2016年05月06日 (金)

反抗期のない子どもたち!? <番組内容>

今回のテーマは「反抗期のない子どもたち」。

最近、思春期に反抗期のない子どもが増えているという。番組で大学生300人に行ったアンケートでは、54.7%が「自分に反抗期はなかった」と回答した。親にとっては一見いいことのようにも思えるが、「将来爆発するのでは?」「自立できない?」など不安の声が上がっている。反抗期のない子どもとどう向き合っていけばいいの?

3041.jpg  3042.jpg


【なぜわが子は反抗しないの? ~なでしこ家の場合~】
・    中3の息子は手伝いもしてくれるいい子。3043.jpg
・    息子は親に反抗しないけど、自分の意見も言わない。
・    高校受験の志望校を聞いても、「ママは●▲高校がいいんでしょ?」と母親に委ねてしまう。
・    息子になぜ反抗しないのか、本音を聞くと「意見を言っても言い返されるから、怒る意味がない」と言う。




【反抗期がない子 ホンネがわからない】
元プロテニスプレーヤー・杉山愛さんのお母さんで、3044.jpgのサムネイル画像
子育てアドバイザーなどとしても活躍する杉山芙沙子さんによると・・・

・    親が子どもに質問したとき、答えてほしい時間と、実際に子どもが答える時間は差がある。その差を理解し、子どもが答えるまで待つことが大事。




★尾木ママからのアドバイス★
・    なでしこさんの息子が反抗しないもう1つの理由、「母親を悲しませたくないから反抗しない」というのは反抗期がない子どもの典型。もっとも重体。
・    “反抗期がない”のではなく、親から“反抗期が見えていない”だけの場合もある。その原因は、実は親にある!?

3045.jpg


【反抗期が見えない子どもって、どんな子?】
・    早稲田大学名誉教授・菅野純さんによると「子どもの反抗期が見えない」親子関係には3つのタイプがあるという。

1)       親が支配する過干渉タイプ3046.jpgのサムネイル画像
→生活の全てが親の意のままに育った子は、慣れきってしまい反抗できない。






2)       葛藤がない甘やかしタイプ3047.jpgのサムネイル画像
→子は欲しいものが与えられ、我慢を強いられることがないため、反抗の必要性がない。






3)       関係が薄い無関心タイプ3048.jpg
→仕事で忙しいなど親子の接点が少ないため、反抗する場面がない。









【反抗期って必要なの?】
・    反抗期とは自立期のこと。
・    子どもは自分の主張が親の主張とぶつかり、反抗することで自立していく。
・    親の主張が子どもの主張を押さえつけてしまうと、反抗できなくなってしまい、なかなか自立できない。
・    反抗しない子どもの自立を促すには、うまく主張を引き出してあげることが求められる。


【見えない反抗期 自立を促すには? ~パンダさんの場合~】
・    パンダさんの息子は中学1年生。3049.jpg
・    買い物での食材選びなど、いろんなことを息子に任せている。
・    その結果、息子は自然と自主性が育っていった
・    「反抗期は来ていると思う」が「反抗する場面がない」という。
・パンダさんは、かつては良妻賢母を目指していたが、ある時から、それをやめた。きっかけは、息子の話に相槌をうちながら、実は聞いていないことがバレたこと。
・それ以降、無理に自分の考えを押しつけず「お母さん分からないわ~」と、息子に任せることで、反抗もないまま、自立をうながすことができている。


【杉山愛さんを自立させた方法とは?】
・    杉山芙沙子さんは、愛さんが小さい頃から「Yes」「No」で答えられない質問をして、自分で決断させてきた。
・    愛さんが13、14歳に海外遠征の際、気がついたら自分でチェックインするようになっていた。
愛さんは親に反抗することなく自立した。


【反抗期のない子どもたち まとめ】
・    我が子に反抗期が“ない”人と思っている人は、自立を阻んでいる危険性も!
・    子どもに判断を任せ、考えを受け入れることで自立を促すことができる!

(ディレクター N)

 

 

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54


page top