2019年05月18日 (土)

答えに困った!子どもの質問 <番組内容>

「自由ってなに?」「なぜ人は生きるの?」お子さんに聞かれて答えに困ったこと、ありませんか?
そんな哲学的ともいえる子どもの質問に、どう答えればいいのか?
タレントのユージさんもスタジオに参加して、ホゴシャーズと一緒に考えた。

60501.jpg



◇街で聞いてみた…子どものこんな質問に困った!◇

・亡くなったおばあちゃんは、どこへ行ったの?
・普通って、なに?
・どうして虫を殺しちゃいけないの?
・なぜ人は生きているの?

60502.jpg


<ホゴシャーズの感想>
・うちの子だけじゃなかった!
・親しい先生が亡くなった時、死についての質問に、正しい答えを言ってあげたかったが、何が正しいのか分からず、すごく悩んだことがあった。

60503.jpg




◇哲学者に聞く なぜ子どもは難しい質問をするの?◇

60504.jpg
苫野一徳さん(熊本大学教育学部准教授)

・人は「何でだろう?」と答えにたどり着くまで永遠に考え続ける推論の能力がある。
・「なぜ人は生きているのか」「世界の始まりは何か」という究極的なことまで考える。
・そうした問いを持つと「本当のことを知りたい」「あの人のようになりたい」と世界を憧れの目で見るようになり、人生が豊かになる。
・子どもから問われたら、親は「なぜそう思うの?」「あなたはどう思うの?」と丁寧に聞き、対話の相手になることが大事。自分の考えを言語化すると、その考えが明確になり、新たな気づきが生まれる。そして、さらに考えを進めていくことができるからだ。


ホゴシャーズユージさんの感想◇
・いい答えを言ってあげたいという気持ちがあったが、もっと会話を楽しむつもりでいたら良かったのかな?(たけのこさん)
・子どもの質問に対して答える内容よりも、考える時間を共有する、ということが大切なんですね。(ユージさん)



◇子どもが質問しない! ハムスターさんの場合◇

60505.jpg

・小学生から大学生まで3人を育てているハムスターさん。「どの子からも難しい質問をされたことがない」のが悩み。ついには自分から「人って何で生きてるか気にならない?」と聞いてみたが・・・子どもたちの答えは「聞いてどうするの?」。

・哲学者の苫野さんによると、問いを持つタイミングは人それぞれ。長い目で見ればよく、心配する必要はない。ただし、子どもが問いを持ったときに「そんなこと聞いてどうするの?」などと問いをつぶさないこと。


<尾木ママの見解>
・どんどん疑問を出す子が、「素敵な子」だとか「探究心がある子」というふうに決め付けない。疑問が出てきたときにいつでも向き合える関係が大事。



◇“なぜ人は生きるのか?”―実際に子どもと話し合ったくるみ家◇

・6人の子どもを育てているくるみさんの家では、子どもたちと対話をすることが多い。 
そこで次男のひなたくん(小5)とりくとくん(小3)と、母のくるみさんで「なぜ人は生きるのか?」というテーマで1時間ほど話し合ってもらった。

 ひなた:人間、生きていくのって食う・寝る・出すだよね。
 りくと:子孫を残すため。
 ひなた:宇宙人が人間を作り、この地球に人間を落とした!
 りくと:昔は海の卵で陸地に上がって進化をして人間になったという情報もある。
 りくと:違う人を成長させるために生きている。違う生き方をした人に教えてあげたり、教え合うため。
 ひなた:幸せになるため。原始時代から人は好きなこと趣味を大切に生きてきたかも。趣味を大切にする

60506.jpg 60507.jpg


◇哲学者が解説!子どもたちの話し合い◇

・「違う人を成長させるために生きている」というりくとくん。多くの場合、「人は何で生きるのか?」と考えると、自分のこととしてしか考えないので、他人を理解しようとしている思考はすごい。
・「幸せになるために生きている」というひなたくんは、「くよくよするのではなく、人生に喜びを見つけ出せ、作り出せ!」という哲学者・ニーチェと同じ考え方!
・対話をすると「いろんな考え方があるんだな」という多様性に開かれる。「人と人は対話によって納得しあえることもある」ということも実感することができる。

60508.jpg 60509.jpg

くるみさんの補足
・子どもに意見を聞く時に「それいいね、そう思ったんだ」と返すともっと出てくる。
・自分自身も遊びだと思って、対話を楽しんでいる。

60510.png


ホゴシャーズユージさんの感想>
・正しいこと私がを教えなくちゃって思っていたけれど、楽しんで子どもに教えてもらうくらいで良いんだと思った。(たけのこさん) 
・子どもはみんな、自分で考える時間さえもらえれば、くるみさんのお子さんのように大人を感心させる言葉って出てくるんじゃないか。
早く帰って子どもと話したくなった!(ユージさん)


忙しい日々、時には動かしている手を止めて、子どもの「なんで?」に付き合うと、いい時間になるかも!




END

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30


page top