Story あらすじ

最終週
グッバイ、ナミダクン

9月25日(月)〜9月30日(土)

すずふり亭では、秀俊(磯村勇斗)と元治(やついいちろう)が考えた“新メニュー”の試食会が開かれる。みね子(有村架純)は一口食べて「これはいける!」と思ったが、合否を決めるのは料理長の省吾(佐々木蔵之介)。神妙な面持ちで試食する省吾の様子を、一同はかたずを飲んで見守る。そのころ三男(泉澤祐希)は、さおり(伊藤沙莉)から告白の返事を催促され、自分の気持ちをはっきり告げようとしていた。世津子(菅野美穂)が来てから半年がたったあかね荘では、お茶パーティーが開かれる。世津子は、みんなに話があると言い、仲良くしてくれたことへの感謝を伝える。別れの時が近づいているのを感じ、寂しくなるみね子。そんなとき、実(沢村一樹)から「見せたいものがある」とはがきが届く。秀俊にも相談し、急いで奥茨城に帰ることに。バス停まで迎えに来ていたちよ子(宮原 和)と進(髙橋 來)に、何が待っているのか尋ねるが、「ないしょ」だと言って教えてくれない。家に着くと、とびきりすてきな光景がみね子を待っていた!その夜、角谷家の高子(佐藤仁美)や助川家の人々が、谷田部家を訪ねてくる。

見逃した…と思ったら、NHKオンデマンド(第1回から配信中!)

Special 特集