Special 特集

一覧ページにもどる

牧野省吾役 佐々木蔵之介さん インタビュー「愛子さんのペースに飲まれてみよう」

おいしそうと思ってもらえる料理を作りたい

“牧野省吾”を演じるうえで心がけていることは?

調理シーンでは、視聴者の方に「おいしそう」「すずふり亭に行きたい」とできるだけ思っていただけるような料理づくりを心がけています。材料を切ったり、炒めたり、フライしたり、すべての作業が一切吹き替えなし。手元のシーンはすべて僕たち役者がやっています。
僕はふだんから料理をするほうではないので、たまに難しい工程があるとドキドキしますね。そういえば、この前オムライスを作ったときは緊張しました。チキンライスを卵で包むところが難しくて。しかも、一発勝負ですから。最初のころよりはうまくなってきましたけど、まだまだ慣れないところもあるので日々精進しています。

不思議な関係だなと思います

省吾から見て、みね子はどんな女性ですか?

省吾にとってみね子(有村架純)は“話しやすい相手”なのかもしれません。以前、みね子とBAR「月時計」に行くシーンがありましたが、そのときもなぜか「お前に話したいんだ」と言って奥さんや娘のことを語っていましたし。不思議な関係だなと思います。

あと省吾は、みね子の苦しみを少しでも理解してあげたいと思っているのではないでしょうか。今でこそ、「すずふり亭」には多くのお客さんが来てくれていますけど、戦後は省吾もお店を立て直すのに相当苦労したはず。自分の妻を失って、娘も家を離れていき、つらい思いをした省吾だからこそ、父親のことで困っていたみね子を放っておけなかったのだと思います。

  • 牧野省吾役 佐々木蔵之介さん インタビュー
  • 牧野省吾役 佐々木蔵之介さん インタビュー

愉快なお化け屋敷みたいでした(笑)

そのほかの出演者の印象を教えてください。

元治役のやついいちろうさんと秀俊役の磯村勇斗くんは、ふだんからあんな感じです(笑)。撮影の合間もお互いをいじりあっていますよ。「すずふり亭」の人たちだけでなく、このドラマには個性的で変わった人が多く出てきますよね。あかね荘の住人も商店街の人たちもみんなキャラが濃い。ビートルズ来日のときは、そこに宗男(峯田和伸)も加わって、愉快なお化け屋敷みたいでした(笑)。
僕はそんな人たちの中で芝居をするのだから、特別なことはせずに真面目に普通にしておこうかなと。でもこれまた、強者(つわもの)の愛子さん(和久井映見)という女性が現れたことで、省吾のキャラクターが少しずつ変わっていくような気がしています。

「一目ぼれしました」と言われたことはうれしい

愛子さんの告白を受けて、今の心境は?

一人の視聴者として工場で働く愛子さんを見ていたときは、ちょっととぼけた感じの愛らしいすてきな女性だなと思っていました。でも、まさか自分が関わることになるとは…(笑)。「一目ぼれしました」と言われたことはうれしいですが、今はまだどう接したらいいのかわからないので、しばらくはこのまま愛子さんのペースに飲まれてみようと思います(笑)。今後2人がどうなるのか、僕自身も楽しみです。

  • 牧野省吾役 佐々木蔵之介さん インタビュー

Special 特集

more