「その他」

< その他 >

● 性的マイノリティーの子どもたち(2)~学校生活の悩み~
● 性的マイノリティーの子どもたち(1)~誰にも言えない思い~
● なんとかして!おなかの痛み
● 困った!学童に入れない
● 教えてゾロリ!子どもの気持ち
● AI時代 何を勉強すれば?
● 災害 そのとき子どもは
● ニュース見てる!?
● 子どもの心身の不調
● 聞いてよ! 尾木ママ
● 子どもの怖いもの
● 仲良くできる?外国から来た子どもたち 
● どうして忘れものをするの?
● ママ友とのつきあい方
● 燃えすぎ注意!?子どものスポーツ
● わが家の防災対策
● ちゃんと知りたい!イスラム教徒ホゴシャーズ登場
● 親子で話してますか?政治のこと
● 外国人ホゴシャーズの本音
● 親子で話してる?戦争のこと平和のこと

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:00:00 | 固定リンク


2019年07月27日 (土)

性的マイノリティーの子どもたち(2)~学校生活の悩み~<番組内容>

今回は、性的マイノリティーの子どもたちの学校生活の悩みについて、前回「性的マイノリティーの子どもたち①」に出演した方々に経験を語っていただきながら、考えました。

61102_ok.jpg


スタジオトーク 【学校で言われたつらい言葉】

ブルボンヌさん

・小学生の頃から、「オトコオンナ!」と言われ、「違うもん!」って言っていた。
・自分はみんなとは違うなぁという不安、仲間はずれや1人ぼっちなのかなという恐怖感があった。

福田さん(パティシエ/レズビアン)
・「オンナオトコ」「お前は男の子に興味ないんだろう」ということを言われた。

ユウさん(モデル/トランスジェンダー)
・「オカマ」と言われて傷ついた。



VTR取材① ユウさんの学校生活<小・中学校>】

イシヅカユウさんは、トランスジェンダー
男として生まれたが、小さな頃から、自分は女の子だと思っていて、黒いランドセルや、男子用の制服、男女で分けられる体育の時間などがつらく、無意識に髪を抜いてしまう「抜毛症」になった。中学生になると学ランがすごく嫌だったが、勉強が好きだったユウさんは、なんとかジャージで学校に通った。
しかし、宿泊訓練で心が折れて、不登校になってしまった。
多目的トイレを使用していいと言われたが、トイレに行く時だけ友達とは違うところに行くのが、嫌だった。

61245_2.jpg


ブルボンヌさんの意見

・学校は、人より目立つことが怖いと思ってしまう世界だから、物理的な対処プラス、友達が受け入れるための教育と、両輪じゃないとダメですよね。

●尾木ママの意見
学校は、すべての子どもが安心できる場所になるのが原則。授業や学級活動を通して、貫いていかなきゃいけないと思う。



スタジオトーク 【つらかったとき、心を元気にしてくれたもの】

ユウさん(モデル/トランスジェンダー)
・不登校のときに、自宅で好きな服装を選べたことが、心の支えだった。ミュールのようなかわいいサンダルや、Tシャツも、自分でかわいいのを選んでいた。
・また、不登校のときに通っていたのが、小さな頃から通っていた絵の教室。
好きな場所で過ごすうちにだんだん元気になった。自分の表現のひとつとして、絵や服などがあったことによって、自分を肯定できたり、自分がこうであるということを自分自身で認めてあげられたような感じ。

福田さん(パティシエ/レズビアン)
・学生時代にレズビアンであることを陰口で言われて、人とコミュニケーションを取るのが嫌だったが、お菓子を作る時間と、作ったお菓子を友だちにあげて喜んでもらうことが、支えだった。

ブルボンヌさん
・マンガとかゲームとかアニメ大好きだった。ゲームの中の主人公の性別を選べるとか、ヒロインが変身するなど、その世界の中でのびのびといろんなことが考えられた。

尾木ママの意見
よく、親や学校の先生は、「ゲームなんかやってないで、もっと他の世界に目を向けなさい」と言いがちだけど、子どもが楽しく過ごせると、だんだんと自分と向き合う力も出てくるし、その悩みから脱出できてくるんじゃないかな。




VTR取材② ユウさんの学校生活<高校>】

ユウさん
は、ある高校に“女子生徒”として、入学できることになった。
そこは、日中に通える定時制の公立高校で、制服や髪形などに規則がなく、さまざまな生徒がいた。
ユウさん「金髪もいたし、ギャルみたいな人もいたし。年齢も上の人もいたり、いろんな人がいることで、それが世界なんだって思ったんです。それまでの世界は、ごく一部の狭い中の、閉鎖されたものに過ぎなくて。中学までの生きてるのがつらいような不安感とは、もう全然違ったのは覚えてます。」

ずっと望んでいた、「女性」としての学校生活。
ユウさんは、心から学校生活を楽しむことができた経験が、今につながっているという。

ユウさん「高校は、自分のありのままの姿で、“そこにいていい”って言ってもらえたということ。“生きてていい”“いていいんだ”と思った。学校というのはひとつの社会なので、そこで“いていい”と言われたことで、その後もっと大きな社会に出て行く中で、すごい力になったし、勇気になった。それぐらい大きいことだと思います。」




VTR取材③ 【自分を好き?】

ユウさん
は、高校の3年間、体の性別が男であることを友達にカミングアウトしなかった。
後から聞くと、気づいている人もいたが、ありのままで友達付き合いしてくれたという。
多様性を認める関係が理想だが、性的マイノリティーの子どもは、周りと違うことで、自分に自信が持てない場合が多い。

そんな子どもの不安を母親のひと言が救ったケースを取材させてもらった。

61233.jpg 61235.jpg

杉山和希さんは、北海道の大学院に進学したときに、突然、休学した。
心配した母の眞規子さんは、
電話で「そんなことでは、いい父親になれないよ」と言ったところ、「僕は父親にはなれない、僕はゲイだ、僕は同性愛者だ」というふうに強い口調で、言い返された。

ふだんはおとなしく、声を荒げるような子じゃないので、母・眞規子さんはあることが気になって、こう質問をした。

「あなた自分のことをどう思ってる?好き?」

息子は、「わからない」と答えたという。「自分を好きでいてほしい」という気持ちでずっと子育てをしてきた眞規子さんは、心配して北海道へ会いに行った。すると、待ち合わせ場所で和希さんは、女装姿で待っていた。

61237.jpg

初めて見た眞規子さんは、近づいていって

「あなたなの?」と聞くと、
「うん」と言うので、
「きれいじゃないの!」と言った。


和希さん
はこんな格好で待っていたものの、不安でいっぱいだったという。このころ和希さんは、大学院で哲学の研究者を目指していたが、一方で、「ドラァグ・クイーン」という女装をしてショーを行う仕事に魅力を感じ、どう生きていくかを悩んでいた。

和希さん「ドラァグ・クイーンっていう格好で、理解してもらいにくいからこそ、このままの格好で会いに行った。そしたらすんなり「あんたはあんただよ」「本当にかわいい」って受け入れてくれて、びっくりしたし、すごく安心もした。
ゲイだっていうことについて怖がってたりだとか、ゲイだっていうことを背負って生きていけるかどうか、その不安もずっとあった。

しかし、母親から「自分のことを好き?」と聞かれたことであることに気付いた。

和希さん「自分で自分のことを受け入れられるかどうか、ゲイだということを受け入れられてなかったのは自分だったんだ、ということに気がついて、偏見が自分の中にずっとあったんだなと、母親が認めてくれたときに初めて気がつきましたね。母親が受けとめてくれたことで、ふわーって解けていったみたいな感じだったかもしれないです。」

ゲイである自分を認めることができた和希さんは、大学院を卒業後、あるがままの自分で生きていこうと決めた。
今は、“女装子”としての「満島てる子」という人格と、“ドラァグ・クイーン”の「テルマゑ・ノヱビア」という人格など、いろんな自分がいていいんだなとだんだん思えるようになった。これからもいろんなふうに変わっていくかもしれないし、変わっていく自分でいいと思っているそうだ。

61243.jpg



スタジオトーク 【自分のことを好き?】

福田さん(パティシエ/レズビアン)
・「自分のことを好き?」という言葉を聞いた時は、ちょっと心に来るものがあった。私は自分のことがずっと嫌いだったので、まず自分が受け入れられなかった。私の場合はレズビアンなので、女性が好きという、その事実を自分が受け入れられなくて。

ブルボンヌさん
・小学生のときは「俺」って絶対言えなかった。強い「男性性」を感じて、使えないと思っていた。しかし今、仕事で女装をバンバンして女の引き出しいっぱい開けたら、「男の引き出しもあった」という気づきがあって、今は家では「俺」と言っている。自分に自信を持つと、今まで自分が怖かったことも「なんだ、こんなことだったんだ」と思える。
・最終的には自分自身の内側から自分を認めることが大事。

尾木ママの感想
・子どもが自分らしくありのままでいられて、自分を好きでいられるような家庭や学校の環境を作ってあげて欲しい、それが大人の責任かもしれません。

61115.jpg

END


 *番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | 固定リンク


2019年07月20日 (土)

性的マイノリティーの子どもたち(1)~誰にも言えない思い~<番組内容>

性別に対する違和感や、同性愛など、
性的マイノリティーの子どもは、親にも言えず、ひとりで悩む場合が多い。
今回、その苦しい気持ちに耳を傾けました。

スタジオで、子どもの頃を振り返りながら自分の経験を話してくれたのは、
当事者である3人の方と、ブルボンヌさん
保護者2人と、ゲストのユージさんも一緒に考えました。
 
61101_ok.jpg 61102_ok.jpg


まずは、ゲストのブルボンヌさん尾木ママが、【セクシュアリティーとは何なのか】について話しました。


61104.jpg 61108.jpg


ブルボンヌさん「ゲイ」で「女装パフォーマー」。
「人前で派手なメイクをするのは、“女の人ってなんだという”ということをデフォルメする遊びの文化なんです。」

尾木ママ「尾木ママ」と呼ばれるようになったのは、およそ10年前。
そのころ、自分が何者か分からなくなって
少しずつ自分のセクシュアリティーと向き合うようになったそうです。

尾木ママ「服装や言葉や好きな芸術など“表現する性”が多数派と違っている。
好きな芸術は、女と男の間かな。あるいは分野によってはぐっと男性に近づいていることもあれば女性に近づいていることもある。グラデーションをイメージしてもらうと分かりやすいかなと思います。」





61110.jpg 61115.jpg


番組では、性的マイノリティーの子どもが、なかなか親に打ち明けられなかった理由を聞かせてもらいました。

原岡さん(20代・トランスジェンダー・親へのカミングアウトは16歳)
「小学生のころから性別違和があったが、
 これは母には、言うことじゃないって思っていた。
 自分でも“自分は何者なのか”わからなかったので。
 自分がはっきりしてないと、親に伝えられないなと思っていた。」

斎藤さん(50代・トランスジェンダー・親へのカミングアウトは35歳)
「小学校から何か変だなとは思っていて、
 自分が何者か分からないぐらいでこんなに苦しいのかと思った。
 母親はとても娘が欲しい人だったので、兄の次に女の子として生まれてきた自分が
 『男として生きていきたい』とは言い出しづらかった。

福田さん(20代・レズビアン・親へのカミングアウトは19歳)
「女性に生まれたが、小・中学生の頃は、女性として体が成長するのが嫌で、
 女性に恋をしたので、自分をトランスジェンダーじゃないかなと思っていた。
 親を残念な気持ちにさせたくなかったのと、否定されるのが怖くて言えなかった。


61113_2.jpg 

精神科医の針間さんによると、小さなころ自分の体や恋愛に違和感があっても、自分で理解するまでには、時間がかかるものだといいます。

針間医師インタビュー<本人が自覚する時期について>

●体の性別に違和感があっても、“そうなのかな、どうなのかな”と、本人自体が非常に揺らぐこともあります。
●トランスジェンダーの人は、“体は女性なんだけど、スカートはきたくない”というような気持ちは小さいころからあって、だんだん思春期になって、その気持ちがより、“自分は男でなく女だとか、女でなく男だ”と強まるような変化をしていきます。
●ゲイ、レズビアンの人も、ちっちゃいころから何となく男の子好きだな、女の子好きだなという気持ちがあって、思春期になって恋愛感情が強まる時期に意識し出すことが多いと思います。



また、子どもが言い出しづらいとき、親はどう受け止めればいいのか聞きました。

針間医師インタビュー<親の受け止め方>
●あまり本人の中で熟していないときには、カミングアウトできない
子どもが隠しているときに、無理やり言わせるのは、逆に苦痛を与えることに。
●子どもが悩むこと自体は悪いことじゃなく、自分自身を見つめて、自分のセクシュアリティーに向き合うことで、すごく考えが深まっていく。
●子どもが性的マイノリティーではないかと思っているのであれば、“理解がある親なんだよ”ということを日常の中で何気なく示すのがいい
例)テレビを見て「こういう人・こういう生き方もあるよね」と言う
  性同一性障害の本を置いておいて「親も勉強しているよ」と伝える
●子どもがカミングアウトをしてきたときは、まず親がしっかり話を聞いてほしい。
子どもの気持ちからすると、いきなり「じゃあ精神科へ行くぞ」と言われたら、ショックを受けることもある。
親がしっかり話を聞くことは、お子さんにとって8割も9割も大事なこと。
これまでどおり子どもを愛するよ、ということを伝え、さらに相談にも乗ってくれるし、何かあれば学校や病院とやりとりしてくれるとなると、非常に心強い。




性的マイノリティーの子どもが、親に求めることとは。

原岡さん(20代・トランスジェンダー・親へのカミングアウトは16歳)
「理解までは別にしなくていいと思う。ただその人の意見を尊重するというか、“私はまだ受け入れられないけど、あなたはそう思うんだね”と、ひとこと言ってあげるだけで、その子の人生は結構大きく変わるんじゃないかな」

斎藤さん(50代・トランスジェンダー・親へのカミングアウトは35歳)
「100%理解してもらうことは、結構難しい。でも、自分の親はカミングアウトを受けてから、本とか心療内科の先生に話を聞きにいったり、情報を一生懸命集めて、理解しようとしてくれていました。親が、私のことを愛してくれているし、とにかく一生懸命受け入れようとしてくれているんだって伝わってきたので。それで本当に十分でした」



尾木ママは・・・
「性の話は、親子で話しづらいけれど、子どもが幸せに生きていくためには、絶対避けて通れない。とっても大事なテーマだと思います。」




END




*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | 固定リンク


2019年07月13日 (土)

なんとかして!おなかの痛み <番組内容>

今回は、「なんとかして!おなかの痛み」。
番組で小・中学生に行ったアンケートによると、ふだんの生活の中でおなかが痛くなることがあると答えた子どもは78%にも上った。
わが子が「おなかが痛い」と言うとき、親はどう対処すればいいのか。専門家の意見を交えながら、尾木ママとホゴシャーズ、ゲストの西田幸治さん(笑い飯)も一緒に考えた。

61001.jpg 61002_2.jpg

61003.jpg
<専門家>順天堂大学医学部附属順天堂医院・小児科医師 幾瀨圭さん


◇緊張すると下痢をしてしまう◇

<ホゴシャーズの声>
・テストなどの大事な場面で下痢をしてしまう。親としてどうし対処したらいいかわからない。

61004.jpg 61005.jpg

<専門家・幾瀨さんの見解>
●ストレスに対して腸が過敏に反応してしまう「過敏性腸症候群」に近いのではないか。

◆「過敏性腸症候群」とは…
症状:下痢や便秘、あるいはその両方を繰り返す。
原因:ストレスによって、腸がうまく動かなくなる。
改善には:
 ①脳がストレスを感じにくくするために物事の捉え方を変えていく。たとえば、テストの結果ではなく過程を大事にする、など。
 ②症状が長引く場合は医療機関に相談する。



◇繰り返し「おなかが痛い」と言う子ども。これって仮病?◇

<保護者の戸惑い>
・具合が悪いと担任の先生から連絡があり、迎えに行く。でも帰宅すると元気になる。
・登校前に「おなかが痛い」と言う娘。学校を休ませるとすぐに治る。

61006.jpg

<尾木ママの見解>
・だまされるのが仕事だと思うことも大事。ときにはだまされる人も必要。

<幾瀨さんの見解>
・子どもが「おなかが痛い」と言うときには必ず何か原因がある。親はまずは受け止めて話を聞く。
受診が必要なのはどんなときか
 →生活に支障があるかないかがひとつの判断基準になる。例えば、学校に通えない、行事に参加できない、すごく痛がる、痛くて眠れない、体重が減ってしまう、など。



◇便秘◇
「小学生の6人に1人が便秘状態」だという(NPO法人 日本トイレ研究所 2017年調べ)

便秘とは: 排便が週2回以下、痛みや出血を伴う、時間がかかる、毎日出ていても硬くて量が少ない。
原因: 食生活、体質、ストレス、など。
改善のために:
 ①食事は、残さず食べられる量を配膳して、子どもがバランスよく栄養をとれるようにする。
 ②食事では特に食物繊維が大事。食物繊維が多い食材は野菜のほか、豆類やナッツ、きのこなど。

61007.jpg 61008.jpg

③十分な水分をとる。体重20キロ以上の子どもでの目安は1.5リットル(食事に含まれる水分も含む)。水分をとるのにオススメのタイミングは朝起きてすぐ。体を起こすと腸が動き出すが、このタイミングで水分をとると、胃が膨らむのでさらに腸が動く。
④トイレに座る習慣が大事。食後に5分、便意がなくても座る。


子どもが排便しやすい姿勢は?
1.踏み台に足をのせて体を安定させる。
2.太ももに両ひじをついて背筋を伸ばし、前傾姿勢になる。

こうすることで、直腸から肛門につながる便の通り道がまっすぐになり、排便しやすくなる。

61009.jpg



<「学校ではトイレに行きにくい」問題について>

・トイレに行くと、「アイツ、ウンコしに行ったんじゃない?」と言われるのがイヤ。
・休み時間は行きづらいので授業が始まってから「トイレに行かせてください」と手を挙げていた。


<幾瀨さんの見解>
・我慢すると便が硬く大きくなってどんどん出しづらくなる。おなかの痛みにもつながるので、学校の先生とも相談して、トイレに行きたいと思ったら遠慮せずに行ける環境を作ってほしい。
・お通じの問題、ふだんの生活の中で改善しきれない場合は早めに医療機関で受診してほしい。


<尾木ママのアドバイス>
・快便は学校生活を送る上でとても重要。
勉強するときの集中力や、よい友だち関係にも影響すると、重要視する教師は多い。
保護者は子どものお通じのことを気にかけて、学校の先生にも子どもの状況を話してほしい。




END





*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | 固定リンク


2019年05月11日 (土)

困った!学童に入れない <番組内容>

共働きやひとり親家庭が増え、需要が高まっている「学童」。

しかし、この春にはSNSで「保育園落ちた」ならぬ「学童落ちた」という言葉が目立った。学童が不足し「利用したくてもできない」という家庭が増えているのだ。学童に入れなかった家庭はどうすればいいのか?

今回は、「ウワサの保護者会・ジャーナル」と銘打ち、3人のお子さんがいる、くわばたりえさんと日本学童保育学会・代表理事の増山均さんをスタジオに招き、学童問題について話し合った。 

60401.jpg 60402.jpg

60404.jpg


 【学童に入れない… カタクリさんの場合】
都内に住むカタクリさんは、夫婦共働きで帰宅するのは早くても夕方6時。そのため長男を学童に預けていたが、小学3年生になる今年は待機児童になってしまった。夕方5時までは学校で過ごすことができるが、問題はそのあと。児童館は子ども一人で通える場所になく、企業が運営する学童は費用が高く予算オーバー。結局、習い事を入れたり、仕事を早く切り上げたりして対応することにしたカタクリさん。しかし夏休みの居場所は決まっていない。

60405.jpg 60406.jpg

 

<ホゴシャーズの感想>
・学童の代わりに習い事に毎日通わせるのは、お財布に安心安全じゃない!
・フルタイムで働いていても入れないのは何とかしてほしい…



【保護者が学童をつくる ヒバリさんの場合】
待機児童が過去最多となった昨年。自分で学童をつくることにした保護者もいる。保育士として、子育て支援をするNPOに勤務するヒバリさんは、小2の長男が学童に入れなかった。このままでは仕事を続けられないかもしれないと上司に相談。すると「自分で学童をつくってみては」と提案された。
指導員や助成金の確保など課題はあるが、ヒバリさんは夏までの開設を目指している。

60411.jpg 60412.jpg


<専門家・増山均さんの見解>
・そもそも法律に学童保育が書き込まれたのは1997年。
それまで半世紀は親たちがヒバリさんのように協力して、場所を探し運営費を作ってなんとかやってきた。今も公的支援は不足している。
・いま発表されている待機児童数は氷山の一角。実際には入れないと最初から諦めて申込みすらしない人もいる。学童保育そのものがないところもある。潜在的待機児童は膨大にいる


<国の待機児童対策>
「新・放課後子ども総合プラン」(2018年9月・文部科学省/厚生労働省策定)
→3年間で25万人分の受け皿を用意し、待機児童を0にするという方針を発表
→現在は「指導員の配置基準は2人以上(うち1人は有資格者)」という基準を拘束力のない参考基準に緩める方針。


<ホゴシャーズの意見>
・指導員の配置基準がゆるむのは心配。保育の質は担保してほしい!

 


◇「待機児童解消のため、とにかく受け入れ人数を増やす」という国の方針について専門家は?◇

池本美香さん(日本総合研究所主任研究員・保育や学童問題に詳しい)
・親が働けるようにするためだけではなく、子どもが豊かな放課後を過ごすために何が必要かという視点を持つべき。
・フィンランドでは見守りの大人が常駐している公園があり、学童の役割を果たしている。公園内には建物があり、室内遊びをしたりおやつを食べたりすることもできる。
・ドイツでは、高齢者などと過ごす「多世代の家」という場所や、動物の世話をして過ごせる農場が放課後の居場所になっている。

60409.jpg 60410.jpg


<ホゴシャーズの感想>
・自分で放課後の居場所を選ぶことができたら、子どもたちも満足できるのでは。
・放課後は、子どもがもっとのびのび自由に、やりたいことをやる時間のはず。


<尾木ママの意見>
・日本は「子どもの最善の利益を追求する」とうたう子どもの権利条約に批准しているのに、子どもたちが楽しむことができる放課後の居場所づくりが遅れている。これは大人の責任。子どもたちに申し訳ない!


<専門家・増山均さんの意見>
・日本では学校が中心で放課後は付け足し、と考えられがち。しかし放課後も子どもの成長発達のために大切な時間だということを忘れずに。





END 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | 固定リンク


2019年04月06日 (土)

AI時代 何を勉強すれば?<番組内容>

AI(人工知能)の実用化がどんどん進んでいる。いつかAIが人間に代わって仕事をするようになるかもしれない。でも、そうすると子どもの将来は? 「怠け者になって、AIの奴隷になってしまうのでは?」 AI時代を生き抜くため、子どもたちはどんな勉強をすればいいのか?

学習環境の研究をしている東京大学の山内祐平教授とパパ1年生のりゅうちぇるさんも参加して話し合った。

60102.jpg 60103.jpg


◇AI時代に仕事はどうなる?◇

<山内先生の解説>
・オックスフォード大学の研究者がアメリカの仕事を分析ところ、以下のような結果に。
【自動化される仕事】レストランの調理師や一般的な事務員など。
【自動化されにくい仕事】小学校の先生やデザイナーなど、なにか新しい物を作ったり、人間関係を大事にしたりするような仕事

60104.jpg 60105.jpg

・最新の研究によると、自動化される仕事は、だいたい1割ではないかと言われている。
・新しい技術が生まれると新しい仕事も生まれるもの。あまり心配しなくてよい。


◇では、いまの時代、理系がいいの?文系がいいの?◇

<ホゴシャーズの意見>
もみじさん「論理的な考え方が仕事に役立つので、理系がよい。」
ももさん 「文系の、人の気持ちとか考え方のほうが大切。」
あやめさん「AIを作る側の人になればいいと思い、プログラミング教室を体験させた。」

60106.jpg

AI時代を見すえて、いまプログラミング教室に通わせようと考える保護者が増えている。
理由の1つに、2020年度から小学校でプログラミングが必修化になることがある。

<山内先生の解説>
・必修化といってもプログラミング科ができるわけではない。算数や理科などの中で、授業をより分かりやすくするためにプログラミングを使う。
・プログラミングを使って、なにかの問題を解決したりする思考力(プログラミング的思考力)を身につけさせる事が目的。

60107.jpg 60108.jpg


◇「AI時代の親の心構え」インタビュー◇

<金沢工業大学 大学院 教授 三谷宏治さん>
60109.jpg

・AI時代に必要なのは、新しいものを生み出すこと。そのためにはやってみるしかない。
試行錯誤ができる力こそが、これから子どもたちが身につけるもの。
・企画を任せてみるのもいい。例えば、予算5,000円でお母さんの誕生日を仕切らせる。
自分で調べて、自分で決めて、成功したり失敗したりすることが、何よりの経験になる。
子どもを任せて信じてあげることが、親がするべきこと」


<人材育成コンサルタント 藤野貴教さん>
60110.jpg

・AIは“うのみ”にするが、人間は問いを持つ。 
「何のために生きるのか」「この仕事は何のためにやるのか」など一つ一つのことに目的と意思を持つことが、AI時代には必要。
・人生100年時代。親もこれから何十年も働いて生きる。
自分が何を大事に生きていくのか、親がそこに問いと目的意思を持つことも大事。


<尾木ママの見解>
・いろんな教室に行って「どれもうちの子には合わなかった。才能がない子だった」と言うのは間違い。興味を持ってるものが、子どもの才能。親はそれを支援してあげることが大切。

60111.jpg

 

 

 

END

 

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | 固定リンク


2019年03月16日 (土)

くうねるあそぶ×ウワサの保護者会「災害 そのとき子どもは」<番組内容>

2018年、水害や台風など大きな災害に何度も見舞われた日本列島。
災害が発生したとき、子どもたちには、どんなことが起きていたのでしょうか?
今回は「くうねるあそぶ子ども応援宣言」と「ウワサの保護者会」がコラボして、災害が起きたとき、子どもたちを守るために私たちが今できることは何かを考えました。

子育て真っ最中の関根麻里さんユージさんも参加して、川崎市立上丸子小学校で収録しました。

53001.jpg 53002.jpg

★「くうねるあそぶ子ども応援宣言」は、すべての子どもが安心して暮らせる社会を目指すためのシリーズ番組
http://www4.nhk.or.jp/kodomo-pj/


◇子どもと避難◇西日本豪雨で被災した家族の選択

・岡山県倉敷市真備町で西日本豪雨の被害にあった佐藤さん一家を取材しました。
・佐藤さんは、年少から小学生までの3人の子どもと、高齢の両親と祖母の8人家族。
・夜8頃:雨が強くなったのでハザードマップを確認。家の3階までは浸水する可能性は低いと判断し、子ども・両親・祖母を3階に移動させました。
・夜10時頃:「避難勧告」の情報が携帯メールに届きますが、大雨の中避難所へ向かう方が危ないと判断し、家にとどまることを決めました。
・川の堤防が決壊し、自宅2階の天井まで浸水しましたが、佐藤さん一家は無事でした。
・翌日ボートで救助された佐藤さん一家。
「避難所に向かわず、自宅で待機したことは結果的に良かったが・・・」と語ります。

53003.jpg 53004.jpg


<専門家の意見・元吉忠寛教授(関西大学・災害心理学)>

・子どもと避難する時には抱きかかえる必要があるなど、大人が一人で避難するのとは状況が異なり、様々な判断が難しくなる。そのため、早めの避難が大切。
・避難の際は、指定避難場所にこだわらず、親族や友達など身近な頼れる人の元に避難してもよい。
・どうすれば身の安全を確保することができるかを最優先に考えること。


<自治体から出される避難情報の確認>

53005.jpg

「避難準備・高齢者等避難開始」には、乳幼児のいる家庭が含まれている。
この情報が出たら避難を始めること!


◇災害が起きたら、どう行動する?事前に決めて、必ず実行すること!◇

・これまでの災害では、避難が必要という情報を理解しても、行動に移さなかった人が数多くいました。「子どもと避難所に行くのはかえって大変」など、避難しないことを正当化する心の働きがあるからだといいます。
・避難情報が出たら「どう行動するか事前に決める」「その通りに実行すること」が大切。
・事前にハザードマップをチェックし、できれば練習しましょう。

53006.jpg

<尾木ママの意見>
・分かっていても動けない、ということにならないために、“教育”が大切。
・東日本大震災の時、岩手県釜石市では「津波てんでんこ」という東北沿岸部に伝わる教えをもとに、子どもたちが率先して逃げた事例がある。津波てんでんことは、「津波がきたら家族のことは気にせずてんでばらばらになって逃げて自分の命を守りなさい」という意味で、常日頃から子どもたちが教わっていた。
教えを学んで、具体的に練習して学ぶ教育がこれからも大切になる。


◇子どもと避難◇地震でマンションに取り残された親子の選択◇

安達さん親子は、札幌市内のマンションの13階に住んでいる。
・昨年9月、北海道胆振東部地震で停電が発生。マンションの電動ポンプが停止し水道が出なくなりました。家で水の備蓄はしていなかったため、トイレを流すことができず、水を使って調理する食品(即席ラーメンなど)も食べられませんでした。
・非常階段から1階に降りようと試みますが、手すりがなく、幼い子どもと一緒に降りることは難しいと判断。、家のなかで過ごすことに決めました。
・結局、地震発生から36時間、家のなかで過ごしました。

53007.jpg 53008.jpg


<家に備蓄しておくと良いもの>
・最低3日分の備蓄を行うのが望ましい。
・子どものいる家庭は、おむつ・ミルク・おもちゃ・お菓子も役立つ。
・水は子どもも大人も1日最低2リットル必要。

53009.jpg


<ローリングストック法とは?>
・「南海トラフの巨大地震など広域災害がおきると1週間分備蓄しておく必要もある」という専門家もいる。
・「ローリングストック法」がおすすめ。 レトルト食品やパスタなど普段も食べるようなものを多めに買っておおき、常に備蓄分も残しながら新しくしていく方法。

<キャンプ用品も役立つ・・・尾木ママのおすすめ
・カセットコンロを使う調理用具や、寝袋など、キャンプ用品は防災にも使える。
・防災力をあげるうえ、困難な状況を前向きに積極的に生きる良い心構えにつながる。


◇子どもが一人でいるときに被災したら?◇

通学路が心配
・登下校中に災害に遭遇したら、どんなことに注意すればいいのか?
・川崎市に住む山口さん親子が危ないポイントをピックアップし、防災士の柳原志保さがチェック!

53010.jpg 53011.jpg
① 高層マンション:地震が起きたら窓が割れて落ちてくるかもしれないので安全な建物の中に入る。
② 狭い道:古い建物は倒れやすいので、真ん中に寄る。
③ 電柱と電線:地震が起きたら電柱が倒れたり、電線が切れたりする可能性もあるので近づかない。
④ 自動販売機:ほとんどが地面に固定されているが、重量は800キロもあるので近づかない方が安全。

<防災士・柳原さんからのアドバイス>
・災害が起きた時、通れなくなる道もあるかもしれない。通常の通学路以外の迂回路をあらかじめ決め、一度は子どもといっしょに歩くとよい。
・地震が起きた時「そのまま学校へ向かうのか?それとも家に向かうのか?」判断できる場所を決めておく。


「習い事に行っているときに被災したら?」
・塾やサッカー教室など、習い事によって災害時の対応は異なる。
・保護者とどうやって連絡を取るのか?子どもは待機させてくれるのか?など、事前に確認するとよい。
・「パーソナルカード」を持たせるとよい。名前・家族・連絡先・持病など記し、カバンに入れておくと安心。

53012.jpg 53013.jpg


「発達障害の子どもは避難所で過ごせるか?」
・市役所の防災課に個室を準備するなどの対応をしてもらえるかどうか、、いまから相談してみるのが大切。
そうして、行政に声を届けることも意味がある。
・サポートが必要な人向けの「福祉避難所」があるかどうか相談するのもよい。
・何もないときこそ、防災課とつながることが大事!


◇災害が起きたとき 子どもの心をどうケアする?◇

北海道胆振東部地震で地盤が液状化し、道路や建物に大きな被害があった札幌市清田区里塚地域。
・地震から5ヶ月のからまつ保育園では、子どもたちはようやく日常を取り戻しています。
・しかし、月に一度の避難訓練では泣き出す子ども。保育士たちはケアをしながら関わっています。

53014.jpg 53015.jpg

・札幌市内に住むあかりちゃん(2)は、地震後、ある行動をするようになりました。
・余震が起きるたびテレビをガタガタと揺らし、地震の場面を再現するようになったのです。
・さらに、人形を使って家から避難する様子を再現する遊びもするようになりました。
・周りの音にも敏感に反応するようになり、母親の友理恵さんは不安に思っています。

53016.jpg


<専門家の見解・手代木理子教授(札幌学院大学・臨床心理学)>
・大人が辛かったことがあれば「こんなことあって辛かった」と言葉で表現するのと同じように、子どもは遊びでそれを表現します。
・それは問題ではなく、むしろこどもが元気になる過程で必要なことでもあるのです。
・あかりちゃんの”災害あそび”は変化が見られます。「地震だ」→「地震だ、逃げよう」→「バスに乗って逃げよう」。こうして自分の体験をリメイクし、自分でコントロール可能なものにすることで、不安なものをじ不安ではないものに置き換えている。子どもにはそうした力がある。温かく見守ることが大切です。

53017.jpg 53018.jpg

<医療機関への相談など注意が必要な場合もある>
・睡眠不足や食欲不振などが1ヶ月近く続く場合は医療機関に相談するなど注意が必要です。

<尾木ママの意見>
・小中学生の子どもも震災前の友達と会ったり、いっしょに体験を共有したりすることが役に立つ。


◇子どもの心のケア いつも通り遊ぶこと◇
・熊本市にあるさくらんぼ保育園は熊本地震で被災しましたが、幸い建物自体に損傷はありませんでした。
・園長の建川美統さんは、すぐに園を避難所として開放。
・特に気を配ったのは、子ども達の遊ぶ場所を確保すること。園庭は普段通り子ども達が遊んでいいことにしました。
・すると、地震直後からショックで声がでなかった子どもが、遊ぶ中で笑顔を取り戻し、声を出せるように。
その姿に、保護者自身も安堵したという。

53019.jpg 53020.jpg


<尾木ママのまとめ>
・保護者が自分がどういう被害を受けたかほとんど語れないケースを見てきた。
・お互いに顔をあわせて不安な気持ちを共感する場所が大切。
・保護者を支えることが究極的に子どもを支えることにつながる。
・自然の脅威は必ずやってくる。被害を少なくする“減災”のためには、親子で共に考え経験をすること大事。





END 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:00 | 固定リンク


2018年12月01日 (土)

ニュース見てる!?<番組内容>

「ニュースにまったく関心がない!」 「芸能ニュースばかり見ている!」
今回は、こんな悩みを持つ親たちが集まり、子どもとニュースの関係について考えた。

52102.jpg 52101.jpg


◇子どもがニュースに無関心!◇

ハムスター
さんの中学生の息子は、ニュースにまったく興味を示さない。
理由を本人にたずねると、「自分には関係ないから」という返事!母は、この現状に不安を抱いている・・・

52113.JPG


<ホゴシャーズの意見>
・ニュースに共感できるかどうかは、自分の知り合いが関わっているか というポイントだけ。
・高校生、大学生でも、「自分には関係ない」と ニュースに無関心。


<尾木ママの見解>
・自分の趣味とか興味関心だけに偏った大人や子どもが増えていて とても心配。

52104.jpg

<元キャスター下村健一さんの見解>
・「ニュースは関係ない」というのは、子どもの普通の感覚。どうやってニュースと関係を持たせるかを考えるのが大人の仕事。
・ニュースは みんなが知っていなければいけないことだと 伝えることが大事。


◇ニュースに興味を持たせるために◇

ふじさんは、中学生の娘に ニュースの解説をすることを日課にしている。
政党の派閥や台風の進路について、この日も娘が宿題をしているそばで話し続けた・・・
しかし、娘からは「ニュースを見たくて見てるわけじゃない」という反応。ニュースに興味を持たせるには、どうしたらいいのか?

52114.JPG


<元キャスター下村健一さんの情報>
自分の父親はニュースを見ながら、いろいろ意見を言う人だった。
でも、意見は子どもに向かって言うのではなく、テレビ画面に向かって言っていた。
その姿を見ながら、自然にニュースが理解できるようになった。
父の「横顔」を見ながら、ニュースに興味を持つようになった。


<尾木ママの見解>
ニュースを見ている親の姿を 子どもに見せることも大事。
親がテレビを見ながら涙を流すのも、すてきなテレビの見方!


◇知っておきたいニュースの見方◇

元キャスター下村健一さんは、各地の学校などでメディアについての特別授業を行っている。
この日は中学校で「情報に踊らされないためには」というテーマで授業。
テレビやインターネットの情報を見るときの大事なポイントを解説している様子を取材させて頂いた。

52106.jpg

ポイント①
ニュースやインターネットの情報をうのみにするのではなく、ほかの見方がないか考えることが大事!

52108.jpg

たとえば、「人里にクマが出た」というニュースは人間の立場から見ているが、クマの立場から見れば「クマ里にヒトが出た」ということになる。世界のニュースも、日本から見た場合、アメリカから見た場合、ロシアから見た場合・・・と様々な立場になって考えてみると、ニュースが立体的に見えてくる。

52107.jpg


ポイント②
ニュースの情報は事実なのか、それとも誰かの意見や印象なのかをチェック。

たとえば「我々から逃げるように、疑惑のAは裏口から出て行きました」というコメントは・・・
●「我々から逃げるように、疑惑の」=印象・意見
●「Aは裏口から出て行きました」=事実

52109.jpg


<カラスウリ家で実践していること>
ニュースを様々な角度から見るために いろんなテレビ局のニュース番組を録画して見たり、新聞記事と見比べたりして家族で話し合っている。
娘と意見が違うこともあるが、多様な意見があることが伝わっているようだ。

52110.jpg


◇ニュースなら 何でも見せていい?◇
番組アンケートでは「ニュースならば、なんでも子どもに見せていいのか?」という質問も寄せられた。

52111.jpg


<ホゴシャーズの経験>
デメキンさんの息子は、東日本大震災の時に津波の映像を見ているうちに不安定になり、 トイレに行く回数が増えてしまった。
デメキンさんは、ニュース映像の見せ方に問題があったと反省している。
・娘が影響を受けやすいタイプなので、ニュース映像の見せ方は気を付けている。
親が大丈夫か判断して、映像によっては消して、言葉でやわらかく伝えるようにしている。

<小児精神科医 古荘純一さんのアドバイス>
ショックな映像を見た子どもがトラウマにならないために、ニュースを見る時は、なるべく親もいっしょに見てください。親は大げさに怖がったり不安がったりしないで、子どもの表情を見ながら 「ここは安全である」と伝え、子どもを安心させてあげてください。

<尾木ママの見解>
ニュースは真実だから、全部伝えて、そこから情報を受け取っていくというのは大事。
でも作り手にはテレビ画面の向こうには、子どもがいるということを意識してほしい!

52112.jpg

<元キャスター下村健一さんの見解>
「子どもにニュースを見せよう」 ではなく、「親子でニュースを見よう」 というスタンスが大事!




END 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | 固定リンク


2018年11月10日 (土)

どうなる?これからの部活<番組内容>

今回のテーマは「部活」。

いまや全国の90%近くの中学生が入っている部活だが、長時間の練習や教師の負担が大きな問題になっている。
2018年3月には、スポーツ庁から運動部の活動基準を示すガイドラインが発表される事態に。
これから部活はどうなるのか?

スタジオには、かつて部活に没頭したという井上咲楽さんペナルティ ヒデさが登場。
部活に実態に詳しい名古屋大学の内田良准教授も参加し、みんなで話し合った。

52001.jpg


◇部活の時間が長い!?◇
ホゴシャーズの中には、1週間に6日くらいは部活の練習をしてほしいという声がある一方で、練習時間が長いため、子どもが疲れているのではと心配する声も。

52002.jpg


<専門家・内田良さんの意見>
・実は全国的にも練習時間、練習日数、大会の数が増えている。
・そもそも部活の活動時間に決まりはない。 「隣の学校もやっているからウチもがんばらないと」と、過熱しやすいのでは?


◇教師のホンネは?◇
いまの部活のあり方は教師の働き方にとっても大きな問題。
そこで実際に部活の顧問をしている教師たちにホンネを聞いてみた。

52003.jpg 52004.jpg

◆教員の半分ぐらいは部活の顧問はやりたくないという感覚があるが、やりたくないとは言いにくい。
◆顧問が考える「部活を過熱させる原因」は3つ。
 ①教師としての評価:授業ではなかなか評価されないが、部活をやっていると”良い先生”と思われがち。
 ②子どもの熱意:試合をしたいといわれると断れないが自分の拘束時間は増える。子どもの笑顔を見ると断れない。
 ③保護者:長ければ長いほど良いと思っている保護者もいる。お守りをさせられている感じがする。「前の顧問はやってくれたのに」と言われるとつらい。

52005.jpg


◇部活のガイドラインが発表◇
今年3月、スポーツ庁が運動部の活動基準を示した「ガイドライン」を発表。
週に2日休みをとること、活動時間を2時間程度にとどめる、など具体的な目安が記載されている。


<専門家の意見>
・実は文部科学省は20年前にも「部活は週2日休む」というガイドラインを出している。
 しかし、実際はその後過熱してしまった。
・だからこそガイドラインを徹底させるうえで大事になるのが、“保護者の理解“。


◇ガイドラインで変わった!静岡の場合◇

52006.jpg

・国とは別に、独自に部活のガイドラインを作った静岡市。
活動日は週4日・土日どちらかは必ず休み、と決めた。
・部活に打ち込む生徒たちからは「練習が少ない」と心配の声もある一方、これを機に練習メニューを効率的に変えることができた、という声も。
・静岡市の大里中学校では、部活のない日に「放課後サークル活動」を始めた。
公民館の協力を得て、各種スポーツ教室や心理学の講座など18種類のサークルを開催。保護者や大学生のボランティアが指導していて、生徒の参加は自由だ。

52007.jpg


<ホゴシャーズの感想>
・部活の時間を短くするには保護者の協力も大切になると感じた。
・保護者として何ができるのか、今一度考えなければと思った。

<専門家の意見>
・部活は、楽しいというのが原点。
・トップアスリートを育てるための仕組み・楽しむための仕組み、2つ用意するのが重要だ。

<尾木ママの意見>
・部活のよいところを残しつつ、学校とは本来どういう役割なのか?もう一度問い直すことが重要


52008.jpg


END

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | 固定リンク


2018年11月03日 (土)

子どもの心身の不調<番組内容>

テーマは「子どもの心身の不調」。
今回は小学生になっても続くおねしょ「夜尿症」と、
思春期を迎える多くの子どもたちが苦しんでいる「起立性調節障害」の2つを取り上げた。
スタジオに専門家も迎え、親子で病気にどう対応していくか語り合った。

51901.jpg


◇夜尿症◇

<ホゴシャーズの声>
・毎晩のようにおねしょをする。いつ治るの?
・子どもが悪いのではないと分かってはいても、つい腹を立ててしまう。

51902.jpg
<専門家>
順天堂大学医学部付属練馬病院・小児科医師 大友義之さん

◆夜尿症とは、「5~6歳以降も続くおねしょ」と定義される。
◆受診のめやす:
 ①小学生になっても続いている
 ②頻度が週1回以上
 ③本人または親が困っている
◆小学校入学時点で「夜尿症」と診断がつくのは15%弱。珍しくはない。


<ホゴシャーズ・サメさんの場合>
・小学2年生の息子が毎晩のようにおねしょをしている。
・寝る時にはオムツをはき、寝る2時間前から水分を控え、寝る直前にトイレへ行くようにしているが・・・
・朝になるとオムツはぱんぱんに膨れあがり、時にはオシッコが漏れて布団がぬれてしまう。

51903.jpg 51904.jpg

<大友先生の見解>
・水分をとるとおよそ2時間後にオシッコとして排出されるので、寝る2時間前から水分を控えるのはOK。
・サメさんは家庭でできる対策はきちんと行っている。


◆夜尿症の原因
・夜間、という尿量を少なくする「抗利尿ホルモン」の分泌が少ない。
・ぼうこうがいっぱいになる前にオシッコが出てしまうが、本人が気づかない。

◆治療法
・薬の服用:尿量を減らす薬やぼうこうの働きを調節する薬などがある。
・アラーム療法:下着にセンサーを付けるとオシッコが漏れた瞬間に音が鳴る。その音で子どもが目覚め、オシッコを我慢することで次第にぼうこうにためられるようになる。


<ホゴシャーズ・にんじんさんの息子が治ったきっかけ>
小4の時、学校で友だちにおねしょのことを告白したら、意外にも「俺なんかしょっちゅう!」という答えが返ってきた。それからはおねしょを気にしなくなり、翌年の冬にはなくなった。

<大友先生の見解>
・夜尿症の子どもはよく眠れていない場合が多い。友だちの言葉を聞いて安心し、睡眠の質が向上したことが要因かも。睡眠の質が向上すると、尿量減らす抗利尿ホルモンの出方もよくなる。
・子どもがよく眠れるようにするめに、親は、子どもが寝る前に強く叱らないことも大事。



◇起立性調節障害◇

◆症状・・・朝起きられない、寝つきが悪い、食欲不振、めまいや立ちくらみ、頭痛、腹痛、起立による失神、イライラ、無気力など

51905.jpg 51906.jpg

51907.jpg
<専門家>
大阪医科大学・小児科医師 吉田誠司さん


<ホゴシャーズの戸惑い>
・最初は病気だと分からず、「なぜ朝起きられないの?根性で起きなさい!」と責めてしまった。
・無理やり力ずくで学校に行かせようとしてしまった。

<吉田先生の見解>
・起立性調節障害はまだ一般的に認知度が低く、医者の間でも知れ渡っているとは言い切れない。
・原因は、自律神経がうまく機能せず、起立時に血圧低下や脳血流の不足が起こること。
・思春期は自律神経のバランスが崩れやすくなっているため症状が出やすい。

◆診断方法
・寝た状態と立ち上がった状態で、血圧と脈拍の数値を測り、診断する。
・小児科や耳鼻科などで診断を受けることができる。

51900.jpg

◆治療法
・病気の原因や症状を十分に理解し、生活習慣を改善する。
・心の状態が症状に影響を与えるので、心理的ストレスを減らすことも大切。

51908.jpg

<ホゴシャーズの戸惑い>
・学校で理解してもらえないことがある。

<起立性調節障害の子どもの気持ち>
・体調が悪くて学校に行けなかった時には罪悪感にさいなまれ、自分を責めてしまう。
・体調の悪化で長期間休んでしまうと、勉強の遅れや友人関係が気になり、症状が落ち着いても学校に行きづらい。

51909.jpg 51910.jpg

<吉田先生の見解>
・不登校の子どもの3~4割が起立性調節障害だと言われている。
・学校に病気のことを理解してもらえないと感じたら、「医師の診断書を提出」するのもひとつの方法。患者側から診断書を医師に依頼してもいい。

<ホゴシャーズ・カイツブリさんの娘の症状が改善したきっかけ>
診断書を学校に提出し、学校の理解を得た。しかし部活に居づらくなってしまったこともあり、転部させてほしいと先生に相談、演劇部に入ることができた。演劇に没頭しはじめたら、症状が和らいだ。

<吉田先生の見解>
・自分の存在を認めてもらえる「居場所」を作ることが大事。自己肯定感が高まり、つらい状況でも頑張ろうという気持ちにつながる。
・環境が整えば、高校生の間に治る子どもが多い。

<尾木ママからアドバイス>
・全国に起立性調節障害の「親の会」がある。そこで情報を共有し、親も孤立しない、励まし合うのがとても大事。ぜひ、親の会につながってほしい。




END

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | 固定リンク


page top