2019年01月26日 (土)

父親らしさってなに?<みんなの声>

■セージさん家族のありように泣いちゃいました。世間の固定観念:ジェンダーにとらわれずに、夫さんとご自分の個性がより良く生かされる『家族道』を見つけられたんですね!素敵!ホントにすてきです。我が家は、夫が研究者タイプで、自分の専門分野以外はほぼ苦手。スポーツも遊びも社交も苦手で。ケンカや紛争にも弱い・・・。でも私がマルチタイプで、勇気凛々系。家という舟のキャプテンは私。夫は機関長。な感じで、やっております。ここぞというときのトラブルごとの解決や決着も、私がつけます。でも、才能の違いだから、これでいいのだ!(笑い)私は、いつも優しくニコニコしてほんわかといい感じで生きている夫が、大好きです。ですんで、子ども達も、そんな私達をいい感じに思ってくれてるみたいです。タツノオトシゴさんも、ユキヒョウさんも、ご自身とご家族が「これでいいのだ!」と思える家族道を見つけてくださいませ。楽しいですよ。
【ササニシキ】


■放送を見て、父性母性とは何かを学びました。同時にいまも、何だろう?と考え続けています。
そこで、今度は「母親らしさってなに?」をしていただけないでしょうか?大黒柱として働く私ですが、帰宅して娘がピッタリくっついてきて話をしてきたりすると、お母さんに甘えたいんだな?と思うのです。やはり母性って大切だと思う場面が多くて。お母さんじゃないと満たせないことを見極めることが大切なのかな?と思いました。
家族のあり方は様々で良いと思うのですが、あらためてお母さんを取り上げたら面白そう!勉強になりそう!と思います。いまだに3歳児神話に振り回されている人がいるかもしれないし、幼い頃はお母さんじゃないと育てられないと思っている人が多そうな気がします。ぜひ、よろしくお願いします!!
【セージ】


■1月19日放送の「父親らしさって何?」を拝見しました。
この番組を偶然知り、テーマは「あ、これは自分のことだ」と感じました。
参加者のお話を聞くと、「イクメン」のモデルのような、ぼやっとしたイメージを持って育児に取り組んでいらっしゃった経験から、「父親らしさって?」と疑問を持っているんだなと共感しました。
「自分らしさ」プラス「家族との関係」を築きながら、まさに「地図の無い航海」を進むのかと、妙に納得してしまいました。
大きく「生き方」を問われたテーマにもなりました。
考える機会を与えてくださいましてありがとうございました。
【もっちー】


■「父親らしさ」の回を見て、我が家も元気付けられました!我が家は私の方が父性が強く「あかんもんはあかーん!!」と関西弁でがっつり怒る方ですが、主人が後で怒られた子のフォローに入り、「ママは〇〇のことの全部がダメって言ってるんじゃなくて、△△な所だけ直そうねって言ってるんだよ」とフォローしてくれます。
フォローしてくれる人がいると、私も怒り切れると言うか、こちらが伝えたいことをハッキリ言えるので、パパの働きには感謝しています。子育ては真剣勝負。男だから女だからではなく、2人3脚で役割分担して、こちらの気持ちを子ども達に分かって貰えば、それでいいんだと思えました。次回も楽しみにしています^_^
【ゆこぺママ】


■父親らしさってなぁに?
共働きで、父親は平日、ほとんど子どもと接することがなく、母親が必死にこどもと向き合っています。
父親は休日しかいません。こんな状況での父親の役割とは?というのもあってほしかったです。
結局母親は、普段、父母両方こなさなくてはならず。しかった後のフォローまでなかなかできません。
たまに父親がいるときは、ガツンとしかってくれたり、思い切り外遊びに連れ出してほしい。子どもに、叱られたあと優しくフォローしてもらえる感覚を味あわせたいです。
それでも、普段一緒にいないためか、叱れない父親です。どう叱っていいのかわからない様子で、子どもも、言い返す状態。私もイライラ。
【なお】

 

 

 


*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30


page top