2016年4月18日

舞え!KAGURA姫

もっとジブンを好きになるー
広島県北部に伝わる神楽には、ある不思議なチカラが宿っていた…

ヒロイン・葵わかなのKAGURA日記
神楽ドームロケ エキストラ参加募集

東京で暮らしていた高校生の咲子[さくこ](葵わかな)は、母・美土里[みどり](大塚寧々)の離婚をきっかけに、美土里の故郷、広島に移り住むことに。そこは江戸時代から伝わる豪華絢爛、アクション満載の古くて新しい不思議な「KAGURA」の里だった。咲子は、転校先で地元の今どき女子高生・珠希[たまき](中村ゆりか)と出会う。周囲に同調する事に慣れた咲子とは違い、珠希は自由奔放な態度で咲子を神楽の世界へと導いていく。
2人は神楽部で活躍する憧れの先輩・道郎[みちろう](中村梅丸)や、いじられキャラの同級生・司[つかさ](加藤諒)とともに夏の一大イベント神楽甲子園を目指すことになるが一筋縄ではいかず波乱の展開に・・・

合い言葉は「空気」を読むんじゃない「息」を合わせろ!

神楽を愛するアツくて、ちょっぴり面倒くさい??人々に包まれた咲子は、時に傷つき、心を通わせながら、家族や友人との関係、ジブン自身を見つめ直していく・・・

広島県北部に伝わる神楽をテーマにした青春エンターテインメント・ドラマ
誰もが一歩を踏み出すことができる、そんなチカラを届ける物語
そう、きっと皆、もっと自分を好きになれる―

【出演】

咲子 [転校生]/
 葵わかな(あおい わかな)

珠希 [地元の高校生]/
 中村ゆりか(なかむら ゆりか)

道郎 [神楽部の先輩]/
 中村梅丸(なかむら うめまる)

司 [神楽部の同級生]/
 加藤諒(かとう りょう)

美土里 [咲子の母]/
 大塚寧々(おおつか ねね)

マチ子 [咲子の祖母]/
 角替和枝(つのがえ かずえ) ほか

【放送予定】

2016年 秋 BSプレミアム(59分)

【脚本】

櫻井剛
「マルモのおきて」「限界集落株式会社」「表参道高校合唱部」

【演出】

押田友太(NHK広島放送局)

【制作統括】

大久保幸治(NHK広島放送局)

神楽イメージ画像

出演者紹介

葵 わかな

葵 わかな [児玉 咲子]
 1998年6月30日生まれ(17歳)

映画「陽だまりの彼女」「くちびるに歌を」テレビドラマ「マネーの天使」「女優堕ち」など出演。瑞々しい透明感と、クセのある役どころでも独特の雰囲気を醸し出す、今注目の10代女優。
引っ越し用トラックの荷台に乗り、生声で歌うCMでも話題に。
この春からNHK「フレッシャーズキャンペーン2016」キャンペーンキャラクターをつとめ、さらなる飛躍が期待される。

ヒロイン・葵わかなのKAGURA日記

中村 ゆりか

中村 ゆりか [美川 珠希]
 1997年3月4日生まれ(19歳)

ドラマ「家族狩り」で心に狂気を秘めた女子高校生役を見事に演じ切り、存在感のある女優として注目される。 NHK連続テレビ小説「まれ」では伝説のパティシエの娘・池畑美南役を好演。 全国の幅広い世代から人気を集めた。
今年の新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」にも出演。実力派女優として成長を続けている。
特技はフィギュアスケートと中国語。

中村 梅丸

中村 梅丸 [鹿島 道郎]
 1996年9月12日生まれ(19歳)

高砂屋 中村梅玉の部屋子。8歳の時、国立劇場『御ひいき勧進帳』で初舞台。
2006年、中村梅丸を名のる。
凜とした立役(男性役)、可憐な女形、どちらでも目を引く歌舞伎界の新プリンスの一人。今回のドラマがテレビでの俳優デビュー作。
歌舞伎の世界から、神楽の舞い手へ。
舞台で培った佇まいや所作の美しさを活かし、役作りに挑む。

加藤 諒

加藤 諒 [桑畑 司]
 1990年2月13日生まれ(26歳)

舞台、映画、ドラマで幅広く活躍する若手個性派俳優。
現在、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、Eテレ「で〜きた」 4月クールの民放ドラマ「ゆとりですがなにか」などにも出演中。
バラエティ番組でも引っ張りだこの、ノリにのっている”気になる”役者。

大塚 寧々

大塚 寧々 [児玉 美土里]

1992年「君のためにできること」で女優デビュー。
「HERO」など、数多くのドラマ・映画で活躍。 NHKドラマ「メイドインジャパン」「ご縁ハンター」にも出演。
写真家としても活躍し、マルチな才能をみせる。

角替 和枝

角替 和枝 [児玉 マチ子]

つかこうへい事務所を経て、劇団東京乾電池に所属。
舞台だけではなく、様々な映画やテレビで活躍。
NHK連続テレビ小説「花子とアン」にも出演。 個性豊かな演技力で愛嬌のある存在感を放つ。
夫は柄本明、2人の息子(佑・時生)も役者として活躍する俳優一家。

▲ ページの先頭へ