2019年08月02日 (金)転勤のご挨拶 内藤雄介


このたび、東京アナウンス室

異動することになりました。

広島拠点放送局では4年余り勤務し、

多くの方にお世話になりました。

 

記憶を語り継いで行くことの大切さを

改めて感じた4年間でした。

 

 

着任したのは、

2015年。

被爆70年でした。

当時、広島局アナウンスでは

「語り継ぎたいあの日の記憶」という

被爆者の方の証言を伝える

ラジオ番組を放送していました。

私も大勢の被爆者の方に

お話を伺いました。

今でも、NHKのホームページ

「原爆の記憶ヒロシマ・ナガサキ」

の中の「証言ライブラリー」

お聞き頂けます。

 

重い口を開いてくださる方がいた一方で、

「これまで話したいと思っても、

 聞いてくれる人がいなかった」

という方もいました。

放送を聞いて、

「あの人があんな体験を

 されていたなんて」と

驚かれる方もいました。

戦争の記憶を語り継ぎ、

平和な時代を作る力

つなげていければと感じました。

 

そして、

2018年7月の西日本豪雨災害。

関連の取材を通じて、

被災した方からの生々しい証言を

数多く伺いました。

その体験談をもとに、

「大切な人の避難を促す“ひとこと”」

テーマにしたラジオ番組も放送しました。

「経験者の体験談」には

未来の災害による被害を減らす力がある

実感しました。

 

これからも、放送を通じて、

体験者の記憶を語り継いで行くことに

力を入れていきます。

放送を聞いた人が、その教訓をもとに、

未知の災害や経験に遭遇した際、

適切な行動を取ることにつながればと思います。

 

取材にご協力くださった方々、

ありがとうございました。

皆様から頂いた

温かい言葉やご指摘を胸に、

これからも頑張ります!

 

今後ともよろしくお願いします。

 

投稿者:内藤雄介 | 投稿時間:12:14


ページの一番上へ▲

アナウンサー

キャスター

検索

カレンダー

2019年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

新着記事

RSS