「ヒロシマ」特集番組

全国に向けて、「ドラマ」、「ドキュメンタリー」、「音楽」など数多くの番組を発信していきます。

シリーズ テレビが伝えたヒロシマ

被爆70年の節目に、2か年かけて過去の「ヒロシマ」関連番組をテーマごとにシリーズで放送し、過去から未来をみつめます。

ドラマでたどる被爆70年フォーラム

女優の樫山文枝さんをゲストに迎えて、平成元年に放送した『失われし時を求めて-ヒロシマの夢-』を取り上げるほか、『かたりべさん』の制作秘話などを紹介します

被爆70年企画『NHK平和アーカイブス展』

これまで制作してきた「核」「平和」に関する番組を広く紹介し、原爆が何をもたらしたのかを知り、平和のかけがえのなさを学ぶ機会としたいと考えています。

「お好みワイドひろしま」
被爆70年シリーズ企画

番組で取材したリポートを動画でご覧いただけます。
詳しくはこちら

被爆70年被爆遺品発掘キャンペーン

NHK広島放送局・NHK長崎放送局は、被爆遺品の発掘・収集に力を入れます。
被爆の実相を物語る資料(被爆時に身につけていた衣服や携行品などの遺品、被爆当時の映像や写真など)、
遺影、被爆体験記について情報をお寄せください。
番組の中で随時、放送していく予定です。

キャンペーン詳細へ

遺品についての情報をお寄せください

被爆70年プロジェクト紹介

1.シリーズ被爆70年 「ヒロシマ・ナガサキは発信する」

来年は「被爆70年」。被爆体験の継承を考えたとき、それがいかに大きな節目であるか。被爆地の放送局として、何をすべきか。ヒロシマ・ナガサキの力を結集し、発信していきたい。
長崎・福岡各放送局とも協力しながら、核兵器や被爆地を取り巻くさまざまな状況、課題を継続的に取材し、発信していくシリーズ。

2.被爆体験を記録し、若い世代への継承を進める番組

ヒロシマ8.6ドラマ 「かたりべさん」

「ヒロシマを忘れない」・・・そのきっかけを
見つけてもらうドラマとして、若い世代に向けて
お送りします。

ヒバクシャからの手紙

被爆者の高齢化が進む中、若者たちの意見も交えながら「被爆体験の継承」について考えていく。

いのちのうた2014

歌の力を通じて“いのち”と”平和“の尊さを伝えるコンサートを今年も放送。

白に込めた悲しみ 被爆画家 福井芳郎

原爆投下直後の広島を描いた画家・福井芳郎が見つめた“8月6日”。

えほんでつたえるげんばく

小学校で原爆をテーマにした絵本を俳優が子どもたちに読み聞かせる番組。

被爆70年~語り継ぎたい、あの日の記憶

継続的に被爆者の声に耳を傾け、あらためて「あの日、何があったか」を記録し、ラジオで放送。

3.「お好みワイドひろしま」被爆70年シリーズ企画

お好みワイドひろしま

被爆70年に向けたシリーズ企画を毎週(金)に放送。被爆者の苦しみや悩み、被爆地の課題、核廃絶への国内や世界の動きなど、さまざまな角度から“ヒロシマの今”を伝えていく。

お好みワイドひろしま
総合 月〜金 午後6:10〜

番組で取材したリポートを動画でご覧いただけます。詳しくはこちら

OTHER CONTENTS