2020年12月18日 (金)コイらじ・政治記者の仕事についての質問に答えます


NHK広島放送局放送部長の安達宜正です。

ことし2020年は7年8か月ぶりに

総理大臣が交代し、

新型コロナウイルスの感染拡大もあって、

政治が大きな注目を集めています。

また、広島では河井元法務大臣夫妻が

公職選挙法違反の罪で逮捕、起訴され、

政治家への厳しい視線が注がれています。

こうしたなかで、NHK広島のラジオ番組

「ひろしま コイらじ」のディレクターから、

日頃、政治や政治家を取材している、

政治記者の仕事はどんなものか、

話して欲しいという話がありました。

みなさんは政治記者とはどんなイメージでしょうか。

僕は1994年にNHKの政治部に異動し、

その後、解説委員なども務めましたが、

足掛け25年間、

永田町(国会や総理官邸のあるところです)で

政治を取材してきました。

その間に総理大臣をつとめたのは、

宮澤、細川、羽田、村山、橋本、小渕、森、

小泉、安倍、福田、麻生、鳩山、菅、野田、

再び安倍と延べにして、15人。

(今の菅政権は広島への異動後で直接は取材していません)。

政治取材のうち、もっとも面白い仕事は、

僕の場合、ときの政権、総理大臣の座や、

党首のポジションなど権力をめぐる戦い、

いわゆる政局の取材でした。

権力を争う複数の候補者。

どちらの側が過半数、

すなわち50%+1を確保するのか、

政治家同士がすさまじい抗争を繰り広げ、

水面下では多数を握るための

統合・協力が行われます。

自分が担当してきた政治家が

リーダーに名乗りを上げた時、

政治記者としての力量が試されることになります。

また政治記者は政府の政策決定や、

国会の審議を取材します。

新型コロナウイルスへの対応は言うまでもなく、

国民生活に影響を及ぼす

政策決定の場面を取材します。

この内閣は次にどんな政策を打ち出すのか、

また、その政策はどのような過程を経て決められ、

僕たち国民の生活に

どのような影響があるのかの取材です。

政治記者の仕事は重要ですし、楽しいのです。

政治記者になったからこそ、

その後、シブ5時を担当し、

Sexy Zoneとご一緒することもできました。

SexyZone.jpg

 

セクゾ君たちは政治や社会問題に関心が強く

収録のあいまにも

政治や選挙の話をよく聞いてきました。

しまじまコンビと言われた、

中島健人くんと松島聡くんとは

一緒に国会にも行きましたが、

中島くんはその後、

都知事選挙やアメリカ大統領選挙についての

自分の見方について話してくれ、

僕も自分の見通しを伝えたこともありました。

松島くんも街頭演説を見た時の感想などを

一生懸命に話してくれたことを思い出します。

今回の番組で一緒に話すのは

シンガーソングライターのHIPPYさんです。

1218hippy.png

HIPPYさんと言えば、

夏の「れいわのへいわソング」に

セクゾくんたちと一緒にご出演いただきました。

HIPPYさんにはそんな話も

聞いてみようかなと思っています。

番組は今月23日(水)午後5時5分からの

NHKラジオ第1「ひろしま コイらじ」です。

NHKのネットラジオ「らじる☆らじる」でも

地域を広島にあわせていただければ

全国でお聞きいただけます。

お聞きいただいて、

政治記者の仕事に興味を持っていただければと思います。

 

HIPPYさん、Sexy Zoneのみなさんが出演した

「れいわのへいわソングFROM HIROSHIMA」は

29日(火)総合テレビ(広島県向け)、

午後0時15分から放送します。

 

 

adachibucyou4.jpg

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:16:30


ページの一番上へ▲