Special 特集

一覧ページにもどる

ちょっとおさらいしておきましょうね。今からでも大丈夫ですよ

ヒロイン・谷田部みね子は集団就職をし、舞台は奥茨城から東京へと移ります。
その前に、『ひよっこ』第1〜4週をおさらいしておきましょうね。

奥茨城 ヒロインは農家の高校3年生

東京オリンピックに向けて湧いていた1964(昭和39)年秋。
茨城県の北西部・奥茨城村で暮らす谷田部みね子(有村架純)の家は、3世代5人暮らし。父・実(みのる/沢村一樹)は東京に出稼ぎに行っています。

1964(昭和39)年秋

ここで、谷田部家の皆さんをご紹介します。

茂、みね子、実、ちよ子、美代子、進
「みね子〜、フォー!!」の人は宗男さんと言って、みね子のお父ちゃんの弟・叔父さんですね。なんだかおかしな人ですね。朝ドラには変なおじさんがよく出てきますよね。なんででしょうね。
一方、東京では… 家族のために東京で出稼ぎをする父
  • なんですか、これは。うまいもんですねー
  • ポークカツサンドです。
奥茨城 久しぶりに実が奥茨城に帰ってきて、稲刈りが始まります。
  • おかえりなさい。
谷田部家の稲刈りはすべて手作業です。家族だけでは手が足りないのでご近所さんに手伝ってもらっています。

楽しい時間はあっと言う間。稲刈りは終わり、実は東京へと帰って行きました。

奥茨城 幼なじみの時子と三男。

みね子の幼なじみ・時子(佐久間由衣)と、三男(みつお/泉澤祐希)は、卒業後は東京で働くことが決まっています。三男は、自分が村で生きてきた証しを残したいと、手作りの聖火リレーを開催しようと提案。みね子のじいちゃん、茂(古谷一行)に相談すると、青年団に協力を仰げと言われます。

夢は女優 農家の三男坊
  • 青年団が引き受けてくれれば、もう実現したも同然だ。
  • 増田明美さん、体育の木脇先生として出演も!大変失礼しました。
奥茨城—東京 父と連絡が取れず、東京へ向かう母

一方、東京の実に宛てた手紙が「宛先不明」で戻ってきてしまいます。
連絡が取れなくなった実を心配し、一人東京へ向かった美代子。警察に捜索願を出しに行くも、冷たい対応を受けてしまいます。

“いばらぎ“じゃなくて、“いばらき”です。
奥茨城 三男の熱い思い…奥茨城村で聖火リレー開催!

青年団の会合で聖火リレーを提案した三男は、兄たち幹部にばかにされながらも、奥茨城村への熱い思いを伝えて開催にこぎつけます。リレー当日、それぞれの熱い思いを胸に、幼なじみ3人は懸命に走りました。

青年団長・太郎(兄) vs 三男(弟)
  • ありがとう奥茨城村。俺を忘れねえでくれ
  • 大好きだ。奥茨城村。
  • お父さん…みね子は…ここにいます。
東京 東京への集団就職を決意するみね子

正月に父が帰って来ず、東京に働きに出ると決意したみね子。とっくに就職の季節が終了した中、担任の田神先生(津田寛治)が懸命に就職先を探してくれて、何と時子と同じラジオ工場に決まりました!

  • 東京へ就職希望の生徒が1人増えまして…

卒業式を終えたみね子たちは、東京への旅立ちの日を迎えます。

三男、腹壊すなよ。 真面目に働くんだぞ。
  • 発車オーライ!
  • おねえちゃーーーーん
東京 東京に到着。新しい生活の幕開け。

いよいよ上野駅に降り立ったみね子たち。集団就職列車で出会った新しい仲間の澄子(松本穂香)と共に、舎監の愛子(和久井映見)に連れられて就職先であるトランジスタ工場へと向かいます。

  • あら、かわいらしい。
さぁ、いよいよみね子の東京での生活がはじまります。

[今後の見どころ]

ラジオ工場で出会う新しい仲間たち。父を捜してくれる親切な茨城出身の警官・綿引(竜星 涼)。そして、すずふり亭の人たちとの出会い…

みね子の東京での生活はいかに?

[1週間分を5分でご紹介]

Special 特集

more