2018年07月21日 (土)

性のはなし、してますか?~小学生編~<番組内容>

今回のテーマは「性のはなし、してますか?」

「性教育は早いほうがいい!」「具体的な情報はかえって刺激になる!」など、教育の現場でも賛否両論の「子どもの性」。
ウワサの保護者会では、2週にわたって取り上げる。

前編は、性に興味を持ち始める「小学生編」。
親は、いつ、なにを子どもに伝えればいいのか?

51001.jpg


<尾木ママの見解>
・子どもの性教育に関しては、なかなか突破口が見つからない。
・それでも子どもはストレートに聞いてくるので親が戸惑うのは当然。


<専門家のアドバイス>
・今回は、思春期の子どもたちと数多く接し、その悩みに答えきた 北村邦夫医師が保護者たちの悩みに答える。
「大人が性に関する情報提供を怠っているために、子どもたちは悩まなくていい問題で悩まされている。」

51002.jpg


<ホゴシャーズの意見>

性のはなし、していない
・自分自身が“性の話はタブー”の家庭で育ったので、息子と話したい気持ちはあるが、うまく話せる自信がない。
・母親から具体的な性交の話を聞いて気持ち悪かった記憶があり自分の子どもに同じように思われたくない。

性のはなし、している
・子どものころに母親に性に関する質問をしたら怒られた経験がある。自分の子どもには“性はすばらしいものだ”と教えてあげたい。

51003.jpg


保護者の悩み①

「赤ちゃんはどうやって生まれるの?」と質問された!どうすればいいのか?
(小学5年生 男子 母親より)
51004.jpg


<ホゴシャーズの体験談>
・「結婚したらできるんだよ」とはぐらかしてしまった。
・「お願いしたら、お腹が大きくなっておへそから生まれるんだよ」 とウソをついてしまった。


<尾木ママの見解>
・インターネットには、間違った情報がまん延している。間違った情報を学ぶと大変だから、親がちゃんと伝えることが大事。


<北村医師のアドバイス>
・質問を受けたら、「どうしてそれが知りたいの?」など質問を投げ返す 「ピンポンゲーム」という会話術がおすすめ!
・子どもが本当に知りたいことは何かを探りながら会話を進める。
・「赤ちゃんはどこから生まれるの?」と聞いているのか 「赤ちゃんはどうやって作られるの?」と聞いているのか、などを見極める。
・子どもの質問を勝手に解釈して、子どもが知りたがっていない知識を いきなり与えないことがポイント。子どもが混乱したり、親や性に対する嫌悪感を抱いたりすることがある。
・ただし、子どもから聞かれたことにはちゃんと答えること。  性交について聞かれたら、科学的に淡々と語ろう。

51005.jpg



保護者の悩み②

息子が性器を触っているのを見てしまった!どうすればいいのか?

(小学5年生 男子 母親より) 
51006.jpg


<ホゴシャーズの意見>
・小さい時は、「ばい菌入るからやめようね」と注意したが、今は、見てみないふりをしてしまうと思う。
・「汚いからやめなさい」と叱ってしまうと思う。


<北村医師のアドバイス>
・性器を触ることが悪いこと、いやらしいことだと叱ってはいけない。
・ただし、人前で触ってはいけないとちゃんと伝えよう!
「プライベートゾーン」について教えることが大事。 水着で隠れる部分は、人にも触れさせてはいけないし、人前で触ってはいけない。家族の前でも見せない、触らない、と教えよう!

51007.jpg

<尾木ママの見解>
・家族でもお互い尊重し合わなければいけない。“親しき仲にも礼儀あり”
・子ども同士がふざけて誰かのズボンを下ろす、というようなことがあるが それはプライベートゾーンを露出させることだから絶対にダメだとちゃんと 子どもに教えなければいけない。


保護者の悩み③

娘にブラジャーをすすめたがいやがった!どうすればいいのか?

(小学6年生 女子 母親より)
51008.jpg


<北村医師のアドバイス>
・思春期の子どもは、自分の体の変化に戸惑ったり他の子と比較したりして悩みがち。
・子どもの体の成長について、「素敵だね」「お母さんうれしいわ」など、親が肯定的な態度をとることが大事。
・強制すると、その後の親子関係が崩れてしまう恐れがある。


<ホゴシャーズの体験談>
・母親が無頓着で、ブラジャーをつけたいと思ったのにつけさせてもらえなかった上、家族の前でブラジャーの話しをされて、とても傷ついた。
母親には配慮してほしい。


<尾木ママの見解>
・思春期になると、体の成長に合わせて心も揺れる。
体の変化は、健康的な成長で悪いことではない。親が心遣いをすることが大事。




保護者の悩み④

どんなきっかけで性のはなしをすればいいのか?


・男女のきょうだいに、そろそろ性の話しを切り出そうと考え、子ども部屋を分けることをきっかけにしようとしたところ、子どもから「部屋は一緒のままでいい」と反対された。なかなか、性のはなしをするきっかけが作れていない。

51009.jpg


<ホゴシャーズの意見>
・性に興味を持っていない子どもに、性の知識を与えてしまうと、逆に刺激になってしまうのではないか?

<北村医師のアドバイス>
・子どもが性に関心を持つまで、性のはなしをするのは待っていい。
・ただし、日々の子どもの様子や体の変化を見逃さないで、はなしをするタイミングを探ろう!
・話し方を夫婦でシミュレーションして準備しておくこともおすすめ!


51011capcha.JPG

<尾木ママの意見>
・性について知ることは、子どもが自分のことを知る権利でもある。
ちゃんと子どもの疑問には答えていかなければいけない。
・性のはなしをする時は、子どもの発達段階や個性をしっかりと見極めて話そう!




END

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30


page top