Story あらすじ

第8週
夏の思い出はメロン色

5月22日(月)〜5月27日(土)

みね子(有村架純)が上京して4か月。お盆休みが近づくが、部屋の仲間たちはみんな故郷に帰らないと言う。それなら海水浴に出かけないかという幸子(小島藤子)の提案に、一同乗り気になる。早速水着を買ってきてはしゃぐが、高い買い物をしてしまい家族に申し訳なく思うみね子。家族への手紙でも海水浴に行くことをわびる。そんな様子を心配した時子(佐久間由衣)は、自分の気持ちを正直にみね子に伝える。迎えた海水浴の日。外はどしゃぶりで、意気消沈する乙女たち。幸子がそのうち晴れるかもしれないと励まし、お弁当作りに取りかかる。そこへ雄大(井之脇 海)と綿引(竜星 涼)が迎えに来る。雨なら映画はどうかと優子(八木優希)が提案し、時子は「ウエストサイド物語」が見たいと言う。愛子(和久井映見)にもすすめられ、みんなで映画を見に出かける。一方、お盆休みに里帰りした三男(泉澤祐希)のもとを、美代子(木村佳乃)と君子(羽田美智子)が訪ねてきて…。そして季節は冬に。いつものように銭湯から帰ってきたみね子たちは、浮かない顔をしたライン長の松下(奥田洋平)に出会う。翌日、みね子たちは松下から思わぬことを告げられる。

見逃した…と思ったら、NHKオンデマンド(第1回から配信中!)

Special 特集