2018年06月21日 (木)交流戦を振り返って


6月8日(金)~10日(日)、カープは楽天に3連勝。

そこから5連敗し、課題が見えました。

 

 

oonokou.png1試合を残してカープ7勝10敗の9位、

交流戦の4年ぶりの負け越しが

既に決まってしまいました。

交流戦前に勝率5割で行けばと言いましたが、

今回の5連敗、本拠地以外の試合で

2勝7敗と大きく負け越し、

これが大きな要因となりました。

試合というのは投手が作りますが、

投手陣が点を多く取られすぎたことが要因となりました。

交流戦のチーム防御率を見ていきますが、

oonobougyo.png5.57ということで12球団ワースト。

5.57という数字は、

打線が少々点を取っても勝てない数字です。

これは悪すぎます。

交流戦前は3点台ですから、

倍増に近くなってしまいました。

いかに投手陣が点を取られた試合が

多かったかということです。

パ・リーグの打線はセ・リーグと違い、

思い切りの良い選手もたくさん居るなか、

球が多少甘くなると長打となり、

打線に関しては、力のある選手が多い気がします。

大瀬良投手も6月15日(金)、

ソフトバンク打線につかまってしまいました。

初回、いきなり走者2人を置いて

5番デスパイネ選手との対戦、

2ボールからの3球目、

直球でしたが、ホームランを打たれました。

本来の大瀬良投手であれば

もう少しインサイド厳しいところに

投げられるはずですが、

甘めの球になってしまいました。

パ・リーグの強打者は見逃しません。

立ち上がりですから、

大瀬良投手はリズムを崩してしまったという感じです。

先制の3点ホームランということで、

流れを悪くしてしまいました。

 

もうひとつが中継ぎ陣です。

6月16日(土)のソフトバンク戦、

1点リードで登板した今村投手、

1回4失点と崩れてしまいました。

スライダー、フォークを投げましたが、

ストライクゾーン甘めの球を打たれました。

更に、シュート回転で高目に投げた球を

ホームランされてしまいました。

本来、こういうところでしっかり抑えてきた

カープなんですけれども、

先発陣が崩れ、中継ぎ陣が打たれ、苦戦しました。

 

立て直しのポイントは、やはり投手陣です。

先発陣を踏まえた投手陣がしっかり試合を作る、

序盤で失点をしないという流れを

作っていかなければいけません。

先発陣で言えば、

2試合好投しましたジョンソン投手、

そして、連敗を止めた九里投手。

この2人に期待したいです。

5連敗中だった6月17日(日)ソフトバンク戦、

九里投手、好投しまして

5年目で初めての完投勝利を挙げました。

持ち味である、低いゾーンに球を集めてゴロで打ち取る。

粘り強さとコントロール、本来の投球ができたことが、

9回完投勝利につながったと思います。

中継ぎ陣は不安定なところもありますので、

先発陣のなかで完投できる投手が

出てくることで中継ぎ陣を休ませることができます。

非常に大きな完投であり、

連敗を止めたことは大きいです。

 

交流戦のチーム打率ですが、

oonodaritu.png12球団で4番目ということで

まずまずといったところです。

打線に関しては、心配ありません。

かなり機能したという感じです。

中でも好調だったのが、

松山選手、鈴木選手、野間選手。

 

松山選手は、

交流戦でチームトップの4本のホームラン。

何かをしてくれるという雰囲気を持っている選手です。

思い切りの良い打者ですから、

ツボにくれば長打が出ます。

広角に打てる技術も持っています。

変化球に対しての反応も良いです。

非常に粘り強さがある打者で期待できる選手です。

 

つづいて、鈴木選手。

足の故障もありましたけど、

状態も良くなりましたので、

軽く打った球が観客席まで届きます。

球を捕らえるタイミングも良く、

下半身も安定してきました。

鈴木選手らしい打撃も出来てきましたから、

4番として任せられます。

リーグ後半戦も非常に楽しみです。

 

野間選手。

元々、俊足の野間選手。

勝負強さも加わってきました。

丸選手の故障の間にレギュラーとして活躍しました。

俊足を生かした内野安打も多くなってきました。

しぶとい打撃ができます。

4年目で初めてのサヨナラヒットも打ちました。

打撃に関して、非常に力をつけてきており、

自信が現れてきました。

野間選手が打つと打線も繋がり、

得点力も上がってきます。

打点も交流戦で10挙げていますので、

非常に活躍しています。

 

ただひとつ、

打線で気になるのは、菊池選手です。

交流戦で打率が1割台です。

このあと、菊池選手の頑張りに期待したいです。

 

これから、交流戦が終わりリーグ戦が再開します。

セ・リーグの順位をおさらいしてみましょう。

oonose.pngカープは34勝、27敗、勝ち越し7、

2位とのゲーム差が4.5です。

気になるのはヤクルトです。

交流戦、最高勝率チームで順位を上げてきました。

カープは勝ち越し7ですから、

それをもう一度2桁にして

ゲーム差も広げていきたいです。

ポイントは、カープの野球をすることです。

投手陣を中心とした守りの野球を

しっかりと立て直してほしいです。

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:15:53 | 固定リンク


2018年06月20日 (水)22(金)23(土)24(日)カープ3連続中継でパブリックビューイング実施!


今週末、NHKではプロ野球中継・阪神」対「広島(甲子園球場)

3日連続で生中継します!

 

NHK広島放送局では、以下の日程で、

プロ野球中継・カープ戦のパブリックビューイングを、

NHK広島放送センタービル1階200インチ大画面で

実施(入場自由/無料)します!

 

3連覇、そして日本一に向け今後をうらなう

交流戦終了後最初の大切な3連戦。

みんなで一緒にカープを応援しませんか?

ぜひ、お越しください!

 

◇「プロ野球中継・カープ戦」パブリックビューイング

【実施日時・上映内容】

6月22日(金)午後6:00~試合終了(放送終了)まで
   上映内容: 総合1ch 阪神」対「広島」(甲子園球場)※生放送

6月23日(午後1:50~試合終了(放送終了)まで
   上映内容: 総合1ch 阪神」対「広島」(甲子園球場)※生放送

6月24日(午後2:00~試合終了(放送終了)まで
   上映内容: BS1  阪神」対「広島」(甲子園球場)※生放送

 ※雨天等により試合中止の場合は実施いたしません。
 ※6/23、24は最長19時までの上映となります。

【場所】NHK広島放送センタービル1階(広島市中区大手町2-11-10)
     →アクセスマップを見る

【入場】自由・無料

0622-24TigersVSCarp_Twitter.jpg

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:18:00 | 固定リンク


2018年06月01日 (金)カープ首位で交流戦へ


5月25日から27日までの中日との3連戦を振り返ると、

野手陣は頑張って点をとってくれていましたが、

投手陣、特にリリーフ陣の、試合終盤での失点が目立ちました。

 0528_league_jyuni.png

 

 00528_bougyoritsu.png

 

今月のカープの収穫と課題について、

投手、野手、それぞれについて洗い出してみます。

まず、防御率です。

先発投手の防御率は、まずまずといったところですが、

課題は中継ぎ陣です。

昨年の防御率は2点台でしたので、

今年は結構打たれている印象があります。

今月先発した主な投手のこれまでの成績をみると、

勝敗数で負け越している投手はいません。

先発陣の調子は、悪くはないと思います。

 00528_dasen.png

 

打線については、5月28日現在、

チーム打率は.254(リーグ3位)、

得点は216(リーグ2位)、

本塁打数は46(リーグ2位)という成績です。

リーグ連覇を果たした昨年と比べると、

少し物足りないと思われるかもしれませんが、

現時点でカープは貯金10でリーグ首位にいますし、

これから数字が伸びていく可能性も十分にあると思います。

 

交流戦について、一昨年と昨年はリーグトップの成績でした。

今年も大いに期待したいです。

交流戦のキーマンとして、

投手では大瀬良選手、野手では野間選手を

あげたいと思います。

 

 

大瀬良選手については、安定感、信頼感があります。

ストレートに力はありますし、

変化球のコントロールもいいです。

さらにカットボールの精度も上がってきました。

投球フォームが安定しているからこそ、

いい投球ができていると思います。

 

野間選手は、バッティングに力強さ、上手さが出てきました。

広角に打つことができて、

足の速さを生かして内野安打にすることもできています。

そして、チャンスの場面で長打もあり、

バッティングが成長していると思います。

下位打線に野間選手がいることで、

打線のつながりがよくなり、得点力も上がります。

 

残る課題としては、盗塁阻止率が低いということです。

5月26日現在で.136です。

バッテリーで、よく考えて対応してほしいと思います。

特に足の速い選手が塁に出た時は、

なるべく走らせないような状況を

バッテリーでよく考えて作ってほしいです。

捕手の送球だけでなく、

投手の投球時の動作についても、

見直していく必要があると思います。

 

※データは、特に断りがない限り、2018年5月28日現在のものです。

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:10:56 | 固定リンク


2018年05月23日 (水)「お好みワイドひろしまスペシャル 北広島町から生放送!」


お好みワイドキャスターの黒田信哉です。

私、先日晴れて36歳になりました!

いやぁ、あっという間です。

 

実は、NHK広島放送局は今年で90年!

90年を記念して様々なイベントや取り組みを行っています。

 

もちろん、お好みワイドも!

24日(木)にスペシャルを放送します!

スタジオを飛び出して、

新緑あふれる北広島町から生放送です。

 

kyaraban.jpg

 

この季節の県北西部は本当に緑が鮮やか。吹き抜ける風の心地よさは格別です。

 

kyaraban2.jpg

 これは何の木?気になる実・・・。

 詳しくは番組で。

 

 

 

kyarabann3.jpg

 

おなじみの岡キャスター、平井キャスター、そして勝丸さんもスタジオを飛び出して北広島町からお届けします!

 

kyaraban4.jpg

 5月24日(木) 

「お好みワイドひろしまスペシャル

北広島町から生放送~」

午後6時10分から放送です。

 

地域で輝く人たちをたっぷりと紹介します!

お楽しみに!

投稿者:黒田信哉 | 投稿時間:14:21 | 固定リンク


2018年05月10日 (木)カープ開幕から大型連休までの戦いを振り返る


大型連休中、カープは5勝3敗の成績でした。

阪神には2勝1敗、巨人には2勝と勝ち越しましたが、

ヤクルトには1勝2敗と負け越しました。

 

5月6日のヤクルト戦は、

勝てる試合を落としてしまいました。

先発の九里投手は、しっかりゲームを作っていましたが、

終盤の、中崎投手、今村投手、一岡投手が打たれて

負けてしまいました。

リリーフ陣がしっかりしないと、

接戦のゲームには勝てませんので、頑張ってほしいです。

特に、今村投手は、ストライクが1球も入らず降板しました。

原因をきちんと突きとめて、しっかり投げられるように対応してほしいです。

 1oonosan.jpg

カープの開幕からの戦いを振り返ると、

チーム防御率は3.75(リーグ3位)、四球の数はリーグで2番目に多い127個

(いずれも5月7日現在)です。

四球がとても多いです。

四球の数を減らしていくことで、防御率もよくなっていくので、

各投手は、自分のピッチングフォーム、状態を今一度しっかり見直して、

いい準備をして試合に臨んでほしいです。

 3oonosan.jpg

特に、ここまでの中継ぎ投手の防御率は、

昨年は全試合で2.77だったのに対し、

今年は32試合終えて3.48と悪くなっています。

中継ぎ陣の頑張りが、試合の勝敗に影響してくるので、

もう一度、しっかりしたボールが投げられるように、

各投手にはきちんと調整してほしいです。

 

開幕からの試合での投球を見ていて、評価できる投手もいます。

野村投手、薮田投手がいない中、

岡田投手、大瀬良投手、中村祐太投手の3人が投手陣を

引っ張ってくれています。

 

岡田投手は、ここまで防御率は4点台と少し悪いですが、

負けなしの4勝。

きちっとしたフォームで投げられています。

ボールを離すタイミングが良く、腕の振りもいいです。

今後も、いい投球を続けてほしいです。

 

大瀬良投手は、フォームが安定しています。

特に投げ終えた後のフォームがきちんと決まっています。

以前は、投球時に力みが入り、バランスを崩すことがありましたが、

今年は安定して投げられています。

 

中村投手は、マウンド上で、

打者に対して攻める気持ちが強く出ています。

ボールのキレや動かし方を調整して、

打者のバットの芯をうまく外す投球ができています。

この先とても楽しみな投手です。

今年は二桁近く勝てるのではないでしょうか。

 

中継ぎ陣の中では、アドゥワ投手に注目です。

ここまで12試合に登板して失点は1。

防御率0.60と安定した成績です。

長身でリーチの長さが魅力です。

バットの芯をずらして打ち取る投球ができています。

若手のいい投手がでてきたなという印象です。楽しみです。

 oonosan2.jpg

打線に関しては、非常に頑張っていると思います。

5月7日現在、打率は.260(リーグ2位)、打点は143(リーグ2位)、

本塁打は32(リーグ1位)です。

丸選手と新井選手が不在、鈴木選手は万全でない中、野手陣は頑張っています。

特に、田中選手、菊池選手は開幕から良い成績を残して、

チームを引っ張っています。

勝負強さを感じますし、1,2番の存在は大きいです。

菊池選手も打率が3割を超えて、調子は上がっています。

バティスタ選手は、打席での勝負強さも感じられますし、

ホームランも打ててますし、状態がいいです。

 

エルドレッド選手は、ホームランで勢いを変えてくれていますし、

チームにとって頼もしい存在です。

 

4年目の野間選手、

丸選手が離脱してから出場している試合のほとんどで複数安打を記録しており、

素晴らしい成績を残しています。

足の速い選手なので、内野安打も打てます。

詰まっても、しっかりバットが振れているので、

ヒットゾーンにボールが落ちることに繋がっています。

今年、打撃が成長している感じがします。

 

盗塁阻止率が.107とリーグ最下位です。これは放っておけません。

ピッチャーとキャッチャーの連係の話なので、

しっかりけん制する、間を変える等、対策が必要です。

この先の大きな課題だと思います。

 ※データは5月7日現在のものです。

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:14:23 | 固定リンク


2018年04月12日 (木)ありがとう三江線!あすへの出発


島根県江津市から広島県三次市までを結ぶ

JR三江線3月31日で廃止されました。

 

中国地方随一の大河・江の川に沿い美しい里山を走り

鉄道ファンや観光客、地域の人に深く愛されてきた三江線。

 

NHKでは廃線をきっかけに、三江線の歴史秘話や果たしてきた役割を振り返り、

三江線沿線ならではのとっておきの食文化鉄道技術を紹介します!

また廃線後の公共交通機関のあり方

鉄道跡地を生かした地域振興についても考えます!

ゲストは鉄道が大好きなお二人!

昨年秋放送の「六角精児の呑(の)み鉄本線・日本旅」でも三江線を訪ねた六角精児さんと、

ローカルジャーナリストの田中輝美さん!

 

ありがとう三江線!あすへの出発

[総合テレビ]4/13(金) 午後 7:57~

中国地方向け※岡山は別番組

(再放送は  4/21(土) 午前10:05~

中国地方向け※岡山でも放送!)

 

また、今回NHKではJR三江線との別れを惜しむ情景

360度体験できるVR映像記録しました!

こちら↓のサイトからご覧になれます!

https://www.nhk.or.jp/vr/

 

ぜひご覧ください! 

 

0413SanKouSenTHANK.jpg

 

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:18:31 | 固定リンク


2018年04月11日 (水)カープ開幕からの戦い


4月6日からのDeNAとの3連戦は、

1勝2敗と負け越しました。

攻撃陣からすれば、序盤・中盤で

点がなかなかとれませんでした。

その中でジョンソン投手や大瀬良投手が、

中盤に失点するという、

悪い流れになってしまいました。

 

oonosan4.png
4月9日時点で、カープは6勝3敗で

ヤクルトと並んでリーグ首位。

開幕して9試合ですが、上にいるのは非常に良いことです。

先発投手の成績を見てみると、これまで勝った試合は、

先発投手に勝ちがついています。

高橋投手は、少し残念な結果でしたが、

総じて、先発投手陣は順調なスタートを切れたと思います。

 

野村投手は、ランナーを出しながらも

粘りのピッチングをしています。

あまり失点をしていません。

これまで1イニングで複数失点はありません。

1イニングでも長く投げるんだという姿勢が感じられます。

 

ジョンソン投手は精神面で

自分をコントロールできています。

昨年は、味方の野手がミスをした後、

リズムが崩れる場面がありましたが、

今シーズンは、気持ちの切り替えがしっかりとできています。

前回の登板では勝てませんでしたが、今年のジョンソン投手は、

ある程度勝てる投球ができると思います。

 

薮田投手は、少し制球に苦しんでいる様子がありますが、

昨年のことを思い出して、打者に向かっていくという

強い気持ちで自信を持って投げてほしいです。

 

高橋投手は、4月4日の試合では、

4回に崩れて2軍に行きましたが、

今後、高橋投手に代わる、先発6番手は、

どんどん変わってくるでしょう。

中村恭平投手が登板するという情報もありますが、

誰が出てくるのか注目ですね。 

 oonosan3.png

 打線の方は、

鈴木選手と新井選手の主力の2選手を欠く中ですが、

今年も非常に機能していると思います。

ここまで、チーム打率は.267(リーグ3位)、

48得点(リーグ2位)、ホームラン11本(リーグ1位)です。

投手陣は、打線に頼らないでも勝てるように

頑張ってほしいと思いますし、

そうならないと、この先厳しくなると思います。

 

丸選手は絶好調です。

引っ張ってよし、流してよしです。

今年も相変わらず逆方向に強い打球が打てています。

きちんと踏み込んで打てているし、

ヒットゾーンも広くなっているので、大変良い状態です。

 

堂林選手は、4月10日時点で

7打数2安打4打点の成績。

勝負強さや、今年にかける意気込みが感じられます。

センターや逆方向を意識することで、

空振りや三振の数も減ると思います。

逆方向に長打を打てる上手さもありますし、

これから先発での起用も増えてくると思いますので、

この調子を維持してほしいです。

飛躍の年にしてほしいと思います。

 

今後、先発投手陣が極力頑張って

ゲームを作っていってほしいです。

逆転のカープといわれますが、

先行逃げ切りの試合を見せてほしいと思います。

 

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:11:53 | 固定リンク


2018年03月30日 (金)開幕直前!カープ徹底解説


オープン戦の成績は3勝9敗2分(3月26日時点)でした。

決していい数字ではありませんが、あくまでもオープン戦で、
いろいろな人を試す機会であるということで、
あまり気にしない方がいいと思います。

オープン戦のチーム防御率は4.73で、セ・リーグで最下位でした。
今年頑張ってほしい先発陣が、いい結果を残せなかったという点では、
開幕に向けて少し不安が残ました。

先発陣では、野村投手、ジョンソン投手は、
今年それなりにやってくれると思います。

去年、大活躍した薮田投手は、
オープン戦で14イニング投げて四死球数が14でした。
四球が多いのは、しっかりとしたフォームで
投げられていないということだと思います。
開幕までにフォーム・タイミング・バランスを
しっかり修正してほしいと思います。

大瀬良投手には、3月25日のオープン戦のような投球をしてほしいです。
結果が悪い時には、投げ急ぎが見られます。
投げ急ぐと、ボールがシュート回転したり抜けたりしますが、
ゆったりとしたフォームで、タイミングよく投げることができれば
コントロールが良くなります。
シーズン中、このことを忘れないでほしいです。

ジョンソン投手、オープン戦で安定したピッチングができていました。
球持ちがよく、ボールも低めに集まっています。
チェンジアップの精度も上がっています。
インサイドに投げるストレートやカットボール、
そしてチェンジアップを組み合わせることで、投球に幅が広がると思います。

2年目の高橋昂也投手は、オープン戦で結果を出しましたね。
腕をしっかり振って投げられていますので、
ボール球にバッターが手を出しています。

続いて打線を見てみます。
ここまでのオープン戦のチーム打率は、
2割5分1厘でセ・リーグで3位です。
タナキクマルに、けが明けの鈴木誠也選手も心配ないでしょう。
打線は今年も期待できると思います。

鈴木誠也選手は体も大きくなり、足もほぼ治っていると思います。
1年間4番で結果を残してくれることを期待します。

メヒア選手は、広角に長打を打てるようになり、
昨年以上にボールを捉えるのが上手くなってきています。

シーズンに向け、調子が良い人は維持して、
問題がある人は修正して、良い準備をしてほしいですね。
開幕ダッシュを期待します。チーム一丸となって、
持っている力をすべて出していくことが、3連覇へのカギだと思います。

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:15:11 | 固定リンク


2018年03月01日 (木)【カープ】3月16日(金)開幕直前スペシャル番組!


carp_special20180316.jpg 

 

3月に入りだんだんと暖かくなってきました。

皆さんお待ちかね、球春の到来です。

 

【続きを読む】

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:22:10 | 固定リンク


2018年02月26日 (月)2018年Jリーグ開幕!サンフレッチェ広島開幕戦の応援に行ってきたでえ


2月24日は、待ちこがれたJリーグ開幕戦!

わしとどーもくんも元気いっぱいに応援してきたで!

開幕戦とあって多くのサポーターが期待に胸をふくらませて開場前からつめかけとった。試合開始までの間、わしらはそんなサポーターのみんなとたくさん記念撮影したんじゃ。

 syamo.do-mo.jpg

syamo.do-mo2.jpg

【続きを読む】

投稿者:★しゃもべぇ&更新スタッフ | 投稿時間:15:28 | 固定リンク


ページの一番上へ▲