Special 特集

一覧ページにもどる

牧野鈴子役 宮本信子さん インタビュー「すてきなセリフを口にできて幸せ」

鈴子役をいただけたことをうれしく思う

鈴子はどんな女性だと思いますか?

鈴子は物の考え方が柔軟で若い。自分より年が下のみね子(有村架純)や高ちゃん(高子/佐藤仁美)に対しても、「若いくせに」みたいな考えは一切持っていません。だから、みね子が「すずふり亭」で働くことになったとき、「仕事をする間は、上下関係とか男だから女だからというのはなし」と声を掛けたのだと思います。当時、あんなふうにストレートに物を言い合える職場は珍しいですよ。
しかも、鈴子は空襲で多くのものを失って、そこから立ち上がってきた人。苦労してきた人でないと、なかなかああいう言葉は出ません。相手の立場に立って物が言える、鈴子というすてきな役をいただけたことをうれしく思います。

赤坂の町を歩いてみました

「すずふり亭」がある、赤坂の印象を教えてください。

映画でご縁があって、以前、赤坂の芸者さんたちに取材をさせていただいたことがあります。でも、そのときと今では時代も違いますから、『ひよっこ』出演のお話をいただいてすぐに赤坂の町を歩いてみました。
小学校や山王日枝神社のあたりを散策してみると、面影というか昭和当時のにおいがするところもいくつかあるんですよ。さらに赤坂には同じ名前の「鈴降(すずふり)神社」があると聞き、すぐにお参りに行きました。「すずふり亭」の裏庭にもお稲荷(いなり)さんがありますが、その神社の話を参考にしてセットに取り入れたそうです。そういうのっていいなと思いますね。

  • 牧野鈴子役 宮本信子さん インタビュー
  • 牧野鈴子役 宮本信子さん インタビュー

カメラに映らない部分も大事に演じたい

演じるうえで大切にされていることはありますか?

自分のセリフがないところや、カメラに映らない部分も大事に演じたいと思っています。カメラはみね子を撮っているけど、私はその後ろでお客さんに「領収書はどうしますか?」と話しかけてみたり。あと、常連さんと一見さんでは鈴子も接し方が違うでしょうから、常連役のエキストラさんには目配せをしたりして。そういう動きがあると画面が豊かになるんですよ。エキストラの方々もお芝居が好きな人ばかりなので、そういう設定をくんでしっかり演じてくださるんです。それがうれしいですね。

ちょっとした一言が好きですね

お気に入りのシーンやセリフを教えてください。

私は、鈴子が省ちゃん(省吾/佐々木蔵之介)に「飲みすぎるんじゃないよ」と言うセリフが好きですね。ちょっとした一言ですけど、親子の親密さとそっけなさの両方が出ていていいなと思いました。
ほかにも、鈴子が言う「東京を嫌いにならないでくださいね」や「仕事っていうのは決められた時間だけするもの」などのセリフが、視聴者の皆さんに気に入っていただいていると聞きました。脚本の岡田惠和さんが書くセリフは、人の心情をとらえているものが多いですよね。どの言葉もすてきで、私も口にするのが楽しみです。

  • 牧野鈴子役 宮本信子さん インタビュー

Special 特集

more