Special 特集

一覧ページにもどる

角谷三男役 泉澤祐希さん インタビュー「三男が大好きすぎて、ほかの誰かにやらせたくない」

“好きな人に直球”というところだけが違いますね(笑)

“角谷三男”はどんな人だと思いますか?

第一印象はすごく愛らしい人。台本を読んだ瞬間から、三男が大好きすぎて、ほかの誰かにやらせたくないほどです。親や奥茨城村の人たちにはなぜか頭をはたかれるキャラクターですけど、みんな実は三男のことが大好きで愛しているのだろうと思います。何も考えていないようで意外としっかり者だし、人のこともちゃんと見ている。母ちゃんがわざと三男に厳しくする理由も全部わかっているのでは…と。

僕にも幼なじみがいますし、兄もいます。兄とはしょっちゅうけんかをしていて、まさに角谷家の兄・太郎さんとの関係みたい。角谷家も自分の家族と似ているので、三男は等身大の自分に近いです。でも“好きな人に直球”というところだけが違いますね(笑)。僕はあまり自分からアプローチできないので、「三男、すごいな」って思うところです。

三男〜、だいじょうぶ〜!?

東京で働く三男の見どころは?

環境が変わり、三男の立ち居振る舞いも全然違いますが、東京でも三男の愛らしさがふんだんに出ていると思います。米屋の父と娘に板ばさみにされて「三男、だいじょうぶ〜!?」と、台本を読みながらドキドキしています(笑)。

米屋の娘役・伊藤沙莉さんは以前から知り合いで、台本を読んだ時に「うわ!ぴったりだ!」と思って(笑)。伊藤さんにこのセリフを言わせたらバッチリだろうなぁと頭の中でシーンが想像できました。米屋のシーンでは、伊藤さんと父役・斉藤 暁さんのやりとりがおもしろく、ふたりの間で困っている三男を含めた3人の掛け合いも見どころのひとつだと思います。

  • 角谷三男役 泉澤祐希さん インタビュー
  • 角谷三男役 泉澤祐希さん インタビュー

三男が報われるためにも、時子とくっつきたいです!

時子への片思いも続くのですよね。今後の願望は?

さおりが三男を気にかけているようですが、三男が報われるためにも、時子とくっつきたいです!

オーディションに落ちた時子を励ますために3人で会ったとき、三男が時子に「女優がダメなら俺の嫁さんにするからな!」と言う場面がありました。あの三男、すごくいいですよね。今までとは少し違って、“本気”も入っていて。時子に夢をかなえてほしいと強く思って出た言葉なのですが、自分のことを犠牲にしてまで、気持ちを直球で告げてくれる人、なかなかいないですよね。あそこまで思いを伝えているのに三男がハッピーエンドじゃないのは、さみしいので…。今は軽くあしらわれているけど、「今に見とけよ〜」と思っています(笑)。

  • 角谷三男役 泉澤祐希さん インタビュー

Special 特集

more