2017年03月17日 (金)

母たち困惑!男子の性教育 <番組内容>

今回は息子を持つ母たちのお悩みをもとに、ホゴシャーズ、尾木ママ、そして性教育の研究家である村瀬幸浩先生と語り合う「男子の性教育」がテーマ。

33401.jpg
<悩みを相談する母と、尾木ママ、村瀬先生>


まず1つ目のお悩みは・・・
「パソコンの履歴で、小学生の息子がアダルトサイトを見ている事が分かりました。
見てほしくないと伝えたいんですが、親が見ていると知ったら息子も嫌だろうなと思うと、話をするかどうか悩んでしまいます。」

33402.jpg

尾木ママはこう警鐘を鳴らした
「昔の「ビニ本」「エロ本」と呼ばれていたアダルト雑誌などに比べ、最近のアダルトサイトの映像は、刺激が強い内容。

そのインターネットで知識を得ていく子が青年になってくるんですよ。性の知識がゆがむ!若者の性離れも深刻!」

番組アンケートによると、男子の約7割が高1までにアダルトサイトを見ており、その内容から、性の知識を得ているという回答だった。 

33403.jpg


<村瀬先生の見解は・・・>
★アダルトサイトの映像は、大人の男が興奮するための、妄想の世界。

 現実的ではない、アブノーマルで禁断の関係も映像化している。
★いきなりいいなりにさせるよな力関係が一方的なもの支配する、命令する、もてあそぶ、とい暴力的なものも多い。
★その作らせた世界を子どもが見てしまうと、歪んだ性の知識を得たり、現実と混同してしまう可能性があり、非常に危険。
★中学校半ばぐらいまでは、歪んだ人間観を育てる心配もあるので子どもにアダルトサイトは見せたくない

子どもに伝えるべき性は、お互いを大切に思い、尊重し合う世界。
子どもは、インターネットで規制をかけても、好奇心で見てしまうもの。
見てはダメというのではなく、人間関係も含めて性の楽しさや難しさを親や学校が子どもたちに伝えること。
アダルトビデオの世界は、作り物でお金で演技しているものだいうことを「見分ける力」を子どもにつけることを考えていきましょう。

―――

2つ目のお悩みは・・・
「小5の息子に精通が来ました。
精液がついたパンツを見て動揺してしまい、つい「汚いパンツは別の洗濯カゴに入れてね!」と言ってしまったのですがどう話せばよかったでしょうか?」

33405.jpg

これに対し、スタジオの父親ホゴシャーズは「精通に関しては母親とは話をしたくない」という男心を語った。

33406.jpg

<村瀬先生の見解は・・・>
★「汚い」という言い方はやめてほしい

★女の子の月経の「汚物入れ」についても性交や性器や性に対して、ネガティブなイメージをすり込んでしまう。
★実は、男子は、体の変化(射精の回数やにおいなど)について悩んでいるがそれを「誰にも相談できない」という意見が7割を占める
★そこで、男性陣(父親や、親戚、知り合いなど)があらかじめ訪れる体の変化について、話してほしい
★声変わり・発毛・精通がある頃から、息子は母親を「女性」として認識するもの。
★母親(異性の親)は精通・射精については近づき過ぎて、詮索するのはやめたほうがいい
★母親が息子との距離感を変えなければ、性的自立ができない

精通という身体の変化があると、機能・考え方が、性的に変わる。
声変わりや発毛が見られたら、異性の親は、一緒にお風呂に入ることや同室での就寝は敬遠しましょう。

―――

3つ目のお悩みは・・・
「息子が、友だちとコンドームに水を入れて遊んでいたと聞き、性についての悪ふざけ、エスカレートが心配です。親が叱るべきでしょうか?」

33407.jpg

<村瀬先生の見解>
★コンドームに水入れて遊ぶのは、ふざけっこ。なにやってんの!と一言ぐらいのことでいい

★注意しなければならない「悪ふざけ」は「お互いがパンツ脱ぎ合ってふざけ合ってる」というのではなく、「脱がせられる人・脱がせる人に縦関係・攻撃性」があるかどうかされた側は屈辱感から人生観が歪んでいくことも
★女の子と違って男の子の場合、「パンツを脱がされたぐらい・・・」と先生や親に軽視されることもあり、大人には言わないケースも。
★しかし、下着で覆っている部分(カラダのぷらーベーとな部分)への理不尽な侵入・攻撃は、「人権侵害」、「性的いじめ」になる。
これは子どもにとって、親が想像する以上に深刻な屈辱感とかコンプレックスをうみだす可能性がある

カンチョーやパンツ脱がしも、顔が笑っていても、される側は心を痛めます。
親が見逃すことなく、アンテナを張りましょう。

性を、セックスとかいやらしいものというイメージを持ってしまうと、子どもと話せなくなってしまします。
子どもと話すときは下記の2つをキーワードにしてみて。
1、「健康」・・・健康な生活、健康な人生をあなたに歩んでほしい、と子どもに話す
2、「人権」・・・他人の人権を侵さない、自分の人権に対しても侵害された場合は抵抗できる力を持つよう育てる

(ディレクターK)

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54


page top