2018年12月15日 (土)

親子の会話が難しい?<みんなの声>

■親子の会話。キジムナーさん、偉い!素敵なお母さんです!私の娘は小学生高学年から中学時代にかけて、激しいイジメにあっていて、私は毎日をドキドキしながら暮らしていました。でも無理して問いただすのではなくて、「私はなにがあっても君の最後の味方です!」を発信し続けて、「言いたいこと、助けを求めて大丈夫」な風と温度を出し続けることで、コミュニケーションをとれた気がします。それと彼女自身が、私のママ友と仲良くなって、第2の母や第3の母作って、彼女達と疑似親子の会話をしていました。(皆さんは今も娘と仲良し。私の知らないことも知ってます!)息子とは、共通の趣味の映画やお笑いをネタに盛り上がり、その延長線で彼は言いたいことを言ってくれています。やり方関わり方は、人それぞれ。「なにがあっても引き受ける」オーラを発光させて、話したくなるのを待ってあげてください。
【ササニシキ】 

 

 


*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30


page top