Special 特集

一覧ページにもどる

ひよっこメール 谷田部みね子役・有村架純さんの スペシャルインタビューをお届け!
vol.1

Q

完成した映像を見た感想はいかがでしたか?

A

映像がすごくきれいで、テンポも音楽もとってもよくて!全部がバッチりと合っていましたね。全体的に温かい雰囲気ですよね。

A

私は1週間分をまとめて見たのですが、1回1回があっという間で、「あれ?もう終わっちゃった!」と。そう思えることがすごくうれしいです。

Q

第1回は気持ちよい朝のシーンからスタートしましたね。朝食のシーンなど、谷田部家の雰囲気はどうですか?

A

みんなが同じ空気でいられる空間で、居心地のよい関係ですね。

A

「よし明るくやるぞ!」と計算したわけではなく、あの明るい雰囲気がいつの間にか出来上がっていました。

Q

印象的だったのは、みね子と時子の自然体な関係です。

A

佐久間さんと「こうしよう」と特に話していないのですが、最初から2人の自然な空気は出来上がっていたんですよね。

Q

みね子にとって時子はどんな人ですか?

A

時子はみね子の憧れの人でもあり、ずっと目で追っていたい人です。
いつもは時子がみね子を心配しているけど、実は時子は、いざとなると腰が引けちゃったりする子で…

A

みね子だけはその弱さもわかっているから、自分なりに「全力で時子を守りたい」「ずっと一番の味方でいたい」と思っています。

A

佐久間さんとも、「持ちつ持たれつの関係だよね〜」と話しているんです。

Q

では、沢村一樹さんや木村佳乃さんからも、“気になる人物”として名前が上がっている人ですが…

Q

宗男さんについてはいかがですか?

A

宗男さん(笑)

A

宗男さんがいると、現場がほっこりします。

Q

ナレーションで“変なおじさん”と言われていましたね。

A

谷田部家のムードメーカーで、宗男さんがいると一気にシーンが明るくなるんです。

Q

宗男役の峯田和伸さんが、有村さんがアドリブを入れてくるのでドキドキすると言っていましたよ。

A

あははは(笑)。

A

いきなり台本にないセリフをいれるとか、そういうことをしているわけではないんですよ。
普通の会話で言うような“うん”とか“そうそう”みたいな相づちを入れているくらいです(笑)。

Q

そういう細かいアドリブも、自然な会話に見せるために意識しているんですね。

Q

じいちゃんの茂さんとのシーンも多く出てきましたが、みね子にとって茂さんはどのような存在なのですか。

A

師匠と弟子みたいな(笑)。

Q

師匠と弟子ですか?

A

宗男さんは友達のような感じ。お父ちゃんはお父ちゃんで、茂さんはじいちゃんだけど、師匠と弟子です。

Q

何かを学んでいるという感じでしょうか?

A

はい。寡黙だし言葉も少ないけど、その姿を小さいころからずっと見てきて、畑仕事も一緒にやってきたので。

Q

谷田部家の長女として、演じるときに意識していることはありますか?

A

みね子には、お母ちゃんに心配かけないようにしている部分があると思うんです。弟と妹がいるから自分のわがままにはブレーキをかけていて。

Q

お母ちゃんのことを常に考えているんですね。

A

例えば、お父ちゃんが帰ってきたとき、お母ちゃんがホッとして緩んだ感じになり、それを見て、みね子は安心する。みたいな感じですね。

A

お母ちゃんの気持ちも意識した繊細な感情を大事にしながら、長女としてのみね子を演じています。

Q

最後に、これからのみどころをお願いします。

A

お父ちゃんの行方がわからなくなり、少しずつ谷田部家の日常が変わってくると同時に、三男が言い出した聖火リレーの話が動き出します。お楽しみに!

Special 特集

more