Special 特集

一覧ページにもどる

今回の「ひよっこメール」は、出演シーンに毎回インパクトのある安部さおり(米子)役・伊藤沙莉さんが登場です。
番外編

Q

「ひよっこメール」にさおりさんがやってきましたー!

Q

登場シーンから存在感があって、さおりさんから目が離せません!

A

本当ですか!うれしいです!朝から安部米店のドタバタ劇を見せられて、皆さん大丈夫かなって心配してたので…。

Q

全然大丈夫です。もっと見たいです。

Q

三男役の泉澤祐希さんは、さおり役が伊藤さんに決まったとき「ぴったりだ!」と思ったそうですよ。

A

そうですよね。私も自分で想像できましたもん。なんかこうやるんだろうな〜って。

Q

そうなんですか!

A

『ひよっこ』は、台本がおもしろいので、ウケを狙う演技をしなくてもいいんです。「おもしろくしなきゃ」というプレッシャーがないからこそ、自由に演技ができるんです。だから私らしさが出ているだろうし、キャストそれぞれが楽しんでいる感じが画面から伝わっていると感じます。

Q

安部米店のシーンは、現場のスタッフもだいぶ和んでいますよね。

A

「ちょっと休憩〜」みたいな感じですよね(笑)。

Q

さおりの本名が“米子(よねこ)”というのは衝撃でした。

A

そうなんですよ!私自身、あの回までは、さおりとして生きてきたから。台本を見て「えーーー!!!」って。

A

最近、収録スタジオでスタッフさんから「米子さんどうぞ〜」って呼ばれるんですけど、「え、誰のこと?あ、私か」みたいな(笑)。

Q

あれから現場での呼び方は「米子さん」なんですか(笑)?

A

はい。あの日から米子に…。

Q

おもしろい!

A

なにせ、年齢も不詳なんですよ。私、現場でさまよいながら「さおりは一体いくつなんですか??」っていろんな人に聞いたんです。

A

そしたら、「いくつなんだろうねぇ」とか、みんなそんな感じで。「えーっ!ちょっと、どうしよう!」と思って。とりあえず、三男より1、2歳上かな?ぐらいで、自分では設定してみています。

Q

あははは。さおりさんからも安部米店からもほんとに目が離せないですねー。

A

はい。どうなるか楽しみです。三男とさおりがくっつくかどうかもわからないので。

Q

スタッフには、さおり派も時子派もいるんです。

A

さおり派がいることがびっくりです!

Q

いますいます。最近、割とさおり派に傾いてます。

A

まあ、時子が振り向いてくれないし!というのはありますよね。

Q

泉澤さんご自身は、時子がいいと言っていました…。

A

それ、見ました。「時子とくっつきたいっす」ってインタビュー…。

A

そのあと、泉澤くんに会ったので、「どういうことかな?私が消えちゃうでしょう!」って言ったんです(笑)。

Q

直接言ったんですね(笑)。泉澤さんとはもともとお知り合いで、仲が良いですね。

A

知り合いというか、お兄ちゃんみたいな感覚です。同じ事務所なので “若者会”というのを勝手に作って、仕事がない日でも集まったりしているので。

A

同じ作品に出たことはあるのですが、一緒に演技するのは初めてで、変な感じです…。

Q

しかも、今回は恋する役ですもんね。

A

そうなんですよ。だから、不思議な感覚ではあるんです。

Q

泉澤さんはどんな人ですか?

A

「ぼーっとしているけど、何考えてんだろう」みたいな(笑)。

A

“人に興味を持たれる人”だと思います。そういう人は魅力的だと思うんです。現場で動じないですし、その雰囲気と三男とのギャップがおもしろいなと思って見ています。

Q

さおりさんの撮影は、ほとんどが安部米店のシーンですが、『ひよっこ』のドラマ内で気になる場所やセットはありますか?

A

「すずふり亭」には行きたいって思います。

Q

「すずふり亭」に?

A

はい。私、朝ドラが初めてで、NHKの朝ドラのセットを見るのも初めてで。

A

衣装合わせに来たときに、セットにすごく感動したんです。その中で、私がいちばん好きだったのが「すずふり亭」でした。

A

あのレトロな感じ。あの場所にいてみたいと単純に思いました。

Q

さおりさんが「すずふり亭」にいたらおもしろいですね。

A

でもさおりには接点がないかな〜。「すずふり亭」の誰とも接点がないので、人脈少し広げないと!って思います(笑)。

Q

登場人物で誰か気になる人はいますか?会ってみたい人とか。

A

三男と時子のお兄ちゃんたちはすごく好きで、会えてとてもうれしかったです。あと、宗男さんもおもしろいなって思うんです。

Q

宗男さんとさおりさん…混ぜたら大変なことになりそうです。

A

いやあ、もう、化学反応どころじゃないですよ。

Q

どうなるか見てみたいですけどね…。

A

あと、絶対会いたいのはやっぱり、きよさん。柴田理恵さんですね。

Q

三男のお母さん。

A

はい。それはもう、ぜひ。最終的には三男とくっついて会えるんじゃないかと思っています。

Q

となると、角谷家はすごい家族になっちゃいますね。高子さん(佐藤仁美)が太郎さん(尾上寛之)に嫁いでしまったし…。

A

すごいでしょ?きよさん、高子さん、さおり。

Q

それ、最高ですね!

Q

あ、お父ちゃん(朝倉伸二)の影がさらに薄くなって…。

A

あ……

Special 特集

more