2018年07月21日 (土)

障害について、子どもとどう話す?<みんなの声>

■障害の回、拝見しました。とても興味深い内容で、答えが1つじゃない、決めつけないカタチで放送されていたのが良かったと思います。私自身、身体障害(四肢体幹機能障害)のあるホゴシャです。子どもはダウン症の子も一緒に過ごす保育園で自然と友達になり、多様な人が社会にいて、それが当たり前だと経験的に学んでくれたと思っています。無理な交流イベントや、道徳の授業で学ぶより、数倍手っ取り早くて効果的。「馬には乗ってみよ人には添うてみよ」です。できれば「障がいのある子どもの保護者」だけでなく、「障がいのある保護者」も呼んでいただけたら!多様な悩みや工夫がそこにはあったりします。
【ポポー】


■ADHDという障害をもつ息子は障害者手帳をもつ事を拒否しています。障害に対して理解のない校長、担任に保健の先生が切なそうに話して下さった小学校時代を思い出しました。
【きら】

 

 

 

*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30


page top