2016年10月21日 (金)

子どもの運動ギライ <番組内容>

今回のテーマは「子どもの運動ギライ」。

スタジオには「子どもが運動ギライで心配」というホゴシャーズが集合。
理由を聞いてみると、
・「鬼ごっこで捕まえられず、ずっと鬼ばかり。運動しても全然楽しくなさそう」 (たけのこさん)
・「運動はできるのに面倒くさがってやらない。もったいない」 (キタキツネさん)
という意見が。

3201.jpg   3202.jpg


【子どもが運動ギライなコッピーさんの場合】

中でも、最も困っているのが、コッピーさん。小4の長男、たくまくんは大の運動ギライ。
両親は、すぐに運動をやめてしまうその根性のなさが、将来に影響しないかを心配している。
そんなたくまくんの運動ギライを解消すべく、天気のいい日曜日にコッピーさん一家は公園へ。
なわとびやバドミントンをやらせてみたが、早々と「疲れた」「涼しかったら出来るのに」と不満を言うたくまくん…。

3203.jpg   3204.jpg

帰宅後、たくまくんが運動ギライになった理由について聞いてみると、
小学校に上がって体育の授業が始まってから、周りの子との差があらわになってしまい、マラソン大会で転んだりしたことで「恥ずかしい」「笑われる」という思いが芽生えたからとのこと。


【運動ギライ解消のヒント?】
東京都の足立区立足立小学校で、週1〜2回、朝の20分間を使って行われている「元気アップタイム」という取り組み。
この時間、学校中には、10種類前後の「遊び場」が展開されている。
「ドキドキバレー」「ダンス」「フラフープ」「ゴム段」などの定番の遊びから、先生や子どもたちが知恵を出し合って考えた「キラキラボール」など、子どもが楽しめそうな遊びがたくさん。

3205.jpg   3206.jpg

また、この取り組みのポイントは、子どもが自由に「選べる」ということ。
何かをやらせるのではなく、子どもが自分でやりたいことを「選ぶ」ことで、体を動かす楽しさを知ってもらうのがねらいなのだそう。
子どもたちも「フラフープが回せるようになるとうれしい」「体育の授業は言われた通りやるけど、ここでは自由に遊べる」と大好評だ!これをやれば、運動ギライも解消できる?


【子どもを 「見守る」 こと】
メンドリさんは、女子に負けるほど運動が苦手だった長男・やすしくんに、以前は「ヘタでもいいから一生懸命やりなさい!」と怒っていたりしていた。

そんなやすしくんは、運動への苦手意識から周囲の目を気にして、一時は不登校に。
しかしその後、顧問の先生の勧誘で、マネージャーとして野球部に入部。
そのとき、メンドリさんは、自分がかつて言い過ぎてしまったことを反省し、あえて特別なことは言わず、「見守る」ことにした。
3207.jpg
やすしくんは、途中入部でも温かく迎えてくれたチームメイトのために一生懸命奮闘。
すると、徐々に運動に対する意欲が高まり、50m走のタイムが1年間で1秒以上短縮!
高校3年生となり野球部を引退した今も、自分から進んで運動を続けられるほど、運動に前向きになることができた。

3208.jpg   3209.jpg


【運動ギライ解消の兆し?】
たけのこさんの長女は運動ギライだったが、最近、マンガの影響で「バレエを習いたい!」と、自分から運動を始めた。

32010.jpg
まだ始めて3ヶ月なので、続けられるか半信半疑なたけのこさんに、ホゴシャーズ2人がアドバイス。
・「子どもが好きという気持ちを大事に、見守ってあげることが大切」(メンドリさん)
・「やめたいと言ったら、「少し休んでみたら?」と休息を与えたりしてみればいいのでは?」(ポトスさん)


【尾木ママのアドバイス】
・子どもがやりたい「遊び」からでも運動は始められる!まずは親子で遊んでみよう!
・すぐに運動ができなくても焦らない! おおらかに子どもを見守る気持ちを大事にしよう!

32011.jpg

(ディレクターY)

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54


page top