2019年05月11日 (土)

困った!学童に入れない <番組内容>

共働きやひとり親家庭が増え、需要が高まっている「学童」。

しかし、この春にはSNSで「保育園落ちた」ならぬ「学童落ちた」という言葉が目立った。学童が不足し「利用したくてもできない」という家庭が増えているのだ。学童に入れなかった家庭はどうすればいいのか?

今回は、「ウワサの保護者会・ジャーナル」と銘打ち、3人のお子さんがいる、くわばたりえさんと日本学童保育学会・代表理事の増山均さんをスタジオに招き、学童問題について話し合った。 

60401.jpg 60402.jpg

60404.jpg


 【学童に入れない… カタクリさんの場合】
都内に住むカタクリさんは、夫婦共働きで帰宅するのは早くても夕方6時。そのため長男を学童に預けていたが、小学3年生になる今年は待機児童になってしまった。夕方5時までは学校で過ごすことができるが、問題はそのあと。児童館は子ども一人で通える場所になく、企業が運営する学童は費用が高く予算オーバー。結局、習い事を入れたり、仕事を早く切り上げたりして対応することにしたカタクリさん。しかし夏休みの居場所は決まっていない。

60405.jpg 60406.jpg

 

<ホゴシャーズの感想>
・学童の代わりに習い事に毎日通わせるのは、お財布に安心安全じゃない!
・フルタイムで働いていても入れないのは何とかしてほしい…



【保護者が学童をつくる ヒバリさんの場合】
待機児童が過去最多となった昨年。自分で学童をつくることにした保護者もいる。保育士として、子育て支援をするNPOに勤務するヒバリさんは、小2の長男が学童に入れなかった。このままでは仕事を続けられないかもしれないと上司に相談。すると「自分で学童をつくってみては」と提案された。
指導員や助成金の確保など課題はあるが、ヒバリさんは夏までの開設を目指している。

60411.jpg 60412.jpg


<専門家・増山均さんの見解>
・そもそも法律に学童保育が書き込まれたのは1997年。
それまで半世紀は親たちがヒバリさんのように協力して、場所を探し運営費を作ってなんとかやってきた。今も公的支援は不足している。
・いま発表されている待機児童数は氷山の一角。実際には入れないと最初から諦めて申込みすらしない人もいる。学童保育そのものがないところもある。潜在的待機児童は膨大にいる


<国の待機児童対策>
「新・放課後子ども総合プラン」(2018年9月・文部科学省/厚生労働省策定)
→3年間で25万人分の受け皿を用意し、待機児童を0にするという方針を発表
→現在は「指導員の配置基準は2人以上(うち1人は有資格者)」という基準を拘束力のない参考基準に緩める方針。


<ホゴシャーズの意見>
・指導員の配置基準がゆるむのは心配。保育の質は担保してほしい!

 


◇「待機児童解消のため、とにかく受け入れ人数を増やす」という国の方針について専門家は?◇

池本美香さん(日本総合研究所主任研究員・保育や学童問題に詳しい)
・親が働けるようにするためだけではなく、子どもが豊かな放課後を過ごすために何が必要かという視点を持つべき。
・フィンランドでは見守りの大人が常駐している公園があり、学童の役割を果たしている。公園内には建物があり、室内遊びをしたりおやつを食べたりすることもできる。
・ドイツでは、高齢者などと過ごす「多世代の家」という場所や、動物の世話をして過ごせる農場が放課後の居場所になっている。

60409.jpg 60410.jpg


<ホゴシャーズの感想>
・自分で放課後の居場所を選ぶことができたら、子どもたちも満足できるのでは。
・放課後は、子どもがもっとのびのび自由に、やりたいことをやる時間のはず。


<尾木ママの意見>
・日本は「子どもの最善の利益を追求する」とうたう子どもの権利条約に批准しているのに、子どもたちが楽しむことができる放課後の居場所づくりが遅れている。これは大人の責任。子どもたちに申し訳ない!


<専門家・増山均さんの意見>
・日本では学校が中心で放課後は付け足し、と考えられがち。しかし放課後も子どもの成長発達のために大切な時間だということを忘れずに。





END 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30


page top