する学び方を選択することが、将来の進学の幅を狭めてしまうという、本末転倒な事態に陥っている地域や家庭があることを知っていただきたくメールをさせていただきました。 オルタナティブスクールやサドベリースクールはまだまだ認知度も低く少数派ではありますが、子どもの新しい学びのカタチとして、全国の保護者の方にスクールの素晴らしい点と実情に興味関心を持っていただきたいと思っています。

 

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:00:00


page top