2019年08月05日 (月)ことしも8月6日がやってきます~その2


NHK広島放送局放送部長の安達宜正です。

74回目8月6日を迎えるのを前に、

先週、このブログで

原爆、核兵器をめぐる問題を取り上げ、

たくさんの反響をいただきました。

 

解説委員時代に

Sexy Zoneのメンバーとともに

広島を訪れたことで、

原爆の被害について考えるきっかけを

つかんだという、

若い方からも返信をいただきました。

中島健人くん松島聡くんとは別の企画でも、

戦争について勉強したことがあります。

東京・渋谷の「ハチ公」の銅像が戦時中、

金属類の不足から回収され、

再生利用されたことなどを学びました。

犬好きの彼らは、身近な話題として、

戦争を受け止めてくれました。

原爆の被害はもちろんですが、

戦争は身近な話題からも学ぶことができます。

 

 

さて、昭和20年8月、

広島、長崎に投下された原爆によって

被爆した人たちの平均年齢がいくつになるか、

みなさんはご存知でしょうか。

82.65歳です。

今から74年前の出来事ですから、

その日に生まれた方でも74歳ですので、

不思議なことではありません。

僕はここ連日、平和公園を訪れています。

0805bu01.jpg

高齢の被爆者の方々が慰霊碑の前で

全国から、世界から広島を訪れている人たちに

体験を話す姿や、

マスコミのインタビューに答える姿が見られます。

被爆者のみなさんにも、やがては

体験を話すことができなくなる時期が必ず来ます。

広島市はきょうも真夏の暑さのなか、

みずからの体験を語っているのは、

その時期が来る前に

1人でも多くの人に対し、

みずからの体験を伝えたいという

願いからだと思います。

 

広島で働く、次の世代の僕たちは

その思いにこたえなくてはならないことは

もちろんですが、

みなさんも機会がありましたら、

被爆地・広島をぜひ、訪れてほしいと思います。

 

 

 

8月6日の広島は

74年前の被爆の事実を忘れないこと、

そして二度と繰り返してはなないと誓う日です。

この日、僕らのカープは

「ピースナイター」と銘打って、

毎年、平和を祈念する試合を実施します。

ことしはDeNAが相手です。

ピースナイターでもありますが、

首位まで2ゲーム差まで迫り、

優勝争いにとっても大事な試合です。

実家のトントンとともに応援したいと考えています。

0805bu02.jpg

 adatibutyou.jpg

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:17:00


ページの一番上へ▲