2019年07月23日 (火)番記者便り 反撃の後半戦へ 期待は西川選手


NHK広島放送局で

カープの担当記者をしている

松山です。

 

今シーズンのカープは、

まさにジェットコースターのよう。

開幕から5カード連続で負け越し、

その後、5月には月間20勝を挙げ

球団記録を更新

しかし交流戦から再び調子を落とし、

7月10日まで引き分けを挟んで

20年ぶりの11連敗・・・。

好不調の波が大きく、

カープファンの方は

心が安まらないシーズンを

送っているのではないでしょうか。

 

 

そうした中、

7月21日までマツダスタジアムで

行われた首位・巨人との3連戦。

カード初戦で5点差をひっくり返し

逆転勝ちすると、

2戦目も逆転勝ち、

3戦目はサヨナラ勝ちと、

カープらしい打線の粘りで、

およそ1か月半ぶりの

3連勝となりました。

勢いを取り戻せるような

粘り強い勝ち方だったので、

ここからの再浮上を期待しましょう。

 

そして、この3連戦で

活躍した1人が、

今シーズン、

外野でレギュラーをつかんだ

西川龍馬選手です。

19日は持ち味のバットコントロールを

存分に発揮し3安打。

特にインコースの難しいボール球を

ほぼ片腕で打ち返し

ライト線際に運んだヒットには

巨人の菅野投手も

驚きの表情を見せていました。

さらに21日はプロ4年目で初の

先頭打者ホームランと勝利に貢献しました。

リーグ前半戦は3番や5番を打ち、

後半戦からは1番を任され、

打線の重要な役割を任されています。

そんな西川選手、

今シーズンの活躍のウラには、

いろいろな「変化」がありました。

後半戦巻き返しのキーマン、

西川選手に迫った記事は、

NHKの「スポーツストーリー」

詳しく掲載しています。

ぜひご覧下さい。

https://www.nhk.or.jp/sports-story/detail/20190722_3918.html

 

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:11:00


ページの一番上へ▲