2018年03月19日 (月)「格好良い男」とは・・・


アナウンサーの深川仁志です。

 

突然ですが、

最近、とてつもなく格好良い男を見ました。

 

日常生活ではいつも隣に親友的後輩の田村アナがいるので、

格好良い男にはそこそこ見慣れているつもりなんですが、

今回は私の想像をはるかにしのぐ格好良さがありました。

 

 

物事に向き合う目つき。

立ち振る舞い。

これまでの経験や今まさに考えていること。

日常で感じていること。

一つ一つの話や話し方。

 

挙げたらキリがないのですが、

どこを見ても格好良かったのです。

背中がもうすでに格好良い

 

その方とは・・・



sera-intabyu.jpg

ロックミュージシャンの世良公則さん(写真右)。

広島県福山市のご出身日本を代表するミュージシャンです。

 

1970年代後半。

当時日本ではまだ斬新だったロックミュージックを広く

一般的にし、手がける曲はヒットの連続

音楽史に残る大きな流れを作りました。

 

 

その世良さんにお話を伺ったのが今回の番組。

 kokokara.png

 

インタビューここから

著名人や各界で活躍されている方に

アナウンサーが話を伺う番組です。

 

この番組、聞き手とは別に

ディレクター業務もアナウンサーが担当しています。

 

中継やさまざまな業務と並行して、

私もここ1ヶ月あまり、

この番組のディレクターをしておりました。

取材して構成を考えたり、

ロケ場所を探ったり手配をしたり、

ロケクルーやゲストの移動手段を確保したり、

資料映像をかき集めたり、

台本作って、編集マンと映像をつないだり、

コメントを書いたり、

専門技術を持つメンバーと、音声や色の補正などを行ったり、

広報周知に走ったり、

経理処理に追われたり・・・

一本の番組を制作するために、

さまざまなことを経験しておりました。

 

 

その番組内容ですが、

今回は世良さんに故郷・福山までお越しいただき、

バンドを組んだ青春時代や、

ソロ活動で自分と向き合った過去

そしてその先にある

今の世良さんの音楽についてのお話を伺いました。

 

また、今回は世良さんの広島だけでなく、

世良さんが今、熱中する「陶芸」についても

ある窯元まで同行して撮影。

 

sera-intabyu2.jpg 

土に向き合う真剣なまなざしや、

陶芸について話すその表情は、

本当に「格好良い」一言です。

 

 

ツイストをリアルタイムで触れていた人も、

ドラマで活躍する世良さんを見ていた人も、

そして、長年ずっと世良さんを応援している人も、

どんな人が見ても

やっぱり世良公則は格好良いな

って思っていただけることを目標に番組を制作しました。

 

 

インタビューここから」。

ロックミュージシャン世良公則さん。

3月21日(水・祝日)午前6時30分~ 午前6時53分

[総合テレビ]で全国放送です。どうぞご覧ください。

投稿者:深川仁志 | 投稿時間:14:37


ページの一番上へ▲

アナウンサー

キャスター

検索

カレンダー

2019年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

新着記事

RSS