2017年04月29日 (土)

早期化する小学校の英語教育 ウチの子 大丈夫!? <番組内容>

【2020年、大きく変わる小学校の英語教育!】
現在、全国の小学校5・6年生を対象に、「外国語活動」として行われている、小学校の英語教育。
「英語に慣れ親しんでもらう」ことが目的のため、成績はつかない。
これが2020年度から(一部では2018年度から)、3年生からのスタートとなり、5・6年生は「外国語」という教科となり、成績がつくようになるのだ。

4031.jpeg   4032.jpeg


【街の保護者の声】
街の保護者に英語教育の早期化について聞いてみると、多くの保護者が「賛成」と答えるが、
「成績がつくから、すでに塾に行っている子との差がついてしまう」
「小学校の先生は英語力があるのか?」
「親が英語を分からないから教えられない…」
など、「賛成だけど不安」という声が多数を占めた。

4033.jpeg   4034.jpeg


【ホゴシャーズも不安…】
スタジオのホゴシャーズも早期化には賛否両論だが、不安も多いようだ。
(賛成だけど不安:もみじさん) 「成績がつくとなると塾に通わせないといけないかも…」
(賛成だけど不安:ココナッツさん) 「塾に通わせ、文法はできるようになるかもしれないけれど、発音がちゃんとできるようになるのか」
(反対:ネクタリンさん) 「まずは日本語をしっかりしないといけないのではないか」
(反対:ユーカリさん) 「今、私は英語を必要としていないから、子どもは小さいうちは運動をさせたい」

4035.jpeg   4036.jpeg


【小学校の先生はどう思っている?】
番組アンケート「早期化で不安なことは?」の1位となったのは、「小学校の先生の指導力」。
これについて、先生たちのホンネを聞いてみた。
「スキルがないから、教えることも評価することも難しい」
「授業時間が純増しになるから大変」
と、先生も不安を感じていたが、
「英語なら、日本語でいいにくいことが言える。堂々と発表することができればコミュニケーション力が上がる」
「子どもは好奇心旺盛だから、対話を続けると次に言いたいことが出てきて、それを話しているうちに自信がついてくる」
と、早期化することにはチャンスもあると考えていることが分かった。

4037.jpeg


【英語教育に積極的な小学校!】
埼玉県深谷市にある花園小学校では、週1回給食の時間に、5・6年生の放送委員が英語を流す「ランチタイム イングリッシュ」という取り組みを行っている。これは、みんなが大好きなゲームなどを題材に、英語を使ったクイズを放送し、下級生たちがそれに答えるというもの。
上級生が先生と相談して作ったクイズを放送し、下級生たちがそれに答えて参加することで、英語を使ったコミュニケーションになるだけでなく、「先輩みたいに話せるようになりたい」など、上下関係にもいい影響が出ている!

4038.jpeg   4039.jpeg


【親は、何が出来るだろう?】
花園小学校の取り組みを見て、ネクタリンさんは「子どもが楽しんでいた。気持ちがあれば伸びると思った」と実感。
ココナッツさんも「気持ちがあれば伸びる。先日、息子が趣味の空手で国際大会に出て「英語がしゃべれれば、他の国の人と話せるんだね」と興味津々だった。そんな機会を通じて話せればいい」と感じた。
尾木ママは「家庭でも英語で伝えあえば、子どもの成長にはいいと思う」と提案。
フィンランド人のトナカイさんも「家で伝えあうのは大事。親が努力している姿を見せて、親子で競争してもいい」とアイデアを出した。
最初、早期化に反対だったユーカリさんも「子どものことを考えたら、道を広げてあげるためにも英語が使えたらいいと思った」と大賛成に。
英語教育早期化に可能性を感じて、今回の保護者会は幕を閉じた。

40310.jpeg   40311.jpeg

 

(ディレクターY)

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54


page top