シリーズ 虐待を防ぐには(5)「"しつけ"どうすればいいの?」<みんなの声>

■doスキルを興味深く拝見しました。 こどもを「○○選手」と呼んで実況中継ごっこにしたらやりやすかったです。
一緒にお風呂に入っている時に「次は右足を洗っています。さすが○○選手ていねいですね。」等と言っていたら3歳の娘も楽しそうに洗っていました。
【みのむし】



■しつけの方法として、PCITという方法を紹介してもらえたことは本当に勉強になりました。
ふだん、「怒りたくない、怒鳴りたくない」と思っていても強い口調で子どもを怒鳴ってしまうこともあります。逆に、感情的に怒鳴ってはいけないと思うと、弱い口調になり、どう子どもに伝えたら良いのか言葉に詰まってしまい、うまく叱れないこともあります…。
子育てって本当に難しいなぁ、、大変だなぁ、、と実感していたところでした。
そんな中、たまたまこちらの番組でPCITを紹介しているのを見て、「そうか、これを目指せばいいんだ!」と、子育てを頑張るためのチカラをもらえました。
子どもが困った行動をおこした時に冷静に対応するには、親の忍耐力も試されているような気がしています。
疲れている時、時間がない時などに、ついつい声を荒げてしまうことがあるので、気をつけたいです。
うまくいかない日もありますが、温かみがあって、正しい要求もできる母親を目指していきたいです。
【しらゆき】




■あまり怒りすぎると子どもが顔色うかがって育ってしまいそうな気がします。親が叩いて育てるとお友達にも叩いて自分の意見をわからせようとしてしまいそうです。
【イチゴママ】



■6歳の次男のしつけのことで悩んでいます。落ち着きがなく、衝動的に行動するのが危なかしく、発達障害も疑い、療育に通っています。療育に通えば何か好転すると思いましたが、相変わらず私の言うことをなかなか聞かず、イライラしてしまいます。育児書を読んだり、自治体の相談なども活用していますが、なかなかうまくいきません。
今回の放送を見て、発達障害の有無に関わらず、親が子どもにどう関わるかという姿勢が、子どもの行動や人間性につながるということがわかりました。しつけをするには、親子関係において信頼関係が築かれていなければいけないことがわかり、自分は次男や療育を行う機関などに期待するばかりで、私自身何も努力していないことに気付きました。「特別な時間」を持つのはすぐには難しいですが、今度こそ自分が変わらなければならないと感じています。
マルベリーさんの長男さんのように、母親の姿勢を見て、子どもの行動が変わってくれるといいなと思います。
【まるさん】



■今回のしつけのテーマ、すごく良かったです!
このシリーズまたやって欲しいです。
発達障害や、知的障害など少数派かもしれませんが、接し方なども放送してほしいです!
【YH】



■世の中、社会の基本は家庭です。
子どもの心を作っていく親が根拠のないネット情報などに惑わされることなく学べるこういう番組は必要だと思います。
昨年 私にも孫ができ見守る祖母という立場になりました。
私の娘も忙しい子育て世代。ついトゲトゲしてしまう時もあるでしょうが幼少期こそ親子で温かい世界に触れて会話をしてもらいたいと思います。
【はるちゃん】



■番組中でもマルベリーさんが挑戦されていた丁寧語で語る、が効果があるといいますか、伝わりやすいと思います。私も第一子を育てているときは、未熟親だったので、かなりぞんざいに子どもに命令口調で語っていた気がします。でも、彼女の成長とともに子育てサークルや幼稚園・小学校のPTA役員や子ども会の保護者会長をしていくうちに、「自分の子どももよその子どもと同じように丁寧に語りかけ、対応する」ほうがいい感じに伝わることを子ども自身から教えてもらいました。丁寧にしつけをすることは、親としての自分を育てることでもあるのだと思います。ウワサの保護者会で『めざせ丁寧にしつけをする保護者』ムーブメントを起こしませんか?
【ササニシキ】

 

 



*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:00:00


page top