Story あらすじ

第7週
椰子(やし)の実たちの夢

5月15日(月)〜5月20日(土)

みね子(有村架純)は綿引(竜星 涼)と、実(沢村一樹)が目撃されたという街に行く。実の写真を見せて道行く人に尋ねるが、手がかりは見つからない。そんなある日、優子(八木優希)が家から届いたつくだ煮をふるまうと、澄子(松本穂香)は自分の家からは何も送られてこないので恥ずかしいと言う。ここが楽しいからさみしくないと言う澄子だが、祖母だけは優しかったことを思い出して恋しくなる。仕事にも集中できなくなり、失敗を繰り返す澄子。ライン長の松下(奥田洋平)に「田舎に帰れ」と叱責されたあと、突然姿を消してしまう。心配したみね子たちは故郷に帰ったのではと、上野駅へ走るが…。一方、時子(佐久間由衣)は、オーディションに向けて練習に励んでいた。いざ本番となると緊張してしまう時子のために、みね子はテレビ局についていってやることに。しかし、会場の雰囲気に圧倒され極度に緊張してしまう時子。自分の力を全く発揮できないままオーディションは終わってしまう。愛子(和久井映見)や仲間たちに励まされるものの、なかなか元気が出ない。落ち込む時子を励ますために、みね子は米屋で働く三男(泉澤祐希)に手紙を送る。

見逃した…と思ったら、NHKオンデマンド(第1回から配信中!)

Special 特集