2018年09月22日 (土)

きょうだいの子育て <みんなの声>

■先日「きょうだいの子育て」という回の放送を見て、クロッカスさんの悩みにとても共感しました。
私には娘が3人いますが、どうしても長女だけが可愛く思えないことがあります。抱っこを求められても応じたくない気持ちがあったり、他の兄弟より言動や些細なことが気になって怒ってしまったりが日常です。クロッカスさんの話が、本当に自分の事のようで泣きそうでした。
でも、汐見さんの理屈で考えて対応してあげるという言葉にもとても納得ができて、気持ちが少し前向きになれました。確かに嫌々でも(顔には出さないようにして)長女の要求に応じてあげると、お互いに少し穏やかな気持ちになれることが何度かあったからです。
それに、長女だけが可愛く思えないのは私に一番似ているからでは?と常に思っていて、長女の要求を受け入れることが自己肯定につながっているような気がします。
時々しか番組を見れませんが、私にとっては色々な気づきがあった素晴らしい回でした。
ありがとうございました!
【タマ】 


■『きょうだいの子育て』の放送を見ました。私は長女なのですが、正直怒りしか感じられませんでしたね。いつも、上のきょうだいばかり我慢させられている印象です。そして親たちも、お姉ちゃん・お兄ちゃんだから我慢して当然といった雰囲気に思えました。上のきょうだいたちがかわいそうに思えたのと、その子たちが大人になり結婚した時私のように、きょうだいはいらない・作らないという選択をするのではないかという不安も感じました。
【かすみ】

 

 

*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30


page top